「神津里季生」とは?

関連ニュース

共同シンポ初開催 働き方改革は主体的に 経済4団体と連合 - 10月13日(金)10:00 

 経団連、日本商工会議所、経済同友会、全国中小企業団体中央会の経済4団体と連合の主催で9月22日に東京で開かれた「働き方改革 労使シンポジウム」の会場はおよそ600人近い聴衆であふれ、初の試みにもかかわらず関心の高さが際立った。 冒頭、連合の神津里季生会長は、今年2月の経団連と連合のトップ懇談会が本シンポジウム開催のきっかけだったと振り返り、労使の主体的な取組みを社会にアピールしたい――そんな共通……[続きを読む]
カテゴリー:

【政治愛好家】上西小百合「選挙が終われば、希望の党は間違いなく分裂」 - 10月11日(水)11:24  mnewsplus

【衆院選を斬る:上西小百合(34=政治愛好家)】 私が言うのも何ですけど、ロクでもない選挙になりましたね。特に小池さんが代表を務める希望の党は、ひどいもんですよ。前原誠司さん(55)の民進党と松井一郎さん(53)の日本維新の会とくっついたけど、政策はバラバラやし、どう考えても選挙目当てやん! 最近も連合の神津里季生会長(61)のところに、小池さんと前原さんが支援をお願いしに行ったと報じられていましたが、維新はこれまで「反連合」でやってきたところなんですよ。松井さん、どうするんやろ。 そもそも...
»続きを読む
カテゴリー:

連合:小池氏と前原氏、枝野氏が支援要請 - 10月06日(金)22:22 

 希望の党代表の小池百合子東京都知事と民進党の前原誠司代表は6日、連合本部で神津里季生会長と会談し、衆院選での支援を要請した。神津氏は特定の政党を支援せず、民進党出身候補を中心に個別に支援する方針を改めて示した。
カテゴリー:

小池氏、連合・神津会長に支援要請 前原氏も同席 - 10月06日(金)13:56 

 希望の党代表の小池百合子・東京都知事は6日午前、連合の神津里季生(こうづりきお)会長と東京都内の連合会館で会談し、衆院選での支援を求めた。会談には民進党の前原誠司代表も同席した。 会談後、小池氏は記…
カテゴリー:

【連合】連合会長、民進解党は「身を捨てる覚悟の決断」 特定の政党支援はせず個別支援へ - 10月05日(木)00:00  newsplus

連合の神津里季生りきお会長は4日始まった定期大会であいさつし、10日公示・22日投開票の衆院選について「連合の政策理念を共有する推薦候補者、地道な取り組みを重ねる同志の勝利に向けて全力を挙げる」と述べた。 希望の党や立憲民主党など特定の政党を支援せず、これまで推薦を出している民進党出身者ら約170人を個別に支援する考えを改めて示したものだ。 連合は、5日の定期大会後に臨時の中央執行委員会を開き、こうした方針を正式決定する。 神津氏はまた、民進党が事実上解党したことについて「1強政治に終止符を...
»続きを読む
カテゴリー:

神津里季生・連合会長「混沌は選挙後もしばらく続く」 - 10月11日(水)18:39 

■神津里季生(こうづりきお)・連合会長(発言録) 昨今、不本意な内容を含めて、連合が政治との関係でとりあげられることがある。連合として目立つ存在になるというのは、受け止めなければいけないが、連合がなぜ…
カテゴリー:

民進分裂で労組が大混乱 航空連合と海員組合は自主投票 電機労連は自民支持 JP労組は分裂 - 10月09日(月)19:15  news

連合破壊、小池の目的達成/政界地獄耳 希望の党代表・小池百合子と民進党代表・前原誠司の政界転覆脱線チームが6日午前、連合本部を訪れ、 会長・神津里季生に支援要請した。しがらみのない政治と言い、民進党からの公認申請という名の政策協定書、 いわゆる踏み絵では、政党支部において企業団体献金を受け取らないことといった労組の組織内候補の活動を 制限するような文言が躍る中、この2人はどういうつもりで連合を訪ねたのだろうか。 会談後、小池は「これまでつながりのあった皆さんを支援してもらいたいと話した。前...
»続きを読む
カテゴリー:

立憲民主・枝野代表が連合会長と会談 候補者支援を要請 - 10月06日(金)17:15 

 新党「立憲民主党」の枝野幸男代表は6日午後、東京都内の連合本部を訪れ、神津里季生会長と会談した。枝野氏は衆院選での同党候補者の支援を要請した。
カテゴリー:

安倍総理もホッとした、「小池ファースト劇場」の自滅 - 10月06日(金)05:00 

公約にベーシックインカム導入や原発ゼロ、消費増税反対などを盛り込むと言われている「希望の党」ですが、候補者公認で生じた不協和音、明確にできぬ安倍政権との対決構図、加えて枝野幸男氏による新党立ち上げ等で早くも失速ムードが漂っています。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では、著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんがこのような事態に陥った原因を解説するとともに、小池氏が政権交代を実現するために示さねばならないことを記しています。 安倍政権打倒への本気度がわからない小池都知事 依然として、わからない。「希望の党」の小池百合子代表は、本気で安倍政権を倒すつもりがあるのだろうか。 まるで敵は合流民進党にいるかのように、「全員受け入れはさらさらない」と高飛車に民進党左派を排除し、安倍首相と親密な日本維新の会にすり寄ってみせる。 たまらず、枝野幸男氏は「立憲民主党」なる新党を立ち上げた。いわゆる「リベラル票」の受け皿が誕生した。 だが、この状況が野党分断なのか、野党結集なのか、あるいは自民と希望による保守票の奪い合いなのか、まだはっきりとしてこない。 小池氏と前原氏は「同床異夢」ながら、小池新党と民進党の合流を決断した。しかしそれぞれの野望の食い違いから、思い通りに船出ができず、メディアはゴタゴタぶりを連日、長時間にわたって視聴者に見せつけた。 森友・加計疑惑など「総理の権力私物化」問題はどこか...more
カテゴリー:

連合会長「選挙結果を見てから、支持政党を決める」 - 10月04日(水)18:22  news

 連合は、22日投開票の衆院選で「希望の党」と政策協定を結ばず、特定政党の支援は見送る方針だ。 神津里季生(こうづりきお)会長は4日、東京都内で開いた定期大会であいさつした後、記者団の取材に応じ、 選挙後の支持政党について「選挙結果を見ないと分からない。政治体制全体の構図を見極めた上で決めていきたい」と語った。 記者団とのやりとりは次の通り。 ――選挙に臨む方針を改めて。  「すでに推薦をしている議員、私どもの働く者本位の政策で結びあっている候補者がいっぱいいるので、彼らを国会に送り届けたい...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「神津里季生」の画像

もっと見る

「神津里季生」の動画

Wikipedia

神津 里季生(こうづ りきお、1956年(昭和31年)3月 - 日本の危機と国民の力 IMF JC 2011 Spring)は日本労働運動家。2015年10月から7代目日本労働組合総連合会会長飯塚遼 旬の人時の人神津里季生氏(59) 連合の7代目会長に就任 2015/10/28付 日本経済新聞 朝刊。

人物・経歴

東京都生まれ。東京学芸大学附属高等学校18期生同窓会・会報 泰山木19号 同期会 30年ぶりのホームルーム 富田 剛(18H)、1979年東京大学教養学部卒業、同年新日本製鐵株式会社に入社。

新日本製鐵広畑製鐵所に勤務:鉄鋼・造船重機・非鉄産業における労使の協議と交渉] 一橋大学「連合寄付講座」2008年度“現代労働組合論I”講義録、1983年から新日鐵本社の労働組合建材・鋼管支部...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる