「石原さとみ」とは?

関連ニュース

阿部寛、着物姿の松嶋菜々子に「やっぱ超綺麗だな」とうっとり - 01月22日(月)11:46 

阿部寛主演、東野圭吾原作の映画『祈りの幕が下りる時』が、1月27日(土)に公開される。これを記念し、「新参者」シリーズの舞台となっている東京・人形町にて、大ヒット祈願が行われ、阿部と松嶋菜々子が出席した。今作は、日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎(阿部)が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すというサスペンス要素と、様々な人との触れ合いを通して謎を解明していく小説「加賀恭一郎シリーズ」の映像化作品の完結編。未だ明かされていない謎「加賀の母は何故息子を残し失踪したのか」「日本橋に留まる理由とは」「加賀はなぜ“新参者”になったのか」といった、解き明かされていない“最大の謎”が、ついに明らかになる。また、加賀と女性演出家・浅居博美(松嶋)との出会い、博美の周りで起こる不可解な事件、数々の人生が絡み合う謎、そして気が付く“加賀自身が事件のカギである”という事実など、シリーズ史上最大にして最後の事件に秘められた“悲劇”と“愛”が描かれる。スーツ姿の阿部と艶やかな着物を纏った松嶋は、祈祷を受けると、「公開が待ち遠しいです。皆さんに早くお届けしたいですね」(阿部)、「ワクワクしています。沢山の方に観ていただきたいです」(松嶋)とそれぞれコメント。また、阿部は「8年間このシリーズに携わってきましたが、この作品で完結となるので、是非皆さんに早くお届けしたいです。人形町の皆さん...more
カテゴリー:

石原さとみ「アンナチュラル」2話も好調13・1% - 01月22日(月)10:24 

 石原さとみ(30)主演のTBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」(午後10時)の19日第2話の平均視聴率が13・1%(関東地区)だったことが22日、ビデオリサーチの調べでわかった。好発進だった初回の12・7%を上回った。  怪しい死体が運…
カテゴリー:

【視聴率】石原さとみ主演「アンナチュラル」第2話は13・1% 初回から上昇 - 01月22日(月)09:22  mnewsplus

女優・石原さとみ(31)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「アンナチュラル」(金曜後10・00)の第2話が19日に放送され、平均視聴率は13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。 昨年「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットした野木亜紀子氏が脚本を担当。 初回は「逃げ恥」(初回=10・2%)を上回る12・7%と好スタートを切っていた。 死因究明の専門家が集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、法医解剖医の姿を描く医療ミステリー。 毎回さまざまな「死」を扱い...
»続きを読む
カテゴリー:

瀬戸康史、「モモ」に出てくる金色の朝食を再現 - 01月22日(月)05:00 

1月22日の『グレーテルのかまど second season』(Eテレ、毎週月曜22:00)は、「“モモ”の金色の朝ごはん」と題して放送。同番組では、瀬戸康史がナビゲーターの15代ヘンゼルとして、スイーツにまつわる不思議な物語を届けていく。金褐色にパリッと焼けた巻きパンに、金色のはちみつやバター、そしてホットチョコレート……こんな輝くような朝食が登場するのが、ミヒャエル・エンデが1973年に発表した児童文学作品「モモ」。時間を盗まれ、ゆとりをなくしてしまった人々のため、主人公モモが“時間どろぼう”から時間を取り戻す物語だ。大切な場面で登場し、モモに大きな力を与えてくれた金色の朝ごはん。エンデが輝く朝食にこめた思いをひもとく。 関連リンク タモリ、普段の散歩コースでもある“超高級住宅街”田園調布へ『ブラタモリ』 佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 石原さとみ&窪田正孝『アンナチュラル』解剖医が温泉地へ行った理由とは? 河相我聞「緊張した」長男・沙羅と初の親子共演『はぐれ署長の殺人急行3』 ...more
カテゴリー:

こじらせ系イケメン職人、電子化の時代に「筆で文字を書くこと」を提唱 - 01月21日(日)05:00 

製硯師(せいけんし)の青柳貴史が、1月21日(日)23時20分より放送される『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット)に出演する。誰もが小学生の時に経験した「書道」の時間。近年、その現場にちょっとした異変が起きている。実は現在、多くの小学校で使用されている硯は石ではなく、セラミックやプラスチックで作られており、墨を使わず水で習字できる道具が登場しているのだ。どれも軽くて安価で使いやすいが、製硯師の青柳は「石の硯で墨を擦るときの感触、音、香り、その全てが日本の毛筆文化の基本。何としても次の世代に継承しなくてはならない」と、この流れに警鐘を鳴らす。「製硯師」とは、オーダーメイドの硯製作から修理・復元までを一手に担ういわば「硯の何でも屋さん」のこと。昭和14年創業の書道用具専門店「宝研堂」の4代目である青柳は、今ではその技術の日本唯一の継承者だ。「こじらせ系イケメン職人」と呼ばれる彼の硯は、美しい彫りや磨きで世界中にファンを持つ。昨年、青柳のもとにかの文豪 夏目漱石が愛用していた硯と寸分たがわぬ「レプリカ製作」の依頼が舞い込んだ。徹底的な復元のために、同じ材質の石を探そうとその手触り、匂い、味までも確かめて産地を推測する青柳。明治時代の職人技術の研究は勿論、夏目漱石が書いた手紙に登場する硯の描写までも深く読み解こうとする姿はまるで“石のソムリエ”だ。今回番組では、その硯作りへの徹底したこだわ...more
カテゴリー:

阿部寛、着物姿の松嶋菜々子に「やっぱ超綺麗だな」とうっとり - 01月22日(月)11:40 

阿部寛主演、東野圭吾原作の映画『祈りの幕が下りる時』が、1月27日(土)に公開される。これを記念し、「新参者」シリーズの舞台となっている東京・人形町にて、大ヒット祈願が行われ、阿部と松嶋菜々子が出席した。今作は、日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎(阿部)が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すというサスペンス要素と、様々な人との触れ合いを通して謎を解明していく小説「加賀恭一郎シリーズ」の映像化作品の完結編。未だ明かされていない謎「加賀の母は何故息子を残し失踪したのか」「日本橋に留まる理由とは」「加賀はなぜ“新参者”になったのか」といった、解き明かされていない“最大の謎”が、ついに明らかになる。また、加賀と女性演出家・浅居博美(松嶋)との出会い、博美の周りで起こる不可解な事件、数々の人生が絡み合う謎、そして気が付く“加賀自身が事件のカギである”という事実など、シリーズ史上最大にして最後の事件に秘められた“悲劇”と“愛”が描かれる。スーツ姿の阿部と艶やかな着物を纏った松嶋は、祈祷を受けると、「公開が待ち遠しいです。皆さんに早くお届けしたいですね」(阿部)、「ワクワクしています。沢山の方に観ていただきたいです」(松嶋)とそれぞれコメント。また、阿部は「8年間このシリーズに携わってきましたが、この作品で完結となるので、是非皆さんに早くお届けしたいです。人形町の皆さん...more
カテゴリー:

アンナチュラル:石原さとみ主演の話題作、2話視聴率は13.1%と初回… - 01月22日(月)10:12 

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンナチュラル」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が19日に放送され、平均視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 この日は、日本テレビ系…
カテゴリー:

要潤、ひとり旅で女性にモテモテ!?鶴瓶は番組史上初の出来事に困惑 - 01月22日(月)05:00 

笑福亭鶴瓶とゲストが、ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合、毎週月曜19:30)。1月22日の放送は、「要潤と新潟県阿賀野市ぶっつけ本番旅」をおくる。今回のぶっつけ本番旅の舞台は、新潟県阿賀野市。湖のほとりで待ち合わせた2人は、まず料理屋さんにお邪魔することに。そこで、「カワイイ」というお嫁さんの話で盛り上がるが、そのお嫁さんとは?その後、2人は分かれて、それぞれ一人旅をすることに。要は「職人」を探してブラブラするが、どこでも女性にモテモテで、旅が意外な方向に動き出す。一方、鶴瓶は温泉街へ。温泉につかる鶴瓶だが、そこで番組史上初の出来事が発生。その展開に戸惑いを見せる鶴瓶だが……。2人が阿賀野市の人々とどんな絡みを見せるのか、注目だ。 関連リンク 鈴木亮平主演『西郷どん』西郷家、子宝に恵まれるもお金がピンチ 瀬戸康史、「モモ」に出てくる金色の朝食を再現 タモリ、普段の散歩コースでもある“超高級住宅街”田園調布へ『ブラタモリ』 佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 ...more
カテゴリー:

キンタロー。 特殊メイクが馴染みすぎる日常を告白「本当自分が怖い」 - 01月21日(日)13:19 

お笑い芸人のキンタロー。が、アメブロで、最近特殊メイクをしていることを忘れ、自分の顔をふと見たときに驚愕することが続いていることを告白している。 「最近 特殊なメイクを自分がしてる事を忘れて、カツラとか服着替えただけで 普通に戻れた感覚になってしまい 普通に電車とか乗って 近所の焼き鳥屋さんによったり スーパーの買い物したりして ふと 家のトイレで 自分の顔を鏡でみて 驚愕を受けると言う事が 今月に入りすでに 2回おきました。」(原文ママ)と記したキンタロー。 「どうしよう本当自分が怖い」といって、実際の特殊メイク顔も公開。「めちゃ怖いんですけど」とその怖さを自分で認めながらも、「いや、でもさ、逆に なんでみんな教えてくれんの???」とツッコミ。しかしすぐさま「馴染んでるんかな。。」とボヤいていた。 なおキンタロー。は、Instagramでは、大好きだというBoAの新曲「jazzclub」を聴いているときの動画を公開。「カッコ良すぎ!これはモノマネやりたい所です」というコメントで、うっとりして聴き惚れているところから、何故か恐怖の変顔に変わるという動画で、コメント欄には怖いという声が殺到。「子供に見せたら泣きました。。。これから何か悪さをしたらこの顔見せますね!」という声もあったほどだった。 【関連記事】 ・「最近。」(キンタロー。オフィシャルブログ) ・キンタロー。体重...more
カテゴリー:

鈴木亮平主演『西郷どん』西郷家、子宝に恵まれるもお金がピンチ - 01月21日(日)05:00 

鈴木亮平・主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。1月21日放送の第3話は、「子どもは国の宝」を放送する。原作・林真理子、脚本・中園ミホでおくる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語を描く。第3回「子どもは国の宝」では、大家族の西郷家に四男が生まれ暮らしはますます苦しくなり、吉之助(鈴木)は父・吉兵衛(風間杜夫)と商家から大借金をする。そんなとき、武士の身分にありながら、貧しさのため土地を捨て一家で夜逃げする少年に出会う。吉之助は斉彬(渡辺謙)に意見書を書き、人々の窮状を訴えることに。その思いに突き動かされた斉彬は意を決し、父・斉輿(鹿賀丈史)を隠居に追い込もうとするが、斉輿と由羅(小柳ルミ子)は大逆襲に転じ……。 公式ホームページの「西郷どんの目線」では、鈴木が「薩摩のお百姓だけじゃなく、武士も大変です。西郷家、とにかくお金がない! そんな状況で描かれる、父・吉兵衛との関係を楽しんでほしいですね。思いっきり親子ゲンカしたとか思えば、仲よく一緒になぜかお金をかじってみたり(笑)。そして、剣豪の少年・半次郎が登場します。この少年がやがて明治政府の要人になる!? そしてラストには、ある衝撃の事実が……!...more
カテゴリー:

もっと見る

「石原さとみ」の画像

もっと見る

「石原さとみ」の動画

Wikipedia

石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。ホリプロ所属。

略歴

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバンピュアガール2002グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属(5期生)し、石神 国子(いしがみ くにこ)名義で映画ホ・ギ・ラ・ラ船を降りたら彼女の島へ出演しており、芸能活動の経験がある(公式には"石原さとみ名義"で初出演したわたしのグランパをもってデビュー作品としている)。

2003年、きみはペット(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる