「福士誠治」とは?

関連ニュース

傑作ドラマ「アンナチュラル」面白い、面白すぎる1話を解剖してみる - 01月19日(金)11:00 

石原さとみ主演、野木亜紀子脚本の金曜ドラマ『アンナチュラル』。不自然死究明研究所、通称UDIラボを舞台に、死因究明のスペシャリストたちが活躍する新感覚の法医学ミステリー。先週放送された第1話は放送開始直後からツイッターには「面白い!」「めっちゃ面白い!」「面白すぎる!」という声が相次ぎ、終わる頃には「傑作!」「天才!」「シーズン2希望!」などの声が溢れかえった。視聴率は12.6%、上々の滑り出しだ。なんといっても脚本がいいまず、なんといっても野木の脚本が良い。架空の組織であるUDIラボの説明と登場人物たちのキャラクターを異常に手際良く明かしていくオープニングから(出勤ボードの使い方!)、文字通りストーリーが二転三転し続けて視聴者は振り回されっぱなし。しかも、ご都合主義っぽい部分や無理やりな部分が見当たらない。何度も「おおっ、こうくるか!」「えーっ、ああ、そうかー!」と思わされて、ラストは「参りました!」という感じだった。法医解剖医・三澄ミコト(石原)が勤務するUDIラボに持ち込まれたのは、突然死したサラリーマン・高野島渡(野村修一)の遺体。彼の両親が「虚血性心疾患(心不全)」という渡の死因に納得がいかず、UDIラボに究明を依頼したのだ。ミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、バイトの記録員・久部六郎(窪田正孝)の3人からなる三澄班が遺体の解剖に取り組むが、心臓には何の異常も...more
カテゴリー:

天海祐希、静か過ぎる観客に「大丈夫ですか?」 最後は神対応で盛り上げ貫禄 - 01月18日(木)15:22 

 女優の天海祐希が18日、都内で行われた劇団☆新感線の舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』の制作発表会見に参加。静か過ぎる観客に焦る場面もあったが、大女優らしく観客を気遣って最後は大盛り上がりで締めくくった。  昨年3月からSeason花、鳥、風、月と続き、今回のSeason極でロングラン公演を締めくくる。極楽太夫を演じる天海は「全部、見させていただいたんですけど、どの極楽太夫もすてきで美しくて可愛らしかった。あの愛らしさは私にはないなと思いながら、違うものをかもし出せたらいいな」と力を込めた。  敵役の天魔王を演じる古田新太は天海たっての希望で出演が決定。古田は「愛している人の頼みは断れないので」とにやりとし、天海は「太字で書いてください」とご満悦だった。今回、天魔王の目指すところについては「(過去4作では)エキセントリックだったり、かっこいい天魔王をやっていた。僕は、なるべく動かない天魔王をやろう。舞台を広く使っているけど動かない」と標榜。演出・いのうえひでのり氏は「真ん中に突っ立っても空間を支配するパワーがある。大丈夫」と苦笑いで要求を飲んでいた。  そのほかに天海は、『獣電戦隊キョウリュウジャー』で主役の桐生ダイゴ/ キョウリュウレッドを演じた竜星涼について過去の共演作で人並み外れた練習を影でしていたこと、天海の大ファンという清水くるみが初対面で「興奮して鼻...more
カテゴリー:

「平成細雪」今夜2話。谷崎潤一郎原作を激動の平成に投じた結果、四姉妹の運命は - 01月14日(日)10:00 

谷崎潤一郎の小説『細雪』といえば、市川崑監督による映画(1983年)をはじめ、これまで繰り返し映像化されてきた。大阪・船場の旧家・蒔岡家の四姉妹を描いたこの作品がなければ、おそらく向田邦子の「阿修羅のごとく」や橋田壽賀子の「渡る世間は鬼ばかり」といったドラマ(いずれも姉妹が物語の中心になっている)も生まれなかったのではないだろうか。その『細雪』の設定を平成に変え、装いも新たに映像化したドラマ「平成細雪」(蓬莱竜太脚本)が先週よりNHKのBSプレミアムで始まっている(日曜よる10時~。全4回)。1月7日放送の第1回は、元禄時代に呉服商として創業した大手アパレルメーカー「マキオカグループ」が、16代目当主・蒔岡吉次郎(長塚京三)の手で経営を外資系企業に譲渡する場面から始まった。それは平成4(1992)年、バブル崩壊の余波が各方面に広がろうとしていた時期だ。吉次郎はそれからまもなくして亡くなる。ドラマでは、家の“没落”後にあって四姉妹のそれぞれの生き方が描かれていく。2人の妹を中心に回っていく物語姉妹を演じる女優も、年明け最初のドラマにふさわしく豪華だ。長女であくまで家を守り抜こうとする「御料(ごりょん)さん」こと鶴子に中山美穂、次女で分家に暮らす幸子に高岡早紀、そして三女の「きあん(雪姉)ちゃん」こと雪子に伊藤歩、四女の「こいさん」こと妙子に中村ゆりがそれぞれ扮している。華やかな上2人...more
カテゴリー:

「ヤマト」「スター・ウォーズ」が音楽で競演 高精細4K星空映像とともに - 01月10日(水)21:04 

 人類誕生以来、人々は宇宙に思いをはせ、あまたの音楽を生み出してきた。宇宙の謎を解き明かすNHKの宇宙科学番組『コズミックフロント☆NEXT』の映像と、宇宙をテーマにした音楽とのコラボレーションによるコンサートが昨年、都内で開催され、その模様を収録した特番『コズミック フロント☆MUSIC』が11日(後10:00~11:30)にNHK・BSプレミアムで放送される。 【写真】宇宙を感じられる4K映像も見どころ  『コズミックフロント☆NEXT』で紹介してきた宇宙イベントの決定的瞬間や高精細4K星空映像を上映しながら、宮川彬良の指揮で東京フィルハーモニー交響楽団が宇宙をテーマにした映画やアニメの楽曲を演奏するというこの企画。  宮川は、作曲家の父(故・宮川泰さん)を持ち、昨年は連続テレビ小説『ひよっこ』の音楽を手がけ、大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』ではグランドオープニング映像の音楽も担当して話題になった。今回のコンサートでは、父・宮川泰さんの代表作であり、自身のデビュー作でもある「宇宙戦艦ヤマト」や、『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』などの宇宙映画の名曲、さらには番組のために作曲した世界初演となる「宇宙 音楽絵巻」を演奏。  『スター・ウォーズ』の名物キャラクター、R2-D2とC-3POもステージに駆けつけ、『コズミックフロント☆NEXT』とたびたびコラボレーシ...more
カテゴリー:

天海祐希&古田新太が相思相愛!? 天海のオーダーに「愛する人の頼み…」 - 01月18日(木)19:00 

女優の天海祐希が18日、都内で行われた舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極~』製作発表記者会見に共演者の福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善、古田新太とともに出席した。
カテゴリー:

中山美穂、名作「細雪」の長女役に『感謝しています』 - 01月17日(水)06:00 

NHK BSプレミアムにて放送中のドラマ「平成細雪」(毎週日曜夜10:00-10:55)は、谷崎潤一郎の名作「細雪」の舞台を現代に移し、元名家の4姉妹の姿を描くドラマ。脚本は岸田國士戯曲賞や鶴屋南北戯曲賞の受賞経験がある劇団モダンスイマーズの蓬莱竜太が務めている。 【写真を見る】ドラマでは凛々しい着物姿を披露している 父の葬儀では悲しみをこらえながらも気丈にふるまい、また妹の見合い相手の素性を徹底的に調査するなど、本家の「御料(ごりょん)さん」として強くたくましく生きる鶴子は、蒔岡家の行く末を決めるキーパーソン的存在だ。 「名作である『細雪』に鶴子という大役を与えていただきとても光栄ですし、感謝しています」と話す中山。その姿は、亡くなった母から本家を任されるという重責を背負った鶴子と重なった。 そんな中山は鶴子について「原作では(鶴子について)あまり多く描かれていませんが、ドラマでは(姉妹にとっての)母親のような存在ですので、とても重要な役割だなと思いました」と話した。 また、蒔岡家は大阪・船場に先祖代々続く名家という設定。劇中では船場言葉が飛び交う。「本当に難しくて、役どころじゃなくなってしまう瞬間が何度かあったり…」とずいぶん苦労した様子。 「鶴子の旦那さんを演じる甲本雅裕さんとはずいぶん昔に夫婦役をやらせていただきました。その時も関西弁だったのですが、あの時は結構うまくいって...more
カテゴリー:

【ドラマ】『アンナチュラル』脚本に主題歌、演出…全てが「鳥肌モノ」と絶賛の嵐 - 01月13日(土)21:12  mnewsplus

2018/01/13 15:00 『アンナチュラル』脚本に主題歌、演出…全てが「鳥肌モノ」と絶賛の嵐 脚本家は『逃げ恥』の野木亜希子氏、石原さとみ主演で放送前から注目を集めていた本作。初回放送に賞賛の声が殺到 女優の石原さとみが主演を務め、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『重版出来!』などの脚本を手掛けた野木亜希子氏が脚本を担当するなど、放送前から注目を集めていたTBS系火曜ドラマ『アンナチュラル』 12日に待望の初回放送を迎えると、インターネット上には本作を絶賛する声が溢れている。 ■死と向き合い、未...
»続きを読む
カテゴリー:

「福士誠治」の画像

もっと見る

「福士誠治」の動画

Wikipedia

福士 誠治(ふくし せいじ、1983年6月3日 - )は、日本俳優神奈川県川崎市麻生区出身。身長:178cm。血液型:O型。株式会社アウルム所属。2015年3月31日までは今井事務所に所属していた今井事務所公式Twitter 。

来歴
  • 2001年にミツカン「金の粒」のテレビCMのオーディションに応募し、デビュータレントデータバンク日本タレント名鑑。2002年にフジテレビ系ドラマロング・ラブレター〜漂流教室〜でドラマデビューし、2004年にドラマ19bordersで初主演。
  • 2005年、TBS系愛の劇場貞操問答に出演。
  • 2006年4月から放送されたNHK朝の連続テレビ小説純情きらりでヒロインの相手役の松井達彦を演じた。また、過去2度ほど朝ドラのオーディションを受けたが、3度目の挑戦でヒロインの相手役に抜擢された。
  • 2006年2月に公式ブログを開設。
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる