「神津里季生」とは?

関連ニュース

【政府】安倍晋三首相「国民運動の先頭に」 生産性向上協議会が初会合 - 05月24日(水)23:23 

 政府は24日、「働き方改革」に続く安倍晋三政権の経済アジェンダ(重要政策)に掲げる「労働生産性の向上」を目指す官民会議「生産性向上国民運動推進協議会」の初会合を首相官邸で開いた。首相は「私自身が先頭に立って協議会を展開していきたい」と意欲を示した。  協議会は経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長のほか、サービス業の関係団体幹部ら約300人が参加。2年前に発足した前身の「サービス業の生産性向上協議会」を数回開催し、6月中に新たな協議会を立ち上げる方針だったが、6月にまとめる骨太方針に活動...
»続きを読む
カテゴリー:

連合会長:改憲で「認識とりまとめ」 - 05月24日(水)18:39 

 連合の神津里季生会長は24日、憲法改正について記者団に「連合としての認識をまとめたい」と述べ、組織内で議論を進める考えを明らかにした。三役会を中心に議論していく。
カテゴリー:

「神津里季生」の画像

もっと見る

「神津里季生」の動画

Wikipedia

神津 里季生(こうづ りきお、1956年(昭和31年)3月 - 日本の危機と国民の力 IMF JC 2011 Spring)は日本労働運動家。2015年10月から7代目日本労働組合総連合会会長飯塚遼 旬の人時の人神津里季生氏(59) 連合の7代目会長に就任 2015/10/28付 日本経済新聞 朝刊。東京都生まれ。

東京学芸大学附属高等学校18期生同窓会・会報 泰山木19号 同期会 30年ぶりのホームルーム 富田 剛(18H)、1979年東京大学卒業、同年新日鐵に入社・新日鐵住金広畑製鐵所に勤務:鉄鋼・造船重機・非鉄産業における労使の協議と交渉] 一橋大学「連合寄付講座」2008年度“現代労働組合論I”講義録、1983年から新日鐵本社の労働組合建材・鋼管支部書記長(非専従)、1984年から専従となり以後新日鐵住金労働組合連合会会長、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる