「石丸幹二」とは?

関連ニュース

安蘭けい『スカーレット・ピンパーネル』待望の再演! - 10月10日(火)10:23 

2016年、石丸幹二主演、ヒロインに安蘭けいを迎え、ガブリエル・バリー潤色・演出の新バージョンとして世界初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が今秋、早くも再演される。フランク・ワイルドホーン作曲による愛と勇気の冒険活劇は1997年にブロードゥエイで初演。2008年には小池修一郎演出により宝塚歌劇で初演され、安蘭は当時星組男役トップスターとして主演を務めている。ガブリエル・バリーはこのことを尊重し、本作の初演では彼女のために“見せ場”が設けられたほど。安蘭に再演への思いを聞いた。ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」チケット情報(PC)1789年、フランス革命勃発。元貴族らが次々と処刑される恐怖政治が続くなか、イギリス貴族のパーシー(石丸幹二)はフランスの有名女優だった妻マルグリット(安蘭けい)に内緒で仲間と「ピンパーネル団」を結成、無実の人々を救うため暗躍する。フランス政府特命全権大使ショーヴラン(石井一孝)は“元同志”で恋人でもあったマルグリットにピンパーネル団の素性を探って欲しいと囁くのだが……。マルグリット唯一の肉親で最愛の弟アルマン(松下洸平)を巻き込みながら、疑心と愛憎渦巻く物語がスリリングに展開する。夫と元恋人の間で揺れ動く三角関係が肝の話かと思いきや、安蘭マルグリットの見解は少し違うよう。「活動家でもあったマルグリットは信念のある強い女性。ショーヴ...more
カテゴリー:

波瑠、男社会と戦う姿「頑張っている女性に観てほしい」~『BORDER』スピンオフ - 10月06日(金)10:00 

 俳優の小栗旬主演、原案・脚本を直木賞作家・金城一紀氏が手がけ、テレビ朝日系で2014年4月期に放送された連続ドラマ『BORDER』。3年ぶりに制作された続編、スペシャルドラマ『BORDER 贖罪』(10月29日 後9:00~10:54)の放送に先がけ、女優の波瑠が演じる警視庁の特別検視官・比嘉ミカを主役にしたスピンオフドラマ『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』前後編が、6日と13日(両日とも後11:15~深0:15※一部地域を除く)の2週にわたって放送される。 【写真】工藤阿須加、石丸幹二が出演  撮影は終わっていたが、映像が完成していない時期に波瑠にスピンオフドラマの見どころを聞くことができた。「予告映像を見たらすごくかっこよく作っていただいて。とてもありがたく思っています。私も完成したドラマを観るのが楽しみです」と、心底うれしそうに話してくれたので、こちらの期待感も増す。  『BORDER』は、頭部を被弾して生死の境をさまよった後、「死者と対話できる」という特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗)が、望まずして命を絶たれた被害者の無念を晴らすべく、生と死、正義と法、情と非情の“BORDER=境界線”で揺れ動きながら、事件に立ち向かう姿を描いた異色の刑事ドラマ。  そこで男らしい言動と、クールな佇まい、類まれなる検死能力で石川の単独捜査にも協力してきたのが、比嘉だ。ス...more
カテゴリー:

波瑠「金曜日の夜、飲みに行くのやめてみませんか」主演ドラマ『BORDER』スピンオフドラマを告知 - 10月05日(木)19:23 

女優の波瑠が5日自身のブログを更新、自身が出演するテレビ朝日系ドラマ『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~前篇』の放送が明日に迫ったことを告知した。 始めに「BORDER 贖罪の放送日が今月の22日とお知らせしたのですが、その一週後の29日に変更になりました!時間は変わらずです。お間違えのないようよろしくお願いします。」と告知。 続けて「明日はついにBORDER 衝動 前篇の放送です。金曜日の夜、飲みに行くのやめてみませんか。それかちょっと早く帰宅してみませんか。なんて、気が向いたらで結構です。」と冗談交じりに明日の放送をアピールした。 さらに、「22日オンエアになります。『ポツンと一軒家 2時間スペシャル』に出演しますので、そちらも観てみてくださいませ。こちら選挙特番の状況により、変更ありとのことです」と楽屋に張られている自身の名前が書かれた案内札を持った写真を公開。 最後は「また寒くなってきましたね。風邪に気をつけて、秋を楽しみましょう。今年は食欲の秋になりそうです」とコメントしてしめくくった。 テレビ朝日系ドラマ『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~前篇』は『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』初のスピンオフ。3年ぶりにスペシャルドラマ『BORDER2 贖罪』が10月29日に放送されるのに先立ち放送される。銃撃を頭に受け死者と会話ができるように...more
カテゴリー:

【ドラマ】平岡祐太、4代目浅見光彦に抜てき 当初「尻込み」も新境地に意欲 - 09月28日(木)05:03  mnewsplus

9/28(木) 4:59 スポニチアネックス 平岡祐太、4代目浅見光彦に抜てき 当初「尻込み」も新境地に意欲  俳優の平岡祐太(33)が、TBSの2時間ドラマ「内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ」の主人公、浅見光彦役に抜てきされた。10月30日放送の第1弾「漂泊の楽人 越後~沼津・哀しき殺人者」(後8・00)でデビュー。爽やかな印象の平岡が、お坊ちゃまのルポライター役で新境地を開く。  推理作家内田康夫氏の人気シリーズを原作に1994年から放送されている「浅見光彦シリーズ」が、「新…」にリニューア...
»続きを読む
カテゴリー:

今夜放送! 波瑠主演『BORDER』初スピンオフ 助手時代のミカの正義が明らかに - 10月06日(金)17:40 

 2014年に放送された直木賞作家・金城一紀原案・脚本、小栗旬主演のドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』のシリーズ初となるスピンオフ作品『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』(テレビ朝日)の前篇が、今夜放送される。本作では、波瑠が演じる法医学教室助手・比嘉ミカを主人公に、ミカが特別検視官に就任する半年前の物語を展開。比嘉の中に息づく“正義”をじっくりと描き出す。【関連】「波瑠」フォトギャラリー ドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』は、頭部を被弾して生死の境をさまよった後、「死者と対話できる」特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗)が、被害者の無念を晴らすべく、生と死、正義と法、情と非情の“BORDER=境界線”で揺れながら事件へ立ち向かう姿を描いた刑事ドラマ。ミカは、警視庁の特別検視官として、石川の単独捜査に協力する役どころだ。 シリーズ初のスピンオフ作品となる『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』では、助手時代の比嘉ミカが日本を震撼させる連続殺人事件と対峙。師と仰ぐ永正大学医学部法医学教室の教授・浅川透(石丸幹二)に独り立ちさせてもらえないジレンマを抱えながらも、徹底した男社会の中で闘う比嘉の内に秘める信念や正義、細かな心情が描かれる。  「最初にスピンオフがあると聞いたときは『えっ、私のですか? 私でいいんですか?』と、とにかくビックリし...more
カテゴリー:

【試写室】「BORDER 衝動」3年ぶりの新しい世界で『至福』のとき - 10月06日(金)06:05 

「発現」「救出」「連鎖」「爆破」「追憶」「苦悩」「敗北」「決断」「越境」「衝動」「贖罪」 【写真を見る】波瑠とは朝ドラ以来の共演となる美少女・清原果耶も注目!/(C)テレビ朝日 あ、別にお経を唱えているわけではなく…。勘のいい人ならすぐにピンとくると思うが、これらは「BORDER」の連続ドラマ、スピンオフ、そして続編スペシャルのサブタイトルだ。 後付けになってしまうが、たった二文字でここまでうまく物語を表すことができるなんてすごいな!と、3年前の連ドラ当時にも見終わった後、毎回思っていたが、今回久しぶりに「BORDER」ワールドに触れてみて、再び同じ感情が湧いた。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は10月6日(金)、13日(金)に前・後篇で放送の「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」(テレビ朝日系)を取り上げる。 本スピンオフの主人公は、波瑠が演じる法医学教室助手・比嘉ミカ。比嘉といえば、連続ドラマ「BORDER」では“男らしい”言動と、クールな佇まい、類まれなる検死能力を持つ警視庁の特別検視官として、人気を博したキャラクターだ。 連続ドラマでは、石川(小栗旬)の単独捜査にも度々協力してきた比嘉だが、スピンオフではその原点となる...more
カテゴリー:

『スカーレット・ピンパーネル』稽古開始で新しい風 - 10月05日(木)17:45 

11月13日(月)に開幕するミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』の公開稽古と囲み取材が行われ、取材には主演の石丸幹二、安蘭けい、石井一孝、演出の石丸さち子が登壇した。ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』チケット情報(PC)本作は、昨年秋にガブリエル・バリー潤色・演出のもと、石丸幹二主演で上演された作品の再演。ブロードウェイ版をベースにフランク・ワイルドホーンの新曲が加わり、“世界初の新バージョン”として好評を博した。1年ぶりの上演となる今作は、新キャストが加わり、演出は石丸さち子が手掛ける。物語の舞台は、フランス革命直後、新政府が元貴族らを次々と処刑する恐怖政治が続くフランス。イギリス貴族・パーシー(石丸)は「ピンパーネル団」を結成し、無実の人々を断頭台から救う活動をしているが、そのことは妻・マルグリット(安蘭)さえも知らない。そんなピンパーネル団の素性を暴こうとフランス政府特命全権大使・ショーヴラン(石井)は執念を燃やす――。公開されたのは、マルグリットに対して夫・パーシーを裏切るよう迫るショーヴランと、そこにとぼけて現れるパーシーという1シーン。芝居、歌唱によって、三者の絡み合う思惑が鮮やかに伝わってくる。最後にピンパーネル団ら全員で歌うシーンは迫力満点で、5分ほどの場面ながら作品の魅力が詰まった公開稽古となった。石丸幹二は稽古について「前回もこの3人でやったシーン...more
カテゴリー:

「石丸幹二」の画像

もっと見る

「石丸幹二」の動画

Wikipedia

石丸 幹二(いしまる かんじ、1965年8月15日 - )は、日本の俳優歌手。ザ・ライブラリー所属、所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメント愛媛県新居浜市出身。東京藝術大学卒業。

来歴

幼少期からピアノやチェロ、トロンボーンやスネアドラムなど様々な楽器を演奏していた。千葉県立幕張西高等学校(現・千葉県立幕張総合高等学校)普通科音楽コースでチェロを学び、東京音楽大学音楽学部器楽科サックス専攻に入学するが、3年時にアメリカのクラシック歌手であるジェシー・ノーマンの歌声を聞いたことで衝撃を受け、東京藝術大学...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる