「知念侑李」とは?

関連ニュース

8年ぶりジャニーズ大運動会、KAT-TUN上田竜也率いるJ-REDが勝利 - 04月16日(日)21:43 

 ジャニーズ事務所所属タレントによる『ジャニーズ大運動会2017』が16日、東京ドームにて開催された。近年、“野球大会”として行われてきたこの時期のイベントだが、運動会として様々な競技に挑むのは2009年以来、8年ぶり。同事務所に所属するアイドルたちが、KAT-TUN上田竜也が監督する『J-RED』、同じく中丸雄一率いる『J-WHITE』に分かれ、50mダッシュ、野球、綱引き、PK、障害物競走、フリースロー、玉入れ、200m選抜リレーという過去最多の8競技で熱戦を展開。6時間以上に及ぶ戦いは、1070対862で『J-RED』が勝利を収めた。 【ランキング】ショータイムでも披露、Sexy Zone最新曲の順位  1つ目の競技「50mダッシュバトル」は、最終競技「200m選抜リレー」のメンバーを決める選考レース。第1レースに参戦してぶっちぎりの1位を奪取した上田に、中丸は「あの人は毎日10キロ走ってますからね、やってることがジャニーズじゃないですよ!」と興奮。12レースまでが行われた結果、『J-RED』が245点、『J-WHITE』が237点と接戦に。全48名中、最速はジャニーズJr.の管田琳寧(すげた りんね)、2位は上田と、『炎の体育会TV』(TBS系)出演メンバーが制する結果となった。  2つ目の「野球バトル」では、『J-RED』は中山優馬、『J-WHITE』は東京B少年の...more
in English
カテゴリー:

内村光良「結婚して子供ができたからこそ書けた」残したかった『金メダル男』への思い - 04月12日(水)06:30 

 内村光良が原作・監督・脚本・主演(知念侑李とのW主演)を務めた映画『金メダル男』。2011年に上演された内村の一人舞台「東京オリンピック生まれの男」を映画化した本作は、内村自身が「映画の笑いに挑戦したい」と意欲を見せた作品だ。映画公開から5ヵ月たった今、改めて本作への思いを語ってもらった。【関連】『金メダル男』内村光良インタビューショット&場面写真フォトギャラリー これまで『ピーナッツ』(06年公開)、『ボクたちの交換日記』(13年公開)と2本の劇場公開映画のメガホンをとってきたが、『金メダル男』が「一番笑いに特化した作品。その意味では言い逃れができない」と公開前に語っていた内村。公開後は映画館で、客席の反応も確認したという。 「一番多かった声は『もっとハチャメチャだと思っていたけれど、意外と後半はドラマだったよね』という意見でしたね」と笑顔を交えて内村は語る。さらに「笑いって千差万別なんだなって改めて感じました。人によってツボが全然違うんですよね。温水(洋一)さんで笑ったという人もいれば、ムロ(ツヨシ)くんで予想以上に笑ったとか、出川(哲朗)くんの字幕で笑ったとか……。笑いって泣きよりも種類が豊富で、好みが分かれるんだなって思いました」と笑いの奥深さを実感したという。 とは言いつつも“千差万別”に応え得るだけの笑いがちりばめられているのが『金メダル男』の見どころだ。「我ながら限...more
in English
カテゴリー:

「知念侑李」の画像

もっと見る

「知念侑李」の動画

Wikipedia

知念 侑李(ちねん ゆうり、1993年11月30日 - )は、日本歌手俳優タレントで、Hey! Say! JUMPのメンバー。

静岡県浜松市出身。ジャニーズ事務所所属。

略歴

嵐の櫻井翔大野智に憧れジャニーズ事務所に入所。2004年、NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIEで映画初出演を果たす。同年、テレビドラマ初主演となった七子と七生 〜姉と弟になれる日〜が平成16年度文化庁芸術祭優秀賞受賞を受賞する。

。4月からのKAT-TUNの全国ツアーに合わせて結成された期間限定ユニットHey! Say! 7のメンバーに選ばれ、TBS系アニメラブ★コンの主題歌に起用された「Hey! Say!」で8月1日にCDデビューを果たす。ユニットは当初は同番組で主題歌が流れる9月までの期間限定とされ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる