「社会保障」とは?

関連ニュース

「処女信仰の男はクズ」社会学者・宮台真司が語るアカデミック童貞論が快刀乱麻の切れ味 - 04月26日(木)12:00 

 少子化が深刻化する昨今、日本では生涯未婚率が上昇しています。国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査では独身男性の約半数が、「性経験がない」と回答しています。  「ニコニコドキュメンタリー」では童貞について特集した番組が放送され、番組内では首都大学東京教授の宮台真司氏が、社会学的観点から時代の流れとともに生じた童貞の変化や、どのような原因で、現代の童貞は揶揄や嘲笑の対象になったのか、その本質に鋭く迫りました。 宮台真司氏。 ―関連動画― 「処女信仰の男はクズ」社会学者・宮台真司が語る”アカデミック童貞論”が快刀乱麻の切れ味 ―関連記事― かつて“童貞”とは妻に捧げるものだった――童貞はいつから恥ずかしいものになったの? 社会学者・澁谷知美先生に聞いてみた 童貞とは?――女には女のコスモロジーがあり、男には男のコスモロジーがあった。 宮台: 単に性的未経験者ということじゃなく、セクシズム【※1】を前提にした性的未経験者の男性が、童貞ということになります。セクシズムというのは、イヴァン・イリイチ【※2】の概念です。昔はバナキュラー(民族風土)がジェンダーを支配していて、女と男は比較不可能な存在だったのが、近代ではフラットな人間概念のもとで、女と男が比較可能になった、それがセクシズムです。 イヴァン・イリイチ(画像はAmazonより) ※1セクシズム一般...more
カテゴリー:

米政権が歳出削減法案を準備、議会は予算巡る対立再燃を警戒 - 04月26日(木)08:31 

[ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米政権が社会保障費など最大250億ドルの歳出削減に向けた法案の議会提出を準備していることが、議員らの話で25日、明らかになった。3月に成立した包括的歳出法の廃止につながる可能性があり、議会側は警戒している。
カテゴリー:

【財務省】75歳以上の医療費自己負担2割に引き上げ提案 - 04月25日(水)23:55  newsplus

◆75歳以上の医療費自己負担2割に引き上げを 財務省 75歳以上の高齢者が病院の窓口で支払う自己負担を引き上げるよう財務省が提案しました。 高齢化で膨らみ続ける社会保障費を抑えなければ現役世代の保険料や税の負担が重くなり、制度の維持が難しくなると主張しています。 これは25日開かれた財政に関する審議会の中で財務省が提案しました。 いわゆる「団塊の世代」の人たちが今後75歳以上になり、2025年には医療費に充てる保険料と税金が総額で54兆円に達します。 10年間でおよそ1.5倍に膨らむ計算で、今のま...
»続きを読む
カテゴリー:

75歳以上の医療費自己負担2割に引き上げを 財務省 - 04月25日(水)16:40 

75歳以上の高齢者が病院の窓口で支払う自己負担を引き上げるよう財務省が提案しました。高齢化で膨らみ続ける社会保障費を抑えなければ現役世代の保険料や税の負担が重くなり、制度の維持が難しくなると主張しています。
カテゴリー:

7割自治体で人口2割減の現実、それでも「現実離れ」人口ビジョン続々のワケ - 04月25日(水)06:35 

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)が新たにまとめた地域別将来推計人口で、全都道府県が2030年から人口減に陥り、2045年に市区町村の7割が2015年比で20%以上人口が減ることが分かった。全国の地方自治体はそれぞれ、地域の将来人口を示す人口ビジョンを策定し、V字型の人口回復を打ち出すところも少なくないが、明確に否定された格好だ。奈良女子大大学院人間文化研究科の中山徹教授(都市計画学)は「人口ビジョンとのかい離が広がり、このままでは地方創生の実現が危ぶまれる」と指摘する。
カテゴリー:

「生産性革命」が起こっても、結局、喜ぶのは富裕層だけだった - 04月26日(木)11:19  newsplus

失業者は激増、格差の拡大は進む 少子高齢化により人口減少が加速する日本。この先、経済規模は縮小し続け、社会不安は増幅する一方である。そんな状況下で、政府の掲げる「生産性革命」は、私たちを幸せにするどころか、むしろ失業者を激増させ、格差を拡大させる可能性があるという。経済学の教科書通りの考え方は、もう通用しない――。経済アナリストの中原圭介氏が、日本の未来に警鐘を鳴らす。 前提としての人口減少 今、日本経済に停滞をもたらしている主因は、人口減少を引き起こす少子高齢化、とりわけ、少子化をおいて他...
»続きを読む
カテゴリー:

75歳以上の医療費、2割へ引き上げ案 財政審が提示 - 04月26日(木)05:57 

財務省は25日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会を開き、社会保障や地方財政について議論した。社会保障分野では、75歳以上の後期高齢者が窓口で支払う医…
カテゴリー:

【社会】75歳以上の医療費自己負担2割に引き上げを 財務省 - 04月25日(水)17:56  bizplus

75歳以上の高齢者が病院の窓口で支払う自己負担を引き上げるよう財務省が提案しました。高齢化で膨らみ続ける社会保障費を抑えなければ現役世代の保険料や税の負担が重くなり、制度の維持が難しくなると主張しています。 これは25日開かれた財政に関する審議会の中で財務省が提案しました。 いわゆる「団塊の世代」の人たちが今後75歳以上になり、2025年には医療費に充てる保険料と税金が総額で54兆円に達します。 10年間でおよそ1.5倍に膨らむ計算で、今のままでは現役世代の保険料や税の負担が重くなり、制度を維...
»続きを読む
カテゴリー:

フェイスブック、社会保障番号など個人情報販売うたう投稿削除 - 04月25日(水)09:17 

[24日 ロイター] - フェイスブック(FB)は、社会保障番号(SSN)や住所、電話、クレジットカード番号などの個人情報の提供を宣伝したり、実際に販売に携わっていたアカウントやページを削除した。ニュースサイトのマザーボードが24日、FBが盗まれた個人情報の掲載を何年も許容していたと伝えたことを受けた措置。
カテゴリー:

100円が16340円に。なぜ年金保険料は60年でここまで上がったのか - 04月25日(水)03:36 

昭和34年に制定された国民年金制度。始まった当初の保険料は35歳以下が月々100円でした。それが現在は16340円、なぜここまで値上がったのでしょうか? 無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では、著者のhirokiさんが「この値上げは不公平ではない」として詳しく解説しています。 昔の国民年金保険料は月々100円の低額だったが今は16,340円に上がる中で何が起こったのか 新年度になりましたが、国民年金保険料の金額が変わりましたよね。平成29年度は16,490円でしたが、今年度は16,340円に150円下がっています。この金額は毎年変動します。前年の物価と賃金変動に影響するからです。 国民年金保険料は平成10年度から平成16年度までは13,300円と変動しない事がありました。これは平成9年に金融危機が起きて、大手金融機関の倒産から始まり(山一證券の廃業とかは知ってる人もいると思います)、いろいろな企業の倒産が相次いだので国民の負担をかけないために国民年金保険料を凍結させたんです。 平成16年改正により、凍結されていた保険料を平成17年4月に13,300円から280円アップして13,580円に上がり、その280円を毎年度上げていき、平成29年度までに16,900円に固定されることになりました。ただ、16,900円に固定するといっても、この価額に前年の物価と賃...more
カテゴリー:

もっと見る

「社会保障」の画像

もっと見る

「社会保障」の動画

Wikipedia

社会保障(しゃかいほしょう、)は、個人的リスクである、病気けが出産障害死亡老化失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会所得移転によって所得を保障し、医療介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。

社会保障の目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Security(社会保障)は経済的保障のみを指す。国際労働機関や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる