「石牟礼道子」とは?

関連ニュース

石牟礼さん悼む「天の魚」 水俣でひとり芝居上演 - 02月19日(月)06:00 

10日に90歳で死去した作家石牟礼道子さんの代表作「苦海(くがい)浄土」を基にしたひとり芝居「天の魚(いを)」が1...
カテゴリー:

熊本市で石牟礼道子さん葬儀 水俣病描いた作家に別れ - 02月12日(月)17:40 

四大公害病の一つ、水俣病の過酷な世界を描いた著書「苦海浄土」で知られ、10日に90歳で亡くなった作家石牟礼道子さん...
カテゴリー:

水俣病「心の声」代弁 石牟礼道子さん死去 近代の闇、問い続け 患者ら「どれだけ力になったか」 - 02月11日(日)06:00 

言葉を発することも困難な水俣病の患者や家族の苦しみと無念を代弁し、近代の闇を問い続けた作家の石牟礼道子さんが10日...
カテゴリー:

両陛下はなぜ「水俣病胎児性患者」と面会したか 故・石牟礼道子さんと美智子皇后の「秘話」 - 02月10日(土)16:30 

2018年2月10日に亡くなった石牟礼道子さんは、水俣病に関心を持つ多くの人と深く交流した。美智子皇后もその一人だった。
カテゴリー:

石牟礼道子さん死去 「苦海浄土」水俣病悩描く 90歳 - 02月10日(土)14:01 

公害病の原点とされる水俣病の患者と家族の苦悩を描いた大作「苦海浄土(くがいじょうど)-わが水俣病」などの著作で知ら...
カテゴリー:

<金口木舌>苦悩を見詰める - 02月14日(水)06:00 

 優れたノンフィクション作品に贈られる「大宅壮一ノンフィクション賞」に縁のある石牟礼道子さん、伊佐千尋さんが相次いで他界した。2人とも沖縄を題材とした著作を残した ▼石牟礼さんの代表作「苦海浄土 わが水俣病」は1970年の第1回受賞作だったが、本人は辞退した。水俣病患者を描いた作品で賞を受けるのは...
カテゴリー:

「現代最高の世界文学」「誰でも呼び込める人」石牟礼さん死去に作家ら悼む声 - 02月11日(日)06:00 

水俣病の現実に光を当てた作家石牟礼道子さんの訃報に、親交があった九州ゆかりの詩人や記録作家からも悼む声が聞かれた。
カテゴリー:

評伝石牟礼道子さん 患者の尊厳思い寄せ 「記録しなければ」怒り原点 - 02月11日(日)06:00 

「水俣」を、そして文明の危うさを書き続けた作家石牟礼道子さんが亡くなった。水俣病と、それを引き起こした企業や行政の...
カテゴリー:

患者「味方じゃち思っとった」石牟礼さん、支援貫く - 02月10日(土)15:21 

 「患者さんの支えとなっていただいた。いつまでもいてほしい、大きな存在でした」。胎児性水俣病患者が通う作業所「ほっとはうす」(熊本県水俣市)の施設長、加藤タケ子さん(67)は10日早朝、石牟礼道子さん…
カテゴリー:

世代の記憶伝える 故石牟礼道子さん 患者の「思い」くみ取り - 02月10日(土)14:00 

「前の世代、その前の世代、ずっと前の世代、みんな記憶を持っている。でも世の中忙しいから(忘れてしまう)」。2013...
カテゴリー:

もっと見る

「石牟礼道子」の画像

もっと見る

「石牟礼道子」の動画

Wikipedia

石牟礼 道子(いしむれ みちこ、1927年3月11日 - )は、日本作家

来歴・人物

熊本県天草郡河浦町(現・天草市)出身。水俣実務学校卒業後、代用教員、主婦を経て1958年谷川雁の「サークル村」に参加、詩歌を中心に文学活動を開始。1956年短歌研究五十首詠(後の短歌研究新人賞)に入選。

代表作苦海浄土 わが水俣病は、文明の病としての水俣病を鎮魂の文学として描き出した作品として絶賛された。同作で第1回大宅壮一ノンフィクション賞を与えられたが、受賞を辞退。

週刊金曜日の創刊に参画。編集委員を務めたが「手伝いをしただけ」である事を理由に2年で辞任している。

2002年7月、新作...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる