「研究グループ」とは?

関連ニュース

Report: 【ビデオ】 スマート・エントリー車を狙った新たな盗みの手口「リレーハック」とは? - 04月29日(土)10:00 

Filed under: ビデオ, 中国, その他, 安全性, ハイテク クルマのハイテク化が進むにつれ、自動車窃盗犯の技術も進化する。最近のヒュンダイに関するニュースを含め、過去2、3年間で注目を集めた数々の自動車盗難にまつわる話題から、ハイテク窃盗犯から狙われやすい原因となっている、様々なクルマのオンボード・コンピュータ・システムの問題について、人々の関心が高まってきた。そして先日、中国のセキュリティ会社の研究グループが、現在のクルマに新たな脅威となる「リレーハック」に関する記事を発表した。 Continue reading 【ビデオ】 スマート・エントリー車を狙った新たな盗みの手口「リレーハック」とは?【ビデオ】 スマート・エントリー車を狙った新たな盗みの手口「リレーハック」とは? originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 28 Apr 2017 21:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
in English
カテゴリー:

【話題株】アンジェスMGの高血圧DNAワクチン開発に頼もしい臨床結果が米有力医学誌に掲載される - 04月28日(金)15:20 

■虚血性脳梗塞の予防薬、治療薬になる可能性を示唆 アンジェスMG(東マ)は28日、産学連携の研究開発に対する同社の寄付講座である東京大学の研究グループの高血圧ペプチドワクチンに関する論文が米国の有力な医学誌「Stroke」に掲載されたと発表した。
in English
カテゴリー:

MIT、建物を“印刷”する3Dプリンタ「DCP」--将来は火星でビルを作ることも - 04月27日(木)17:20 

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究グループは、ビルのような建物を直接3Dプリンタで“印刷”可能なことを示すため、実際に建造物を“出力”できる巨大な3Dプリンタ「Digital Construction Platform(DCP)」を試作した。この技術が実用化されれば、ビル建築に必要な期間が短縮され、コストが削減され、柔軟性も高まるという。
in English
カテゴリー:

炭化水素分子に電子を導入するとスピン液体が発現することが判明 =東北大 - 04月26日(水)21:46 

炭化水素分子に電子を導入することで、スピン液体が発現 - 東北大 東北大学は4月25日、化学反応によって炭化水素分子に電子を導入することで、特異な磁気状態である 「スピン液体」を作り出すことに成功したと発表した。 同成果は、東北大学材料科学高等研究所 コスマス・プラシデス教授、高林康裕助教、英国リバプール大学 化学科 マシュー・ロゼインスキー教授らの研究グループによるもので、4月24日付の英国科学誌 「Nature Chemistry」に連続する2つの論文として掲載された。 スピン液体は、1973年に初めてその存在が理論...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【科学】8K顕微鏡を開発 体内をスーパーハイビジョンで観察 病気の原因の解明などに役立つ 血栓が脳へ流れる様子が見える - 04月26日(水)18:20 

8K顕微鏡を開発 体内をスーパーハイビジョンで観察 NHK 4月26日 17時12分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170426/k10010961991000.html 8Kスーパーハイビジョンの鮮明な映像で生き物の体内の様子を観察できる特殊な顕微鏡を、自治医科大学などの研究グループが開発しました。従来の電子顕微鏡の16倍という広い範囲を観察できるのが特徴で、病気の原因の解明などに役立つと期待されます。 自治医科大学の西村智教授らの研究グループがNHKと共同開発したこの顕微鏡は、8Kスーパーハイビジョンのカメラを搭載し、最大3...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】九州大学、未知の鉱物を発見 - 04月29日(土)05:38 

九州大学の研究グループは、広大なロウ石鉱床を持つことで知られる 山口県阿武郡阿武町の鉱物学的調査を行っていた際、未知の鉱物を発見した。 その詳細な鉱物学的分析を行い、国際鉱物学連合の新鉱物・鉱物名・分類委員会に 申請、これが受理され、この新鉱物は 阿武石(あぶせき 英語名abuite、アブアイト)と命名された。 *+*+ 財経新聞 +*+* http://www.zaikei.co.jp/article/20170427/366897.html  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

全長8メートル 国内最大 恐竜の全身骨格 - 04月28日(金)07:37 

北海道むかわ町で見つかったハドロサウルス科の恐竜の化石の調査が進み、全身骨格が報道関係者に公開されました。研究グループによりますと、頭部から尻尾までの長さがおよそ8メートルと推定され、国内で発見された恐竜の全身骨格としては最大だということです。
in English
カテゴリー:

九大、未知の鉱物を発見 - 04月27日(木)08:31 

九州大学の研究グループは、広大なロウ石鉱床を持つことで知られる山口県阿武郡阿武町の鉱物学的調査を行っていた際、未知の鉱物を発見した。
in English
カテゴリー:

うつ病に新薬 - 04月26日(水)18:40 

大阪大学は、同大学大学院医学系研究科の近藤誠准教授、島田昌一教授(神経細胞生物学)らの研究グループが、セロトニン3型受容体が脳の海馬のIGF-1(インスリン 様成長因子-1)の分泌を促進することにより、海馬の新生ニューロンを増やし、抗うつ効果をもたらすという、うつ病の新たな治療メカニズムを発見したことを発表した。 この研究成果は4月25日、米国科学誌「Molecular Psychiatry」(モレキュラー・サイキアトリー)に掲載された。 まったく新しいうつ病治療メカニズム(出所:大阪大Webサイト) うつ病治療には現在、選択的セロ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

うつ病:薬投与で運動療法の改善効果実現 阪大が新治療法 - 04月25日(火)22:40 

 大阪大の近藤誠准教授(神経細胞生物学)らの研究グループが、マウスを使った実験で、運動療法によるうつ病の改善効果を薬剤投与で実現する方法を見つけた。現在普及している抗うつ剤とは症状を改善させる仕組みが異なるため、現行の治療法で治らない患者にも効く新薬の開発につながる可能性がある。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「研究グループ」の画像

もっと見る

「研究グループ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる