「神津里季生」とは?

関連ニュース

小池氏・前原氏との密談、連合会長「小沢氏も来ると…」 - 02月20日(火)15:56 

 民進党の前原誠司代表(当時)が希望の党への合流を決めた昨年9月26日の小池百合子・東京都知事との密談。トップ会談への同席をこれまで認めていなかった連合の神津里季生会長が朝日新聞のインタビューに応じ、…
カテゴリー:

裁量労働制:連合会長、首相答弁を批判 - 02月16日(金)23:48 

 連合の神津里季生(こうづりきお)会長は16日の記者会見で、安倍晋三首相が裁量労働制についての国会答弁を撤回した問題について、「あたかも裁量労働制なら労働時間が少なくて済むというような、印象操作的な答弁を作った罪は極めて大きい」と批判した。
カテゴリー:

【官製春闘】安倍首相の「3%賃上げ」論通りに?大企業で24年ぶりの3%が実現するか 経団連・連合トップ会談で話されたこと - 02月04日(日)14:54  newsplus

経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長の労使トップが2018年1月23日、東京・大手町の経団連会館で会談し、18年春闘が本格的にスタートした。政府が経済界に賃上げを求める「官製春闘」は5年目となるが、今年は安倍晋三首相がデフレ脱却に向け、初めて数値目標として「3%の賃上げ」を求めた。 経団連は前向きに検討する姿勢を示す一方、連合は3年連続で「4%程度の賃上げ」を求めている。今春闘では労働時間短縮など「働き方改革」も焦点となり、3月14日の大手企業の集中回答日に向け、労使の攻防が本格化する。 ■連合はベアと...
»続きを読む
カテゴリー:

連合:神津会長が著書 民進・希望 合流の内幕明かす - 02月20日(火)08:30 

当初は「二重党籍」構想  連合の神津里季生会長の著書「神津式 労働問題のレッスン」(毎日新聞出版)が20日発売される。昨年の衆院解散直前の9月26日夜、民進党の前原誠司代表(当時)と希望の党の小池百合子代表(同)による合流協議に同席した経緯などを明かした。当初は合流希望者が「二重党籍」のまま希望の公認を得る構想だったという。
カテゴリー:

連合調べ AI導入で「自分の仕事が変わる」と3人に2人が予想 - 02月16日(金)17:00 

第4次産業革命に代表されるAI(人工知能)等情報通信技術の進展により、定型労働に加えて非定型労働においても省人化が進展することが予測されます。これは、人手不足の解消につながる反面、バックオフィス業務等、雇用のボリュームゾーンである従来型のホワイトカラーの仕事が大きく減少していく可能性も高いと言われています。 そこで、労働者がAIについてどのようなイメージを持っているのか、また、AIが職場環境、働き方、労働条件へどのような影響を及ぼすと考えているのかを把握するため、日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生)は、2017年12月15日~12月19日の5日間、「AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の20歳以上の働く男女1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)
カテゴリー:

【春闘】連合会長・神津里季生「残業減で総収入が減るのでは、経済の好循環にブレーキになる」 - 01月27日(土)21:17  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000023-jij-bus_all  2018年春闘が事実上スタートした。昨年10月、安倍晋三首相は機先を制するかのように経済界に対し「3%」の賃上げを要請。政府が賃上げを促す「官製春闘」は5年目だが、初めて具体的水準に言及した。ただ、経団連が一時金などを含めた「年収ベース」の改善も容認しているのに対し、連合側は基本給を一律に底上げするベースアップ(ベア)を重視。首相の異例の水準明示を受けても、労使の温度差は依然大きい。 一時金6.6カ月要求へ=業績回復受け0.3カ月増-ト...
»続きを読む
カテゴリー:

「神津里季生」の画像

もっと見る

「神津里季生」の動画

Wikipedia

神津 里季生(こうづ りきお、1956年(昭和31年)3月 - 日本の危機と国民の力 IMF JC 2011 Spring)は日本労働運動家。2015年10月から7代目日本労働組合総連合会会長飯塚遼 旬の人時の人神津里季生氏(59) 連合の7代目会長に就任 2015/10/28付 日本経済新聞 朝刊。

人物・経歴

東京都生まれ。東京学芸大学附属高等学校18期生同窓会・会報 泰山木19号 同期会 30年ぶりのホームルーム 富田 剛(18H)、1979年東京大学教養学部卒業、同年新日本製鐵株式会社に入社。

新日本製鐵広畑製鐵所に勤務:鉄鋼・造船重機・非鉄産業における労使の協議と交渉] 一橋大学「連合寄付講座」2008年度“現代労働組合論I”講義録、1983年から新日鐵本社の労働組合建材・鋼管支部...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる