「神津里季生」とは?

関連ニュース

“範”示す使命あり 働き方改革で組合員に 連合・神津会長 - 06月23日(金)13:52 

 長時間労働是正キャンペーンキックオフ集会の冒頭、自ら参加した働き方改革実現会議を振り返った神津里季生連合会長は、官邸側の強引な進め方に異を唱えて初めて、経団連との労使協議が行われた経緯を明かした。「今日は少しぶっちゃけて申し上げたい」としたうえでの発言で、労使を会議体に招きつつ、労使当事者不在の有識者会議でまとめた改革案がメディアに流れたことを指摘。「ズルいなと思った」と赤裸々に語った。 ただ、……[続きを読む]
カテゴリー:

連合トップ異例の退任で加速する「民進党分裂」と「小池知事シフト」 - 06月12日(月)10:41 

 連合(日本労働組合総連合会)の神津里季生会長(61)が、10月で退任する見通しとなった。 「連合会長は2期4年務めるのが通例。神津氏は1期での退任で、1989年の連合発足以来初めてのことです」(政治部記者)  後任となるのは、ナンバー2の逢見直人事務局長(63)だ。 逢見氏は繊維やスーパーなどの労組でつくる産業別組織「UAゼンセン」出身で、ゼンセン会長時代の2015年6月には、安倍晋三首相と公邸で極秘会談し、物議を醸した。 「UAゼンセンは、繊維業の労働組合だったゼンセン同盟からスタートし、旧民社党系の有力組...
»続きを読む
カテゴリー:

「神津里季生」の画像

もっと見る

「神津里季生」の動画

Wikipedia

神津 里季生(こうづ りきお、1956年(昭和31年)3月 - 日本の危機と国民の力 IMF JC 2011 Spring)は日本労働運動家。2015年10月から7代目日本労働組合総連合会会長飯塚遼 旬の人時の人神津里季生氏(59) 連合の7代目会長に就任 2015/10/28付 日本経済新聞 朝刊。東京都生まれ。

東京学芸大学附属高等学校18期生同窓会・会報 泰山木19号 同期会 30年ぶりのホームルーム 富田 剛(18H)、1979年東京大学卒業、同年新日鐵に入社・新日鐵住金広畑製鐵所に勤務:鉄鋼・造船重機・非鉄産業における労使の協議と交渉] 一橋大学「連合寄付講座」2008年度“現代労働組合論I”講義録、1983年から新日鐵本社の労働組合建材・鋼管支部書記長(非専従)、1984年から専従となり以後新日鐵住金労働組合連合会会長、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる