「研究グループ」とは?

関連ニュース

津波で壊滅的被害 海辺の生物多様性維持 - 03月26日(日)10:25 

海辺の生物は津波で壊滅的被害を受けても遺伝的特徴を維持し続けることが、高知大や東北大の研究グループによる巻き貝「ホソウミニナ」の追跡調査で分かった。 ホソウミニナは体長1〜3センチで、全国の海岸線に広
in English
カテゴリー:

【社会】登山者位置検知システム 有効性の確認を報告 - 03月25日(土)07:37 

登山者位置検知システム 有効性の確認を報告 2017年03月24日 17時58分 http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20170324154912  山岳遭難の救助に役立つ新たなシステムとなるのでしょうか?携帯電話がつながらない山岳地帯で、登山者の位置を電波で検知するシステムを県立大学が開発し、実証実験を通してシステムの有効性が確認できたことを総務省に報告しました。  これは、24日登山者位置検知システムの利用モデル評価会で総務省北陸総合通信局に報告されたものです。  登山者位置検知システムは県...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

アンチエイジングのための効率的な運動方法とは? - 03月24日(金)11:28 

女性にとって「美」は永遠のテーマであるだけに、「アンチエイジング」というキーワードには敏感にならざるをえないだろう。もちろん、若々しく見られるように努めることも大切だが、同時に体の内面の部分から加齢に「待った」をかけることも重要だ。 体の細胞レベルでのアンチエイジングを目指すには、運動をするとよい。その際は、一定の負荷を長時間をかけ続ける運動よりも、高負荷の激しいトレーニングを短時間に繰り返し実施したほうがよいのかもしれない。 海外のさまざまなニュースを紹介する「MailOnline」にこのほど、「高強度トレーニングと老化防止」にまつわるコラムが掲載された。同記事によると、アメリカはミネソタ州のメイヨ―・クリニックの研究グループが、短時間の集中型エクササイズは体脂肪を減らし、糖尿病予防になり、細胞の老化防止にもつながると主張しているという。 研究グループは18~30歳および65歳~80歳の男女72名に「高強度トレーニング」「ウェイトトレーニング」「長めの自転車こぎと短めのウェイトトレーニングの組み合わせ」の3パターンのトレーニングを実施してもらった。 研究に携わったスリークマラン・ナイアー博士は、この3つの中では短時間の高強度トレーニングが最も効果的だとしたうえで、「老化防止を目指すなら、短時間の高強度運動にとって代わるものはありません」と解説する。とりわけ、高い負荷をかけ...more
in English
カテゴリー:

アオサノリ 水槽で短期間に育てる新技術 徳島 - 03月24日(金)04:25 

のりのつくだ煮などの原料になるアオサノリを水槽で短期間に育てる新しい養殖技術の開発に、徳島市の大学などの研究グループが初めて成功しました。安定した生産につながる可能性があるとして、今後、実用化に向けた検討を進めることにしています。
in English
カテゴリー:

根の「空腹」→葉が別の根に栄養吸収指令 名大が解明 - 03月22日(水)00:14 

 名古屋大学の研究グループは、植物の根の一部が「空腹」状態を認識すると、葉から別の根に向けて不足分の栄養を取り込むよう指令するホルモンを発見した。効率良く栄養を取り込む農薬の開発につながるという。21…
in English
カテゴリー:

京大、精子の動きの方程式化に成功 世界初、精子の泳ぎを顕微鏡で実際に検証し再現性を確認 - 03月25日(土)15:41 

ヒトの精子の動きは方程式を解くことで計算機上で再現できる - 京大が確認 京都大学(京大)は3月24日、ミクロの世界での水の流れを表す式(ストークス方程式)を用いて、ヒト精子の 運動とその周りの液に現れる特徴的なパターンを見出すことに成功したと発表した。 同成果は、同大 白眉センターの石本健太 特定助教らによるもの。詳細は米国物理学会の学術誌 「Physical Review Letters」に掲載された。 生物のオスから射精された精子は、メスの卵に到達するためにべん毛を使ってメスの体内を泳いでいくことが 知られているが、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【海苔】アオサノリの養殖技術開発に成功 収穫までの期間も4ヶ月から2ヶ月に(水槽での結果) - 03月25日(土)06:53 

アオサノリの養殖技術開発に成功 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8024749761.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を のりの佃煮などの原料となるアオサノリの安定的な生産につなげようと、徳島市の大学などの 研究グループが、アオサノリを水槽の中で短期間に養殖する技術の開発に初めて成功しました。 アオサノリは、現在は海水と淡水が混じり合う河口などでしか養殖できませんが、 天候や水質などの影響を受けやすく、生産量が安定しないことが課題になっ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】がんの原因、3分の2は「DNAの複製ミス」。米研究グループ - 03月24日(金)05:40 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010922511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 がんにつながる遺伝子の変異が何によって起こるか、アメリカの研究グループが 患者のデータベースを解析したところ、がん全体の3分の2はDNAの複製ミスに よって起きていることがわかりました。研究グループは、防げないがんもあるとして 早期発見の重要性を指摘しています。 がんにつながる遺伝子の変異は主に遺伝的な要因や、たばこやウイルス感染 などの環境の要因によって起きるとされてきましたが、こうした...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

テレビを観ながら食事をすると肥満リスクが高まるとの調査が報告 - 03月22日(水)17:09 

個食や孤食が増えてきている昨今ではあるが、今なお一家団らんで食事を食べている家庭もある。家族そろっての食事は、貴重なコミュニケーションの場ではあるが、テレビを観ながら食卓を囲んでいるとしたら注意が必要かもしれない。 海外のさまざまなニュースを紹介する「MailOnline」にこのほど、「テレビ鑑賞と肥満」に関するコラムが掲載された。最近発表された調査報告によると、テレビを観て食事をする人は、観ないで食事をする人よりも肥満になるリスクが高いという。 今回の調査では、米国オハイオ州の住民1万2,842人を対象にその食生活を分析した。その際、体重と身長を自己申告してもらい、BMIが30以上の人を肥満と定義づけた。参加者は「家庭で食事を食べる頻度」「食べている間にテレビを見る頻度」「自宅で食事をつくった回数」などについて回答した。 その結果、家族と週に6~7日一緒に食事をする人は52%、1日おきにする人は35%、週に1~2回という人は13%というものになった。また、ほぼいつもテレビを観ながら食事をする人が3分の1にのぼり、全く観ない人は36%だった。そして、62%の人が自宅でつくった料理を食べていた。 得られた結果を詳細に分析したところ、食事時にテレビを観ない人は、家族との食事中にいつもテレビやビデオを観ている人と比べ、肥満になる確率が37%も低かった。同様に、家族のために料理をし...more
in English
カテゴリー:

【科学】アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:53 

アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、 症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。 研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。 ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行する...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる