「社会保障」とは?

関連ニュース

【政治・労働】給料も増えないのに「消費しろ」と言われても... プレミアムフライデーへ厳しい視線 ★3 - 01月23日(月)22:14 

月末の金曜日に企業の従業員らが早く退社し、外食や買い物に出掛けることで、消費を喚起しようという新たなイベント「プレミアムフライデー」が2017年2月から始まる。 小売りや旅行、運輸各社などは、これに合わせた催しを検討しており、売り上げ増への期待を高める。 だが、個人消費を引き上げるのは簡単でないとの見方は多い。 プレミアムフライデーは、米国の年末商戦「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を参考にしている。 11月第4木曜日の祝日「感謝祭」翌日の金曜日を指し、大幅に値引きする小売店のセールに客が押し寄せ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【生活】なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)17:06 

「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。 ファストファッションやファストフード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

特別対談|2017年はどうなる?世界の変化と日本の行方:宮台真司(社会学者)& 萱野稔人(哲学者) - 01月23日(月)12:30 

大方のメディアの予想を裏切ったトランプ当選、そして僅差で支持者が上回ったイギリスのEU離脱を問う国民投票。今、世界はどんな変化を遂げようとしているのか――。2大トピックから探る、混迷の世界を生き抜く方法とは?スペシャル対談 宮台真司(社会学者)×萱野稔人(哲学者)トランプ当選とブレグジットの背景にあるグローバル資本主義の変化―2016年を振り返り、2017年以降を考える時に、トランプ大統領誕生は外せないトピックスだと思います。まずはトランプ当選を、お2人はどんなふうに捉えているか、というところからお聞かせください。宮台:僕はトランプ当選を待ち望み、家では、トランプが優勢と聞くと元気になり、ヒラリーが優勢と聞くと落ち込むという繰り返しでした(笑)。アメリカの多くの人たちと同じで、ヒラリーが大統領になれば、野放図なグローバル化が放置されて"茹でガエル"になると思ったからです。"茹でガエル"はアメリカだけじゃない。せっかくブレグジット(イギリスのEU離脱)という揺り戻しが起爆したので、第二弾の揺り戻しを期待したんですね。―"茹でガエル"にならないための揺り戻しとは、どういうことなのでしょうか?宮台:僕はグローバル化推進論者なので、どんなグローバル化の仕方なら後遺症が少ないかを考えます。適応限界を超えた速度でグローバル化すれば、先進国の共同体や社会から揺り戻しが起こり、感情的に...more
in English
カテゴリー:

【社会保障費圧迫】引きこもり高年齢化、深刻・・・自治体62%で「40代の相談」★4 - 01月23日(月)10:32 

 引きこもりの相談を受け付けている全国の自治体窓口のうち、家族会が150カ所を調べたところ、40代のケースに対応した経験があるとの回答が62%に上ることが22日分かった。50代も多く、高年齢化の深刻な状況が明らかになった。  引きこもりが長期に及ぶと、親の介護が必要になったり経済的に困窮したりして、親子で「共倒れ」になるリスクがある。国が昨年公表した引きこもりの実態調査では40代以上は対象外で、不登校や若者の就労など、主に青少年の問題と捉えられてきた。対策の見直しが迫られそうだ。  調査は「KHJ全国ひきこ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会保障費圧迫】引きこもり高年齢化、深刻・・・自治体62%で「40代の相談」★3 - 01月23日(月)00:18 

 引きこもりの相談を受け付けている全国の自治体窓口のうち、家族会が150カ所を調べたところ、40代のケースに対応した経験があるとの回答が62%に上ることが22日分かった。50代も多く、高年齢化の深刻な状況が明らかになった。  引きこもりが長期に及ぶと、親の介護が必要になったり経済的に困窮したりして、親子で「共倒れ」になるリスクがある。国が昨年公表した引きこもりの実態調査では40代以上は対象外で、不登校や若者の就労など、主に青少年の問題と捉えられてきた。対策の見直しが迫られそうだ。  調査は「KHJ全国ひきこ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【生活】なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? ★2 - 01月23日(月)20:41 

「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。 ファストファッションやファストフード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)15:55 

 「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」  内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。ファストファッションやファストフード、LCCなどが台頭し、安価で品質の良いサービスが溢れているからです。加えて、モノに対する価値観も大きく変わってきています」  大きなきっかけがインスタグラムやツイッターなどのSNSの登場だという。 「そもそも、若い世代はモノが溢れた社会で育ち、昔のようなお金の使い方は珍しくなっています。さらに、SNSを使って生活の充実度をアピールする人は増えていますが、ブランド物よりも、例えばカラーランなどの珍しい体験のほうがシェアされやすかったりします」  このように、若い女性がお金を使わない状況はこのまま続くのだろうか。 「現在、政府が非正規雇用の処遇改善を押し進めていますが、雇用が安定すれば消費は増えるでしょう。ただし、大きくは変わらないと予想しています。今の生活でも十分質...more
in English
カテゴリー:

【今週の労務書】図解でやさしくわかる! 給与計算事務最強ガイド - 01月23日(月)11:08 

給与明細から仕事を概観 毎月の給与計算から納付すべき税金や社会保障費の計算、年末調整の方法まで担当者が知っておくべき基礎知識を網羅的に説明したのが本書。各項目見開き2ページで簡潔に説明して検索性も高い。 給与明細という身近なところから給与計算事務の概要をつかんだ後、たとえば、年末調整では、扶養親族の状況や毎月の給与などを各人ごとに記載した源泉徴収簿を備え業務効率化を図るよう助言。また、実際の作業が……[続きを読む]
in English
カテゴリー:

女性の権利は・社会保障は… トランプ氏抗議デモ世界に - 01月23日(月)08:31 

 米国の首都ワシントン中心部が21日、ピンク色のニット帽などを身につけた人々で埋め尽くされた。トランプ大統領の就任に抗議を示すデモは首都から全米、世界へと広がった。 今回のデモは女性の権利を訴える団体…
in English
カテゴリー:

【社会保障費圧迫】引きこもり高年齢化、深刻・・・自治体62%で「40代の相談」★2 - 01月22日(日)22:02 

 引きこもりの相談を受け付けている全国の自治体窓口のうち、家族会が150カ所を調べたところ、40代のケースに対応した経験があるとの回答が62%に上ることが22日分かった。50代も多く、高年齢化の深刻な状況が明らかになった。  引きこもりが長期に及ぶと、親の介護が必要になったり経済的に困窮したりして、親子で「共倒れ」になるリスクがある。国が昨年公表した引きこもりの実態調査では40代以上は対象外で、不登校や若者の就労など、主に青少年の問題と捉えられてきた。対策の見直しが迫られそうだ。  調査は「KHJ全国ひきこ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「社会保障」の画像

もっと見る

「社会保障」の動画

Wikipedia

社会保障(しゃかいほしょう、)は、個人的リスクである、病気けが出産障害死亡老化失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会所得移転によって所得を保障し、医療介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。

社会保障の目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Security(社会保障)は経済的保障のみを指す。国際労働機関や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる