「神木隆之介」とは?

関連ニュース

『岸辺露伴は動かない』最新作、「週刊少年ジャンプ」掲載決定! コミックス第2巻発売 - 02月19日(月)00:00 

 『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の人気キャラクター・岸辺露伴を描く『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#10 ザ・ラン」が「週刊少年ジャンプ13号」(2月26日発売)に掲載されることがわかった。さらに、この同エピソードを含む全4編を収録したコミックス第2巻の発売も決定した。【写真】『ジョジョの奇妙な冒険』フォトギャラリー 『岸辺露伴は動かない』は、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第4部にあたる『ダイヤモンドは砕けない』に登場する天才漫画家・岸辺露伴を主人公とした短編作品。好奇心にあふれ、漫画家として常にリアリティを追及する露伴が、取材先などで体験する恐怖やスリルに満ちたエピソードが描かれる作品となっている。 本作は現在までに8つの短編が発表され、2013年にはその内の5編を収録したコミックス『岸辺露伴は動かない』第1巻が刊行されている。また、フランス・ルーヴル美術館が展開する「バンド・デシネ プロジェクト」として製作されたフルカラー作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が2011年に刊行されている。 『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#10 ザ・ラン」は、「週刊少年ジャンプ13号」に総48ページの描き下ろしで掲載。また、このエピソードを含む全4編を収録したジャンプコミックス『岸辺露伴は動かない』第2巻、そして第1巻に収録されている「エピソード#2 六壁坂」をOVA化...more
カテゴリー:

神木隆之介、主演ドラマで初の弁護士役 崩壊寸前の教育現場に立ち向かう - 02月16日(金)05:00 

 俳優の神木隆之介が、NHK総合で放送される連続ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(4月21日スタート、毎週土曜 後8:15~8:43)に主演する。2017年度から導入された、文部科学省肝いりのスクールロイヤー(学校弁護士)制度を題材に、新人弁護士が法律を武器に学校問題と格闘する中で、教師や生徒と体当たりで向き合い、傷つきながら成長していく物語。いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働…、崩壊寸前の教育現場にスクールロイヤーが立ち向かう。 【写真】セカオワのMVに登場した神木隆之介  新人弁護士・田口章太郎に扮する神木は「自分が学生だった頃は何もわからなかったのですが、大人になって教育現場というところがどれだけ大変だったか、今回この作品を通して知りました。大人の世界だけではなく、人間関係をはじめとするさまざまな問題が学校にも数多くあり、それを法律で解決するという斬新な制度。弁護士役は初めてですが、一生懸命頑張るとともに、皆さんに学校や教育現場等の実態、そして倫理的な観点からも見られる作品になっているので、楽しんで見ていただきたいと思っています」とコメントを寄せた。  弁護士事務所のボス・高城(南果歩)からスクールロイヤーとして青葉第一中学に派遣された田口。校長室で、娘が体罰を受けたと学校に抗議してきた保護者と対面していた。「学校を訴える!」と言って聞か...more
カテゴリー:

神木隆之介が初の弁護士役に!スクールロイヤーとして学校でほえる - 02月15日(木)17:56 

NHK総合では、4月21日(土)から神木隆之介主演のドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(毎週土曜夜8:15-8:43)を放送することが分かった。 【写真を見る】神木が演じる“スクールロイヤー”は、今年度から採用される 同作で神木が演じるのは、法律を武器にさまざまな学校問題と戦う弁護士=スクールロイヤー。 青葉第一中学のスクールロイヤーとして派遣された新人弁護士・田口章太郎(神木)は、娘が体罰を受けたとして「学校を訴える」と言って聞かない保護者と対面。その行為を“威力業務妨害”と言い切り、見事に追い返す。 しかしその数日後、田口の態度に腹を立てた保護者から送りつけられた1枚の文書によって、事態は急変。担任教師・望月(岸井ゆきの)が体罰を行った事実を認める文言と署名があったのである。保護者に呼び出され、言われるがままに署名をしてしまった望月。果たして田口はこの問題を解決に導くことができるのか? 崩壊寸前の教育現場で、“弁の立つ”田口が答えのない問題と格闘し、教師や生徒とぶつかりあいながら成長していく姿を描く。 神木は、「自分が学生だったころは何も分からなかったのですが、大人になって教育現場というところがどれだけ大変だったか、この作品を通して知りました」と明かす。 そして、「今年度から新しくスクールロイヤー制度が始まります。弁護士役は初めてですが、一生懸命頑張ると共に、皆さんに...more
カテゴリー:

岡田准一「怖くて脚本を読むのも大変です」鬼才・中島哲也監督と初タッグ! - 02月12日(月)21:30 

日本映画界の鬼才・中島哲也監督にとって「渇き。」以来の最新作となる、映画「来る」が2019年に公開されることが判明。「海賊とよばれた男」(2016年)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、近年その他にも数多くの映画でメインキャストを務めてきた岡田准一が主演し、中島監督と初タッグを組む。 【写真を見る】日本映画界の鬼才・中島哲也監督が新たな“怪作”を生み出す!/(C)2019「来る」製作委員会 中島監督が最新作の題材に選んだのは、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらの大絶賛コメントを浴びて大賞を受賞した、澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫刊)。 本作は、“得体のしれない脅威”が忍び寄る、王道の恐ろしさを持ち合わせながらも「今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わる」という“人間の怖さ”も持ち合わせ、それが見事にリンクした二重の恐ろしさを持つ作品として高い評価を受けている。 中島監督は、原作小説を読んですぐに「映画化したい」と快諾し、1年以上にわたり脚本を執筆。劇団「ハイバイ」を主宰し、岸田國士戯曲賞、向田邦子賞をW受賞した気鋭の劇作家・岩井秀人も共同脚本として参加することで、原作の魅力はそのままに、中島監督でしか撮ることのできない映画の企画が立ち上がった。 主演の岡田がフリーライターの野崎を演じ、妻夫木聡が正体不明の“そ...more
カテゴリー:

小松菜奈、辛口原作ファンをも納得させる二次元ヒロイン力 - 02月10日(土)08:40 

 モデルで女優の小松菜奈が、漫画原作の映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)でヒロインを演じる。続けて5月にも主演作品『恋は雨上がりのように』の公開が控えており、過去の出演作でも漫画原作映画が多くを占める。なぜ小松菜奈がこうも漫画原作の映画のヒロインに起用されるのか。実写映画化の流れが続く今において存在感を発揮しつつある、小松菜奈による他を圧倒する “二次元ヒロイン力”の秘密を紐解いていく。 【画像】原作ファンも可愛いと高評価、小松菜奈の女子高生姿 ■漫画原作映画のヒロイン役に抜てきが続く、異色の経歴  今月5日、映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)のマスコミ完成披露試写会が行われ、ヒロイン・律子を演じる小松菜奈、主人公・薫を演じる知念侑李、クラスメイト・千太郎を演じる中川大志らが登壇した。本作は小玉ユキによる同名タイトルのコミックの実写映画化となる。2012年に『月刊flowers』(小学館)で連載終了、同年にはアニメ化もされた人気作品が約6年の時を経て映画化される。同作は少女漫画ながら、60年代の佐世保を舞台に“高校生とジャズ”、そして“友情”をテーマにした独特の世界観から根強いファンを持つタイトルだ。  さらには、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の人気コミック『恋は雨上がりのように』の映画化作品(5月25日公開)でも主人公に抜てき。バイト先の冴えな...more
カテゴリー:

神木隆之介、教育現場で奮闘する学校弁護士に 4月期NHKドラマに主演 - 02月16日(金)18:00 

 俳優の神木隆之介が、4月スタートのNHKドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』で、崩壊寸前に陥った教育現場で奮闘する学校弁護士(スクールロイヤー)を演じることが分かった。【写真】「神木隆之介」フォトギャラリー 本作で神木が演じるのは、いじめや体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働といった、教育現場で巻き起こるさまざまな問題の解決に挑む「スクールロイヤー」。神木のほかには、田辺誠一、岸井ゆきの、濱田マリ、菅原大吉、小堺一機、南果歩が出演する。 弁護士事務所のボス・高城(南)から青葉台一中学校へ派遣された田口章太郎(神木)は、校長室で「娘が体罰を受けたので、学校を訴える」と抗議する保護者を「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」と一刀両断し、見事追い返す。これに対し、校長の倉守(小堺)は「面倒が片付いた」と上機嫌。一方で教頭の三浦(田辺)は「学校には学校のルールがある」と不満顔。いずれにしても一件落着のはずだったが、その数日後、田口の態度に腹を立てた保護者が、体罰の事実があったと認める文書を、担任教師・望月(岸井)に署名させたうえで、学校へ送りつけてきた。果たしてこの難題に、田口はどう立ち向かうのか。 主人公・田口を演じる神木は「自分が学生だった頃は何もわからなかったのですが、大人になって教育現場というところがどれだけ大変だったか、今回この作品を通して知りました」とコ...more
カテゴリー:

【ドラマ】神木隆之介、NHK主演ドラマで弁護士役に初めて挑戦 4月21日スタート - 02月15日(木)19:51  mnewsplus

https://mdpr.jp/news/detail/1746923 2018.02.15 16:44 俳優の神木隆之介が主演を務めるNHK土曜ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(毎週土曜20:15~、全6回)が、4月21日より放送されることが発表された。弁護士役に初めて挑戦する。 同作は、新人弁護士が法律を武器に学校問題と格闘するなかで、教師や生徒と体当たりで向き合い、傷つきながら成長していく「学園ヒューマンドラマ」。 神木は、「スクールロイヤー(学校弁護士)制度」で、弁護士事務所から青葉第一中学に派遣された弁護士・田口章太郎を演じる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

セカオワ、幻想的なジャケット&ライブ映像解禁 - 02月14日(水)15:00 

 SEKAI NO OWARIが、ライブBlu-ray/DVD『Tarkus』(3月7日発売)のジャケット写真と収録曲「Hey Ho」のフルサイズ映像を公開した。 【ライブ映像】SEKAI NO OWARI『Tarkus』収録「Hey Ho」  本作は、昨年1月から3ヶ所5会場で開催された初のスタジアム・ドームツアー『Tarkus』を完全収録。ジャケット写真は、幻想的に広がる白いモヤの中に4人のシルエットが浮かび上がり、ライブの登場シーンを切り取ったかのようなカットとなっている。  同ツアーでは初のセンターステージが組まれ、タルカスの世界観の象徴として、会場の中央にそびえ立つ巨大樹を囲むようにメンバーを配置。大編成のストリングスやリズム隊も加わり、壮大なスケールでライブが展開された。  YouTubeのオフィシャルチャンネルでは、収録映像の中から「Hey Ho」をフルサイズで公開。Fukase原案のストーリーとともに展開し、ライブ後半を盛り上げる1曲となっている。 【関連記事】 セカオワSaori、昨年末に第1子出産「ぽろぽろと涙が」 (18年01月04日) セカオワFukase&神木隆之介が兄弟役 「サザンカ」MV公開 (18年02月05日) 第158回「直木賞」に門井慶喜氏 セカオワSaoriは受賞逃す(18年01月16日) 小沢健二×セカオワ、共同作業を振り返る ...more
カテゴリー:

若本規夫ボイスを最強に感じるアニメキャラは? 3位「松平片栗虎」 - 02月12日(月)07:30 

声質と演技力でキャラクターたちに命を吹き込む声優、現在はかなりの人気職業だそうですね。 ただ特殊な資格などを必要としない代わりに才能を求められる部分が非常に多く、いわゆる大御所声優さんはいずれも声にかなりの特徴を持っている人が多いですね。 そこで今回は「若本規夫ボイスを最強に感じるアニメキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。 特徴的な「若本規夫ボイス」を一番生かされているキャラクターとは、一体どの作品のどのキャラクターだったのでしょうか? 1位 穴子さん 2位 セル 3位 松平片栗虎 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『サザエさん』の「穴子さん」! マスオさんの同僚で親友兼悪友、『サザエさん』の「穴子さん」が堂々の1位に輝きました。 マスオさんによると27歳なのですが、27歳にはとても見えない独特で老けた顔、若本規夫の特徴的で伸びのある声も合わさって、日本でこのキャラクターを知らない人はいないほどの知名度を誇っていますね。 残念ながらいつ頃から2代目「穴子さん」として活動しているのかは不明なのですが、「若本規夫=穴子さん」という認識の人も多いくらい定着したイメージがあります。 2位は『ドラゴンボールZ』の「セル」! 落ち着きの中にも若本らしさを感じる、『ドラゴンボールZ』の「セル」が2位を獲得しました。 完全体となってからは非常に冷静な口調になるものの...more
カテゴリー:

声優・石田彰のハマり役だったアニメキャラランキング - 02月07日(水)11:30 

比較的高めの音質が特徴の声優石田彰さん。業界でも少ない男性の少年役や、過去には少女役の声優経験もあります。 もちろん少年役にとどまらず、大人な男性の役なども演じており演技の幅広さを伺わせるのですが、そんな石田彰さんに「ハマっている役」というのは、なかなか決め難いものかと思います。 そこで今回は「石田彰のハマり役だったアニメキャラ」をアンケート、ランキングにしてみました。 石田彰さんがハマり役だと思われているアニメキャラとは、一体どの作品のどのキャラクターだったのでしょうか? 1位 桂小太郎 2位 渚カヲル 3位 アスラン・ザラ ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『銀魂』シリーズの「桂小太郎」! 指名手配をものともしない、『銀魂』シリーズの「桂小太郎」が堂々の1位に輝きました。 一応幕府にとっては攘夷派の最重要人物ではあるのですが、比較的普通にそこら辺を闊歩していたり、当たり前のように大型企画に参加したりしていますね。 いつもはボケ担当の銀時も彼がそばにいる時はツッコミになる事が多く、作中随一のボケキャラと言っても過言ではないでしょう。 2位は『新世紀エヴァンゲリオン』の「渚カヲル」! 人間の肉体と「第1使徒 アダム」の魂を持つ「第17使徒 タブリス」、『新世紀エヴァンゲリオン』の「渚カヲル」が2位を獲得しました。 優しげな少年の風貌とはかけ離れた考え方を持ってお...more
カテゴリー:

もっと見る

「神木隆之介」の画像

もっと見る

「神木隆之介」の動画

Wikipedia

神木 隆之介(かみき りゅうのすけ、1993年5月19日 - )は、日本の男性俳優、声優。埼玉県出身。アミューズ所属。

来歴

出生当初は大病をしており、「今こうしてここに立てていると思うと、奇跡だなぁと思うので」と本人は語っている。事務所に母が応募して合格。1995年、CMデビュー。1999年、テレビドラマグッドニュースでドラマ・デビューをした。2005年、所属事務所を現在のアミューズに移籍。

俳優業

2004年、映画お父さんのバックドロップにおいて、プロレスラーの父親と距離を置く息子役を演じた。

2005年、映画妖怪大戦争で主演し、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した。

2006年7月1日放送の探偵学園Qでドラマ初主演。同ドラマは2007年、連続ドラマ化された。

2008年、倉本聰が脚本を手掛けたテレビドラマ風のガーデンにおいてサヴァ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる