「神尾佑」とは?

関連ニュース

週刊誌記者のスクープ入手法は!? 「ブラックリベンジ」お仕事リアル調査 - 11月18日(土)12:15 

人気週刊誌「週刊星流」の記者・今宮沙織(木村多江)が、夫・圭吾(高橋光臣)を陥れ、自殺に追いやった人物たちに“スキャンダル”で復讐する姿を描く「ブラックリベンジ」(毎週木曜夜11.59-0.54、日本テレビ系)。 【写真を見る】「M-1グランプリ」決勝に進出したカミナリも出演中 スクープで復讐を果たしていく沙織は、圭吾の盟友だった政治家・塚本(神尾佑)には、彼の妻と結託して愛人の存在を暴露。圭吾と偽のベッド写真を撮ったアイドル・サユミ(芹那)には、マネジャーの嫉妬心をあおり、結婚式の会場で過去の悪行を明かし、会社社長・南條(横山めぐみ)には、彼女が裏で運営していた“イケメン売春サイト”の存在を暴いた。 だが、実際にスクープを追う週刊誌記者はどんな仕事をしているのだろうか。某週刊誌編集部に勤める編集部員AとライターBに、その“リアル”を聞いた。 ■ リアルその1…取材の基本は張り込み! ネタは飲み歩いて探す! 高槻(堀井新太)から得た情報を基に行動を起こす沙織だが、実態は? 「基本的には1日中じーっと車の中で張り込みですね」(ライターB)、「絶対に相手にばれないことが大事です」(編集部員A)、「ネタは飲み歩いて探しています(笑)。便利な“情報屋”はいないですよ(笑)」(ライターB)。 ■ リアルその2…怒鳴られるのはもはや日常茶飯事? スクープを狙った沙織が、逆に隼也(大和孔太)に写...more
カテゴリー:

「明日の約束」青柳翔が、週刊誌のゲス記者に! - 11月07日(火)15:05 

11月7日(火)放送の「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、カンテレ・フジ系)第4話では、仲間由紀恵演じる”毒親”真紀子が、ついに学校側への攻撃を開始する。 【写真を見る】仲間由紀恵演じる”毒親”真紀子が、ついに学校に直訴する/(C)カンテレ 同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上真央)が、人間関係に悩みながら生徒の死の謎を追うヒューマンミステリー。 バスケ部の顧問・辻(神尾佑)が、何者かに襲われるという衝撃的なシーンで終えた第3話。予想外の展開に「犯人誰⁉」「辻先生、死んじゃうの?」と、視聴者を動揺させた。 第4話では、息子・圭吾(遠藤健慎)の死の原因が学校でのイジメにあると主張していた真紀子が、マスコミを使い学校側への復しゅうに出る。まず、真紀子は週刊誌記者の小嶋(青柳翔)と接触。小嶋の仲介の下、いきなりテレビの独占インタビューで世間に学校の非を訴える。 これには、「(報道は)高尚なゲームだ」と考える”ゲス記者”の小嶋も真紀子の訴えに影響され、イジメ疑惑の渦中にあるバスケ部キャプテンの暴行疑惑を伝える動画ニュースを流す。 さらに、真紀子は”人権派弁護士”の大道寺(森岡豊)に自らの主張を代弁させ、日向ら学校側を徹底的に追い込んでいく。その言動や表情だけでなく、復しゅうのために手段を選ばない”毒親”真紀子の不気味な知恵や手段に注目だ。 【関連記事】 ・「明日の...more
カテゴリー:

動き出した「明日の約束」観たほうがいい。4話時点の謎を整理してみた、今夜からでもじゅうぶん間に合う - 11月14日(火)09:45 

フジテレビ系「明日の約束」。視聴率は、1話8.2%、2話6.2%、3話5.4%と苦戦していたが、4話は5.8%とちょっと回復の方向へ。視聴率が低いのは、たぶん丁寧過ぎるから「視聴率が低い=面白くない」ということは絶対にない。宣伝に失敗すれば視聴率を獲得出来ないのは当たり前だし、深夜でコアなファン向けに人気を獲得していたバラエティ番組が、ゴールデンになったら視聴率が取れないというのはよくあることだ。だが、低いには低いなりの理由はあると思う。「明日の約束」が視聴率で苦戦している理由を考えてみると、大きく二つ思い当たる。一つ目は、「自殺、毒親などテーマが重すぎるから」。面白かろうが、面白くなかろうが、テーマが重いだけで見ない視聴者は、確実にいる。つまり、視聴者の分母が少ない。筆者も、20代の頃は、わかりやすくて当たり障りないのないテーマのドラマや映画しか観なかった。気が滅入るのが嫌だから。二つ目は、「謎がどんどん増えるが、解決や発覚シーンが少ない」だ。「明日の約束」は、「この世でいちばん謎が残る死」をコピーにしているだけあって、謎多きドラマだ。この謎を丁寧に描き過ぎているからだと思う。イジメや毒親などの描写と、自殺という大きな事件を序盤で丁寧に描き過ぎたから、最初にいた8.2%の視聴者が離れてしまったのだと考える。もちろん、全然悪いことではないし、丁寧さが「明日の約束」の大きな魅力なのは...more
カテゴリー:

「明日の約束」3話。浅〜い絶対悪・小嶋登場、あ、どんよりが晴れて見やすくなったぞ - 11月07日(火)09:45 

フジテレビ系ドラマ「明日の約束」第3話。自殺、イジメ、親の過干渉という重いテーマを、2話までは淡々と描いていた。だが、3話にしてようやく事件が転がりはじめた。あらすじテレビで圭吾(遠藤健慎)の母・真紀子(仲間由紀恵)のインタビュー映像が放送される。真紀子は、圭吾の自殺の原因を学校で受けたイジメだと語る。さらには、校長・轟木(羽場裕一)の記者会見の「その程度のこと」という一部分を切り取られ、これで世間からの学校のイメージは最悪なものになってしまう。日向(井上真央)は、希美香(山口まゆ)からバスケ部で圭吾がイジメを受けていたのではないかという話を聞く。霧島(及川光博)と一緒にイジメの聞き取り調査を行うと、2年でキャプテンの長谷部(金子大地)と1年の沢井(渡邉剣)が圭吾と距離を置いていたことがわかる。2人は何かを隠している様子。そんな中、バスケ部顧問の辻(神尾佑)の過去の体罰問題がネットで拡散されてしまう。絶対悪の登場週刊誌記者の小嶋(青柳翔)の登場で、ドラマの雰囲気が一気に変わった。偏向報道という新しい問題が生まれたのもその要因だが、何より小嶋が絶対悪として日向に立ちはだかったのが大きい。真紀子や日向の母・尚子(手塚理美)も悪は悪なのだが、2人の場合は子供への愛情が根本にある。だから軽々しく悪いというのが難しい存在だ。しかし、小嶋は違う。(日向に取材を断られて)「けっこうですよ、別に。...more
カテゴリー:

「神尾佑」の画像

もっと見る

「神尾佑」の動画

Wikipedia

神尾 佑(かみお ゆう、1970年3月16日 - )は、日本俳優

福島県いわき市出身。宮津ルーム(未遊プロジェクト)に所属していたが、2012年からヒラタオフィス所属となった。

以前の芸名鈴木ユウジ、2006年1月頃から鈴木ゆうじと表記を変更。2007年8月に「神尾佑」と改名した。

人物

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる