「神田沙也加」とは?

関連ニュース

神田沙也加、ボカロカバー集で新田恵海らとコラボ - 01月19日(金)20:00 

神田沙也加が3月7日にリリースするカバーアルバム「MUSICALOID #38」に収録されるコラボ曲の詳細が発表された。
カテゴリー:

“神対応”神田沙也加、出待ち無断撮影の自粛求める - 01月15日(月)12:26 

 歌手で女優の神田沙也加(31)が、無断撮影するファンに「断りなく撮るのはご遠慮ください」と自粛を求めた。  神田は14日、ツイッターを更新。出演中のミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」の静岡公演を無事に終えたことを報告し、「素晴…
カテゴリー:

健康ブームで芸能界のデブキャラ崩壊? - 01月09日(火)08:40 

 多数のお笑い芸人がTVを賑わした正月特番もひと段落。芸人たちの“今”の姿を見ていると改めて、2017年はデブキャラとして定着していた芸人の激やせニュースが相次いだことが思い返される。そこで今一度、芸人とダイエットの関係について考えてみる。 【写真】芸人だけじゃない、2017年“激やせ”した芸能人たち ■相次ぐ芸人たちの“激やせ”でキャラが崩壊?  2017年12月、左脳室内出血で療養していたお笑いトリオ・安田大サーカスのHIROが、ダイエットスムージー・Day+の「目指せ-50kg!女芸人100日のキセキ」結果発表イベントで仕事復帰。約40キロ減量した姿を披露し、話題を集めた。このほか2017年を振り返ると、とにかく明るい安村をはじめ、やしろ優、タカアンドトシのタカ、エド・はるみ、柳原可奈子など芸人のほか、misono、伊藤ゆみ、川口春奈、神田沙也加、河北麻友子、藤田ニコル、船越英一郎、ペコなど、モデルや歌手、俳優陣の激ヤセ報道も世間を騒がせていた。  健康上の理由、番組やCMの企画として、美を追求して、心労がたたって…と理由は多種多様だが、次々と芸人・タレントがスリム化している。中でも芸人は、“デブキャラ”としても定着していたタレントが痩せる事例が増加しているようだ。その背景にあるものは何だろうか。 ■健康企画のまん延が、芸人の“ヘルシー化”を後押し  危険な太り...more
カテゴリー:

20代の若者は「ビートたけし」をどう見ている? - 01月16日(火)16:01 

 出来事やモノの評価はいつの世も移ろうもの。中年にとっての重大事件やノスタルジーは、若者にはどう見えているのか!? 特にサプライズが多かった、2017年の主な出来事から振り返ってみた。 ◆『アウトレイジ』最終章が公開。“世界の北野”再び!?  2017年10月7日、北野武監督作で裏社会の抗争を描いた映画『アウトレイジ』シリーズ最終章が公開。興収15億円を突破し、シリーズ最高記録となる。石原裕次郎賞にも輝いた。  ツービートでの漫才でブレイクし、映画監督としてベネチア映画祭でグランプリに輝くなど、日本で最も成功したお笑い芸人の一人の名をほしいままにしてきたビートたけし。  御年70歳、その舌鋒は衰えず。破天荒さと繊細を併せ持つ天才であることは確かだ。 「お笑いBIG3。監督。俳優など多彩な才能がある」(男性・学生・22歳) 「あれだけ面白いのに、とても賢い印象」(男性・無職・24歳) など、硬軟自在な多才ぶりを評価する声が多かった。  しかし一方では、 「お笑い的な面白さはわからない」(女性・会社員・25歳) 「偉そうな元芸人のおじいちゃん。すごさが全くわからない」(主婦・23歳) 「自由な人、すごいと耳にするがよくわからない」(主婦・24歳) 「お笑い芸人だったことを最近初めて知って驚いた」(主婦・24歳) と、「殿」をも恐れぬ若者たちの率直な声が。  ...more
カテゴリー:

羽生善治と羽生結弦を混同? 永世七冠に「怪我に気をつけて」とコメントをする若者たち - 01月13日(土)15:51 

 出来事やモノの評価はいつの世も移ろうもの。中年にとっての重大事件やノスタルジーは、若者にはどう見えているのか!? 特にサプライズが多かった、2017年の主な出来事から振り返ってみた。 ◆羽生善治が前人未到の「永世七冠」を獲得  2017年12月5日、羽生善治棋聖が渡辺明竜王を87手で破り、通算7期目の竜王に復位。同時に羽生氏は将棋界の7タイトルで永世称号を得て、史上初の「永世七冠」を達成した。  藤井聡太四段の活躍に始まり、将棋界にかつてない注目が集まった2017年。羽生名人については、将棋を知る人とそうでない人で評価がくっきり分かれた。 「天才」(多数) 「チート」(男性・無職・20歳) 「羽生さんしか見つけられない指し手は、本当にすごい」(男性・学生・22歳)と絶賛が絶えなかった。  一方で「藤井君の印象が強くて、よくわからない」(女性・会社員・25歳)と将棋ファンからすると恐れ多いコメントも。  予想どおりスケートの羽生結弦選手と混同する人も多く、「怪我に気をつけてほしい」(主婦・21歳)、はたまた「プロが多い中でここまでこれたのはすごい」(女性・無職・21歳)という声も。羽生氏もれっきとしたプロなのだが……。  将棋を知らない若者にとっては「将棋界にも羽生がいたのを知った」という認識だったようだ。 アンケート協力/リサーチプラス ― [中年vs若者]...more
カテゴリー:

おっさんが夢中だった『ドラゴンクエスト』 若者にとってはレトロゲーム!? - 01月08日(月)08:43 

 出来事やモノの評価はいつの世も移ろうもの。中年にとっての重大事件やノスタルジーは、若者にはどう見えているのか!? 特にサプライズが多かった、2017年の主な出来事から振り返ってみた。 ◆ドラゴンクエストシリーズ誕生30周年、新作発売など  2016年にRPGゲーム『ドラゴンクエスト』誕生30周年を迎え、2017年はシリーズの原点に立ち返った最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が7月に発売。  ドラクエといえば発売日に長蛇の列ができるなど、アラフォーにとっては学生時代の思い出の一つ。多くの人が夢中だった。「冒険の書」が消えて悶絶した人もいるはずだ。  今はソシャゲ主流なだけに「モンストとかモンハンの仲間?」(女性・学生・21歳)や「やったことがない」と基本的にレトロゲームの扱いだが、今年で11作目ということもあり「ドラクエをやっていない人がRPGを語るべからず」(男性・学生・22歳)、「最初にハマったゲーム」(主婦・25歳)と20代の支持者がいることも判明。 「スーファミ版をたまにやると面白い」「音楽へのこだわりを感じた」(女性・学生・23歳)、「なぜ歴代のキャラデザが鳥山明で統一されているのか気になる」(男性・その他・23歳)という声も。ゲーム史の金字塔は、世代を超えてリスペクトされていたのだ。 アンケート協力/リサーチプラス ― [中年vs若者]あ...more
カテゴリー:

「神田沙也加」の画像

もっと見る

「神田沙也加」の動画

Wikipedia

2014年3月14日、日本で公開されたディズニー製作のミュージカル・アニメーション映画アナと雪の女王で王女・アナ役の日本語吹替えを好演、大ヒットに貢献し、歌唱・声・演技、あらゆる面で評価され一躍注目を浴びる。また、この年には第65回NHK紅白歌合戦に3年ぶり2度目の出場を果たし、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルとのデュエットで生まれてはじめてを披露した。

2014年4月23日、ギタリストであるBillyとの新ユニットTRUSTRICK結成を発表し、6月25日にデビューアルバムEternityをリリースすることを発表。

2015年、小室哲哉tofubeatsと、音楽ユニット「TK feat. TK」を結成。デビュー曲♯RUN(ハッシュラン)は、日本中央競馬会(JRA)の競馬サイト「umabi.jp」(10月12日に開設)のテーマソングとなり、10月26日に同サイトで公開された。この曲は、ネット配信ドラマ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる