「研究グループ」とは?

関連ニュース

ポテチなのに免疫力UPで話題のプラズマ乳酸菌入り! 『ぽいっと!ナッツソルト味』は健康志向なのにウマッ! - 10月19日(木)09:00 

  カルビー初の「プラズマ乳酸菌入りポテトチップス」としてデビューした『ぽいっと!ナッツソルト味』は、2017年10月2日より全国のコンビニエンスストア限定で発売中。健康志向とは言え、ポテチに乳酸菌…。女性向けポテチということだが、はたしてその味は? さっそくチェックしてみた! ■カルビー×キリンの共同開発『ぽいっと!ナッツソルト味』なら、ポテチでインフルエンザや風邪に立ち向かえる!? 『ぽいっと!ナッツソルト味』(40g・想定価格 税込150円・2017年10月2日発売)は、ポテチ界の王者・カルビー株式会社(東京都千代田区)とキリン株式会社(東京都中野区)によるコラボレーション商品。国産じゃがいものみを使用した”健康志向の女性向けポテトチップス”で、なんとポテチなのにプラズマ乳酸菌入りというから驚きだ。 原材料の9番目に確かにプラズマ乳酸菌が!   近年、健康志向のポテチは増え続けており、それらは昔からあるノンフライのヘルシー系、保存料不使用などの無添加系、じゃがいもや塩にこだわった厳選素材系に大きく3つに分類される。今回新発売の『ぽいっと!ナッツソルト味』はやや厳選素材寄りではあるが、”ポテチのカルビー”と”乳酸菌のキリン”の共同開発によってまるでヨーグルトやドリンクのような「プラズマ乳...more
カテゴリー:

【科学】オステオポンチンを脳に注入すると薬物依存を抑える効果・・・富山大が世界初の解明 Part.2 - 10月18日(水)05:31  newsplus

薬物依存を抑える分子の働き、富山大学が世界初の解明 2017年10月17日 http://univ-journal.jp/16371/  富山大学大学院医学薬学研究部の研究グループが、マウスを用いた実験で薬物依存を抑える新しい物質を発見した。 研究成果は英学術誌「Scientific Report」に掲載されたが、世界中で大きな社会問題になっている薬物依存の治療につながる可能性に期待が集まりそうだ。  研究は中国出身で薬物治療学研究室の傅柯荃さん(博士課程後期3年)が中心になり、新田淳美教授、宮本嘉明准教授と5年かけて取り組んできた。  そ...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】オステオポンチンを脳に注入すると薬物依存を抑える効果・・・富山大が世界初の解明 - 10月17日(火)20:01  newsplus

薬物依存を抑える分子の働き、富山大学が世界初の解明 2017年10月17日 http://univ-journal.jp/16371/  富山大学大学院医学薬学研究部の研究グループが、マウスを用いた実験で薬物依存を抑える新しい物質を発見した。 研究成果は英学術誌「Scientific Report」に掲載されたが、世界中で大きな社会問題になっている薬物依存の治療につながる可能性に期待が集まりそうだ。  研究は中国出身で薬物治療学研究室の傅柯荃さん(博士課程後期3年)が中心になり、新田淳美教授、宮本嘉明准教授と5年かけて取り組んできた。  そ...
»続きを読む
カテゴリー:

【医学】オステオポンチンをマウスの脳に注入すると薬物依存が抑えられる 富山大学が世界初の解明 - 10月17日(火)14:16  scienceplus

薬物依存を抑える分子の働き、富山大学が世界初の解明 富山大学大学院医学薬学研究部の研究グループが、マウスを用いた実験で薬物依存を抑える新しい物質を発見した。研究成果は英学術誌「Scientific Report」に掲載されたが、世界中で大きな社会問題になっている薬物依存の治療につながる可能性に期待が集まりそうだ。  研究は中国出身で薬物治療学研究室の傅柯荃さん(博士課程後期3年)が中心になり、新田淳美教授、宮本嘉明准教授と5年かけて取り組んできた。  それによると、マウスに覚せい剤を反復投与したところ...
»続きを読む
カテゴリー:

中性子星:合体で重力波 米欧チームが初観測  - 10月16日(月)23:19 

 地球から約1億3000万光年離れた高密度の天体「中性子星」が衝突・合体した際に放出した重力波を、米欧の国際研究グループが初めて観測することに成功し、16日発表した。ブラックホールの合体による重力波は米国の重力波望遠鏡「LIGO(ライゴ)」が観測に成功しているが、今回は重力波とともに、光やエックス線などの電磁波も初観測した。重力波をきっかけに、宇宙の謎の解明を目指す新たな天文学が始まった。
カテゴリー:

遺伝子組み替え大豆ならぬ「遺伝子編集大豆」の作製に成功 - 10月18日(水)15:17 

北海道大学などの研究グループが、ゲノム編集によって大豆の形質を改変することに成功した(日本農業新聞、日経バイオテクONLINE)。
カテゴリー:

稚内にも竹林が? 温暖化で生息域拡大、東北大など懸念 - 10月18日(水)05:03 

 このまま温暖化が進めば、主に本州だけだった竹の生育域が北上し、北海道の最北端・稚内まで達する可能性がある。東北大学や気象庁などの研究グループが公表し、18日にも専門誌(電子版)に掲載される。生態系へ…
カテゴリー:

【科学】大豆ゲノム編集 初の成功 大きさ遺伝子を改変 北大など - 10月17日(火)16:29  newsplus

北海道大学などの研究グループは、国内で初めて大豆のゲノム編集による性質の改変に成功した。ゲノム編集した大豆の子実から植物体が大きくなる系統を育成。国内で成功例がなかった大豆のゲノム編集だが、成果を基に研究が加速する可能性がある。横浜市立大学、農研機構との共同研究。大豆のゲノム編集は世界でも数例しか成功例がないという。  ゲノム編集は、他の遺伝子を切る「はさみ」のような遺伝子を組み込み、他の遺伝子を改変する技術。実験では大豆「カリユタカ」を子実の段階でゲノム編集し、植物体が大きくなるようにした。...
»続きを読む
カテゴリー:

星の合体、重力波で観測 発生源から光も 米欧グループ - 10月16日(月)23:21 

 地球から1・3億光年離れた二つの「中性子星」が合体した様子を、重力波と光で観測することに成功したと、米欧の研究グループが16日、発表した。宇宙のかなたからやってくる重力波を手がかりに、発生源からの光…
カテゴリー:

太陽は不可視の小規模なフレアで大気温度を維持しているーJAXAの研究 - 10月16日(月)06:41 

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所を中心とした国際共同研究グループは、太陽フレアが発生していないように見える領域でも、微小なフレア「ナノフレア」が発生し、太陽の大気であるコロナの熱を数百万度に保っている、という説を大きく裏付ける観測データを得ることに成功した。
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる