「知的財産」とは?

関連ニュース

「知財のミカタ-巡回特許庁in中部-」、申込受付中!~見方を変えて、知財を味方に~ - 10月17日(火)17:31 

特許庁は、11月27日(月曜日)から12月15日(金曜日)に中部地域にて、出張面接審査や知的財産、知財金融、地域ブランドに関するシンポジウム、臨時相談窓口の設置を行います。
カテゴリー:

クアルコム、中国でアップルを提訴--「iPhone」の製造と販売の差し止めを要求 - 10月16日(月)10:33 

クアルコムは、「iPhone」の中国における製造と販売の差し止めを求めて、知的財産を扱う北京の裁判所に提訴した。同社はアップルによる特許侵害を主張している。
カテゴリー:

国策クールジャパンの暴走、経済産業省主導で行う官民ファンド産業革新機構を使った法令無視の公金横流しスキームの実態(ヒロ・マスダのブログ) - 10月14日(土)11:00 

今回はヒロ・マスダさんのブログ『ヒロ・マスダのブログ』からご寄稿いただきました。 国策クールジャパンの暴走、経済産業省主導で行う官民ファンド産業革新機構を使った法令無視の公金横流しスキームの実態(ヒロ・マスダのブログ) 2017年5月31日、産業革新機構はフューチャーベンチャーキャピタル(以下FVC)への株式会社ALL NIPPON ENTERTAINMENT WORKS(以下ANEW)全株譲渡を発表した。ANEWとは、日本のIPでハリウッド映画を作るという目的で経済産業省が企画を主導し、その後押しを受け産業革新機構が100%、60億円の出資決定を行い設立された官製映画会社である。 産業革新機構はこれまでANEWに対し、資本金及び資本準備金合わせ22億2000万円の投資を実行しているものの、投資実行時に国が評価していた成長性、革新性、社会的意義、投資回収の高い蓋然性等の将来見通しは全て破綻していた。ANEW設立以降に撮影に至った映画は0本、一方、成果がなしにも関わらず今日まで少なくとも18億円以上の赤字を垂れ流している。 2014年に財務省は産業革新機構の出資会社への監査未実施に対し改善要求を行っている。当時の担当職員は「ANEWのような会社にはこれ以上公的資金からお金は出ないでしょう」という見解を語っており、ANEWの1年の赤字額が4億円程度であることを総合すれば、映画ビジネスに...more
カテゴリー:

「知的財産」難しい税務対応 トヨタに源泉徴収漏れ指摘 - 10月13日(金)07:46 

 海外企業への支払いの一部は「知的財産の使用料」――。ラリーカーの開発費をめぐり、トヨタ自動車が名古屋国税局から指摘を受け、追徴課税された。国税当局が海外への支払いについて監視を強める一方で、知的財産…
カテゴリー:

米USTR、対中301条調査で公聴会 中国団体「貿易戦争の引き金」と警告 - 10月11日(水)10:13 

 【ワシントン=塩原永久】米通商法301条に基づき中国による知的財産侵害を調査している米通商代表部(USTR)は10日、ワシントンで、米中双方の経済団体から見解を聞く公聴会を開いた。中国の団体幹部は「米中貿易戦争の引き金になりかねない」と述べ、米国による一方的な制裁措置に警告を発した。
カテゴリー:

「2017特許・情報フェア&コンファレンス」に出展 - 10月17日(火)11:00 

[フューチャー株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/4374/238/resize/d4374-238-861212-0.jpg ] 統合知的財産管理システム「DBBOY/uni」は、DBBOYシリーズ(「DBBOY/特許管理システム」 「DBBOY/ワークフロー」「DBBOY/オンライン納...
カテゴリー:

日本企業を狙う中国のサイバースパイ集団、知的財産や製品情報が被害に - 10月16日(月)08:45 

Secureworksによると、「BRONZE BUTLER」と呼ばれるサイバースパイ集団は、日本語を使いこなし、日本企業がよく使うツールの未解決の脆弱性を突くなどの手口で機密情報を盗み出す。
カテゴリー:

セミナー「ベトナムにおける知的財産の利活用戦略」、11月9日開催 - 10月13日(金)13:00 

 独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)とベトナム知的財産研究所(VIPRI)は、11月9日(木)の14時00分から17時30分まで、第3回日越人材育成機...
カテゴリー:

業績不振による従業員の解雇…法的問題はない? - 10月13日(金)06:30 

季節は秋。「天高く馬肥ゆる秋」という言葉があるように、非常に食べ物の美味しい時期です。なかでも人気が高い食材といえば、サンマではないでしょうか? 焼き魚はもちろん、刺し身や煮魚など、ありとあらゆる調理方法が存在するだけに、愛している人は多いはず。ところが今年はサンマが不良で、その値段がかなり高額になっているようです。   ■高額化で工場を閉鎖する企業も その煽りを受け、水産会社などでは採算が取れず、工場を閉鎖するところも出ているそう。そうなると、従業員は解雇されることになります。 経営者からすれば当然の判断なのかもしれません。しかし、「会社の業績が悪いから解雇」というのは、あまりにも理不尽。このようなこと措置に違法性はないのでしょうか? ピープルズ法律事務所の森川文人弁護士にお伺いしました。   ■サンマ不漁など業績不振による解雇に違法性はない? 「サンマ漁の不漁は、労働者側の落ち度、非がある事象とは考えられません。したがって、それを理由とする解雇はいわゆる整理解雇にあたります。判例上、①人員削減の必要性、②解雇回避努力義務、③人選の合理性、④手続きの相当性が必要です。 かなりの不漁ということの場合、本当に解雇して人員を削減する必要性があるほどなのか(①)、解雇の他の手段(希望退職等)を努力したか(②)、人選は公正・公平なのか(③)、そして労組や労働者と協議・説...more
カテゴリー:

【書評】盗まれたノーベル賞。日本人の発明を横取りしてきた米国 - 10月10日(火)14:00 

日本出身の作家、カズオ・イシグロ氏が文学賞を受賞するなど、今年も大きな話題となったノーベル賞。まさに世界的な権威を持つこの賞ですが…、「これまでアメリカは日本人からノーベル賞を盗んできた」と主張するのは、週刊新潮で超辛口のコラムを発表している高山正之氏。なぜ氏はそう断言するのかが、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが取り上げている1冊で詳らかにされています。 『変見自在 サンデルよ、「正義」を教えよう』 高山正之・著 新潮社 残念でした、今年のノーベル賞。高山正之『サンデルよ、「正義」を教えよう』を読んだ。週刊新潮の超辛口名物コラム「変見自在」をまとめた書籍をシリーズ化したもので、文庫化が遅いのが残念。このシリーズでたびたび出てくるのが、「盗まれたノーベル賞」の話だ。 「日本人は猿真似民族」なる悪口を言い出したのは、日露戦争で日本が勝利したのを一番嫉妬したアメリカ人、とくにオランダ系ジャーナリズムだった。その時期、高峰譲吉がアドレナリンの結晶抽出に成功した。その世界的偉業にジョン・エーベルが「高峰が俺の発見を盗んだ」と言い掛かりをつけた。彼は羊の副腎から抽出したと主張したが、後に嘘とわかった。それでもノーベル賞。 米医学界はそれを知りながら、今もアドレナリンを、エーベルが名付けたエビネフリンと呼ぶ。同時期、北里柴三郎の血清療法は、部...more
カテゴリー:

もっと見る

「知的財産」の画像

もっと見る

「知的財産」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 知的財産権...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる