「研究グループ」とは?

関連ニュース

スパコン「京」また快挙、Graph500ランキング5期連続首位 - 06月23日(金)16:00 

 九州大学と東京工業大学、理化学研究所(理研)、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センター、富士通、フィックスターズによる国際共同グループは6月23日、最新のビッグデータ処理に関する世界的なランキング「Graph500」において、スーパーコンピュータ「京(けい)」が5期連続1位を獲得したと発表した。 スーパーコンピュータ「京(けい)」は、文部科学省が推進する「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」プログラムの中核システムとして、理研と富士通が共同で開発を行っている計算速度10ペタフロップス級のスーパーコンピュータ。2012年に共用を開始した。 京は20日、性能指標ランキング「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」で2期連続の1位を獲得。21日には、ビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングである「Graph500」でも第1位を獲得した。 京に係る国際共同研究グループは、京は正式運用開始から5年以上が経過しているが、「今回のランキング結果によって、現在でもビッグデータ解析に関して世界トップクラスの極めて高い能力を有することが実証されました」とした。 国際共同グループは今後、実社会の課題解決や科学分野の基盤技術へ貢献すべく、スーパーコンピュータ上でさまざ...more
カテゴリー:

名古屋大、神経の難病ALSを体外で再現する装置を開発 - 06月21日(水)08:03 

名古屋大学の清水一憲准教授らの研究グループは、運動神経細胞が侵食される原因不明の難病である筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis、ALS)の病理機序を、人体の外で再現する機械的な装置を開発した。
カテゴリー:

週2回以上のフライドポテト 食べない人に比べ早死にリスク2倍に - 06月20日(火)10:37 

週2フライドポテト 食べない人に比べ早死リスク2倍に、イタリア研究報告 ハンバーガーなどともに日本でもすっかり定着したフライドポテトだが、こうした油で揚げたジャガイモ料理の摂取量が多くなると、 早死にするリスクが高まるとする研究報告が米国で発表された。 特定の集団を追跡調査する、いわゆるコホート研究で集められたデータを解析したものだが、週2回以上食べていると、 食べない人と比べてリスクは2倍になるという。 伊研究グループが米データ解析し発見 この研究を行ったのは、イタリア・ブレシア大学医学のル...
»続きを読む
カテゴリー:

謝冰心の直筆原稿発見=初期の詩集「春水」-九大図書館 - 06月20日(火)01:15 

 中国の現代文学をけん引した女流作家、謝冰心(1900~99年)が、22歳で執筆した詩集「春水」の直筆の完全原稿が、九州大付属図書館で見つかったと、同大の中里見敬教授らの研究グループが19日、発表した。冰心の初期の直筆原稿は中国でも発見されておらず、極めて珍しいという。 冰心は、それまでの漢詩と異なる平易な口語で詩作を行い、小説や児童文学などでも幅広い作品を残した。中国では「文壇の祖母」と呼ばれ、戦後の一時期、日本に滞在したこともある。 原稿は縦17センチ、横13センチの冊子の形で、本文115ページに182編の詩を冰心が毛筆で記してある。作家魯迅の弟で、春水を編集した随筆家周作人と親交のあった故・浜一衛九大名誉教授が譲り受けたという。 昨年11月、中国で公開された周の日記に、浜名誉教授に贈ったことを示す記述があり、浜名誉教授が図書館に寄贈した蔵書を再調査して見つけた。中里見教授は「原稿は書としての芸術的価値も高く、日中文化交流を象徴する貴重なものだ」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

子の虫歯、親の学歴で格差 成長につれ差が拡大 東北大 - 06月19日(月)12:02 

 子どもの虫歯の割合は、親の学歴によって差があり、子どもの成長につれて差が広がるという調査結果を、東北大の研究グループがまとめた。家庭環境によって健康格差が大きくなることを示しており、研究者は公的な支…
カテゴリー:

【発達心理】発達期のセロトニンが自閉症に重要 脳内セロトニンを回復させることで症状が改善/理化学研究所など - 06月22日(木)23:52 

発達期のセロトニンが自閉症に重要 -脳内セロトニンを回復させることで症状が改善- 自閉症は、対人関係を築くことが苦手、視線を合わせない、ヒトの話したことをオウム返しするなどの“社会的コミュニケーション能力の欠如”、毎日決まった行動をし予定外の行動はとれないなどの“繰り返し行動”が特徴的な発達障害の一つです。また、音や光、触られることに対して過敏に反応するなどの“感覚異常”の症状があります。 自閉症の罹患率は年々増加しており、最近の米国の調査では、約68人に1人の割合で発症すると報告されています。自閉症...
»続きを読む
カテゴリー:

難病:「レット症候群」改善物質を発見 久留米大など - 06月20日(火)19:35 

 国指定の難病で言語や運動機能などに障害がある「レット症候群」の症状改善に、アミノ酸の結合体「グレリン」が有効であることを、聖マリア病院と久留米大(いずれも福岡県久留米市)の研究グループが発見し、世界神経学連合の機関誌に発表した。20日、同病院レット症候群研究センターの松石豊次郎センター長らが記者会見し、明らかにした。
カテゴリー:

謝冰心の直筆原稿発見 - 06月20日(火)09:30 

中国の現代文学をけん引した女流作家、謝冰心(1900~99年)が、22歳で執筆した詩集「春水」の直筆の完全原稿が、九州大付属図書館で見つかったと、同大の中里見敬教授らの研究グループが19日、発表した。
カテゴリー:

【格差社会】子の虫歯、親の学歴で格差 成長につれ差が拡大…東北大調査 - 06月19日(月)17:20 

 子どもの虫歯の割合は、親の学歴によって差があり、子どもの成長につれて差が広がるという調査結果を、東北大の研究グループがまとめた。家庭環境によって健康格差が大きくなることを示しており、研究者は公的な支援の必要性を指摘している。  子どもの虫歯は、親の学歴や収入と関わりがあると言われているが、この格差が子どもの成長につれてどうなるかは、あまり研究されていないという。  東北大の相田潤・准教授(歯科公衆衛生学)らは、厚生労働省が実施している、2001年生まれの子どもを対象にした追跡調査の約3万5...
»続きを読む
カテゴリー:

美肌から気分改善まで! 温冷浴の効果を示唆する研究を学ぶ - 06月19日(月)11:10 

これからの暑い季節は、浴槽につからずにシャワーのみでその日の汚れを落とす日も出てくるだろう。お湯をためる時間を省け、サッと体や頭を洗い流せるシャワーは便利だが、その際、温度にこだわってみると健康面でのメリットを多分に得られるかもしれない。 海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「シャワーと健康」に関するコラムが掲載されたのでその内容を紹介しよう。 熱いお湯を浴びた後、さっと冷水シャワーを浴びると免疫システムが高まり、気分もよくなることがこれまでの研究で明らかになっているという。お湯に漬かったり熱めの温度でシャワーを浴びたりしていると、皮膚と筋肉内の血管が拡張し、酸素をたっぷり含んだ血液の流れが多くなる。それから冷水シャワーに切り替えると、その同じ血管があっという間に収縮し流れる血液の流れが少なくなる。20分間これを繰り返すと、酸素をたっぷり含んだ血液が筋肉や皮膚近くの組織に行き届く。熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びている際、私たちの体内ではこのような動きが起きている。 専門家は、このように熱い湯と冷水を交互に浴びることのメリットをさまざまな角度から指摘。具体的には3~4分間にわたり熱い湯のシャワーを浴びた後、1分間の冷水シャワーを浴びるというローテーション(contrast water therapy)を20分ほど続けるのがよいとのこと。...more
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる