「研究論文」とは?

関連ニュース

【中国だより】中国のイノベーションは本物か UBS中国が認めた競争力 - 02月18日(日)10:00 

2018年1月25日、UBS中国の証券研究チーフである侯延コン(王へんに昆)氏は『フィナンシャルタイムズ中国語版』に投稿し、所属研究チームによる一つの結論を紹介した。 それによれば、中国は、IT(情報技術)・新型工業・家電などの分野でのイノベーション(技術革新)の勢いによって、近い将来、国際的なリーダー企業を動揺させるほどの影響力を持つことになるという。ただ、そこには脆弱な部分も垣間見える。 4分野の過去10年の成績を分析した結論 UBS中国の証券研究チームは特許・研究論文・研究開発・国家政策の4つの分野から、過去10年にわたる各業界の成績を評価、分析。以下の基本結論を導き出した。 (1)冶金・建築などの「オールドエコノミー」で、中国は国際競争力を持っている。 (2)IT(スマートフォン部品・インターネット・AI・非メモリ半導体)と新興産業(電池・EV・太陽光発電・ナノ技術・エコ)の面では、中国はすでに国際的な一流企業と競争することができる。 (3)一方、ハイエンド(高性能・高価格)の製造業と医薬・治療産業では、かなりの程度の進歩を遂げたが、国際的な一流レベルにはまだほど遠い。 この研究チームは米国特許局の数十万件の特許を分析した。2015年には、中国から米国に出願した特許のうち8116件が認可を受けており(2010~2015の年間平均増加率は25%)、米国特許の許可数ランキングで...more
カテゴリー:

【生物】傷ついた仲間を手当てして回復させるアリ、独研究 治療により死亡率は80%から10%へ低下 - 02月17日(土)20:03  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000027-jij_afp-sctch  アフリカに生息するマタベレアリ(学名:Megaponera analis)は、狩りの襲撃中に負傷した仲間のアリの傷口を手当てするとの 「驚くべき」研究結果が14日、発表された。「衛生兵」のアリは仲間が回復するまで看護するという。  英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された研究論文によると、 傷を負ったマタベレアリは仲間によって巣に運ばれ、そこで手当を受けるとされる。 仲間のアリたちは傷ついたアリの傷口...
»続きを読む
カテゴリー:

折り紙にインスパイアされたデルタロボット『ミリデルタ(milliDelta)』を米ハーバード大学が公表 - 02月16日(金)15:00 

米ハーバード大学のロバート・ウッド(Robert Wood)教授率いるWyss Institute for Biologically Inspired Engineeringと、John A. Paulson School of Engineering and Applied Sciences (SEAS)の研究 チームが、折り紙にインスパイアされた小型のデルタロボット『ミリデルタ(milliDelta)』に関する研究論文を発表しました。同時に映像も公開しています。 The milliDelta Robot(YouTube) https://youtu.be/rHUnqYDgUFY 『ミリデルタ』のサイズは15×15×20ミリメートルで、約7立方ミリメートルの狭い作業スペースでの動作を可能にしています。重さは430ミリグラムで、最大積載量1.31グラム。 折り紙からヒントを得たという3本のアームで構成された『ミリデルタ』は、5マイクロメートルの高精度ながら最大75ヘルツの周波数で動作します。スピードは毎秒0.45メートルで、約22Gの加速度で高速に動作します。 折り紙にインスパイアされた3本のアームが高速で反復運動を繰り返します。 「毎秒0.45メートル」と聞いてもピンときませんが、そのスピードは残像が残るほどです。 『ミリデルタ』の用途として、超小型の組立作業、顕微操作、顕...more
カテゴリー:

【宇宙】「ケンタウルスA」の観測データ ダークマター宇宙論と矛盾、回転運動を説明できず - 02月15日(木)21:58  newsplus

遠方銀河「ケンタウルスA」の観測データ、ダークマター理論と矛盾 天文学者の国際研究チームは、地球から1300万光年先にある大質量の楕円銀河「ケンタウルスA」の観測データから、多数の矮小銀河がケンタウルスAのまわりに随伴し、狭い円盤状の領域内で回転運動していることがわかったと発表した。 この観測結果は、宇宙論のモデルとして有力視されているダークマター理論とは矛盾する点があり、ダークマター理論の妥当性の再検討を促すものであるという。研究論文は科学誌「Science」に掲載された。 ダークマターは、宇宙の全質...
»続きを読む
カテゴリー:

【いきもの】傷ついた仲間を手当てして回復させるアリをアフリカで発見 - 02月15日(木)18:39  newsplus

AFP=時事】アフリカに生息するマタベレアリ(学名:Megaponera analis)は、狩りの襲撃中に負傷した仲間のアリの傷口を手当てするとの「驚くべき」研究結果が14日、発表された。「衛生兵」のアリは仲間が回復するまで看護するという。 【関連写真】仲間の傷を調べるマタベレアリ  英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された研究論文によると、傷を負ったマタベレアリは仲間によって巣に運ばれ、そこで手当を受けるとされる。仲間のアリたちは傷ついたアリの傷口をなめるために集合し、...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】植物の繁栄に役立っているのは? 種を食べるネズミか、ネズミを食べるヘビか - 02月17日(土)20:33  newsplus

https://www.gizmodo.jp/2018/02/snakes-could-be-spreading-flowers-by-pooping-mice.html これぞ、サークル・オブ・ライフ。 植物を食べるシマウマがライオンに食べられ、ライオンの命が尽きて土を肥やし新たな植物が誕生する…。 こうした食物連鎖のなかで、ヘビはどこにポジショニングしていると思いますか? 先日RSPBで公開された研究によると、ガラガラヘビは、頬に植物の種をしまいこんだネズミを捕食することで、 植物の生長に寄与していることが示唆されました。 著者は「蛇を厳密に捕食者として分類するのではなく、彼ら...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】1億1000万年前のトカゲも二足走行 - 02月16日(金)18:54  newsplus

1億1000万年前のトカゲも二足走行、足跡化石が示唆 研究 【2月16日 AFP】走る際に4足から2足に一瞬で切り替えることができる一部トカゲの能力は、速力を出す必要性によって進化したものと考えられているが 、これは最近に始まったことではないとする研究論文が15日、発表された。  韓国ソウル大学(Seoul National University)の李隆濫(Lee Yuong-Nam)教授(古脊椎動物学)らの研究によると、韓国で発見された小型のイグア ナの祖先が残した足跡化石の調査から、恐竜が地球を支配していた1億1000万年前には、すでにトカゲたち...
»続きを読む
カテゴリー:

1億1000万年前のトカゲも二足走行、足跡化石が示唆 研究 - 02月16日(金)11:16 

【2月16日 AFP】走る際に4足から2足に一瞬で切り替えることができる一部トカゲの能力は、速力を出す必要性によって進化したものと考えられているが、これは最近に始まったことではないとする研究論文が15日、発表された。≫続きを読む
カテゴリー:

【環境】オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅…海洋生態系に大危機 - 02月15日(木)19:30  newsplus

◆オーストラリアの貝礁、事実上すべて消滅 海洋生態系に大危機 カキ礁やイガイ礁など、オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅したとする研究結果が15日、発表された。 同国の海洋生態系の中でも貝礁が最大の危機に立たされたとして、研究者らは貝礁再生のため、さらなる資金援助を求めている。 近年、オーストラリアにおけるサンゴ礁の減少が世界的な注目を集めているが、米科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された研究論文によると、英国が入植を開始した230年前以降、貝礁の90~99%が消滅したことが分かったという。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【緊急事態】オーストラリアの貝礁、事実上すべて消滅 海洋生態系に大危機 - 02月15日(木)18:36  newsplus

【AFP=時事】カキ礁やイガイ礁など、オーストラリアの貝礁が事実上すべて消滅したとする研究結果が15日、発表された。同国の海洋生態系の中でも貝礁が最大の危機に立たされたとして、研究者らは貝礁再生のため、さらなる資金援助を求めている。 年、オーストラリアにおけるサンゴ礁の減少が世界的な注目を集めているが、米科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された研究論文によると、英国が入植を開始した230年前以降、貝礁の90~99%が消滅したことが分かったという。  たくさんのカキやイガイが寄り集まって形成される貝礁...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「研究論文」の画像

もっと見る

「研究論文」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 論文...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる