「社会全体」とは?

関連ニュース

【話題】議場に子連れはあり?なし? ★ 3 - 11月23日(木)15:29  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_034 11月22日 18時28分 熊本市の市議会に、生後7か月の子どもを連れた女性議員が出席しようとしたところ、ほかの議員から退席を求める声があがりました。対応を協議した結果、女性議員は友人に子どもを預けて出席することになり、本会議は40分遅れて開会しました。議員は子連れでは議会に参加できないの?そもそも議場に小さな子どもは入れないの?海外ではどうなっているの?議場についての論争を取材しました。(ネットワ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】議場に子連れはあり?なし? - 11月22日(水)23:27  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_034 11月22日 18時28分 熊本市の市議会に、生後7か月の子どもを連れた女性議員が出席しようとしたところ、ほかの議員から退席を求める声があがりました。対応を協議した結果、女性議員は友人に子どもを預けて出席することになり、本会議は40分遅れて開会しました。議員は子連れでは議会に参加できないの?そもそも議場に小さな子どもは入れないの?海外ではどうなっているの?議場についての論争を取材しました。(ネットワ...
»続きを読む
カテゴリー:

「嫁」と呼びたい男、「妻」と呼ばれたい女。「配偶者」の呼び方にまつわる、男女のすれ違い - 11月21日(火)19:50 

■「嫁」と呼びたい男、「妻」と呼ばれたい女。「配偶者」の呼び方にまつわる、男女のすれ違い 最近古いドラマで主人公が友人に妻の愚痴を言うシーンのとき「うちの家内がさ~」というセリフを言っているのを見て、最近奥さんのことを「家内」と呼ぶ人って少なくなったなと感じました。 一方で、まだ結婚していない若者カップル同士なのに「嫁」とか「旦那」と呼び合っている人もチラホラいますよね。 みなさんは知人に配偶者の話をするときなんて呼びますか? また呼ばれたい呼び方はありますか? ということで今回は、株式会社インテージリサーチが全国の20~69歳の男女1万人に調査した「夫婦の呼び方」の結果をご紹介します! ■「希望する呼ばれ方」と「実際の呼ばれ方」はなんですか? (女性 3,277人、複数回答)   【希望する呼ばれ方】 1位:妻 23.0% 2位:奥さん 17.9% 3位:嫁 12.1% 4位:名前の呼び捨て 11.8% 5位:家内 11.4%   【実際の呼ばれ方】 1位:嫁 23.0% 2位:奥さん 15.7% 3位:名前の呼び捨て 12.3% 4位:家内 10.9% 5位:妻 10.6%   親しい人の前で配偶者の話をするとき、女性が希望する呼ばれ方1位は「妻」、2位は「奥さん」、実際の呼ばれ方1位は「嫁」、2位は「奥さん」でした! 一番呼ばれている「嫁」は...more
カテゴリー:

第41回全国育樹祭大会宣言 - 11月20日(月)09:26 

国土の保全や地球温暖化の防止、生物多様性の保全など多面的な機能を発揮している森林を社会全体で守り育てていくことは私たちに課せられた大きな使命である。
カテゴリー:

「ネトウヨは男のすることじゃない!」右翼民族派の主張 - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート - 11月19日(日)05:00 

週刊ダイヤモンド11月18日号の特集は「右派×左派 ねじれで読み解く企業・経済・政治・大学」。“ネトウヨ”(ネット右翼)の台頭など社会全体の右傾化が叫ばれて久しい。政治の世界でも憲法改正を掲げる安倍政権の1強が続く。だが、こうした右傾化、保守化の動きに、当の右翼団体が実は違和感を感じている。今も民族派運動を続ける蜷川正大氏に話を聞いた。
カテゴリー:

【話題】議場に子連れはあり?なし? ★ 2 - 11月23日(木)01:23  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_034 11月22日 18時28分 熊本市の市議会に、生後7か月の子どもを連れた女性議員が出席しようとしたところ、ほかの議員から退席を求める声があがりました。対応を協議した結果、女性議員は友人に子どもを預けて出席することになり、本会議は40分遅れて開会しました。議員は子連れでは議会に参加できないの?そもそも議場に小さな子どもは入れないの?海外ではどうなっているの?議場についての論争を取材しました。(ネットワ...
»続きを読む
カテゴリー:

ドライバーの時間を最大限に使える配送計画を作成する「Smart配送計画」をリリース - 11月22日(水)14:00 

今年、クロネコヤマトの運賃引き上げなどが話題となりましたが、運送・配送業界の人手不足は大きな社会全体の問題となっています。Smart配送計画は、前記の問題を解決すべく開発されました。 少ない人員で効率的に配送が行えるように、効率的な配送計画を作成します。具体的には、出発地点(複数可)、業務開始・終了時間、作業時間と車両台数、配送先を入力すると、最適なルートを算出し、計画案を表示します。できあがった計画案を比べて、必要な車両数や回ることができる配送先の数を調整することができます。それにより、空き時間を最小にし、ドライバーの時間を最大限に利用することができます。 休憩時間なども入力することで休憩時間が適切に設定できます。
カテゴリー:

つきあう前に彼に確認しておくべきことって1つしかない - 11月21日(火)11:05 

つきあう前に彼になにを確認しておくと、交際が長続きするのか?について、今回は一緒に見ていこうと思います。■男子は我慢のプロですエッチが好きか否かは、つきあう前に彼に確認しておいたほうが無難かもしれない――身も蓋もない話ですが、ぶっちゃけ、いろんな人の話を聞きながら、こう感じます。以前からネットで話題のセックスレス問題。これは主に女子が問題にしています。男子は生まれながらにしてセックスレスなので、つきあった彼女があまりやりたがらない場合「しかたない」と割り切って考えることもあります。男子って、中高生くらいから「したい」わけですよ。で、ふつうは「できない」わけでしょ?高校生のころ、彼が「したい」と言ったら、さっとハダカになってヤラせてあげた女子は・・・・・・男からすれば女神のような存在です。なぜ女神かといえば、そういう女子は極端に少ないから。だから男子はしたくても我慢してきました。現在25歳くらいの男子であれば、もうかれこれ10年くらい我慢しているはず。「エロといえばベースに我慢がある」10年くらい、彼はこう考えています。10年も我慢していたら、立派な我慢のプロです。だから男子にとってセックスレス状態は「おれの日常」です。がしかし、女子にとっては大問題。■エロの自主規制彼女が「したがり」で、彼があまりしたいと思わないケースとか、その逆、彼がしたがりで、彼女があまりそういうことをしたくな...more
カテゴリー:

田村淳さんがシングル子育て世帯に呼びかけ 支援団体『ハートフルバンク』を紹介 - 11月19日(日)12:30 

11月18日、人気お笑いタレントの田村淳さんが『Twitter』上で 「シングルマザー シングルファザーの方へ 番組で取材したのですが…ハートフルバンク1度覗いてみると良いですよ…いろんな形の支援があります↓ https://t.co/SzZae9xfKi あと、世の中に子供食堂が沢山増えると良いですね!問題点もあるけれど…行政の支援は難しいのかなぁ?」 と呼びかけた。 『田村淳の訊きたい放題』(MXTV)での取材を通して知ったシングル子育て世帯支援団体『一般社団法人ハートフルバンク』の活動を周知したいという真摯な内容に、多くの『Twitter』ユーザーのコメントが集まっている。 「まさにこれからシングルマザーになります。この先不安がたくさんありますが、こういう情報とてもありがたいです。」 「子供達が親がシングルである事に引け目を感じないような世の中になっていって欲しいものです。」 「私もシングルマザーです。こども食堂近くにあるのかわかりません。色々難しいです。ギリギリなるまで働いて、こどもに食事ちゃんとしたもの作れる余裕がありません。」 仕事と子供にかける時間の配分が非常に難しいと言われるシングル子育て世帯。 少子化が社会の基盤を揺るがしはじめている現代だからこそ「自分の責任で育てろ」と突き放すのではなく、サポートし見守っていこうという社会全体の姿勢が必要なのではないだろうか...more
カテゴリー:

【子ども】中高生の20% 「死にたい」と時々思う 支援の仕組み必要 - 11月18日(土)21:59  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171118/k10011228141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006 11月18日 19時38分 「死にたいと思ったことがときどきある」という中学生と高校生が5人に1人に上るという調査結果を大学の研究グループがまとめました。専門家は「“死にたい”という言葉は、“助けてほしい”という意味だと社会全体で受け止め、支援する仕組みが必要だ」と指摘しています。 この調査は、久留米大学病院の小児科医、永光信一郎准教授が厚生労働省などと去年10月と11月に初めて実施し、全国の中学生と...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「社会全体」の画像

もっと見る

「社会全体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる