「石坂浩二」とは?

関連ニュース

倉本聰「やすらぎの刻~道」オーディションの応募総数に感嘆の声 『この番組でスターを生み出したい』 - 05月17日(木)06:00 

2019年4月より、“テレビ朝日開局60周年記念作品”としてスタートする帯ドラマ劇場「やすらぎの刻(とき)~道」の出演者オーディションに、約5000人の応募が寄せられたことが分かった。 倉本聰、「やすらぎの郷」続編で34年ぶりのオーディションを開催! 本作は、2017年4月~9月に放送され大好評を博した「やすらぎの郷」の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』を映像化。山梨のとある山間の村を舞台に、昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯をつづる物語で、テーマは“ふるさと”。昭和初期から始まり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを1年間を掛けて丁寧に描いていく。 作品の前半の主演は清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。この他、「やすらぎの郷」のその後も合わせて描かれ、浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、藤竜也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定だ。 4月26日に募集を開始したオーディションでは、男性1981人、女性2984人の計4965人の応募が寄せられた。(年代別内訳/15~19歳:731人、20~29歳:2910人、30歳~35歳:1324人) この応募総数を聞いた倉本は、「スゴイなぁ! “数”で驚いたけど、次は“質”で驚きたい。この番組でスターを生み出したいと思ってやっているので、そ...more
カテゴリー:

【ドラマ】吉岡秀隆 金田一耕助役に初挑戦「私なりの…」NHK BS「悪魔が来りて笛を吹く」7月放送 - 05月12日(土)05:02  mnewsplus

[ 2018年5月11日 14:30 ] 吉岡秀隆 金田一耕助役に初挑戦「私なりの…」NHK BS「悪魔が来りて笛を吹く」7月放送  俳優の吉岡秀隆(47)が名探偵・金田一耕助役を初めて演じることが11日、分かった。NHK BSプレミアムの単発ドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」(7月28日後9・00)。映画やドラマで石坂浩二(76)古谷一行(74)ら数々の俳優が演じてきたが、新しい金田一像を生み出す。  原作の「悪魔が来りて笛を吹く」は1951年(昭26)発表。横溝正史作品には珍しく、東京の元華族の屋敷を舞台にし...
»続きを読む
カテゴリー:

『やすらぎの刻』オーディションに5000人が応募 倉本聰氏「スゴイなぁ」と期待 - 05月17日(木)06:00 

 脚本家・倉本聰氏が描く、テレビ朝日開局60周年記念作品、帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)~道』(2019年4月スタート)。その出演者オーディションに、4965人の応募が寄せられたことがわかった。 【写真】『やすらぎの郷』主要メンバー  同作は、17年4月~9月に放送された『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化される、という内容。新たなドラマ『道』の展開と共に、『やすらぎの郷』のその後も合わせて描かれる。  ドラマ『道』は、山梨県のとある山間の村を舞台に昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を綴るもので、昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを、1年間をかけて丁寧に描いていく。作品の前半の主演は、清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。このほか、作品には前作でおなじみの浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、藤竜也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定だ。  80年間にわたって物語が続いていくため、時代の変遷と共に多くの登場人物が予定されており、多彩なキャラクターを演じる人材を求めて、番組ではオーディションをすることに。所属事務所の有無や経験は不問、15歳~35歳の男女(18年4月1日現在)という条件で、先月26日より募集を開始した。  ...more
カテゴリー:

りょう、7年ぶりドラマ主演 女性版『島耕作』を「力強く演じていきたい」 - 05月10日(木)05:00 

 女優のりょうが、読売テレビ・日本テレビ系で7月に放送されるスペシャルドラマ「島耕作シリーズ35周年企画『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編」で、7年ぶりにドラマ主演を務めることがわかった。今年連載35周年を迎えた弘兼憲史氏の人気コミック『島耕作シリーズ』の最新スピンオフを実写化する。りょうが演じるのは、島耕作が会長を務める大手電機メーカー『テコット』の女性部長・風花凜子(かざはな・りんこ)。彼女がセクハラ・パワハラ、働き方改革、社内不倫など、同時代的な問題に直面しながらも、仕事と恋に奮闘する、まさに“女性版 島耕作”のような物語を描いていく。 【原作イラスト】りょうが演じる風花凛子  現在、『モーニング』(講談社)では『会長 島耕作』が連載中。『会長 島耕作 特別編 部長 風花凜子の恋』は、同誌5月24日発売号から全6回(予定)にわたり掲載される。原作の弘兼氏は「久しぶりの映像化をうれしく思います。僕の漫画をどんな風に料理してくださるのか、ドラマを拝見するのが今から楽しみです」と期待を寄せる。  バリバリのキャリアウーマンである風花凜子は、社内の重要なプロジェクトを任され、異例の若さで執行役員候補にまで上り詰める一方、プライベートでは恋人との交際も順調で、彼が経営するジャズ喫茶でサックス演奏を披露するというフランクな一面も持つ。まさに絶妙な「ワークライフバランス」を実...more
カテゴリー:

「石坂浩二」の画像

もっと見る

「石坂浩二」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる