「矢作兼」とは?

関連ニュース

矢作兼&山崎弘也が芸風を勝手に予想?次世代ニュースターを発掘 - 03月30日(木)11:51 

フジテレビは、エンターテインメントサービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて、矢作兼(おぎやはぎ)と山崎弘也(アンタッチャブル)が、所属事務所・人力舎の次世代のニュースターを発掘していくFODオリジナル番組『矢作と山崎と』の配信をスタートした。番組では、普段シャイな矢作と山崎の2人が、何故か不思議な魅力を持つ若手、意外な特技を持つ若手、謎が謎を呼ぶ若手、ここぞとばかりに前に出る若手など、様々な若手芸人と親交を深めながら、彼らが成長していく過程を見守っていく。MCは、人力舎の中堅芸人が月毎に担当し、番組を通して次世代のお笑い界を背負うニュースターを発掘していく。初回配信では、MCにいけだてつやを迎えた#1、#2を公開。#1は「若手の芸名で遊ぼう」と題し、矢作と山崎が、20名の若手芸人を相手に、芸名、ピン・コンビ・トリオ名をヒントに、組み合わせや、芸風を勝手に予想して、無茶ぶりをするなどして若手芸人をイジっていく。続く#2では、「若手の持ちネタで遊ぼう」と題し、若手芸人のギャク名、コント名、決め台詞から誰の持ちネタか予想し当てていく。自分の持ちネタではないギャグを即興でやることになる若手芸人は、ギャグや決め台詞の持ち主に似せるべきかオリジナリティを出すべきかと悩まされることになる。今後は、毎月月末金曜日に最新話が配信される。 関連リンク ...more
in English
カテゴリー:

中居正広「ミになる生放送」に高い期待度 - 03月30日(木)11:05 

 元SMAPの中居正広(44)が司会を務めるバラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が、4月24日からはゴールデンタイムの生放送へとリニューアルされる。  都内で行われた取材会で中居は、「もちろん不安もあります。生放送でレギュラーというのは『いいとも』以来なので、どうなるか分かりませんね」とコメント。「こんなときだからこそ、幅広い人々や家族みんなで見られるような番組にしたい」「もしかしたら評判が悪くて1回で終わってしまうかもしれないけど、少なくとも1クールは続けたいです」と控えめながらも抱負を語った。  中居といえば、『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)で20年間、レギュラーを務めた経歴を持つ。また最近では、WBC公認の日本代表サポーターとして、試合中継でも活躍し、生放送への対応力は折り紙付き。これまで数々の「神対応」を見せ、話題になった人物でもある。 「昨年の『音楽の日』(TBS系)では、平井堅(45)の歌の途中で音響トラブルが起き、歌唱が止まってしまった場面がありました。そこでも中居は、“編集でバッサリいきましょう。あ、生放送なんですね”なんてジョークを飛ばしながら、冷静に場をつないで称賛されています。『ミになる図書館』の取材会では、“歌の中継もしたい”なんてことも話していましたし、どんな生放送になるのか期待しちゃいますね」(テレビ誌ライター)...more
in English
カテゴリー:

中居正広「300万円の弁当」を差し入れ!? - 03月29日(水)14:05 

 3月23日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、お笑いタレントの陣内智則(43)がゲストMCとして出演。元SMAPの中居正広(44)が番組スタッフに対し、高額な差し入れをしていることを明かし、出演者たちを驚かせる場面が見られた。  今回は“関西のカリスマSP”として、東京ではそれほどでもないが、関西では絶大な人気を誇る歌手の円広志(63)や、夫婦漫才のかつみ・さゆりのさゆり(47)たちが登場。各ゲストを紹介した後、最初のトークテーマ“関西と東京 ココが違う!”で、円が「自分が出演している朝の番組はスタッフが少なくて、カメラマンと合わせて7人しかいない」と明かし、「やっていて、本当に放送されてんのかな?」と不安になると語った。  さらに円が「楽屋の弁当が違う」と語ると、ゲストたちは「全然違う」と大盛り上がり。円は大阪のテレビ局は「おにぎりが置いてあるだけ」だと語った。中居が「それは制作費の問題なのかな」と、東京と大阪のテレビ局が違う理由について尋ねると、陣内が中居に「この人は、叙々苑弁当の一番高いやつを、正月とか年末とか年に1回、スタッフに配んねんな」と暴露。ゲストたちは「それはすごい」と驚いていた。  さらに陣内が弁当の値段が「1個4000円」だったと明かし、円が「(全部で)200、300万円とか?」と計算すると、陣内は「いくでしょ」とうなずいていたが、中居はこれを否定しなかっ...more
in English
カテゴリー:

バナナマン&おぎやはぎ、オードリー若林をべた褒め「かわいい」 - 03月29日(水)05:00 

 お笑いコンビ・バナナマン、おぎやはぎ、オードリーがこのほど、フジテレビ系新番組『もろもろのハナシ』(4月12日スタート、毎週水曜深0:35~1:05)の初回収録を行い、レギュラー化の喜びを語った。 【コンビ別ショット】べた褒めされたオードリー・若林正恭  これまで2度特別番組として放送されてきた同番組は、3組が独自の目線や価値観でトークを繰り広げる。おぎやはぎの小木博明は「レギュラーになると思わないような番組だったのでびっくりしています。初回をやってみて、これ本当にレギュラーなんだって感じです」とふわふわしたコメントで笑いを誘い、矢作兼は「新しい企画を思いついたら実現できそう」と今後に期待。  バナナマンの設楽統は「新番組っていう感じがしないので、この感じでしれーっと3年、5年続けて、最終的には日曜朝とかやりたいですね」と長く続くことを願い、日村は「仲のいいメンバーなので、本当にうれしかった。今後もっと深めていきたい」と意気込み。  収録中には、バナナマンとおぎやはぎがオードリーの若林正恭を「かわいい」と褒める場面もあり、改めて魅力を聞くと「笑顔が好きなんです。ツッコミにキレがある」(小木)、「まず顔がかわいい。先輩かわいがってくださいよっていう芸人特有の変なノリがない」(矢作)、「控えめな感じなのに面白いこと言う」(設楽)と、べた褒め。「うれしい」と照れる若林の隣で複雑...more
in English
カテゴリー:

香取慎吾「イノッチの地元」でボコボコに!? - 03月28日(火)15:05 

 ついに40代を迎えたベテランジャニーズといえば、香取慎吾、TOKIO松岡昌宏、V6井ノ原快彦の三人だ。早生まれの香取と松岡は、今年1月で40歳になり、仲良く三人そろって四十路に突入した。  三人はジャニーズJr.だった頃、歳が同じだったため、よく一緒に遊んでいたという。しかし、SMAPは1991年、TOKIOは94年、V6は95年にデビューし、それぞれが一気に人気が出て多忙になり、以降プライベートで会う機会は減ってしまったようだ。  香取がジャニーズ事務所に入所したのは小学生の頃。当時は最年少だったため、後から同じ歳の井ノ原、松岡が入所してきて、三人は仲良くなったらしい。香取と井ノ原が松岡の実家に遊びに行ったこともあるそうだ。  あるとき、香取が井ノ原とともに、井ノ原の実家に向かっていると、道路にバイクがたくさん止まっており、ヤンキーたちがたむろしていた。香取はトラブルを恐れて「イノッチ、これ、まずいんじゃない。どっか回って他(の道)から行ったほうがいいんじゃない」と言ったが、井ノ原は「大丈夫。知り合いだから」と返した。香取は「絶対やべーな」と思っていたが、井ノ原は「ちょっと待ってて」と、香取をその場に残し、彼らのほうに向かっていったという。  夜だったのではっきりとは見えないが、井ノ原は、集団の一番奥にいたリーダー的な人と話していたようだ。香取が「ああ、本当に知り合いなんだ」と...more
in English
カテゴリー:

矢作兼&山崎弘也が芸風を勝手に予想?次世代ニュースターを発掘 - 03月30日(木)11:45 

フジテレビは、エンターテインメントサービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて、矢作兼(おぎやはぎ)と山崎弘也(アンタッチャブル)が、所属事務所・人力舎の次世代のニュースターを発掘していくFODオリジナル番組『矢作と山崎と』の配信をスタートした。番組では、普段シャイな矢作と山崎の2人が、何故か不思議な魅力を持つ若手、意外な特技を持つ若手、謎が謎を呼ぶ若手、ここぞとばかりに前に出る若手など、様々な若手芸人と親交を深めながら、彼らが成長していく過程を見守っていく。MCは、人力舎の中堅芸人が月毎に担当し、番組を通して次世代のお笑い界を背負うニュースターを発掘していく。初回配信では、MCにいけだてつやを迎えた#1、#2を公開。#1は「若手の芸名で遊ぼう」と題し、矢作と山崎が、20名の若手芸人を相手に、芸名、ピン・コンビ・トリオ名をヒントに、組み合わせや、芸風を勝手に予想して、無茶ぶりをするなどして若手芸人をイジっていく。続く#2では、「若手の持ちネタで遊ぼう」と題し、若手芸人のギャク名、コント名、決め台詞から誰の持ちネタか予想し当てていく。自分の持ちネタではないギャグを即興でやることになる若手芸人は、ギャグや決め台詞の持ち主に似せるべきかオリジナリティを出すべきかと悩まされることになる。今後は、毎月月末金曜日に最新話が配信される。 関連リンク ...more
in English
カテゴリー:

「仕事のミスをフォローしてくれそう」な芸人 TOP10 - 03月30日(木)11:04 

バラエティ番組で、的確なツッコミや素早い切り返しを披露している「お笑い芸人」たち。最近ではそのトーク技術が重宝され、ニュース・情報系の番組などで、MCやコメンテーターとして活躍している人も。出演しているアナウンサーやアイドルからうまく言葉が出てこないようなときも、持ち前の“トークまわし”や“イジり”で、番組を盛り上げている場面を目にすることも多いだろう。彼らがもし会社にいてくれたら、自分が仕事でミスしたときにも、きっとうまくフォローしてくれるのでは…。そこで、20~30代男性会社員200人に、「仕事でミスしたとき、うまくフォローしてくれそうな芸人」を調査してみた!(R25調べ/協力:アイリサーチ)〈仕事でミスしたら、うまくフォローしてくれそうな芸人TOP10〉1位 上田晋也(くりぃむしちゅー) 214pt2位 田村 淳(ロンドンブーツ1号2号) 144pt3位 宮迫博之(雨上がり決死隊) 95pt4位 設楽 統(バナナマン) 93pt5位 後藤輝基(フットボールアワー) 80pt6位 有吉弘行 74pt7位 濱口 優(よゐこ) 63pt8位 矢作 兼(おぎやはぎ) 57pt9位 大竹一樹(さまぁ~ず) 48pt9位 渡部 建(アンジャッシュ) 48ptボケ担当よりも「しっかりしている」という印象を持ちやすいためか、ツッコミ担当の人が多くランクインしている結果に。それぞれに寄せられた...more
in English
カテゴリー:

ラジオリスナーも大注目!? バナナマンらの新番組がスタート! - 03月29日(水)06:00 

バナナマン、おぎやはぎ、オードリーの3組が出演する、4月12日(水)スタートの新バラエティー番組「もろもろのハナシ」(毎週水曜夜0:25-0:55フジテレビ)の囲み取材が行われた。 【写真を見る】矢作兼は「小木は学年で1番と2番人気の子と付き合ってた」と小木博明のモテエピソードを明かす これまでに2度特番として放送された同番組が、この春よりついにレギュラー化。”お笑いヤング3”として、バナナマン、おぎやはぎ、オードリーの3組6人の芸人が「世間で話題になりかけていること」をテーマにフリートークを展開していく。今回、初回収録を終えた6人に番組の今後の展望などを聞いた。 ――まず、レギュラー化が決まった時の気持ちを教えてください。 小木博明(以下、小木):レギュラーになるとは思わないような番組だったんで、すごいスムーズに決まってびっくりしてます(笑)。 設楽統(以下、設楽):2回特番をやっただけでレギュラーになれたので、すごくうれしかったです。ただ、特番の時もそうでしたけど、初回も「新番組だー!」とかそんな感じではなかったですね。この感じで3年、5年、10年と、しれーっと続けたいですね(笑)。 日村勇紀(以下、日村):もう昔から一緒で、仲のいいメンバーなんで決まったときはめちゃくちゃうれしかったです! 設楽:気を使わないもんね。 春日俊彰(以下、春日):やっぱりレギュラーになったのは驚き...more
in English
カテゴリー:

【フジテレビ】シャイな矢作兼(おぎやはぎ)・山崎弘也(アンタッチャブル)が所属事務所の若手芸人と仲良しになるための番組『矢作と山崎と』2017年3月28日(火)よりFODで配信開始 - 03月28日(火)15:30 

[株式会社フジテレビジョン]  株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:亀山千広、以下フジテレビ)は、フジテレビが運営する動画配信サービスFOD(フジテレビオンデマンド)(以下、FOD)にて、矢作兼(おぎやはぎ)...
in English
カテゴリー:

中居正広、キスマイ宮田のアニソン語りにあきれ顔 - 03月28日(火)14:05 

 3月20日放送の『Momm!!』(TBS系)に、Kis-My-Ft2の宮田俊哉(28)が出演。番組中に挑戦者の女性とアニメソングで盛り上がり過ぎて、中居正広(44)をあきれさせる場面が見られた。  この日は番組企画の“歌自慢が集結! 歌ウマNo.1決定戦”に、宮城県の南三陸町出身で、現在は埼玉県に住む20歳の女性が登場。女性が「アニソンシンガーを目指して頑張っています!」と自己紹介すると、アニメ好きで知られる宮田は「おっ!」と興味津々の様子を見せた。そして女性が南三陸町から出てきて3か月だが、ライブ活動を始めたことを明かすと、宮田も「おーいい! 期待のホープだ!」と声を上げ、中居から「ちょこちょこうるせえな。どうしたの?」と、注意をされていた。  これに宮田が待ち構えていたかのように「やっぱアニメソング業界も多いんですよね今ね、若い女の子たちが。鈴木このみ(20)ちゃんだったり」と熱弁しだすと、女性も「(鈴木このみ)知ってますか?(私も)大好きなんです! あーうれしい!」と意気投合。二人が番組そっちのけで盛り上がり始めたため、中居はあきれた顔で「よく分かんないけど、二人でホテルでも行ってくれば?」と冷ややかに言い捨て、スタジオは爆笑。宮田も負けじと「なるほど! ちょっと1回打ち合わせしますか?」と返していた。  そして女性は披露する歌について「今日は大好きなテレビアニメ『ドラゴン...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「矢作兼」の画像

もっと見る

「矢作兼」の動画

Wikipedia

矢作 兼(やはぎ けん、1971年9月11日 - )は、日本のお笑い芸人、司会者おぎやはぎのツッコミを担当し、相方は小木博明

プロダクション人力舎所属。身長170cm、体重65kg。

略歴

1971年、東京都豊島区出身。

東京都立北野高等学校で小木と知り合う。高校卒業後、ビルのメンテナンス用品を取り扱う貿易会社に就職。上海勤務を経験するなど2年間は、サラリーマンとして生活を送っていたが、自分が担当していた商品に元々興味がなく、だんだんと仕事に嫌気が差し始め、笑いを“仕事”にしようとの意欲が高まる。退社後、23歳の時に高校時代からの友人・小木を誘いコンビを結成。

2006年、虎の門話術王決定戦第3回(2006年9月23日)にて準優勝。同年、ACC CM FESTIVALにて演技賞を受賞(NTTドコモ のFOMA のCM)。

人物

以下、Quick Japan vol. 91クイック・ジャパン VOL.91 バックナ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる