「瞬発力」とは?

関連ニュース

ジェネシスヘルスケアの民間向け遺伝子検査キット「GeneLife」シリーズに、生まれ持った筋肉のタイプがわかる「GeneLife スポーツ関連遺伝子検査」が新登場! - 04月25日(水)20:36 

[ジェネシスヘルスケア株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/8653/53/resize/d8653-53-514139-1.jpg ] 運動能力に関わるのが筋肉ですが、筋肉にも瞬発力のある筋肉(速筋)や持久力のある筋肉(遅筋)などタイプがあり、それは遺伝によって決...
カテゴリー:

インドの古典音楽をめぐるミナクマリとユザーンの人生論 - 04月16日(月)07:50 

インドの古典音楽シタールの弾き語りという、ユニークなスタイルで話題を集めるシンガー・ソングライター、ミナクマリとタブラ奏者ユザーンの対談をスペシャル対談をお届け。インドの古典音楽シタールの弾き語りという、ユニークなスタイルで話題を集めるシンガー・ソングライター、ミナクマリによる通算5枚目のアルバム『shanti, shanti, shanti!』がリリースされる。前作『REHENA』に引き続き、清水ひろたか(元コーネリアス・グループ、プラスティック・オノ・バンド)の全面プロデュースとなる本作は、まるで砂糖菓子のようなミナクマリのスウィート・ヴォイスと、ロックやフォーク、ジャズ、民族音楽など、さまざまなジャンルをフワフワと渡り歩く摩訶不思議なサウンドが特徴。ポップでありながら、実験的な要素も併せ持った楽曲の数々は、聴くたび病みつきになること必至だ。今回RSJでは、ミナクマリとタブラ奏者ユザーンの対談を敢行。これまでに何度も共演経験を持つ2人に、お互いの音楽性についてはもちろん、インドの古典音楽を使ってポップスのフィールドで活動する理由についてなど語り合ってもらった。─お二人の出会いはインドだったそうですね。ミナクマリさんはシタールを、ユザーンさんはタブラを習うためにカルカッタで修行中だったと聞きました。ユザーンさんがタブラを始めたキッカケは、既にいろんなインタビューで紹介されています...more
カテゴリー:

【日テレ】今年の『高校生クイズ』は“地頭力”で勝負!例題「500個の風船を2分で割る方法」答えられる? - 04月15日(日)09:39  mnewsplus

夏の風物詩「全国高等学校クイズ選手権」、通称・高校生クイズが今年も開幕することが発表され、今年は「地頭力」がカギになることが分かった。 【写真を見る】「高校生クイズ」がパワーアップ宣言! ■ 今年は“三位一体”でのバトルに! 今年で38回目を迎える高校生の青春の祭典「高校生クイズ」。 日本テレビによると、今回は、2017年に行われた2人1組から“3人1組”での戦いに変更。 そして知識や学力だけでは計れない地頭力を競う内容にパワーアップするという。 ■ 地頭力とは何か? “地頭”とは何なのか。 これまでの「高...
»続きを読む
カテゴリー:

『高校生クイズ』が進化 三人一組で『地頭力』競う - 04月15日(日)05:00 

 今年で38回目を迎える日本テレビ系毎年恒例『高校生クイズ』の内容がパワーアップすることが、わかった。今年は全国約320万人の高校生への挑戦状として進化。二人一組から三人一組に、知識や学力だけではなく地頭力を競い合う、よりチャンスの開けた大会となる。 【昨年は…】関東会場で乃木坂46はパフォーマンス  これまでの同番組では、決勝の地である米・ニューヨークを目指す“クイズの甲子園”として1983年に第一回より放送。毎夏恒例となった『全国一斉大会』ではスマートフォンを使い、全国の会場を生中継でつないでクイズを出題。決勝では博識で瞬発力に冴えた高校生たちが、し烈な学力バトルを繰り広げてきた。  今年も5月28日から参加登録が行われ、7月26日にはスマホによる全国一斉地区大会を実施。これまでとは違った角度からの応用力も問われることから常連校の変動の可能性もあり40回目を目前として全く新たな戦いが幕を開ける。 【関連記事】 高山一実、『オールスター後夜祭』で示したポスト島崎和歌子のポテンシャル (18年04月01日) 桝太一アナ、フリー転身は妻NG「絶対許さない」 (18年01月24日) 『高校生クイズ』1回戦に60校集結 DAIGO「本当にI・K・B」 (17年08月06日) 乃木坂3期生メンバー、『高校生クイズ』予選で単独パフォーマンス【メンバーコメント全文】 (17年06月1...more
カテゴリー:

柔道女子、ラグビーと合同練習=タックルの迫力体験 - 04月18日(水)19:31 

 柔道の世界選手権(9月、バクー)に向けて合宿中の女子日本代表が18日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでラグビー女子日本代表候補と合同練習を行い、48キロ級で連覇を目指す渡名喜風南(パーク24)らがラグビーのタックルを体験した。 本格的なタックルを受けた52キロ級代表候補の阿部詩(兵庫・夙川学院高)は「トラックに当たったかのよう」と驚いた様子。逆にラグビー選手は柔道の受け身を教わり、松田凜日(国学院栃木高)は「タックルされたときに脳振とうを起こさないために大事」と、競技に生かそうとしていた。 ラグビー選手との合同練習は心肺機能を高めるために有効と提案した柔道の増地克之全日本女子監督は「瞬発力も持久力もつく。今後のトレーニングにも採り入れたい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

【日テレ】今年の『高校生クイズ』は“地頭力”で勝負!例題「500個の風船を2分で割る方法」答えられる?★2 - 04月15日(日)20:02  mnewsplus

夏の風物詩「全国高等学校クイズ選手権」、通称・高校生クイズが今年も開幕することが発表され、今年は「地頭力」がカギになることが分かった。 【写真を見る】「高校生クイズ」がパワーアップ宣言! ■ 今年は“三位一体”でのバトルに! 今年で38回目を迎える高校生の青春の祭典「高校生クイズ」。 日本テレビによると、今回は、2017年に行われた2人1組から“3人1組”での戦いに変更。 そして知識や学力だけでは計れない地頭力を競う内容にパワーアップするという。 ■ 地頭力とは何か? “地頭”とは何なのか。 これまでの「高...
»続きを読む
カテゴリー:

今年の高校生クイズは地頭力で勝負!「500個の風船を2分で割る方法」答えられる? - 04月15日(日)05:36 

夏の風物詩「全国高等学校クイズ選手権」、通称・高校生クイズが今年も開幕することが発表され、今年は「地頭力」がカギになることが分かった。 【写真を見る】「高校生クイズ」がパワーアップ宣言!/(C)NTV ■ 今年は“三位一体”でのバトルに! 今年で38回目を迎える高校生の青春の祭典「高校生クイズ」。 日本テレビによると、今回は、2017年に行われた2人1組から“3人1組”での戦いに変更。そして知識や学力だけでは計れない地頭力を競う内容にパワーアップするという。 ■ 地頭力とは何か? “地頭”とは何なのか。これまでの「高校生クイズ」は、国語、英語、数学、物理など学校で学んだことや知識で熱い戦いが繰り広げられて来た。 しかし、今回は、学力を発展させた“応用力”に加え、机に向かう姿勢とは“異なる角度”、参考書を見る目線とは“異なる視点”、柔軟性を持った「地頭力」が問われる。 勉強ができなくても、ひらめきや瞬発力があれば、全国約320万人の高校生誰でも日本一へのチャンスがあるということ。これまでにない新しい戦いが期待される。 ■ 大人でも難問!? 例題にチャレンジしてみましょう! たとえば地頭力が試される問題はこのような内容だ。 「Q.使えるアイテムは1つ、予算3万円以内で何を作ってもOK。500個の風船を2分以内で割り切る方法を考えろ」 就職活動でも聞かれそうな問題だ。高校生ならずとも、自...more
カテゴリー:

「TOEIC至上主義」が英語学習をダメにする理由。受験者の約4割が日本人なのにグローバルスタンダード? - 04月12日(木)06:00 

国際社会で通用する「使える語学力」を標榜するTOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)が生まれてから約40年経つが、相変わらず日本人の英語力は向上していないと言われている。 しかし、未だ英語教育の世界では官民総出の支持を受けた「TOEIC至上主義」が跋扈(ばっこ)し、その結果、学習者は間違いだらけの英語教育を受け続けているという。 この状況に警鐘を鳴らし、本来あるべき語学教育を提案するのが『TOEIC亡国論』(集英社新書)だ。TOEICの弊害、そして日本の英語教育の根本的な問題とは? 著者の猪浦道夫(いのうら・みちお)氏(ポリグロット外国語研究所主宰)に聞いた――。 *** ─そもそも不思議に思うのですが、なぜTOEICが英語力を測る評価軸としてこれほどまでに信奉されるようになったのでしょう? 日本人の「資格好き」という背景はあるでしょうが、数学や国語にも検定はあるものの、英語だけがTOEICのほかにも英検、TOEFLがあって圧倒的に「検定熱」が高い。 猪浦 まず日本人、特に団塊世代の多くの人が持つ「英語コンプレックス」が大きな要因になっていると思います。中学・高校で習う英語で優秀な成績を修めても、読み・書きに偏った英語力は「実用的ではない」と約...more
カテゴリー:

「瞬発力」の画像

もっと見る

「瞬発力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる