「祝賀行事」とは?

関連ニュース

ユナイテッド航空、ボーイング747のラストフライトで1970年の初飛行を再現 - 11月21日(火)15:10 

ユナイテッド航空(本社: シカゴ)は11月7日、ボーイング747による最終便の運航を完了した。ユナイテッド航空は同型機の引退を記念し、最終便となるUA747便では、機内食、客室乗務員の制服、機内エンターテイメントに至るまで、B747が就航した1970年当時を再現し、乗客・乗務員・招待客など合計300人以上を乗せて、「空の女王」として優雅にサンフランシスコからホノルルへ運航した。 ユナイテッド航空が747-100の1号機を受領したのは1970年6月26日のこと。2017年1月11日に、2017年第4四半期に747-400型機を引退させる計画を発表し、10月29日にソウル=サンフランシスコ線において747の最後の国際線運航を完了。今回、11月7日に747の引退を記念し、1970年の就航当時を再現しレトロ・イベントを開催した。 このラストフライトは、初飛行と同じルートであるサンフランシスコ=ホノルル路線となった。なお、同最終飛行便を9月に発表した際、その航空券はわずか90分で完売となった。 ユナイテッド航空のオスカー・ムニョス最高経営責任者は、「B747は空の旅に新時代をもたらした特別な航空機であり、お客さまや弊社の乗務員から愛されてきました。今日はうれしさと悲しさが交錯する特別な日となりますが、人々を結びつけ、世界をさらに小さくした『空の女王』の革新的な遺産は、今後も新世代の長距...more
カテゴリー:

レバノン首相、近く帰国へ 仏大統領と会談後に表明 - 11月19日(日)03:40 

【11月19日 AFP】訪問先のサウジアラビアで突然辞意を表明したレバノンのサード・ハリリ首相は18日、パリでエマニュエル・マクロン仏大統領と会談した後、22日に行われるレバノン独立記念日の祝賀行事に合わせて帰国し、自身の立場を説明すると述べた。≫続きを読む
カテゴリー:

動画:レバノン首相、近く帰国へ 仏大統領と会談後に表明  - 11月19日(日)10:09 

【11月19日 AFP】訪問先のサウジアラビアで突然辞意を表明したレバノンのサード・ハリリ首相は18日、パリでエマニュエル・マクロン仏大統領と会談した後、22日に行われるレバノン独立記念日の祝賀行事に合わせて帰国すると表明した。≫続きを読む
カテゴリー:

「祝賀行事」の画像

もっと見る

「祝賀行事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる