「睡眠薬」とは?

関連ニュース

「ダークナイト」ヒース・レジャーの姉、ジョーカーの役が弟の命を縮めたという噂を否定 - 04月25日(火)08:27 

「彼は楽しんでいたんです」 ヒース・レジャーの姉は、ジョーカーの役が睡眠薬を過剰摂取することに繋がったという噂を否定。
in English
カテゴリー:

よくならない不眠に注意!眠れない原因と習慣化したい対策法 - 04月24日(月)14:36 

なかなか眠れない…不眠に陥りやすい女性が増えている 「布団に入ってからスマートフォンをずっと触っている」 「目を閉じているのに眠れない」 「羊を数えているのに眠れない」 このような人はもしかしたら不眠症かもしれません。不眠症は夜寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める、眠りが浅い、十分な睡眠が取れない、寝た気がしないなどの症状が慢性的に続くほか、これらが原因で、日中の眠気や、注意力の散漫、疲れなどのさまざまなな症状が起こる状態です。日本では、現在約5人に1人が、不眠症の悩みを抱えているといわれています。不眠症が子どもに見られることはまれですが、20~30歳代から、年齢が上がるとともに増加し、中年、老年層に入ると急激に増加します。また、男性よりも女性に多く見られるといわれています。なぜ、不眠症は女性に多く見られる症状だといわれているのでしょうか。さっそく、不眠症について見ていきましょう。 どうして不眠が起こるの?気になる原因を確認 女性に起こる不眠にはいくつかの原因があると考えられています。不眠の主な原因は以下の通りです。 ●生理 布団に入ってから寝つくまでの時間は、布団に入ったときの体温により左右されるといわれています。1日のなかでヒトの体温が最も低いのは、朝の4時ごろだといわれています。私たちの体温はそこから少しずつ上昇し、お昼から14時ごろにピーク...more
in English
カテゴリー:

睡眠薬など44種類 服用繰り返すと副作用のおそれ - 04月22日(土)05:17 

睡眠薬や抗不安薬など精神障害の治療で広く使われている44種類の薬について、厚生労働省は承認された用量でも、服用を繰り返すと依存性が高まり、副作用が出るおそれがあるとして全国の医療機関に注意を呼びかけています。
in English
カテゴリー:

不眠症や肩こりで処方「ベンゾ系薬剤」に常用量で薬物依存の危険 - カラダご医見番 - 04月21日(金)05:06 

先月21日、厚生労働省は睡眠薬や抗不安薬として使われている「ベンゾジアゼピン受容体作動薬(ベンゾ系薬剤)」と「バルビツール酸系薬」など49薬品(44成分)について、薬の説明書(医薬品添付文書)に「連用により薬物依存を生じることがあるので、漫然とした継続投与による長期使用を避けること(後略)」と明記するよう指示を出した。
in English
カテゴリー:

他人事ではなかった介護殺人の恐怖 「橋幸夫」認知症の母との6年間 - 04月19日(水)08:00 

■他人事ではなかった「介護殺人」の恐怖(1)  愛している、だからこそ殺す――。超高齢社会の日本では今、こうしたおぞましくも哀しい事件が相次いでいる。介護殺人。家族の面倒を見るのに疲れ果て、あるいは将来を悲観して殺(あや)める。「他人事(ひとごと)」にも思えるが、介護体験を持つ著名人は「身近」に感じているのだった。  ***  新大阪駅から車で約30分、国道を折れて150メートルほど進むと、突如「昭和」が現れる。もたれ合うように軒を連ねる、今にも朽ち果てそうな木造2階建ての長屋。路地に並ぶ錆(さ)びついた自転車や枯れきったプランターの植物が、ここに暮らす人々の生活が楽なものではないことを物語る。「平成」に置いてきぼりを食らったかのようなこの小さな町の片隅に、その「遺族」の女性(71)はいた。 「とりあえず中に入って」  近所の目を気にしている様子の彼女は、間口が2メートルしかない長屋の中へと記者を引き入れる。塗装業を営んでいた夫がかつて商売道具として使っていたペンキの「残り香」が、家中に染みついている。 「介護なあ……」  土間で言葉を絞り出す彼女と玄関の扉を隔てた路地では、野良猫が数匹、無邪気に眠っている。 「もう辛(つら)くて、辛くて。私かて『アレ』するつもりなかったんやけど」 ■「遺族」であると同時に「加害者」  遡ること10年の2007年9月、彼女は献身的に介護したものの...more
in English
カテゴリー:

香川産オリーブ配合の高級塗香 愛用者から驚きの声続々 - 04月25日(火)07:00 

 お香で最も古いものは、体に塗る粉の“塗香”という説があります、と言うのは『岩佐佛喜堂』(香川県高松市)の5代目で、常務の岩佐一史さん。 「塗香は、仏教でお清めに使用する道具で、現代においてもお寺に入る前や仏教行事を行う前に身を清め、穢れを祓う作法に使われています。また、古来の考え方の1つに『医香同源』という言葉がありますが、昔はお香を鼻から吸引する薬として使っていました。その流れもあり、私どもでは、数種類の漢方薬を組み合わせて作っています」(岩佐さん、以下「」内同)  塗香を長年、愛用している人からは、「体臭が消えた」「リラックスできる」「集中力が上がった」などの感想が多く寄せられていたこともあり、お香にそのような効能が本当にあるのか調べようと、岩佐さんは、香川大学と共同で実証実験を行った。  すると、単純な計算を繰り返す作業では平均15.4%も作業量がアップ。脳波などの計測でも、リラックス&集中力が高まる効果が表れた。そこで昨年12月に、「白檀を主成分とするお香には、安静時に心身ともにリラックスできて、作業時には集中力を高める効果がある」という研究結果を発表した。  これらの結果を踏まえて、新たな商品開発に乗り出した岩佐さんらは、お香をベースに、香りが強烈な生薬を調合し、そこに香川県産のオリーブを配合して、新しいタイプの塗香 を開発。『岩佐佛喜堂 塗香 香粉 KOKO』(小瓶サ...more
in English
カテゴリー:

睡眠薬や抗不安薬など、用量を守っても依存性が高まり服用を止めると症状が悪化 厚労省が注意喚起 - 04月22日(土)17:54 

睡眠薬など44種類 服用繰り返すと副作用のおそれ 睡眠薬や抗不安薬など精神障害の治療で広く使われている44種類の薬について、厚生労働省は承認された 用量でも、服用を繰り返すと依存性が高まり、副作用が出るおそれがあるとして全国の医療機関に注意を 呼びかけています。 厚生労働省によりますと、睡眠薬と抗不安薬、それに抗てんかん薬の合わせて44種類は、承認された用量でも 服用を繰り返すと依存性が高まり、服用をやめたときに不眠の症状が悪化したり、けいれんや頭痛などの副作用が 起きたりするおそれがあり、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】坂上忍もブログで告白「不眠」が芸能界に蔓延 - 04月21日(金)22:14 

坂上忍が3月20日の早朝4時41分にブログを更新し、《すでに、目覚めております。というか…..ここ数日、より眠るのが下手になってしまって。 うまいこと、睡眠時間が取れていない。》と明かした。 人気タレントなだけに、睡眠時間が限られるのは分かるが、2010年7月5日のブログでも《たしか、わたしはキッチリ6時間睡眠だったはず。 それが、いつしか5~6時間睡眠となり…..。今では、微妙に4~5時間睡眠になりつつある。このままでいくと、そのうち3~4時間睡眠になり、 気がつけば、睡眠がなくても大丈夫な身体、頭になってし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

原因不明の体調不良が続く…女性に多い「不定愁訴」とは? - 04月19日(水)21:00 

原因がはっきりしないけど、なんとなくいつも調子が悪い、そんな状態のことを「不定愁訴」といい、多くの幅広い年代の女性が悩まされているのではないでしょうか? 今回はこの不定愁訴について少しでも知ってもらおうと、原因から治療法、予防法、またセルフチェックまで、医師に詳しく解説していただきました。 不定愁訴とは 検査を行っても明らかな原因が見つからないような、心身の症状の訴えを指します。 様々な症状が同時に現れ、症状が時間とともに変化することもあります。 不定愁訴がなぜ女性に多いのか? 自律神経やホルモンバランスの乱れによる不調が女性には起こりやすいですが、自律神経やホルモンの状態については一般的な検査では異常を捉えることができにくいためと考えられます。 自己免疫疾患や内分泌疾患も女性に起こりやすいものがありますが、これらの病気による症状は、多彩な症状が組み合わさって現れるものの、一つ一つの症状が多くの病気によって起こりえるため、病気の絞り込みが難しい、とされています。 それゆえ、診断に至るまでに時間がかかり「不定愁訴」として処理されてしまうことがあります。 不定愁訴の原因 ■ 自律神経やホルモンバランスの乱れ ■ ストレス ■ 免疫異常 ■ 環境の変化 ■ 疲労 ■ ビタミン欠乏症、栄養失調(体力のない子供や高齢者...more
in English
カテゴリー:

<チョコ昏睡強盗>元薬科大生の控訴を棄却 - 04月19日(水)06:05 

仙台市内の飲食店で男性に睡眠薬入りのチョコレートを食べさせ、クレジットカードを奪ったとして昏睡(こんすい)強盗罪などに問われた元東北薬科大生の無職小浜翠(みどり)被告(25)=横手市=の控訴審判決で、
in English
カテゴリー:

もっと見る

「睡眠薬」の画像

もっと見る

「睡眠薬」の動画

Wikipedia

睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。睡眠導入剤催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。

これらの薬による「睡眠」とは比喩であり、麻酔として使用された場合に意識消失を生じさせている事であり、通常の睡眠段階や自然な周期的な状態ではない;患者はまれにしか、麻酔から回復し新たな活力と共に気分がすっきりすることを感じない。この種類の薬には一般的に抗不安作用から意識消失までの用量依存的な効果があり、鎮静/催眠薬と称される。

化学構造により、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系オレキシン受容体拮抗薬、バルビツール酸系抗ヒスタミン薬などに分類される。これはオレキシン受容体拮抗薬と抗ヒスタミン薬を除き、GABAA受容体に作用し、また薬剤間で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる