「石田明」とは?

関連ニュース

乙葉&ノンスタ石田、実生活を活かして「ボス・ベイビー」にメロメロ! - 02月23日(金)13:58 

ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組んだ映画「ボス・ベイビー」(トム・マクグラス監督)で、日本語吹き替えを務めたタレントの乙葉、お笑いコンビNON STYLEの石田明による吹き替え本編映像が公開された。 見た目はかわいい赤ちゃんだが中身はおっさんの弟が家にやってきたことから巻き起こる家族ドラマ。第90回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされた。 日本語版では、ボス・ベイビー役をムロツヨシ、ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役を芳根京子が務める。乙葉と石田はティムの両親役。乙葉と石田は、ともにプライベートでも子供を持つママとパパ。公開された映像では、ボス・ベイビーにメロメロになっている両親の声が、ぴったりはまっている。 アフレコを振り返り、乙葉は「ママとしての気持ちを考えながら演じさせていただきました。自分の実生活を照らし合わせながら演じさせていただいたので、とても楽しかったです」。石田は「うちは双子ですが、本当にしょっちゅう焦っているので、だからその焦っている感じは出ているんじゃないかと思いますね」とコメントしている。 3月21日(水・祝)日本公開。 【関連記事】 ・映画『ボス・ベイビー』2018年3月21日(水・祝)公開 ・乙葉のオフィシャルブログ ・乙葉 義父母らが37歳の誕生日をお祝い「とてもありが...more
カテゴリー:

NON STYLEの直球ダメ出しで「女性人気ない芸人」ガチへこみ - 02月23日(金)11:30 

2月22日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)のテーマは「女性人気ない芸人」。「女性人気ある芸人」NON STYLEが、なかなか女性人気の上がらない芸人たちに鋭いダメ出しをする場面があった。 【写真を見る】昨年のM-1王者も女性人気がなさすぎて落ち込んだ/2018年1月撮影 今回は、「女性人気ない芸人」として登場したドランクドラゴン、とろサーモン、ナイツ、バイきんぐの4組が、女性に人気の出ない理由を自己分析した。 「浅草のイメージが強すぎる」ことを理由として挙げたナイツの2人が、自分たちにモテる要素がないことや、最近はおばちゃん人気までも下がってきていることなどを嘆くと、ナイツと同期であるNON STYLEの井上裕介は「暗いでしょ、2人とも」とその原因を指摘。 また石田明も「(芸人は)メインディッシュになろうと頑張るのに、ずっと塩こぶのスタイル」とナイツに独特の表現でダメ出しをした。 これには塙宣之(ナイツ)も「もっとテレビ的なことを言ってよ! ガチなやつヤメて!」と苦笑いせざるをえず、2人からのガチダメ出しにへこんでしまった様子だった。 そんな塙の落ち込む姿を見て、小峠英二(バイきんぐ)は「少しズラしてお願いします」とストレートなダメ出しをやめるようにNON STYLEの2人に求めていた。 さまざまなエピソードを披露した「女性人気ない芸人」たちだったが、番組終盤では客席に緊急...more
カテゴリー:

乙葉&ノンスタ石田がおっさん赤ちゃんにメロメロ!「ボス・ベイビー」本編映像 - 02月20日(火)15:00 

 ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組み、第90回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされた「ボス・ベイビー」日本語吹き替え版の本編映像が、公開された。乙葉とお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明演じるキャラクターの登場シーンを切り取っている。 ・「ボス・ベイビー」本編映像はこちら!  全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジー氏による絵本「あかちゃん社長がやってきた」を、「マダガスカル」シリーズを手がけたトム・マクグラス監督がアニメ化。パパとママ、息子ティムの3人家族のもとに“新しい家族”としてやってきた、大人と変わらぬ知能を持つ赤ん坊の姿を描く。日本語吹き替え版では、ムロツヨシが主人公のボス・ベイビー、芳根京子がティム、石田と乙葉がティムの両親、山寺宏一がティムの両親が勤務するペット会社の社長フランシス・フランシスに扮する。  公開された映像では、怪しいそぶりを見せるボス・ベイビーを不審に思ったティムが、両親に訴えようとするさまが描かれる。「スーツを着込んでる! ブリーフケースを持ち歩いてる! 気にならないわけ?」と必死に食い下がるティムだったが、ボス・ベイビーにメロメロの両親は「赤ちゃんは1人ひとり違う」「どの子も特別だ」とまるで取り合わない。ボス・ベイビーとティムの対決が示唆されるシーンだ。乙葉と石田は、おっとりした性...more
カテゴリー:

乙葉&ノンスタ石田、実生活を生かしたママ&パパ演技披露 - 02月20日(火)15:00 

映画『ボス・ベイビー』(3月21日公開)で、タレントの乙葉とお笑いコンビ・NON STYLEの石田明の吹き替えシーンが20日、公開された。
カテゴリー:

ノンスタ井上、アプリで婚活中も… ルックス低評価に嘆き - 02月19日(月)11:32 

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介(37)が19日、都内で行われた『ガチ恋プロジェクト byタップル』の中間発表会に出席した。 【写真】実際にマッチングした女性たちが来場  同プロジェクトでは、マッチングアプリ『タップル誕生』を使用して、井上が“ガチで恋する”相手を探す。昨年末より始動しているおり、井上が約2ヶ月間でメッセージを送った人数は564人。そのうち175人とマッチング(メッセージ付きの「いいね」などを送った人数)した。  この日のイベントには、実際にアプリ内でマッチングした女性3人が来場。中間報告として、女性陣からルックスと内面の評価、さらには「井上さんから突然、写真が送られてきた。何とも言い難いような写真でした…」など、メッセージのやり取りを暴露されていた。  「3月末までにデートをする」ことを目標にしている井上は「本気で結婚相手を探しています」と気合十分。しかし、女性陣からのルックス評価が「50点、90点、5点」と賛否が分かれ、低評価が目立つ形となり「何でここに来たんや!」「俺のこと気になってるんちゃうんか!」と嘆いていた。  相方の石田明(37)からは「付き合うまでは、レディーファーストな優しい男性。だけど、付き合うと亭主関白な日本男児な部分が出てきて、別れてしまう」と内面の指摘を受け、「楽屋でずっと(タップルを)やってる。こっちは隣でネタを書い...more
カテゴリー:

【芸能】ナイツの振る舞いに坂上忍が激怒 放送ではカットも「めちゃくちゃ怖かった」 - 02月23日(金)12:03  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000117-spnannex-ent スポニチアネックス  お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(39)と土屋伸之(39)が、22日放送のテレビ朝日「アメトーーク」(木曜後11・15)に出演。フジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)の企画で、俳優の坂上忍(50)を激怒させていたことを明かした。  「女性人気ない芸人」として出演したナイツの2人。女子高生に絶大な人気を誇る同期の「NON STYLE」の石田明(38)と井上裕介(37)に「2人ともテレビに出ている姿...
»続きを読む
カテゴリー:

「ボス・ベイビー」本編初出勤シーン公開!おっさん赤ちゃんが陽気に登場 - 02月22日(木)18:41 

 第90回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされた「ボス・ベイビー」日本語吹き替え版の本編映像が、公開された。“おっさん赤ちゃん”のボス・ベイビーが、家族の元にやってくるシーンを収めている。 ・「ボス・ベイビー」本編映像はこちら!  全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジー氏による絵本「あかちゃん社長がやってきた」を、ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んでアニメ化。パパとママ、息子ティムの3人家族のもとに“新しい家族”としてやってきた、大人と変わらぬ知能を持つ赤ん坊の姿を描く。日本語吹き替え版では、ムロツヨシが主人公のボス・ベイビー、芳根京子がティム、「NON STYLE」の石田明と乙葉がティムの両親、山寺宏一がティムの両親が勤務するペット会社の社長フランシス・フランシスに扮する。  空想好きのティムが双眼鏡で外を観察していると、家の前にタクシーが停まり、スーツを着こなした赤ちゃんが降りてくる。サングラスをかけ、ブリーフケースを片手にノリノリでやってきたボス・ベイビーに、ティムはびっくり。急いで玄関に向かうと、両親から「ほら、見て!」とボス・ベイビーを紹介される。映像は、“ドヤ顔”全開のボス・ベイビーの顔が大写しになるシーンで幕を閉じる。ボス・ベイビーが高級なブリーフケースを開けると、哺乳瓶やおしゃぶりが収納してある、という...more
カテゴリー:

ボス・ベイビー:乙葉&ノンスタ石田の吹き替え場面公開 ママとパパの“… - 02月20日(火)15:00 

 米劇場版アニメ「ボス・ベイビー」(トム・マクグラス監督、3月21日公開)の本編映像が20日、公開された。タレントの乙葉さんと、お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明さん演じる両親が、ティム(芳…
カテゴリー:

味方良介「このメンツなら絶対に勝てる」『熱海殺人事件』上演中 - 02月19日(月)17:20 

『熱海殺人事件 CROSS OVER 45』が、2月17日に東京・紀伊國屋ホールで開幕。それに先駆け、公開ゲネプロと囲み取材が行われ、味方良介、木﨑ゆりあ、α-X’sの敦貴と匠海、NON STYLEの石田明が登壇した。【チケット情報はこちら】(PC)つかこうへいが1973年に文学座に書き下ろした代表作「熱海殺人事件」。その45周年上演となる本作は、演出を岡村俊一が手掛け、昨年はじめて木村伝兵衛部長刑事を演じた味方が引き続き同役を務めるほか、水野朋子婦人警官を木崎ゆりあ、犯人・大山金太郎をWキャストで敦貴と匠海(公開ゲネプロには匠海が出演)、富山から来た田舎の刑事・熊田留吉を石田という布陣で上演される。囲み取材で、味方は「45周年ということでかなり気合いが入っているとともに、稽古を通して、このメンツなら絶対に勝てるという確信があります。ぜひたくさんの人に観てもらい、『「熱海殺人事件」ってすげーな』『演劇っていいな』と思ってもらえるように精一杯やっていきます」と熱くコメント。木崎は「この作品に出会えてよかったと心から思っています。観に来てくださる方にもそう思ってもらえるように、しっかり届けられたら」と笑顔。Wキャストで出演する敦貴は「歴史ある作品に貢献できるよう全力でがんばります!」、匠海は「僕にしかできない大山金太郎をやろうと思っています!」と共に緊張を漂わせる。石田は「この中で私は...more
カテゴリー:

つか作品の底流に人を思う優しさ 弟子語る人となり - 02月17日(土)13:02 

 故つかこうへいさんの代表作「熱海殺人事件」が東京・紀伊国屋ホールで、3月5日まで上演されている。木村伝兵衛部長刑事役に昨年に続いて味方良介、熊田刑事役はノンスタイル石田明。熊田が木村のタバコにライターで火を付けると、木村が「いい火加減…
カテゴリー:

もっと見る

「石田明」の画像

もっと見る

「石田明」の動画

Wikipedia

石田 明(いしだ あきら、1980年2月20日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優演出家脚本家である。大阪府大阪市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。NON STYLEでは主にボケを担当しているが、まれにツッコミとネタ作りを担当する。相方は、井上裕介。立ち位置は左。

身長173cm、体重49kg。血液型はB型。大阪府立東淀川高等学校卒業。

略歴・人物

2000年、東淀川高等学校で仲が良かった井上とともにNON STYLEを結成。衣装は基本的に全身白であることが多い。

2011年、舞台スピリチュアルな1日で主演を務めるも、東日本大震災の影響で一部公演中止となる。2012年に再演。

2012年10月2日、12歳年下の一般女性と結婚。

2...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる