「石原詢子」とは?

関連ニュース

多くの反響を受け、『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』放送決定 - 07月14日(金)20:00 

昨年末の12月10日 に1回目の放送後、多くの反響を受け、7月15日(土)19時より、BSフジ サタデースペシャルにて『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』が放送される。 同番組はプロデューサーを務めた築波修二の「歌番組はこうあるべき」という演歌や歌謡曲への深い愛情と経緯から生まれた強い“こだわり”のもとに制作。「どうしたらこの曲が伝わるんだろう」と考え抜かれた“選曲”と“配曲”が肝になっている。 前回も出演した、作曲家の弦哲也、杉本眞人、岡千秋に加え、時に四天王と呼ばれる程普段から仲が良い徳久広司を招き、4人の作家が思いを込め、テレビ初披露曲を含むフルコーラスのセルフカバーで披露。また、昭和芸能界の生き字引きとも言われる音楽評論家・小西良太郎が聞き手となり、名歌が生まれた当時の貴重なエピソードも紹介していく。 歌の収録は全ていわゆる一発録り。今回初登場の徳久広司が阿久悠作詞「ヘッドライト」を徳久のギター弾き語りで、杉本も阿久悠さん作詞「花のように鳥のように」を、弦は路地裏演歌の代表曲ともいえる「人生かくれんぼ」をそれぞれギター弾き語りで披露し、岡は思い入れの強い「黒あげは」をピアノ弾き語りで歌唱。また、美空ひばり生誕80周年を記念し、誕生日の5月29日に番組が収録された事もあり、4人の作曲家が美空ひばりへ提供した「お前に惚れた」(徳久広司)「...more
カテゴリー:

「石原詢子」の画像

もっと見る

「石原詢子」の動画

Wikipedia

石原 詢子(いしはら じゅんこ、1968年1月12日 - )は日本の演歌歌手。本名・石原 悦子(いしはら えつこ)。岐阜県揖斐郡池田町出身。

来歴 生い立ち

詩吟家元の家庭に生まれ、4歳から詩吟を習い始めた「スターの修行時代スペシャル!上京物語」月刊 カラオケファン2008年10月号、ミューズ、17-21頁。。父親による指導のもとで、早朝の発声練習、学校から帰宅後約4時間の練習を続け、7歳のとき「第19回中部9県詩吟大会」幼少年の部で優勝。11歳のとき、「日本コロムビア詩吟音楽会全国大会」で最優秀賞を受賞。12歳で詩吟揖水(いすい)流師範代となり、「美風」と号す。当時の教え子は、石原がサブ司会を務めた歌番組にサプライズ出演しており、舞台上で再会を果たしている2007年2月17日BS日本のうた(BSプレミアム)。

小学校高学年になると父親の方針通りの生活に疑問を持ち始め、五木ひろしの大ファンであった母親の影響、石川さゆりへの憧れから歌手を志すようになった2014年6...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる