「社会人野球」とは?

関連ニュース

決勝はNTT東日本-日本通運=都市対抗野球第11日 - 07月24日(月)21:27 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)が6年ぶり、日本通運(さいたま市)は20年ぶりの決勝進出を決めた。 NTT東日本は優勝7度の東芝(川崎市)に1-0でサヨナラ勝ち。九回1死三塁から目黒の右前打で決着をつけた。第52回大会(1981年)を制した前身の電電東京以来、36年ぶりの優勝を目指す。 日本通運は三菱日立パワーシステムズ(横浜市)を5-3で振り切った。追い付かれた直後の七回に代打飛ケ谷のソロで勝ち越した。25日の決勝では第35回大会(64年)以来、53年ぶりの優勝を狙う。 [時事通信社]
カテゴリー:

都市対抗野球:決勝はNTT東vs日本通運 - 07月24日(月)20:57 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第11日の24日、東京ドームで準決勝2試合を行った結果、決勝はNTT東日本(東京都)と日本通運(さいたま市)の対戦となった。NTT東日本は6年ぶり、日本通運は20年ぶりの決勝進出となる。決勝は25日午後6時から、東京ドームで行われる。
カテゴリー:

都市対抗野球:スタンドの華 JR東4人初出場で盛り上げ - 07月24日(月)10:45 

 第88回都市対抗野球大会は大会第11日の24日午後、準決勝2試合がある。「社会人野球の真夏の祭典」はグラウンドの熱戦だけでなく、スタンドの応援も大会の華として注目される。オリジナルの多彩な応援で知られる東京都・JR東日本のチアリーダーでは、4人の社員が「初出場」を果たした。仕事と両立しながら何度も練習し、臨んだ東京ドーム。はじけるような笑顔で大観衆を盛り上げた。
カテゴリー:

東芝、日本通運が4強=都市対抗野球 - 07月23日(日)18:14 

 社会人野球の第88回都市対抗大会第10日は23日、東京ドームで準々決勝が行われ、東芝(川崎市)が4年ぶり、日本通運(さいたま市)が11年ぶりに準決勝へ進んだ。 東芝はJR東日本(東京都)に延長十二回タイブレークの末、5-4で競り勝った。日本通運は西濃運輸(大垣市)を2-0で下した。三回に木南のソロで先制し、八回にも加点。高山が7安打8奪三振で完封した。 [時事通信社]
カテゴリー:

都市対抗野球:延長タイブレーク制し東芝 JR東降し4強 - 07月23日(日)14:10 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会10日目の23日、東京ドームで準々決勝3試合。第1試合はJR東日本(東京都)と東芝(川崎市)が対戦。主導権を握るJR東日本に対し、東芝がたびたび勝負を振り出しに戻す接戦は、タイブレークとなった延長十二回の末、東芝が勝ち越しに成功し、ベスト4進出を決めた。
カテゴリー:

都市対抗野球:2本塁打日本通運競り勝つ 20年ぶり決勝 - 07月24日(月)21:04 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第11日の24日、東京ドームで準決勝2試合が行われた。第2試合は日本通運(さいたま市)と三菱日立パワーシステムズ(横浜市)が対戦。1点を争う接戦となったが2本塁打で効率的に得点した日本通運が追い上げる三菱日立パワーシステムズを振り切り、20年ぶりの決勝進出を決めた。
カテゴリー:

都市対抗野球:NTT東 劇的サヨナラで6年ぶり決勝進出 - 07月24日(月)16:26 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は11日目の24日、東京ドームで準決勝2試合。第1試合はNTT東日本(東京都)と東芝(川崎市)が対戦。NTT東日本が劇的なサヨナラ勝ちで、両チーム合わせて6人の投手をつぎ込む総力戦を制し、6年ぶりの決勝進出を決めた。
カテゴリー:

都市対抗野球:三菱日立、大量12点でベスト4 - 07月23日(日)21:36 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会10日目の23日、東京ドームで準々決勝3試合。第3試合は三菱日立パワーシステムズ(横浜市)とJR西日本(広島市)が対戦。延長にもつれ込んだ2回戦をサヨナラ勝ちで制して勢いに乗る三菱日立の打線が爆発、13安打で大量12点を挙げ、準決勝進出を決めた。三菱日立パワーシステムズは三菱重工横浜時代以来7年ぶりの4強入り。
カテゴリー:

都市対抗野球:日通エース高山完封勝ち 11年ぶりの4強 - 07月23日(日)17:16 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会10日目の23日、東京ドームで準々決勝3試合。第2試合は日本通運(さいたま市)と西濃運輸(大垣市)が対戦。エース高山が西濃運輸打線を完封した日本通運が11年ぶりのベスト4進出を決めた。
カテゴリー:

都市対抗野球:競り勝ってNTT東 ベスト4一番乗り - 07月22日(土)21:15 

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会9日目の22日、東京ドームで2回戦2試合と準々決勝1試合があり、準々決勝最初の試合となった第3試合はNTT東日本(東京都)と新日鉄住金東海REX(東海市)が対戦。2ケタ安打で小刻みに得点を重ねたNTT東が、終盤粘る東海REXを振り切って3年ぶりのベスト4、準決勝進出一番乗りを果たした。
カテゴリー:

もっと見る

「社会人野球」の画像

もっと見る

「社会人野球」の動画

Wikipedia

社会人野球(しゃかいじんやきゅう)とは、野球競技において、チームの構成員が一般社会人である場合に用いられる区分・名称。

概略

プロ野球やセミプロ野球の選手も社会人ではあるが、社会人野球とはあくまでアマチュア野球のうち、社会人が行う野球を指す。社会人野球の最上位連盟である日本野球連盟のメンバー登録規約によると、チームの構成員は全員が競技者としての報酬を一切受けていないことが条件となる。実際には構成部員が所属する勤務先において、ほとんどを野球競技者としての活動に費やし、競技者としての報酬を受けていると呼べるケースも存在しているが、多くの選手は総務担当勤務扱いなどにされているため、部員登録規定違反には抵触しない。

社会人野球チームも、企業チーム、地域密着型のクラブチームと様々な形態があるが、硬式野球チームの大部分は日本野球連盟に所属して活動を行っている(草野球チームを含めた社会人軟式野球チームは、別の管理管轄下で活動している)。

日本の他には韓国(実業野球と呼ばれる)や台湾などに社会人野球が存在する。

黎明期

日本で野球が行われるようになったのは1872年ごろで、最初の本格的チームは新...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる