「福岡地裁小倉支部」とは?

関連ニュース

【福岡】被告「さしたのは亡くなった後」 2女性殺害、無罪主張 - 02月19日(月)15:31  newsplus

被告「刺したのは亡くなった後」 2女性殺害、無罪主張 2018年2月19日14時43分 https://www.asahi.com/articles/ASL2L66VJL2LTIPE00Z.html  北九州市で2016年6月、女性2人の他殺体が見つかった事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われた無職三原賢志被告(44)の裁判員裁判の初公判が19日、福岡地裁小倉支部(鈴嶋晋一裁判長)であった。  三原被告は「体を刺したのは亡くなった後で、殺意はなかった」と起訴内容を一部否認。弁護側は、死体損壊罪についても「覚醒剤やアルコール依存症の影響で責任能力がなかった」と...
»続きを読む
カテゴリー:

卸売市場のパートと正社員、格差は違法と認定 地裁小倉 - 02月14日(水)23:19 

 卸売市場で働くパート社員4人が、正社員と同じ作業をしているのに通勤手当と皆勤手当に格差があるのは労働契約法に違反するなどとして、未払い分など計120万円の支払いを求めた訴訟の判決が福岡地裁小倉支部で…
カテゴリー:

【不満なら正社員になれよと言われ・・】通勤手当正社員の半額に憤慨の非正規社員が提訴し勝訴へ 福岡 - 02月13日(火)22:54  news

 北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として 同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、 不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。  判決は1日付で、原告側が13日に記者会見で公表した。原告側は通勤手当が正社員の半額の月5000円なのは「不合理な差別」と主張し差額分などを求め...
»続きを読む
カテゴリー:

【裁判】パートの通勤手当、半額は違法 運送会社に賠償命令 福岡地裁 - 02月13日(火)19:15  newsplus

http://www.sankei.com/west/news/180213/wst1802130074-n1.html  通勤手当が正社員の半額なのは違法だとして、北九州市小倉北区の運送会社「九水運輸商事」のパート社員の男性4人が差額分の支払いなどを求めた訴訟の判決で、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)は13日までに、「不合理な格差で労働契約法に違反する」と判断し、会社側に計約120万円の支払いを命じた。判決は1日付。  判決によると、同社は通勤手当について、正社員は月1万円、パート社員は月5千円を一律に支給していた。  鈴木裁判長は、正社員もパート...
»続きを読む
カテゴリー:

被告「刺したのは亡くなった後」 2女性殺害、無罪主張 - 02月19日(月)14:43 

 北九州市で2016年6月、女性2人の他殺体が見つかった事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われた無職三原賢志被告(44)の裁判員裁判の初公判が19日、福岡地裁小倉支部(鈴嶋晋一裁判長)であった。 三原…
カテゴリー:

【通勤手当訴訟】正社員の半額、非正規勝訴 福岡地裁支部 - 02月13日(火)23:21  newsplus

北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部(鈴木博裁判長)が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。  判決は1日付で、原告側が13日に記者会見で公表した。原告側は通勤手当が正社員の半額の月5000円なのは「不合理な差別」と主張し差額分な...
»続きを読む
カテゴリー:

通勤手当訴訟:正社員の半額、非正規勝訴 福岡地裁支部 - 02月13日(火)19:32 

 北九州市中央卸売市場で海産物を運搬する「九水(きゅうすい)運輸商事」(同市小倉北区)の非正規社員4人が、通勤手当が正社員の半額なのは労働契約法違反として同額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部が会社側に計約110万円の賠償を命じる判決を出した。判決は「勤務形態に相違はなく、不合理な取り扱いが長年継続され不法行為が成立する」と認定した。
カテゴリー:

パートの手当格差「不合理」=勤務先に賠償命令-福岡地裁支部 - 02月13日(火)17:57 

 業務内容に大きな差はないのに、正社員と通勤手当の支給額が異なるのは違法だとして、北九州市のパート社員らが差額の支払いなどを求めた訴訟で、福岡地裁小倉支部は13日までに、勤務先の会社に賠償を命じる判決を言い渡した。判決は1日付。 訴えていたのは、海産物の荷役を担う「九水運輸商事」(同市)のパート社員4人。正社員と同様の荷役作業に従事していたが、通勤手当は正社員の半分の月5000円で、労働条件の不合理な格差を禁じた労働契約法に違反すると主張していた。 判決で鈴木博裁判長は「パート社員が正社員に比べ通勤時間が短いといった事情はうかがわれない」と指摘し、手当格差に「合理的な理由は見いだせない」と判断した。その上で、改正労働契約法が施行された2013年4月から、同社が正社員の通勤手当をパート社員と同額に削減した14年10月までの間について、1人当たり計9万5000円の賠償などを命じた。 【時事通信社】
カテゴリー:

「福岡地裁小倉支部」の画像

もっと見る

「福岡地裁小倉支部」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 福岡地方裁判所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる