「研究チーム」とは?

関連ニュース

【ものづくり日本】東大・大日本印刷、肌に貼るディスプレイを開発! - 02月19日(月)02:16  news

日本で伸縮可能なディスプレイが開発された。同ディスプレイは数字や波形などを表示することができ、肌に貼って使用する。日本のマスコミが報じた。 開発したのは東京大学の染谷隆夫教授を中心とした研究チームと大日本印刷。 ディスプレイは、やわらかいゴムシートに埋め込まれた小さな発光ダイオード(LED)384個で数字などを表示する構造となっている。 医療など様々な用途での応用が期待されている。さらに技術を改良し、3年以内の実用化を目指すという。 https://jp.sputniknews.com/science/201802194593218/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

アルマ望遠鏡、史上初めて銀河の「回転ガス雲」を発見 - 02月18日(日)18:03 

国立天文台と鹿児島大学によって構成され、今西昌俊氏を代表とする研究チームは、アルマ望遠鏡を用いた観測により、渦巻銀河M77の中心核に、超巨大ブラックホールを取り巻くドーナツ状の回転するガス雲を発見した。
カテゴリー:

肌に貼れる薄型ディスプレー - 02月18日(日)02:20 

伸縮させても壊れにくく、肌に貼って文字などを表示できる薄型ディスプレーを、東京大の染谷隆夫教授らの研究チームが開発した=14日、東京都文京区の東京大本郷キャンパス
カテゴリー:

【MRAM】記憶容量、DRAMの10倍以上へ 東北大が新素子 - 02月17日(土)21:08  newsplus

 東北大学の大野英男教授らは電子の磁石の性質を利用しデータを記憶する半導体メモリー「MRAM」で、新型の素子を開発した。携帯端末やパソコンに搭載するDRAMの10倍以上の記憶容量が期待でき、省エネにも役立つ。企業と組んで5年後の製品化を目指し、DRAMの代替を狙う。  開発したのはスマートフォン(スマホ)などの中で演算素子と組み合わせ、高速演算中のデータを保存するメモリー素子。電流で磁石の向きを変えてデータを書き換える記録方式で「STT―MRAM」と呼ぶ。電源がオフの状態でも情報を保つ。この方式...
»続きを読む
カテゴリー:

【生物】傷ついた仲間を手当てして回復させるアリ、独研究 治療により死亡率は80%から10%へ低下 - 02月17日(土)20:03  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000027-jij_afp-sctch  アフリカに生息するマタベレアリ(学名:Megaponera analis)は、狩りの襲撃中に負傷した仲間のアリの傷口を手当てするとの 「驚くべき」研究結果が14日、発表された。「衛生兵」のアリは仲間が回復するまで看護するという。  英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された研究論文によると、 傷を負ったマタベレアリは仲間によって巣に運ばれ、そこで手当を受けるとされる。 仲間のアリたちは傷ついたアリの傷口...
»続きを読む
カテゴリー:

【化石】1億年前の琥珀からサソリ似の「尾のあるクモ」 - 02月18日(日)21:37  newsplus

 ミャンマーで採取された約1億年前の琥珀こはくの中から、尾のあるクモを初めて見つけたと、米カンザス大などの国際研究チームが発表した。  論文が英科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション」に掲載された。クモの進化の謎に迫る成果という。  発見されたクモは全長約6ミリ。サソリのような尾を持つが、X線などで体の構造を調べた結果、糸を出す突起があり、クモの仲間と判断された。研究チームは、ギリシャ神話の怪物キメラ、ギリシャ語のクモ(アラクネ)にちなみ「キメララクネ」と命名。「尾は何らか...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国だより】中国のイノベーションは本物か UBS中国が認めた競争力 - 02月18日(日)10:00 

2018年1月25日、UBS中国の証券研究チーフである侯延コン(王へんに昆)氏は『フィナンシャルタイムズ中国語版』に投稿し、所属研究チームによる一つの結論を紹介した。 それによれば、中国は、IT(情報技術)・新型工業・家電などの分野でのイノベーション(技術革新)の勢いによって、近い将来、国際的なリーダー企業を動揺させるほどの影響力を持つことになるという。ただ、そこには脆弱な部分も垣間見える。 4分野の過去10年の成績を分析した結論 UBS中国の証券研究チームは特許・研究論文・研究開発・国家政策の4つの分野から、過去10年にわたる各業界の成績を評価、分析。以下の基本結論を導き出した。 (1)冶金・建築などの「オールドエコノミー」で、中国は国際競争力を持っている。 (2)IT(スマートフォン部品・インターネット・AI・非メモリ半導体)と新興産業(電池・EV・太陽光発電・ナノ技術・エコ)の面では、中国はすでに国際的な一流企業と競争することができる。 (3)一方、ハイエンド(高性能・高価格)の製造業と医薬・治療産業では、かなりの程度の進歩を遂げたが、国際的な一流レベルにはまだほど遠い。 この研究チームは米国特許局の数十万件の特許を分析した。2015年には、中国から米国に出願した特許のうち8116件が認可を受けており(2010~2015の年間平均増加率は25%)、米国特許の許可数ランキングで...more
カテゴリー:

肌に貼るディスプレー開発=伸縮しても断線せず-東大など - 02月18日(日)02:05 

 伸縮させても壊れにくく、肌に貼って文字などを表示できる薄型ディスプレーを、東京大の染谷隆夫教授らの研究チームが開発した。研究成果は、米国で17日(日本時間18日)に開催される米科学振興協会年次大会で発表される。 例えば、肌に長時間貼れるセンサーと組み合わせ、自宅にいる患者の心電波形を測って送信。波形や病院の医師の診察結果を、患者の手に貼ったディスプレーに表示できる。在宅医療などへの応用が期待される。 試作したディスプレーは、縦3.8センチ、横5.8センチ、厚さ約1ミリのゴムシート上に、極小の発光ダイオード(LED)384個を並べた構造。数字や絵文字などが赤く表示される。 従来は曲げ伸ばしを繰り返すと、LEDと配線の接続部が断線しやすかった。力が一点に集中しないように素材を工夫し、1万回伸縮させても断線しにくくなった。 【時事通信社】
カテゴリー:

東日本大震災:重度うつ死亡リスク4倍 宮城の高齢者調査 - 02月17日(土)20:05 

 東日本大震災の津波被害を受けた宮城県岩沼市玉浦地区で、もともと重度のうつ傾向だった高齢者の死亡リスクは、うつ傾向のない人より約4倍高かったとの調査結果を、東北大などの研究チームがまとめた。各市区町村に作成が義務付けられている避難時の「要支援者名簿」には精神障害者を含めていないケースもあるが、チームは「行政は、うつ傾向の人への支援策も考える必要がある」と指摘する。
カテゴリー:

ボルネオ島のオランウータン、16年間で半数以下に - 02月17日(土)15:39 

東南アジアのボルネオ島に生息するオランウータンの数が1999~2015年の16年間で半分以下に減少したことがわかった。国際研究チームがこのほど、科学誌「カレント・バイオロジー」で発表した。 これによれば、ボルネオ島におけるオランウータンの生息数は、同期間に14万8000頭以上減少し、残っているのは推定7~10万頭だという。状況に何の変化もなかった場合、森林伐採の影響だけで2050年までにさらに...
カテゴリー:

もっと見る

「研究チーム」の画像

もっと見る

「研究チーム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる