「研究グループ」とは?

関連ニュース

現代の魔法使い落合陽一×小山裕己「絶対飛ばない紙飛行機や竹とんぼを飛ばす方法」 - 12月16日(土)11:00 

『情熱大陸』出演で話題沸騰、“現代の魔法使い”落合陽一が主宰する「未来教室」。『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、最先端の異才が集う筑波大学の最強講義を独占公開! 見たこともない奇抜な形の紙飛行機がすいすいと飛んでいく。おお入魂の職人芸か、と思わされるが、実はこれ、コンピューターにデザインを手伝わせることで「簡単に作れる」のだ。今回のゲスト、小山裕己の研究事例のひとつである。 JAXA(宇宙航空研究開発機構)や理化学研究所と同じ国立研究開発法人である産業技術総合研究所(産総研)は、今年3月にロイターが発表した「イノベーションを牽引する世界の国立研究機関ランキング」で5位になるほどの実績を誇る。小山はその産総研に所属する若き研究者で、落合陽一によると「僕の東大大学院時代のひとつ後輩で、分野がすごく近いので、今日は濃い研究の話ができると思います」とのこと。 「人前で長時間話すのに慣れていない」と言う小山の講演はしかし、ガチな研究を支えるクールな情熱と、鬱勃とほとばしるエンターテイメント性で聴衆の想像力にみやびなひっかき傷を残す。 * * * 小山 僕の研究分野はコンピューター・サイエンスでして、最近は特に「コンピューテーショナル・デザイン」と呼ばれる研究を...more
カテゴリー:

なんとびっくり 割れてもすぐ直る自己修復機能のガラスを世界で初めて開発 東大の研究グループ(動画あり) - 12月15日(金)20:38  newsplus

世界初 割れてもすぐ直るガラス開発 東大の研究グループ 12月15日 5時12分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011259351000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_009 割れても、断面を押しつけるだけで元どおりに修復できるガラス材料の開発に、東京大学の研究グループが世界で初めて成功しました。 割れても直るガラスは東京大学の相田卓三教授と博士課程の大学院生柳沢佑さんらの研究グループが開発しました。 研究グループは新たな接着剤の開発を進めていましたが、 偶然、固くさらさらした手触...
»続きを読む
カテゴリー:

世界初 割れてもくっつくガラス、東大グループが開発 - 12月15日(金)18:42 

 割れてもくっつくガラス材料を、世界で初めて開発したと東京大学の研究グループが発表しました。
カテゴリー:

ディップが「ベストオブ学園祭2017」に協賛 今年の大賞は立教大学「SPF」、準大賞は一橋大学「一橋祭」 - 12月15日(金)12:00 

[ディップ]  ■ベストオブ学園祭  2009年より活動がスタートしたベストオブ学園祭は、大学関係者でつくる学園祭研究グループを中心に各大学の学園祭実行委員と連携し、学園祭の質的向上と発展を目的としたコンテストです。...
カテゴリー:

【ロボット】東大、速く走れる2足ロボット開発 - 12月15日(金)07:36  bizplus

東京大学の石川正俊教授らは速く走る小型の2足歩行ロボットを開発した。瞬発的な力を出せるモーターを搭載し、人の大きさであれば、一流のマラソン選手に相当する速さで走れる。高速カメラで走行姿勢を撮影しながら自動制御することで、人のような前傾姿勢での走行を可能にした。2足ロボットの高度化や製造現場で技術を活用できると見ており、3~5年以内の実用化を見込んでいる。 ロボットは腰・膝・足首が動き、人の走行姿勢を再現できる。脚の長さは14センチで重さは1キロ弱。時速4.2キロで走る。脚の長さが70~80センチの成人...
»続きを読む
カテゴリー:

骨折:自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大 - 12月16日(土)00:43 

 島根大医学部(島根県出雲市)が、患者自身の骨を加工した「骨ねじ」を使って骨折部分を固定する新たな治療に取り組んでいる。国内初の臨床応用として10年間で患者12人に手術し、8割を超す10人は術後の経過が良好という。研究グループは「骨ねじは異物反応がなく、金属ボルトのように再度の除去手術も必要なく、患者の負担も減らせる」としている。
カテゴリー:

ガラスとはなんぞや? - 12月15日(金)19:06  news

東京大学の研究グループが割れても簡単に元通りになるガラスの開発に成功した。NHKの報道をリアノーボスチ通信が引用して報じた。 当初グループはゴムに似た柔らかい、新たな接着物質である「ポリエーテルチオ尿素」の開発を行っていた。ところが実験過程で 「ポリエーテルチオ尿素」は滑らかな状態に固まり、壊れても元通りになることが明らかになったことから、この特性を知った研究者らは ガラスを作ることを思い立ったという。 「ポリエーテルチオ尿素」から作られたガラスは2つに割っても接合して断面を押し付ければ10秒後...
»続きを読む
カテゴリー:

小糸製作所など、新たな白色LED用赤色蛍光体の開発に成功 - 12月15日(金)18:19 

小糸製作所は、東京工業大学(東工大)の細野秀雄 教授の研究グループ、名古屋大学(名大)の澤博 教授の研究グループと共同で、新たな白色LED用赤色蛍光体の開発に成功したことを発表した。
カテゴリー:

【快挙】東大、割れてもすぐ直るガラスを開発 - 12月15日(金)08:22  news

割れても、断面を押しつけるだけで元どおりに修復できるガラス材料の開発に、東京大学の研究グループが世界で初めて成功しました。 割れても直るガラスは東京大学の相田卓三教授と博士課程の大学院生柳沢佑さんらの研究グループが開発しました。 研究グループは新たな接着剤の開発を進めていましたが、偶然、固くさらさらした手触りの物質に自然に元どおりになる自己修復機能があることを発見しました。 この物質は「ポリエーテルチオ尿素」と呼ばれるもので、これを材料に作ったガラスは割れても数十秒間、断面を押しつければ元...
»続きを読む
カテゴリー:

世界初 割れてもすぐ直るガラス開発 東大の研究グループ - 12月15日(金)05:12 

割れても、断面を押しつけるだけで元どおりに修復できるガラス材料の開発に、東京大学の研究グループが世界で初めて成功しました。
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる