「社会全体」とは?

関連ニュース

結婚に向けた気運醸成のための動画|東京動画 - 02月17日(土)06:56 

結婚に向けた気運醸成のための動画|東京動画結婚に向けた気運醸成のための動画 2018.02.02 カテゴリー くらし・あんしん 福祉 福祉一般 “東京2020オリンピック・パラリンピック、あなたは誰と観ますか?” 結婚を希望する方が、東京大会が開催される2020年を具体的な目標に、一歩踏み出せるよう後押しをし、社会全体で結婚を応援するための動画を、都で初めて作成しました。是非ご覧ください。 http://www.metro.tokyo.j...
カテゴリー:

我が国産業における人材力強化に向けた研究会「必要な人材像とキャリア構築支援に向けた検討ワーキング・グループ(人材像WG)」第7回を開催します - 02月16日(金)17:41 

今年9月、経済産業省では、「人生100年時代」を踏まえ、社会全体として人材の最適配置が行われるよう、①リカレント教育の充実、②転職・再就職の円滑化、それらのベースとなる③必要とされる人材像の明確化や確保・活用や④産業界として果たすべき役割などをパッケージで検討するための研究会と2つのワーキング・グループを立ち上げました。
カテゴリー:

非正規社員が4割。暗すぎる「日本の未来」を変えるには? - 02月15日(木)23:00 

最近、景気回復の明るい兆しが見えてきたと言われる一方で、全雇用者の4割を占めるとされる非正規社員と正社員の格差は広がり続けています。日本を衰退させかねないこの問題を、企業の努力で変えることはできるのでしょうか。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、今、盛んに言われる「同一労働同一賃金」について、会話形式でわかりやすく解説しています。 同一労働同一賃金 相談顧問のL社さん。手続顧問でないので、問い合わせがあったときだけの訪問だ。今回は、派遣労働者と有期契約労働者を正社員に転換したいとのことでキャリアアップ助成金の説明にお伺いするボスに同行させてもらったところ、いろんな話に広がっていった。人事制度、賃金制度から賃金規程の見直し…。先輩方に同行させてもらうと、とても勉強になる。 L社社長 「賃金規程もずっと前に見なおしをしかけて、止まったままで…。退職金規程や就業規則の見直しもしたいんですけど、前に聞いていた就業規則の見直しの助成金って、まだあります?」 深田GL 「あぁ、京都府独自の助成金ですね。今年度は、もう終わってしまいましたが、来年度また始まったらお声かけしますね」 L社社長 「今度こそちゃんと直したいので、是非よろしくお願いします。実は、いま、とても気になっているのが、賃金の金額が継ぎはぎだらけになっていることなんです。業務の単価が下がってくるにつれ、新規採...more
カテゴリー:

報道・情報番組の「コメンテーター」、あなたが好き/嫌いなのは? - 02月13日(火)19:38 

ワイドショーをはじめとする日本の報道・情報番組に欠かせない存在なのが、いわゆる「コメンテーター」です。あるいは専門的な知見を元に、あるいはジャーナリストとしての豊富な経験から、あるいは視聴者の声を代弁する形で――さまざまな角度からコメントを寄せる出演者たちは、単に番組に留まらず、社会全体の議論を盛り上げる存在といえます。
カテゴリー:

【岐阜】児童養護施設の移転、「学校が荒れる」地元住民反対で断念 施設「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」★2 - 02月12日(月)19:31  newsplus

岐阜県関市の児童養護施設「美谷学園」が、山県市内に施設の一部を移転新築する計画を断念した。 移転先の地元自治会の「反対」が理由だ。ただ、その理由には学園側が「偏見だ」と訴えるものもあった。 関市の山あいにある美谷学園の現施設は老朽化に加えて、通学に不便で進路選択にも影響していた。 学園は来年4月開設を目指し、現施設(定員74人)の隣接地に 新施設(同45人)と山県市内にグループホーム(同16人)の二つを建てる計画だった。 だが移転先の自治会は16年9月、同じ中学校区に別の児童養護施設があるこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】公務員定年 65歳に引き上げを検討へ 経験豊富な公務員が活躍できる場を確保する必要がある★2 - 02月16日(金)19:18  newsplus

現在60歳となっている公務員の定年を65歳まで段階的に引き上げる一方、60歳以上の管理職の役職を解く「役職定年制」の導入を検討するーーー省庁側がまとめた内容を政府の関係閣僚会議が了承しました。早ければ来年の通常国会に法律の改正案が提出されます。 政府は、少子高齢化の進展に伴い公務員の定年の引き上げに向けて、菅官房長官や梶山国家公務員制度担当大臣らによる関係閣僚会議を総理大臣官邸で開き、関係省庁の検討会が取りまとめた論点整理を了承しました。 それによりますと、経験豊富な公務員が活躍できる場を確...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】公務員定年 65歳に引き上げを検討へ 経験豊富な公務員が活躍できる場を確保する必要がある - 02月16日(金)11:15  newsplus

現在60歳となっている公務員の定年を65歳まで段階的に引き上げる一方、60歳以上の管理職の役職を解く「役職定年制」の導入を検討するーーー省庁側がまとめた内容を政府の関係閣僚会議が了承しました。早ければ来年の通常国会に法律の改正案が提出されます。 政府は、少子高齢化の進展に伴い公務員の定年の引き上げに向けて、菅官房長官や梶山国家公務員制度担当大臣らによる関係閣僚会議を総理大臣官邸で開き、関係省庁の検討会が取りまとめた論点整理を了承しました。 それによりますと、経験豊富な公務員が活躍できる場を確...
»続きを読む
カテゴリー:

センター試験の「ムーミン問題」が示す日本教育の行き詰まりと未来 - 02月13日(火)20:00 

2020年、教育改革の一環として「大学入試」が変わることになっています。大きな変化の一つは、従来の「センター入試」に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されること。「共通テスト」ではマークシート試験に加えて記述式問題が出題され、英語は段階的に英検などの外部試験に移行します。改革の目的は、根本から子どもたちの「学び」を変え、複雑化した現代社会を生き抜くための能力を伸ばす教育をすること、ではありますが、入試を控えている世代の親子を中心に、その行く先を不安な思いで見つめている方も少なくないと思います。そんな教育改革について論じているのが『不安な未来を生き抜く最強の子育て 2020年からの大学入試改革に打ち勝つ「学び」の極意』(佐藤優、井戸まさえ著、集英社刊)。大学入試改革の内容とは? これからの子どもたちの「学び」はどのように変わる? そして、親はどのように対応するべきなのか?著者の一人であり、自身も五人のお子さんを持つ親でもある井戸まさえさんにお話を伺いました。今回はインタビューの前編をお届けします。■2018年センター試験の「ムーミン問題」が示すもの――佐藤優さんとの共著は今回で3冊目となりますが、佐藤さんとの対談で刺激的な部分はどんなところにありますか?井戸:対談と言うよりは私の悩みに佐藤先生が答えて行く、というのが相談が本になっていく形になっているんです。ただ、私には五人の子ども...more
カテゴリー:

テクノロジーの進化で変わる消費 -vol.2- - 02月13日(火)12:00 

ぬくもりとトレンドと 「デジタルネイティブは世界の人口の30%。社会全体は厳しいかもしれないが、デジタルネイティブ世代が欲しいと思う物を追っかければ、マスになる」(経済産業省)。 効率だけではない テクノロジーによって変化が著しい消費者。なかでも若年層の動きから目が離せない。デジタル技術を駆使した効...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【岐阜】児童養護施設の移転、「学校が荒れる」地元住民反対で断念 施設「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」 - 02月12日(月)15:41  newsplus

岐阜県関市の児童養護施設「美谷学園」が、山県市内に施設の一部を移転新築する計画を断念した。 移転先の地元自治会の「反対」が理由だ。ただ、その理由には学園側が「偏見だ」と訴えるものもあった。 関市の山あいにある美谷学園の現施設は老朽化に加えて、通学に不便で進路選択にも影響していた。 学園は来年4月開設を目指し、現施設(定員74人)の隣接地に 新施設(同45人)と山県市内にグループホーム(同16人)の二つを建てる計画だった。 だが移転先の自治会は16年9月、同じ中学校区に別の児童養護施設があるこ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「社会全体」の画像

もっと見る

「社会全体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる