「研究グループ」とは?

関連ニュース

音波を用いて銅に磁気を生じさせる研究 新たな磁気デバイスに応用可能か - 08月20日(日)17:35 

慶應義塾大学、東北大学、日本原子力研究開発機構先端基礎研究センターの共同研究グループは、銅に音波を注入することによって「スピン流」という電子の持つ磁気の流れを生じさせることに成功したと発表した。
カテゴリー:

巨大地震での高層ビルの変形を抑止-広島大、新しい耐震補強法を開発 - 08月18日(金)17:57 

広島大学は、同大学大学院工学研究科の田川浩教授の研究グループが、テンションロッドを用いた変位制御型ブレースを設置した20階建て鋼構造骨組の巨大地震時挙動を数値シミュレーションにより分析し、一般のブレース耐震補強時に見られる問題点を克服しつつ、効果的に大変形を抑止できることを明らかにしたことを発表した。
カテゴリー:

岩手大、ネコの縄張り行動を用いて糞尿被害を防止する新技術の開発に成功 - 08月18日(金)14:58 

岩手大学は、同大学農学部の宮崎雅雄氏、山下哲郎氏らの研究グループが、においを介したネコの縄張り行動のメカニズムを研究し、ネコの尿抽出物を嗅がせたネコは、イヌのように自分の尿を残すことなく、その場を立ち去ることを発見したことを発表した。
カテゴリー:

児童虐待、相談対応件数は過去最多の12万件 - 08月18日(金)12:45 

 厚生労働省は8月17日、児童相談所での児童虐待相談対応件数および子ども虐待による死亡事例などの検証結果を公表した。平成28年度の児童虐待相談対応件数は12万2,578件(速報値)で、過去最多となった。 平成28年度中に全国210か所の児童相談所が、児童虐待相談として対応した件数は、前年度(平成27年度)より1万9,292件多い12万2,578件(速報値)。平成2年度の集計開始以来右肩上がりに上昇を続け、過去最多を更新した。 増加の要因としては、心理的虐待にかかわる相談対応件数が前年度より1万4,487件増の6万3,187件と増えており、背景に児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力(面前DV)について警察からの通告が増えたことがあげられる。 このほか、児童相談所全国共通ダイヤル(189)の広報やマスコミ報道などで児童虐待への意識が高まり、通告の増加につながっているという。 平成27年4月1日から平成28年3月31日までの期間に発生または表面化した子どもの虐待死事例は、72例84人。このうち、心中以外の虐待死は48例52人で、0歳児が30人(57.7%)ともっとも多く、虐待の種類では身体的虐待が35人(67.3%)、ネグレクト12人(23.1%)の順に多かった。【関連写真】児童虐待、相談対応件数は過去最多の12万件■関連記事H27年度大阪府の虐待に関する年次報告、前年度比2,5...more
カテゴリー:

九大、植物の体内時計の柔軟さが炭素資源の恒常性をもたらす - 08月18日(金)11:32 

九州大学(九大)は、概日時計を用いた植物の代謝制御の一端を明らかにしたと発表した。研究グループによると同成果は、環境を制御して作物の効率的生長を目指す植物工場での利用が期待され、また、哺乳類のもつ概日時計も糖刺激に反応することが知られていることから植物に限らず動物への応用可能性も高いものであるという。
カテゴリー:

アライグマ「熊本にやってきたのだ! ここで繁殖するのだ!」 - 08月19日(土)23:41  news

アライグマ、県内で繁殖か 多数の生息情報 農作物を食い荒らす特定外来生物アライグマの生息拡大を示す情報が、県内で相次いでいる。 6月には宇城市で幼獣が捕獲され、繁殖している可能性も出てきた。専門家は「増えて被害が 広がってからでは遅い。県や市町村は対策を急ぐべきだ」と警告している。 県自然保護課によると、これまでに県内では捕獲や交通事故による死骸の確認、撮影など 19件(9市町)の生息情報があった。特徴的なのは、荒尾市や山鹿市など県北部と、宇城市や 御船町など県央部の2エリアに分かれること...
»続きを読む
カテゴリー:

iPS細胞から精子 子どもマウス誕生 8/18 15:31更新 - 08月18日(金)15:31 

京都大学などの研究グループが、精子ができにくくなる染色体の病気「クラインフェルター症候群」のマウスのiPS細胞から精子を作り、子どもを誕生させることに成功した。
カテゴリー:

無精子症マウスのiPS細胞使い子孫誕生に成功 「理論上は卵子でも可能」男性不妊症の治療に光 - 08月18日(金)14:32 

 染色体異常が原因で無精子症となっている不妊マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って正常な生殖細胞を作り、人工授精で健常な子を出産させることに成功したと、京都大大学院医学研究科の斎藤通紀教授(細胞生物学)らと英国の研究所の共同研究グループが17日、米科学誌「サイエンス」電子版に発表した。斎藤教授は「将来的には、染色体異常による人の不妊治療法の開発につながる可能性がある」と話している。
カテゴリー:

東大病院、肥満症の治療標的とされる「褐色脂肪組織」の新規制御因子を同定 - 08月18日(金)12:39 

東京大学は、東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科の門脇孝教授、山内敏正准教授、脇裕典特任准教授、平池勇雄特任研究員および東京大学先端科学技術研究センター ゲノムサイエンス分野の油谷浩幸教授、堤修一特任准教授らの研究グループが、褐色脂肪組織に特異的なDNA上のオープンクロマチン領域の解析から、褐色脂肪組織の新規の主要制御因子としてNFIAを同定したと発表した。
カテゴリー:

新潟大、水の特徴から新潟県産清酒の識別に成功- 海外市場の拡大へ貢献 - 08月18日(金)10:51 

新潟大学は、同大学農学部の城斗志夫教授、同工学部の狩野直樹准教授、新潟県醸造試験場の栗林喬氏らの研究グループが、清酒の原料である水の特徴から新潟県産清酒と海外産清酒を識別することに成功したことを発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる