「祐真キキ」とは?

関連ニュース

鈴木勝大、池波正太郎作品に出演「女の尻にしかれる男の悲劇は滑稽」 - 02月12日(月)18:37 

 BSジャパンで放送中の『池波正太郎時代劇 光と影』(第1・第2火曜 後8:00~8:54)。時代小説の巨匠で傑作を多数発表した池波正太郎(1923-90年)の選りすぐりの短編12編を一話完結で映像化するシリーズでは、あす13日に第10話「谷中・首ふり坂」が放送される。養子婿で妻に頭が上がらない男が、初めて連れていかれた谷中の出会い茶屋の女に魅せられてしまうストーリー。主人公の武士・三浦源太郎を演じる鈴木勝大が見どころを語った。 【場面場面】『ドクターX』女優デビューした是永瞳も出演  源太郎は、江戸城・本丸留守居番を務める旗本・三浦忠右衛門(浅雛拓)の養子婿。体も気も弱い源太郎に対し、妻の満寿子(安藤輪子)は気位が高い上に薙刀の名手。源太郎は日頃から妻に養子扱いされて頭が上がらず、それは夜の生活にまで及ぶのだった。面白くない源太郎が愚痴をこぼせるのは、幼なじみの金子辰之助(佐藤祐基)だけ。その辰之助にからかい半分で連れ出された出会い茶店で、源太郎は大女・おやす(是永瞳)を紹介される。初めて会った時、おやすは米俵を片手で軽々と持ち上げ、源太郎はあっけにとられるが…。  鈴木は「時代劇の主役には本来似つかわしくないような、臆病で意気地なしの源太郎が、自分の人生で初めて熱い思いを持って自ら行動を起こしていく姿が好きで、これを自分が現場で体現していけるのかと思うと純粋に楽しみになり...more
カテゴリー:

「祐真キキ」の画像

もっと見る

「祐真キキ」の動画

Wikipedia

。両親の他、兄、妹が居る。叔父(父の弟)はファッションエディターの祐真朋樹

小学生の頃から目立つことが好きで、子供の頃は天才てれびくん(NHK Eテレ)に出られたらいいな、という思いを持っていたことがあったという宇宙船 2016年冬号(ホビージャパン)p.108 - 109 祐真キキインタビューより。。その後も中学生の頃からドラマや音楽に憧れ、特にアメリカの映画やドラマに憧れていたこともあって英語が話せるようになりたいと思い続けていた。高校はアメリカの高校に進学することを望んでいたが、京都府内の高校に進学。しかしその後もアメリカ行きを強く望み、高校2年の夏から1年間アメリカ・サウスダコタ州の高校に留学、この時に英会話を習得する。

高校卒業後は進学せず、アルバイトをしながら、東京へエキストラの仕事をしに行っていたこともあった。マザー・テレサアンジェリーナ・ジョリーに憧れて海外のドラマに出たいとの思い...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる