「研究内容」とは?

関連ニュース

【遺伝子/神経学】「記憶を移植」 米研究者らがアメフラシの遺伝子で成功[05/15] - 05月15日(火)16:01  scienceplus

記憶の移植は長らく、典型的なSF(サイエンス・フィクション)のテーマだったが、 最近の研究によってそれが現実味を帯びつつある。 米大学の研究者らはこのほど、海に住む軟体動物のジャンボアメフラシの個体から別の個体に、 遺伝子のRNA(リボ核酸)を使い、記憶を移植することに成功した。 研究者らはまず、ジャンボアメフラシに刺激に対する防御反応を起こす訓練を行った。 その個体から取り出したRNAを訓練を受けていない別の個体に移植すると、 刺激に対して訓練された個体と同様の反応を示したという。 米科学誌「eNeu...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもの睡眠問題を考える、教育者向けセミナー…西新宿5/13 - 05月10日(木)13:15 

 東京大学の学生を中心に活動する「瀧本ゼミ」と日本政策創造基盤による「eSLEEPプロジェクト」は2018年5月13日、思春期の学生の睡眠に関するセミナーを東京医科大学で開催する。対象は高校の生徒指導担当者や先生、養護教諭など。入場無料。 日本政策創造基盤によると、世界的に中学・高校の始業時間を適正に設定しようとする動きが進んでいる。実際に、始業時刻を遅らせた学校の多くでは、生徒の心身の健康や成績が向上しているという。 そこで、日本でも始業適正化の実施と中高生の睡眠環境改善を進めるため、瀧本ゼミと日本政策創造基盤は「eSLEEPプロジェクト」を立ち上げた。取組みには、睡眠のプロフェッショナルである研究者が協力している。おもな取組みは、始業時刻適正化プロジェクトや不登校改善プロジェクトのほか、教育機関向けの睡眠改善プログラム「eSLEEP academic」など。 2018年5月13日には、東京・西新宿の東京医科大学で「睡眠と教育」講演会・ワークショップを開催する。生徒の欠席や不調、退学や成績不振の原因としてあげられる子どもの「睡眠の問題」に注目し、生徒指導に生かすことのできる知識や指導方法を伝える。講師は、東京医科大学精神医学分野睡眠研究ユニットリーダーの志村哲祥氏。コーディネーターは、日本政策創造基盤代表理事の石橋由基氏が務める。 第1部のテーマは「教育と睡眠『子どものこころ・か...more
カテゴリー:

【記憶を移植】米研究者らがアメフラシの遺伝子で成功 - 05月15日(火)15:53  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/44119676 2018/05/15 シバニ・デイブ記者 BBCニュース 記憶の移植は長らく、典型的なSF(サイエンス・フィクション)のテーマだったが、最近の研究によってそれが現実味を帯びつつある。 米大学の研究者らはこのほど、海に住む軟体動物のジャンボアメフラシの個体から別の個体に、遺伝子のRNA(リボ核酸)を使い、記憶を移植することに成功した。 研究者らはまず、ジャンボアメフラシに刺激に対する防御反応を起こす訓練を行った。その個体から取り出したRNAを訓練を受けていない別の個体に移植す...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】身体から切り離された脳を36時間”生かす”ことに成功/イェール大学 - 04月28日(土)05:41  newsplus

◆イェール大学、身体から切り離された脳を36時間”生かす”ことに成功 マッド・サイエンスの領域ですよ...。 イェール大学の神経科学者であるNenad Sestanが率いるチームが行なった実験が話題になっています。 それは豚の頭部を身体から切り離し、外部の”維持装置”と接続することで脳に36時間、正常な活動を続けさせることに成功したというものです。 Netflix(ネットフリックス)のオリジナルドラマ『オルタード・カーボン』について、「意識をダウンロードするなんてできるの?」と専門家たちに聞いたところ「不可能/難しい」という回...
»続きを読む
カテゴリー:

「研究内容」の画像

もっと見る

「研究内容」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる