「社会問題」とは?

関連ニュース

娘と彼氏のLINEを監視!? 超過保護なヘリコプターペアレントの実態 - 12月17日(日)20:00 

今年は『過保護のカホコ』(日本テレビ系)も放送され、過保護な親が何かと話題になりました。以前から子どもの学校に押しかけてくるような“モンスターペアレント”が問題になっていますが、最近では“ヘリコプターペアレント”と呼ばれる親も現れているようです。 【写真を見る】米国でもたびたびヘリコプターペアレントが問題に   ■ 常に子どもを監視して“急降下”してくる親たち 12月6日放送の「ねほりんぱほりん」(NHK)ではヘリコプターペアレントを特集。ヘリコプターペアレントとは、常に子どもを監視し、何かあったら“急降下”して世話を焼くという超過保護な親のことです。 番組には過保護な専業主婦のイズミさん(仮名)が登場。まず彼女は、中学3年生の娘さんのご飯を全てよそい、洋服を選ぶ時は靴下まで全て選んであげていることを告白しました。 これにインタビュアーのYOUは「うわ、見たぞそのドラマ」と、『過保護のカホコ』に言及。イズミさんも同ドラマを見ていたのですが、「おかしいこと何もないんじゃない」「日常生活を流してるだけ」といった感想を抱いたそうです。 他にも「去年までは学校の尿検査もやってあげてた」など様々なエピソードが語られていたのですが、中でも注目を集めたのは“スマホの監視”。「友達関係は全て把握していないと嫌」というイズミさんは、娘のLINEのやり取りや“友達リスト”、ネットの検索履歴などを常に監...more
カテゴリー:

慶應義塾大学のおすすめサークル15選 有名どころから個性的なサークルまでご紹介 - 12月17日(日)17:00 

数多くある私立大学の中でも、有数の歴史と人気を誇る慶應義塾大学。一万円札の肖像でもおなじみの福澤諭吉が1858年に創設したことでも有名です。慶應義塾大学は勉学だけでなく課外活動も盛んなため、バラエティ豊かなサークルが数多く存在しています。そこで今回は、新大学生がサークル選びをする際の参考になるよう、慶應義塾大学の魅力的なサークルをピックアップしてみました。■慶応には歴史あるサークルが多い!●慶応義塾大学のおすすめサークル1 慶應義塾大学律法会50年以上の歴史を持つ文化団体連盟公認の法律サークルです。その規模は学内でも群を抜いて大きく、毎年200人以上の法学部の学生が入部します。法律の勉強会や試験対策以外にも、授業の要点をまとめた講座などが開かれます。勉強会以外にも夏合宿など「遊び」の要素も楽しめます。⇒『慶應義塾大学律法会』公式サイトhttp://book.geocities.jp/rippou07/home.html●慶応義塾大学のおすすめサークル2 十八人会『十八人会』は、慶應義塾大学律法会と並ぶ慶應の二大法律サークルの一つ。慶應義塾大学律法会と同じく、法律の勉強や授業対策、履修情報など、法学部の学生として大学生活を送る上で欠かせない情報を得ることができます。またこうした法律系サークルは、法曹界で活躍するOBと交流ができるのも大きな魅力です。⇒『十八人会』公式サイトhttp:/...more
カテゴリー:

【悲報】全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断 - 12月17日(日)09:40  news

日本の同人ゲームを手がけるパブリッシャーHenteko Doujinは、今冬Steamリリース予定であった全年齢向けミステリーノベル『いえのかぎ』がValveによって削除されたと発表、経緯について同作のSteamコミュニティ上で説明しています。 同作は、女子児童への盗撮行為を、当の児童によって発見された主人公の小学校教諭が、それを弱みに、小学校に隠された、謎の大金の探索へと参加させられてしまう所から始まるサスペンスノベルゲーム。日本では既に全年齢向けの一般同人タイトルとしてリリースされています。 Henteko Doujinによれば...
»続きを読む
カテゴリー:

【交通】警察庁、「あおり運転」防止対策を指示…将来的に事故を起こしそうな運転者に対し、最長180日間の免許停止処分 - 12月16日(土)15:25  newsplus

免許停止で「あおり」防止 警察庁、危険運転者に 死亡事故に発展する恐れがある「あおり運転」など悪質で危険な運転が社会問題化しているとして、警察庁は15日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指示した。 あおり運転を巡っては、神奈川県の東名高速道路で6月、ワゴン車の夫婦が後続車にあおられて停止させられた後、大型トラックに追突...
»続きを読む
カテゴリー:

赤い羽根は戦争孤児救済から…多様化する「共同募金」 - 12月15日(金)22:00 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「共同募金」です。 税金だけではまかなえない問題の解決に。 12月に入り、各所で「歳末たすけあい運動」が展開されていますね。歳末たすけあい運動とは、共同募金運動の一環として、地域住民、ボランティア、民生委員、社会福祉協議会などの協力のもと、支援を必要とする人が安心して暮らせるように行われるさまざまな福祉活動のこと。共同募金で馴染み深いのは「赤い羽根」ですよね。赤い羽根共同募金の歴史は古く、はじまりは昭和22年。当時、戦争により家や仕事を失い、保護が必要だった世帯は90万以上、戦災孤児は数十万いたそうです。物価が高騰し、皆が生活に苦しんでいました。そんななか、第1回共同募金には5億9000万円が集まりました。労働者の平均賃金が1950円だった時代ですから、現在の貨幣価値に置き換えると1200億~1500億円。主に、戦災孤児の支援に使われました。 昭和26年には「社会福祉事業法」が制定され、共同募金は「都道府県の区域を単位とし、その区域内の社会福祉事業、更生保護事業などに配分されることを目的とする」と定められました。使い道は、地域や時代に合わせ、その都度、保育所の支援や老人ホームの給食、障害者スポーツの支援などにあてられました。設立70周年を迎えた昨年は「赤い羽根福祉基金」を創設...more
カテゴリー:

スマホやPCでも発症!? 電磁波過敏症の症状と効果的な予防対策 - 12月17日(日)20:00 

普段使用しているスマホやパソコンなどの電磁波によって、体調不良を訴える人がいます。 「電磁波過敏症」と言われるもので、まだまだ認知がされていないのが現状です。 今回は、電磁波過敏症の原因・症状・予防対策などを、医師の井上先生に分かりやすく解説をしていただきました。 電磁波過敏症とは 身の回りの様々な電磁波に反応して、頭痛や吐き気など心身に症状を認める疾患です。重症になると、就学や就労、家事などの日常生活に重大な支障がでてきます。 ただし、WHOが2005年に電磁波の暴露が原因である証拠には欠けている見解も示しているためか、なかなか診断に至らないケースも多く、2017年12月現在では正式な病名とは認められておりません。 電磁波過敏症の原因   電磁波過敏症の原因であろうと言われる身の回りのモノは、いくつかあります。 室内 携帯電話、パソコン、IH調理器具、ホットカーペットなどは代表的です。 室外 スマートメーターや携帯電話基地局なども原因になりうるだろうと、仮説検証が活発に行われています。 電磁波過敏症の症状  ・頭痛 ・吐き気 ・動悸 ・不眠 ・皮膚への刺激 ・集中力の欠如など ・動悸などの...more
カテゴリー:

【社会】野球道具大量窃盗犯も出品…メルカリ、迫られる対策 身分証不要に「甘い」との声も 捜査員「またメルカリだ」 - 12月17日(日)12:01  newsplus

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/171217/afr1712170006-s1.html 関東や福島県の高校で相次いだ野球道具の大量盗難事件で、埼玉県警が窃盗容疑などで逮捕した水戸市の土木作業員の男(20)=窃盗罪などで起訴=らは盗んだボールをフリーマーケットアプリ「メルカリ」で売却していた。盗品の出品など悪用が相次いだことなどから、メルカリは利用者の本人確認を強化。警察の要請に応えた形だが、身分証は不要で「対策が甘い」との指摘も。拡大するネット上の個人取引を巡り、利便性と犯罪抑止との間で難しい対応を迫られている...
»続きを読む
カテゴリー:

【ゲーム】全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断 - 12月17日(日)05:59  newsplus

日本の同人ゲームを手がけるパブリッシャーHenteko Doujinは、今冬Steamリリース予定であった全年齢向けミステリーノベル『いえのかぎ』がValveによって削除されたと発表、経緯について同作のSteamコミュニティ上で説明しています。 同作は、女子児童への盗撮行為を、当の児童によって発見された主人公の小学校教諭が、それを弱みに、小学校に隠された、謎の大金の探索へと参加させられてしまう所から始まるサスペンスノベルゲーム。日本では既に全年齢向けの一般同人タイトルとしてリリースされています。 Henteko Doujinによれば、...
»続きを読む
カテゴリー:

警察庁「あおり運転する車カスは点数関係なく180日免停にする」 - 12月16日(土)02:56  news

免許停止で「あおり」防止 https://this.kiji.is/314378278020482145 死亡事故に発展する恐れがある「あおり運転」など悪質で危険な運転が社会問題化しているとして、警察庁は15日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断した運転者に対し、 交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができる道交法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指示した。  あおり運転を巡っては、神奈川県の東名高速道路で6月、ワゴン車の夫婦が後続車にあおられて停止させられ...
»続きを読む
カテゴリー:

免許停止で「あおり」防止 警察庁、危険運転者に - 12月15日(金)21:48 

死亡事故に発展する恐れがある「あおり運転」など悪質で危険な運転が社会問題化しているとして、警察庁は15日までに、車...
カテゴリー:

もっと見る

「社会問題」の画像

もっと見る

「社会問題」の動画

Wikipedia

社会問題(しゃかいもんだい)とは、一般に広くその存在が知れ渡っている(未解決の)普遍的な問題・懸案事項のこと。

特に現象に対して否定的なニュアンスを含まない関連語には社会現象がある。政治の方向性や特定の政策に関連している場合や、施政の上での課題となっている場合には、政治問題とも呼ばれる。

なお、社会問題に関係する概念としては社会病理があり、こちらは社会に観測される現象を病気の症状に準え捉えた語で、社会学の一端には社会病理学という専門の学術研究分野が存在する。ことこの場合の「観測された現象」は、いわゆる社会問題としての曖昧な総体的イメージではなく、具体的に逸脱している個人集団であり、これらの逸脱したケースを通して、その状態を「発症」するに至った病理(この場合は社会構造や要素などから、結果に至るメカニズムまで)を解明することが社会病理学の範疇である。

概要

このように形容される問題・懸案事項(解決が求められる問題点)は、一般の人々にとってもその存在が知れ渡っており、社会に属しながらその意思決定に参加したがらない...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる