「石坂浩二」とは?

関連ニュース

野際陽子さん『やすらぎの郷』最後の出演シーンに「女優魂を感じる」 - 06月22日(木)13:30 

6月21日に放送された『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列、毎週月~金 12:30~12:50)にて、故・野際陽子さんの最後の出演シーンが流れ、ネット上で注目を集めた。この作品は、テレビ朝日と脚本家の倉本聰がタッグを組み、新しい挑戦として新設する帯ドラマ枠(ゴールデンタイムならぬシルバータイム)の第1弾。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、石坂浩二が演じる、かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちがさまざまな問題に直面する姿をユーモラスに描いている。58話では、野際さん演じる井深凉子から2人っきりで話をしたいと小料理屋「山家」に誘われた菊村(石坂)がある衝撃的な事実を聞き、対策を講じるところから始まった。その事実とは、井深のもうひとつの顔である小説家“濃野佐志美”として書いた小説「散れない桜」のドラマ化が決まったということだった。「散れない桜」は、“やすらぎの郷 La Strada”の創始者である加納英吉と、九条摂子(八千草薫)の過去の話を題材に、九条に黙ってフィクション化したもの。その中には、終戦間近の男基地に九条ら有名女優が駆り出され、翌日に特攻を控える男性たちと最後の晩餐をと...more
カテゴリー:

「やすらぎの郷」第11週。野際陽子の訃報とリンクするような悲しい展開に涙が止まらない - 06月19日(月)10:00 

「人生の最終回」を過ごす老人ホームが舞台だけに、最初からどこか死のニオイが漂っていた『やすらぎの郷』。いずれ、誰かとの死別が描かれることになるだろうとは予想していたが、それがまさか高自殺という形で訪れようとは……。さらに、6月15日にはメインキャストのひとりである井深涼子役・野際陽子の死去も発表され、いやが上にも「死」を考えさせられたく『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第11週。救いようがない展開が続きっぱなし歌劇団時代の同級生であり親友だった及川しのぶ(有馬稲子)と再会するために「やすらぎの郷」を訪れていた犬山小春(冨士眞奈美)。しかしパートナー・石上五郎(津川雅彦)が及川しのぶから金を騙し取って逃亡したことが発覚。小春は、パートナーに捨てられた上に、親友をターゲットにした詐欺の片棒をかつがされた形となってしまったのだ。警察の取り調べから帰った小春は、しのぶに謝罪をするが、激怒&ショックを受けている真っ最中のしのぶにはまったく響かず、コップの酒をぶっかけされた上に「帰る前に(みんなに)土下座をして謝っていきなさい!」と怒鳴りつけられる。翌朝、小春はしのぶの言葉通り、みんなの前で土下座をして「やすらぎの郷」から去って行った。一方、しのぶはショックのあまり、ハードな認知症が発症。もう、たたみかけるように救いようのない展開だ。老人たちにとって「夢」は毒か?若い頃から、...more
カテゴリー:

TBSで野際陽子さん追悼番組決定「弁護士二重丸承子」を再放送 - 06月16日(金)18:42 

6月13日に亡くなられた女優の野際陽子さんをしのび、TBS系では6月19日(月)夜8時から追悼番組として「月曜名作劇場『追悼 野際陽子さんを偲ぶ 弁護士二重丸承子』」を放送することが決定した。 【写真を見る】6月17日OAの「ザ・インタビュー」でも野際陽子さんをしのぶ 同作は、2005年11月14日に放送された作品で、野際さん演じる、弁護士を引退した二重丸承子の活躍を描くドラマ。 ■ STORY 二重丸承子は弁護士。といっても、今は引退を決め込み、娘とその夫に弁護士事務所を継がせて、自分は教習所に通っている。 承子が教習所で態度の悪い教官とバトルを繰り広げた直後、娘から電話が入り、殺人事件の容疑者である水村早苗(原沙知絵)という女性が承子に弁護を依頼してきたことを知る。 約15年前、承子は力を尽くしてある殺人容疑者の無罪を勝ち取った後、その男が別の殺人の現行犯で逮捕された。早苗は殺された女性の娘だった。 接見に赴いた承子に、早苗は挑戦的な態度を取る。承子が諦めて帰ろうとした時、早苗は犯行時刻に、被害者とは別の人間を殺していたことを明かす。 なお、当初6月19日(月)夜8時から9時50分まで放送予定だった「月曜名作劇場『犯罪資料館緋色冴子シリーズ 赤い博物館2』」は、放送延期となる。以降のラインアップは未定。 【関連記事】 ・「ザ・インタビュー」で野際陽子さんを再放送 ・「徹子の部...more
カテゴリー:

野際陽子さん出演『やすらぎの郷』で追悼テロップ - 06月16日(金)12:30 

 今月13日に81歳で亡くなった女優・野際陽子さんの訃報を受け、出演中のテレビ朝日系ドラマ『やすらぎの郷』(月~金 後0:30~0:50)の16日(第55話)の冒頭部分で、野際さんを追悼するテロップが流れた。 【写真】野際陽子さんの娘…女優の真瀬樹里  同ドラマは、“業界人”専用の老人ホーム「やすらぎの郷」を舞台に、全盛期の映画、テレビ界を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストたちが繰り広げる、ノスタルジー漂う人間喜劇。シニア世代が直面するさまざまな問題もユーモラスに描いている。  野際さんは、主演の石坂浩二、浅丘ルリ子、八千草薫、加賀まりこ、有馬稲子、五月みどりらとともに、メインキャストに名を連ね、元女優の井深凉子役で出演。「やすらぎの郷」の創始者と、元女優・九条摂子(八千草)の過去にまつわる実話をフィクションとして仕立てた小説を書き、騒動を巻き起こしていた。菊村栄(石坂)に説得されて原稿を破棄することを決め、一件落着したと思われていたが、ドラマ化の話が持ち上がっている、という新たな展開が、来週19日以降の放送で描かれる。  19日放送の第57話では、「やすらぎの郷」に夏恒例のヌーディスト・ビーチが出現し、野際さん扮する涼子が一糸まとわぬ姿で海水浴に興じるシーンがあるという。  同ドラマで共演するミッキー・カーチスは、撮影現場で最後に野際さんと会ったのは5月上旬...more
カテゴリー:

【テレビ】『なんでも鑑定団』P配置換え 偽物指摘の陶芸家は「遺憾」 - 06月14日(水)18:19 

『なんでも鑑定団』P配置換え 偽物指摘の陶芸家は「遺憾」 〈国宝「曜変天目」来る!〉──こんな謳い文句で来場者20万人突破の大盛況を遂げたのは東京国立博物館で開催された『 特別展「茶の湯」』(6月4日まで)。来場者のお目当ては世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗」である。 「曜変天目茶碗」といえば、記憶に新しいのが本誌・週刊ポスト2月3日号記事に端を発するあの論争だ。2016年12月20日放 送のテレビ東京『開運!なんでも鑑定団』は、番組に出品された茶碗を南宋時代の「曜変天目茶碗」と鑑定。国宝級の発見 だ...
»続きを読む
カテゴリー:

野際陽子さん『やすらぎの郷』最後の出演シーンに「女優魂を感じる」 - 06月22日(木)13:29 

6月21日に放送された『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列、毎週月~金 12:30~12:50)にて、故・野際陽子さんの最後の出演シーンが流れ、ネット上で注目を集めた。この作品は、テレビ朝日と脚本家の倉本聰がタッグを組み、新しい挑戦として新設する帯ドラマ枠(ゴールデンタイムならぬシルバータイム)の第1弾。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、石坂浩二が演じる、かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちがさまざまな問題に直面する姿をユーモラスに描いている。58話では、野際さん演じる井深凉子から2人っきりで話をしたいと小料理屋「山家」に誘われた菊村(石坂)がある衝撃的な事実を聞き、対策を講じるところから始まった。その事実とは、井深のもうひとつの顔である小説家“濃野佐志美”として書いた小説「散れない桜」のドラマ化が決まったということだった。「散れない桜」は、“やすらぎの郷 La Strada”の創始者である加納英吉と、九条摂子(八千草薫)の過去の話を題材に、九条に黙ってフィクション化したもの。その中には、終戦間近の男基地に九条ら有名女優が駆り出され、翌日に特攻を控える男性たちと最後の晩餐をと...more
カテゴリー:

【ドラマ】野際陽子さん遺作「やすらぎの郷」、撮影完了していた - 06月17日(土)05:09 

野際陽子さん遺作、撮影完了していた!羽田美智子「私の芸能界の母」 6/17(土) 5:00 サンケイスポーツ  13日に肺腺がんのため亡くなった女優、野際陽子さん(享年81)の訃報から一夜明けた16日、遺作となったテレビ朝日系「やすらぎの郷」(月~金曜後0・30)の収録を野際さんが撮り終えていたことが分かった。  9月まで放送される同作で、故人は石坂浩二(75)演じる主人公の妻の親友役で出演。関係者によると、5月8日に入院するまで、鼻にチューブをつけるなどして熱演し、最後まで女優魂を披露。予定されていた...
»続きを読む
カテゴリー:

「ザ・インタビュー」で野際陽子さんを再放送 - 06月16日(金)17:35 

6月13日に亡くなった野際陽子さんをしのんで、6月17日(土)夜6時から放送される「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」(BS朝日)では、野際さんの出演回(2015年2月15日)を再放送することが決定した。 【写真を見る】「徹子の部屋」にも野際陽子さんが出演していた 同番組は、時代を切り開いてきさまざまなジャンルの人物をゲストに迎え、人間洞察のプロであるインタビュアーと共に語り合うトーク番組。 野際さんの出演回では、ゲストに黒柳徹子が登場。黒柳の行きつけの東京・中目黒のイタリアンレストランで行われ、その仲の良さから笑いが絶えない収録となった。野際さんは黒柳のたってのリクエストに応え、NHKの寮時代に“泥棒”に遭ったエピソードを披露する。 テレビ創世記から今に至るまで、お茶の間に愛され続けるその強烈な個性は、どのような人生を積み上げて培われてきたのか。あくなき好奇心を持つ誰も知らない黒柳に、50年来の大親友だという野際さんが迫る。 【関連記事】 ・「徹子の部屋」野際陽子さんの出演回を振り返る追悼特集放送 ・GWに予定がなくてもこれで安心!?「トリック」シリーズ完全放送! ・石坂浩二主演「やすらぎの郷」追加キャスト発表 ・黒柳徹子が水谷豊と会うたびに熱いハグ!?
カテゴリー:

「徹子の部屋」野際陽子さんの出演回を振り返る追悼特集放送 - 06月16日(金)04:15 

6月13日に亡くなった日本を代表する女優・野際陽子さんをしのび、6月16日(金)昼0時からの「徹子の部屋」(テレビ朝日系)は、野際さんのこれまでの出演回を振り返る追悼特集を放送することが、同番組の公式サイトなどで発表された。 【写真を見る】野際陽子さんがレギュラー出演する「やすらぎの郷」/(C)テレビ朝日 野際さんは現在テレビ朝日系で放送中のドラマ「やすらぎの郷」にレギュラー出演しており、先日最終回を迎えたドラマ「警視庁捜査一課9係」には、昨年からレギュラーとして出演。 故・渡瀬恒彦さんが演じる係長・加納倫太郎の亡き妻の従姉という役どころで、倫太郎が唯一頭の上がらない存在という立ち位置から、作品に新たなスパイスを加えドラマを盛り上げてきた。 これまで多数も出演した「徹子の部屋」のMC・黒柳とはNHKアナウンサー時代から親交があり、昨年7月17日に放送された「黒柳徹子だけが知っている THEテレビ伝説60年史」(テレビ朝日系)には“ご意見番”として出演。今でも固い信頼関係で結ばれている間柄だ。 「徹子の部屋」での“お友達”黒柳との珠玉のトークの数々は、まさに永久保存版となりそうだ。なお、当初16日に放送が予定されていたコロッケの回は放送日未定となる。 そして、同番組の後・昼0時30分からは野際さんがレギュラー出演する「やすらぎの郷」の第55話が放送される。 ■ 第55話あらすじ 犬山...more
カテゴリー:

【芸能】野際陽子(81)『やすらぎの郷』に出演中も体調を崩し、緊急入院していた - 06月13日(火)09:14 

野際陽子(81)『やすらぎの郷』に出演中も体調を崩し、緊急入院していた https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170613-00009881-jprime-ent 6/13(火) 4:00配信  耳を疑う一報が飛び込んできた。野際陽子が緊急入院したという。 野際といえば現在、昼ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に出演中だが、 「このドラマの出演者は、86歳の八千草薫を筆頭に石坂浩二、加賀まりこ、浅丘ルリ子などほとんどがご高齢。長年テレビや映画に貢献してきた者だけが入れる 介護施設が舞台なんですが、撮影現場は“リアル老人ホーム”...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「石坂浩二」の画像

もっと見る

「石坂浩二」の動画

Wikipedia

石坂 浩二(いしざか こうじ、1941年(昭和16年)6月20日 - )は、日本俳優タレント司会者画家作家翻訳家作詞家ナレーターである。2015年10月からプロダクション尾木に所属。本名、武藤 兵吉(むとう へいきち)。愛称は兵ちゃん

東京府東京市京橋区(現:東京都中央区銀座)生まれの大田区田園調布育ち。慶應義塾普通部、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる