「福岡市中央区」とは?

関連ニュース

<福岡うどん愛>売り切れ続出の人気うどん×豊富な日本酒「酒呑み麺蔵 ゆうのや」 - 02月23日(金)19:00 

連日、常連客で満席が続くうどん居酒屋「酒呑み麺蔵 ゆうのや」(福岡市中央区)。2016年12月、地下鉄大濠公園駅から徒歩3分の場所に移転リニューアルした。シンプルかつスタイリッシュな内装となり、新たにテーブル席、バーカウンタースペースが増え、一品料理もさらに充実して生まれ変わった。 【写真を見る】レアの食感とワサビの香りが日本酒とマッチ!「鶏わさ」(450円) ■ ちょい呑みに最適!大人のうどん酒場 オーナーの中村さんが試行錯誤を繰り返し作り上げたのが、2種類の九州産小麦を使った麺。程よいコシを残しながら、モチモチとした食感がクセになる。その日の気温や湿度により水分量を変える麺は、劣化を防ぐため、その日のうちに使いきるのもこだわり。麺と合わせる黄金色のダシは、深い味わいの奥に甘味さえ感じる。 人気の「鶏そぼろうどん」(800円)は、しっかりと味が染み込んだ鶏ミンチがアクセントとなり、ダシの優しい味わいとよく合う。麺は売り切れ御免なので、うどん目当てなら、早めの来店がおすすめだ。 さまざまな一品料理も並ぶ。「鶏わさ」(450円)は、朝引きのササミの外側だけを焼いたレアの状態で、柔らかくあっさり食べられる。また、小腸を使った「もつ煮込み」(600円)や「野菜4種の浅漬け」(400円)など、素朴な料理が並ぶ。うどんの前に1、2品を頼み、つまみながら好きな酒を楽しむのがたまらない。 ドリン...more
カテゴリー:

天神西通りにチキンラーメン屋台 発売60周年記念し期間限定で - 02月23日(金)10:30 

天神西通り(福岡市中央区大名1)に現在、「チキンラーメン屋台」が出店している。
カテゴリー:

<福岡酒場放浪記>今宵はカウンターでまったり呑み!オトナが酔える隠れ家店5選 - 02月22日(木)19:15 

■ 隠れ家スタンディングで最高の日本酒とワインを「酒場 みんなの黄ちゃん」 【写真を見る】“黄ちゃん”こと黄 小晃(こう しょうこう)さん。とにかくお酒に詳しく、新たなワイン&日本酒ワールドを広げてくれる 警固の裏通りにあるマンションの1室でひっそりと営業する「酒場 みんなの黄ちゃん」(福岡市中央区)。外からは中のようすはうかがい知れず、金庫のようなドアノブの付いたエントランスが印象的だ。 ドアを開けると、店内はスタンディングがメインの小バコで、店主や隣客との距離が近く、まるでワイン屋台のような雰囲気だ。 ドリンクは特に定まったメニューはなく、“その日に出合ったワインや日本酒を気ままに楽しむ”をコンセプトに選んだ、ナチュラルワインが並ぶ。「全国地酒」(グラス500円~、3種類テイスティング1000円)、「世界のクラフトジン」(ジントニック850円、ジンソーダorロック800円)、「クラフトビール」(800円)と価格もリーズナブル。 そして、優しい笑顔で迎えてくれる女性店主・黄 小晃(こう しょうこう)さんとの会話も楽しんでほしい。“黄ちゃん”の愛称で親しまれる店主は、台湾人とのハーフで関東育ち。福岡に来てからは、薬院「とどろき酒店 薬院stand!」の立ち上げに携わるなど、お酒の知識が豊富なので、イチオシの一杯を聞いてみよう。 [酒場 みんなの黄ちゃん]福岡県福岡市中央区警固1-3...more
カテゴリー:

パリッパリの餃子でビールも格別!福岡の名物餃子5選 - 02月21日(水)17:30 

■ カリッ&ジュワッのひと口餃子「餃子屋弐ノ弐」 【写真を見る】ジュワーッという音と立ち昇る湯気、あっという間にでき上がる焼餃子に食欲をそそる 西通りから曲がるとすぐ、天神のど真ん中にある「餃子屋弐ノ弐 大名店」は大名店をはじめ、今泉店・南天神店・警固店・川端店と福岡市内だけでも5店舗を構える人気店。看板メニューは何といっても、片面がパリッパリに焼き上がった「焼餃子」(7個250円、写真は2人前)。「カリッ」とした食感に「ジュワッ」と口の中に広がる肉汁…。ひと口サイズで食べやすく、ビール片手に箸が止まらなくなる。 開店と同時にたくさんの客で溢れ、店内はあっという間ににぎやかなムード。「まずはビール!それと…」と、餃子が焼き上がるまでに味わえる定番メニューは「たたきキューリ」(250円)。また、「四川麻婆豆腐」(480円)もオススメで、花椒の香りと、旨味のある辛さがクセになる味わいだ。ラー油や醤も手作りし、辛さは、控えめか激辛から選ぶことができる。 店内にはカウンター席もあるので、一人でも楽しめる。17時~18時30分までに来店すると、餃子と生ビールが半額になる「ハッピーアワー」を毎日開催しているので要チェックしよう。 [餃子屋 弐ノ弐]福岡県福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル1F / 092-732-9122 / 17:00~24:00 / 無休 ■ 人情味あふれる女...more
カテゴリー:

【2018年3月14日、15日/大阪市】障害者の就職活動を徹底サポート!就労移行支援事業所チャレンジド・アソウがトレーニング体験会を開催 - 02月21日(水)12:00 

障害のある方の就職と職場定着を支援する就労移行支援事業所を手掛ける、株式会社チャレンジド・アソウ(所在地:福岡県福岡市中央区天神2丁目8-41 福岡朝日会館12階、代表取締役:中島 彰彦)が、2018年3月14日(水)に新大阪事業所、15日(木)に大阪事業所でトレーニング体験会を開催します。
カテゴリー:

<福岡のうまかもん>老舗割烹の鯛づけ丼を気軽に満喫「割烹よし田 はなれ」 - 02月23日(金)12:00 

創業50年以上の、老舗割烹料亭「割烹よし田」(福岡市中央区)。その隣に2016年9月にリニューアルオープンした「割烹よし田 はなれ」がある。福岡近郊でとれた鮮魚と、熟練の技で作り出す創作和食を気軽に堪能することができる。 【写真を見る】「鯛づけ丼」(税抜900円)。ディナータイムでも味わえる イチオシは、ランチタイムに1日限定15食で登場する「鯛づけ丼」(税抜900円、夜は数量に限らず提供)。秘伝のタレに漬け込んだ鯛は、1枚が大ぶりでトロリとした食感が特徴だ。ワサビや薬味をのせ、鯛のアラからとったダシをかけると、味の変化が楽しめる。 本店・よし田の名物の「鯛茶漬け」を離れで食せるのもうれしい。人気はエビなどの天ぷらが付いた「鯛茶+天ぷらセット」(税別1400円)。鯛茶漬けは、まず、ご飯と鯛を別々に味わい、半分ほど食べたら鯛をのせて、熱々のお茶をかけて堪能するのがおすすめだ。 天神のオフィス街近くという場所がら、平日はビジネス客の姿が目立つが週末はファミリー層や観光客も多く足を運ぶ。席はテーブル席のほかに個室も用意。夜は「鯛しゃぶコース」(4000円)などのコース料理も各種提供するので、宴会や会食などの利用にも最適だ。 [割烹よし田 はなれ]福岡県福岡市中央区天神1-14-12 2F / 092-734-7255 / 11:30~14:00(LO)、17:00~21:30(LO) /...more
カテゴリー:

リコッタチーズのふわふわパンケーキ!オーストラリアンカフェ「Manly」 - 02月22日(木)20:05 

福岡市の中心部・天神からほど近い今泉エリアにある「Manly(マンリー)」(福岡市中央区)は、オーストラリアのビーチタウン・マンリービーチをイメージしたカフェ&バー。 【写真を見る】「ふわふわ玉子チーズinオムライス(サラダ+1drink)」(750円) 看板の「リコッタチーズパンケーキ」(1000円)は、軽い甘さとチーズの風味、ふわふわとした食感が魅力の一品だ。 ランチタイムには、ふんわり食感の玉子が楽しめる「ふわふわ玉子チーズinオムライス(サラダ+1drink)」(750円)もおすすめ。他にも、オーストラリア料理を中心に、ワニ、カンガルー、ダチョウの肉などの料理もそろう。 開放的な店内は、オーストラリアのビーチを感じる居心地よい空間。天気がいい日には、テラス席でくつろいでもよし。ペットを連れて行くこともできる。 本場さながらの味に舌つづみしながら、至福の時間を過ごしてみてはいかが? [Manly(マンリー)]福岡県福岡市中央区今泉1-18-55 天神南ロイヤルハイツ1F / 092-791-7738 / 12:00~24:00(LO23:00)、土曜・日曜・祝日11:00~25:00(LO 24:00) ※日曜・祝日(LO 23:00) / 無休※12月31日、1月1日は休み 【九州ウォーカー編集部/取材・文=安藤エリカ、撮影=鍋田広一(パンフィールド)】(九州ウォーカー・安...more
カテゴリー:

天神に「フェリシモ猫部」期間限定ショップ 岩合光昭さんの猫グッズなども - 02月22日(木)15:23 

雑貨館インキューブ(福岡市中央区天神2)M3階特設会場で2月16日、猫グッズを集めたイベント「フェリシモ猫部とにゃんこたち」が始まった。
カテゴリー:

福岡パルコ、4月下旬までに20店舗を新規出店・改装へ 雑貨をより充実 - 02月21日(水)15:00 

福岡パルコ(福岡市中央区天神2)全館で4月下旬までに計20店舗が新規・改装オープンする。
カテゴリー:

<福岡のうまかもん>ほかほかご飯の上に明太子が丸1本!「元祖博多めんたい重」 - 02月20日(火)19:45 

西中洲にあり、ひと際存在感を放つ木箱のような店構えの明太子料理専門店「元祖博多めんたい重」(福岡市中央区)。名物は、屋号にも掲げる「元祖博多めんたい重」だ。 【写真を見る】モチモチの麺は自家製。つけ汁を割りスープで薄めて飲み干すことも 「元祖博多めんたい重」(1680円)は、特製のタレにじっくり漬け込んだ昆布巻き明太子が丸1本、海苔を敷き詰めた熱々のご飯の上にのる。タレの辛さは、唐辛子の量ではなく、種類で調整。入店時に、お好みの辛さを木札で選ぶシステムもおもしろい。 もう一つの人気メニューが「めんたい煮こみつけ麺」(1680円)。明太子を煮込み、10種以上の野菜スープと合わせた濃厚な割下が食欲をそそる。「元祖博多めんたい重」とダブルで楽しむ欲張りな「飯麺セット」(2880円)も大人気だ。 1階は落ち着いた和の雰囲気、2階はシックな和風モダンと、空間を使い分けることができる。席数は全111席と多いが、連日行列ができるほどの人気店。朝7時から開店しているので、朝食として利用する観光客の姿も多い。 予約ができるので、予定が決まっている人は事前に連絡がおすすめ。「元祖博多めんたい重」(1人前)に限り、テイクアウトもOKだ。 [元祖博多めんたい重]福岡県福岡市中央区西中洲6-15 / 092-725-7220 / 7:00~22:30(ラストオーダー22:00) / 無休 【九州ウォーカー編...more
カテゴリー:

もっと見る

「福岡市中央区」の画像

もっと見る

「福岡市中央区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる