「神津里季生」とは?

関連ニュース

【働き方改革】連合会長「月100時間の残業、あり得ない」 政府案に反対へ - 02月25日(土)21:29 

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170225-OYT1T50092.html 連合の神津里季生りきお会長は25日、熊本市内で記者会見し、 政府が進める時間外労働(残業)規制について、「月100時間残業が当たり前に語られることはあり得ない」と述べ 繁忙期の月上限を100時間とする案に反対する意向を改めて示した。  経団連は「月100時間」を容認しており、政府は労使の合意形成を求めている。 神津氏は、経団連の榊原定征さだゆき会長と27日に会談することを明らかにした上で、「何回か話していくことを想定している」と語った...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【働き方改悪】残業規制が過労死ライン20時間越えの「月100時間」まで合法化へ - 02月24日(金)18:40 

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170224/Buzzap_41258.html 残業を規制するはずが過労死ラインを大幅に超えることまで合法化されてしまいそうです。まさに本末転倒。詳細は以下から。 「過労死の撲滅」を目指して勧められてきた働き方改革実現会議ですが、連合の神津里季生会長は産業界に屈することを選んだようです。 22日の働き方改革実現会議において、企業の残業時間の上限規制で「繁忙期は月100時間まで」とする案を連合が 条件付きで受け入れる方針を固めました。月平均60時間、年間720時間の規制案を巡っては労使が合...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

連合の民進離れが進むワケ 原発政策で共産党にすり寄り、雇用増やせぬ政策にも不信感 - 02月24日(金)06:28 

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170223/dms1702230830003-n1.htm  民進党の原発政策をめぐり、労働組合の連合が反発するという事態が生じている。また、基幹労連のアンケートで一時、自民党の支持率が民進党を上回ったとも報じられた。労働組合の民進党離れが進む背景は何か。  連合の神津里季生会長は、民進党の蓮舫代表を批判した。蓮舫氏が3月12日の党大会で「2030年原発ゼロ」を打ち出そうとしているからだ。  昨年から連合は、民進党が共産党と選挙協力したことを「左旋回だ」と批判していた。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

残業上限規制、経営側も割れる 経団連、インターバルなど統一苦慮 - 02月23日(木)06:29 

 長時間労働是正に向けた政府の働き方改革実現会議で、罰則規定付きの繁忙期の残業時間の上限規制が大きな争点になっている。政府は上限規制を3月中にも取り決め、早期に関連法案提出を目指す。ただ、政府が想定する月上限100時間に対し、経団連の榊原定征会長は容認する姿勢だが、連合の神津里季生会長は「労働組合側としては認められない」と強硬姿勢を示しており、平行線のままだ。
in English
カテゴリー:

残業時間上限規制:経団連と連合 労使トップ会談へ - 02月21日(火)21:26 

 経団連の榊原定征会長は21日、広島市で記者会見し、政府が検討している残業時間の上限規制に関して連合の神津里季生会長と会談する方向で調整していると明らかにした。繁忙期の残業時間を月100時間まで認めるのが望ましいとする経団連に対し、連合は一段の抑制が必要として反発。労使トップ会談で接点を見いだしたい構えだ。
in English
カテゴリー:

経団連と連合、27日にトップ会談 「残業時間上限は月100時間」争点に - 02月25日(土)05:15 

 長時間労働是正に向けた働き方改革の最重要課題とされる残業時間の上限規制をめぐり、経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長が27日に会合することが24日、分かった。まず双方がそれぞれの認識を説明し、事務レベルの協議を経て、3月中旬までに合意を目指す。政府が提案する繁忙期の月100時間までの残業時間上限に対し経団連は賛同。これに対し連合は過労死リスクが高まるとして強硬に反対していた。が、労使の合意がなければ、労働側が長年求めてきた罰則規定付の上限規制が実現しないことから、連合が態度を軟化させてきた。
in English
カテゴリー:

残業規制で経団連と連合の会長が27日にトップ会談 - 02月24日(金)18:39 

 長時間労働是正に向けた働き方改革の最重要課題とされる残業時間の上限規制をめぐり、経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長が27日に会合することが24日、わかった。まず、双方がそれぞれの認識を説明し、事務レベルの協議を経て、3月の中旬までに合意を目指す。
in English
カテゴリー:

蓮舫氏窮地!電力総連、候補推薦白紙も…『30年原発ゼロ』で渦巻く不満「強行突破すれば党が割れる」 - 02月24日(金)06:27 

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170223/plt1702231530003-n1.htm  民進党の最大の支持団体である連合の傘下労組「電力総連」(岸本薫会長)が、3月12日の党大会で次期衆院選の公約として「2030年原子力発電ゼロ」方針を掲げた場合、民進党候補を推薦しない方針を蓮舫代表に伝えていたことが22日、分かった。電力総連幹部が17日、蓮舫氏と面会して表明した。蓮舫氏は党大会の発表にこだわるが、有力労組が離反すれば党の選挙戦略に大きく影響しそうだ。  蓮舫氏は、党がこれまで掲げてきた「2030...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

労使トップ会談へ 「上限月100時間」焦点 - 02月22日(水)17:17 

経団連の榊原定征会長は21日、広島市で記者会見し、政府が検討している残業時間の上限規制に関して連合の神津里季生会長と会談する方向で調整していると明らかにした。繁忙期の残業時間を月100時間まで認めるのが望ましいとする経団連に対し、連合は一段の抑制が必要として反発。労使トップ会談で接点を見いだしたい構えだ。 榊原氏は「経団連と連合の事務レベルで話し合いをしている。それができた段階でトップ同士が...
in English
カテゴリー:

経団連会長、連合会長と会談の意向 残業時間規制めぐり - 02月21日(火)21:13 

 経団連の榊原定征会長は21日、広島市で記者会見し、残業時間規制をめぐる労使協議について、「具体的な一致点をすりあわせたうえで、私が先方のトップと話をする」と述べ、合意に向けて連合の神津里季生(りきお…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「神津里季生」の画像

もっと見る

「神津里季生」の動画

Wikipedia

神津 里季生(こうづ りきお、1956年(昭和31年)3月 - 日本の危機と国民の力 IMF JC 2011 Spring)は日本労働運動家。2015年10月から7代目日本労働組合総連合会会長飯塚遼 旬の人時の人神津里季生氏(59) 連合の7代目会長に就任 2015/10/28付 日本経済新聞 朝刊。東京都生まれ。

東京学芸大学附属高等学校18期生同窓会・会報 泰山木19号 同期会 30年ぶりのホームルーム 富田 剛(18H)、1979年東京大学卒業、同年新日鐵に入社・新日鐵住金広畑製鐵所に勤務:鉄鋼・造船重機・非鉄産業における労使の協議と交渉] 一橋大学「連合寄付講座」2008年度“現代労働組合論I”講義録、1983年から新日鐵本社の労働組合建材・鋼管支部書記長(非専従)、1984年から専従となり以後新日鐵住金労働組合連合会会長、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる