「睡眠薬」とは?

関連ニュース

【体操/五輪】金メダリストの体操選手、13歳からチームドクターの性的虐待に遭っていたと告白 - 10月19日(木)19:43  mnewsplus

10月18日、オリンピック金メダリストのマッケイラ・マロニーさんが、体操アメリカ女子代表のチームドクター、ラリー・ナサール氏から性的虐待に遭っていたとTwitterで告白した。 性的被害に「Me Too(私も)」 世界、そして日本で闘う人たち マロニーさんは1995年生まれの21歳。体操選手として、2011年に東京で開催された世界選手権や、2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得している。マロニーさんによれば、性的虐待は13歳の頃から始まり、引退するまで続いたという。 10月、ハリウッドの大物プロデューサーによる数々の性的虐...
»続きを読む
カテゴリー:

インパルス堤下、交通事故について言及「マネジャーですら誤解して…」 - 10月15日(日)13:31 

10月13日にAbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて放送された「エゴサーチTV」で、ゲストのインパルス・堤下敦が6月に起こした睡眠薬服用による交通事故について言及した。 【写真を見る】アレルギー症状に悩んでいたという堤下敦が衝撃の“おなか写真”を公開/(C)AbemaTV 今回、堤下はスタジオに入るなり「このたびは私の不祥事により、変なうわさが回ったこと本当に申し訳ありません」と頭を下げて登場。 飲酒運転やひき逃げなど、ちょうど同じ時期に芸人による事故が相次いだため、堤下の事故も同様に誤解されているのではないかという話になり、堤下は「マネジャーですらそうですからね。きょう車で行くんだけど駐車場ってある?と聞くと『堤下さん、もう免許取り消しですよ』って言われた」と“身内”にも誤解されている状況を明かす。 アレルギー症状がひどかった頃のおなかや腕の写真も公開し、当時は本当にアレルギー症状に悩まされていたことも告白した。 実際「堤下、飲酒」で検索すると、やはり世間の一部では誤解されているようで、飲酒運転で逮捕といった記事がヒット。西野亮廣は「やっぱり世間の風当たりとかは結構厳しいの?」と質問すると、堤下は「まあ厳しいね。やっぱり」とやや顔を曇らせ、記者会見までの準備時間もほとんどなかったことを明かした。 そして相方の板倉俊之もゲストとして登場。当時、堤下の事件のことは...more
カテゴリー:

【芸能】インパルス・堤下敦に泥酔して一般人とケンカの過去…相方の板倉俊之が本音 - 10月08日(日)12:44  mnewsplus

7日深夜放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)で、インパルス・堤下敦が泥酔して一般人とケンカした過去に、相方の板倉俊之が本音を吐いた。 番組では「激ヤバ未公開 解禁スペシャル!!」と題して、9月16日に放送した同番組の企画「かぶりタレントキャラ統一マッチ」内の未公開VTRを取り上げた。 VTRでは、板倉と仲がよいピン芸人・竹永よしたかの証言を紹介。 板倉はドライブ中、眠気を感じたら「堤下が泥酔して一般人とケンカしたツイキャス」動画の音声を聞いて、苛立つようにしているというのだ。 苦笑いを浮かべた板倉が「大...
»続きを読む
カテゴリー:

ガチで身の危険を感じた……!女性の「トラウマキス体験」3連発! - 10月06日(金)12:00 

好きな人とのキスは、幸せな気持ちになるものです。 しかしトラウマになってしまうほどの、最悪のキスを体験することもあります。 キスは親密な接触であるが故に、怖い思いをすることも…。 今回は、身の危険を感じた「トラウマキス」を体験した女性達に、話を聞いてみました。 ●(1)キスした瞬間に漂う口臭 25歳エステティシャンのカナさん(仮名)の場合。 カナ『まだお付き合いしていない男性と飲みに行って、帰りにイイ感じになってキスしたら、口臭がスゴくって、一気に嫌いになりましたよ』 その男性のこと、キスする前はどのように思っていたんですか? カナ『イケメンだし、大人だし、できたら付き合いたいなぁって思ってました』 なのに、キスで嫌いになったんですか? カナ『だって、口臭スゴいんですよー!今までに匂ったことのない匂い だった。 この世のありとあらゆる臭いものが混じった、とんでもない香りでした』 それはすごそうですね…。 カナ『なにかの病気じゃないかと思いましたよ。食事やお酒で一時的に口臭がするってレベルじゃなくて…。 なにか細菌がうつらないか、心配になったくらいですよ』 それで、その後はどうしたんですか? カナ『その日は、とりあえず何事もなかったように帰りました。 また誘われたけど、適当にごまかして、それからは会ってないです』 ●(2)睡眠薬を口移し…!? 26歳営業の...more
カテゴリー:

【くすり】薬の飲み過ぎご用心 ふらつき、転倒…副作用相次ぐ 病院ごとに重複処方も 薬剤師ら警鐘「お薬手帳は1冊に」 - 09月27日(水)12:28  newsplus

 持病が増えるにつれて薬の量も増えていく高齢者。複数の睡眠薬を飲んでいた人が転倒して骨折するなど、薬の飲み過ぎによる副作用とみられる症例が相次いでいる。病気との飲み合わせが悪い薬が処方されたり、年齢とともに代謝が悪くなり規定量でも効き過ぎたりすることも。今後、投薬治療が中心の在宅患者が増えると予想され、薬剤師を中心に多剤併用を防ぐ取り組みが始まっている。  福岡市の総合病院に、深夜に自宅で転倒して大腿(だいたい)骨を折った80代女性が搬送されてきた。持参した薬を調べると、市内の内科医院と整形外...
»続きを読む
カテゴリー:

有田芳生「山口敬之元TBS記者による所業のおぞましさ。性犯罪への対応でも日本が後進国であることを明らかにするノンフィクションです」 - 10月18日(水)18:47  seijinewsplus

https://mobile.twitter.com/aritayoshifu/status/920493396560453637 有田芳生 Verified Account @aritayoshifu 朝日新聞に大きな広告が掲載されました。文藝春秋の本気で「売ろう」とする意思が現れています。発売前、初刷り部数に加えて2万部増刷したと聞いています。山口敬之元TBS記者による所業のおぞましさ。性犯罪への対応でも日本が後進国であることを明らかにする優れたノンフィクションです。 twitter.com/aritayoshifu/s… あ〜るけ〜(RK) @rk_rk_is_no1 文春と、文春加担した朝日と有田が、山口氏に訴えら...
»続きを読む
カテゴリー:

自宅介護高齢者:睡眠薬常用4人に1人 転倒などの危険も - 10月13日(金)10:50 

 自宅で介護を受けている高齢者の4人に1人が医師が処方する睡眠薬を常用しているとの調査結果を、製薬会社MSDがまとめた。高齢者の睡眠薬服用は転倒による骨折などにつながる危険もあり、回答したケアマネジャーの過半数は、量を減らすなどの見直しが必要だと考えていた。
カテゴリー:

インドのおすすめ観光地20選! 定番スポットから知る人ぞ知るスポットを紹介 - 10月06日(金)12:00 

タージ・マハールやガンジス河など、子どもの頃、学校の授業で一度は耳にしたことがある建造物やスポットが数多くあるインドは、大学生の旅行先としても人気がある観光地です。国内には1000年以上前に造られたと言われれている遺跡もそのままの形で残っているため、歴史好きやマニアにはたまらない国のひとつです。そしてインドといえばカレー。インドカレー好きの人にとっては現地で本場の味を楽しみたいと思う人もいるかもしれませんね。そんな建造物も建物も魅力あるインドのおすすめ観光スポットを今回は紹介します。 ■治安 インドはめまぐるしい経済発展を続けていますが、民族紛争などもあり、テロが突発的に発生しています。大都市(ムンバイ、デリー、チェンナイ、ベンガルール、コルカタ)はISISのテロ情報や一匹狼(ローンウルフ)型等のテロの脅威に、国全体が警戒態勢をとっています。 さらにジャンム・カシミール州の管理ライン近辺は銃撃戦が継続していて、警戒レベルはレベル4まで高まり退避命令が出ていたり、独立運動が活発化している北東部諸州(アッサム、マニプール付近)では過激派が活動をして、外務省からは不要不急の渡航の停止勧告などがなされたりと大きく治安が不安定になっています。 日頃の渡航においても、麻薬犯罪、クレジットカード被害、女性の性犯罪、睡眠薬強盗などが報告されている国ですので、情勢を静観しながら渡...more
カテゴリー:

【埼玉】女性に睡眠薬飲ませ、わいせつ行為…容疑の男(49)逮捕 飲酒中「肝臓に効く」と飲ませ、目覚めると全裸/浦和署 - 09月27日(水)22:46  newsplus

浦和署は27日、準強制わいせつの疑いで、さいたま市浦和区本太3丁目、建築業の男(49)を逮捕した。 逮捕容疑は7月24日午前0時半~7時半ごろ、自宅アパートで、 知人の蕨市内の20代女性に睡眠導入剤を服用させて眠らせ、体を触るわいせつ行為をした疑い。 「眠くなる薬を飲ませて体を触ったことは間違いない」と容疑を認めているという。 同署によると、男は23日夜、複数の知人と飲食店に行った後、女性と自宅で飲酒。 その際、「肝臓に効く薬だよ」と錠剤の睡眠導入剤を飲ませたという。 女性は目を覚ました時、...
»続きを読む
カテゴリー:

「睡眠薬」の画像

もっと見る

「睡眠薬」の動画

Wikipedia

睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。睡眠導入剤催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。

これらの薬による「睡眠」とは比喩であり、麻酔として使用された場合に意識消失を生じさせている事であり、通常の睡眠段階や自然な周期的な状態ではない;患者はまれにしか、麻酔から回復し新たな活力と共に気分がすっきりすることを感じない。この種類の薬には一般的に抗不安作用から意識消失までの用量依存的な効果があり、鎮静/催眠薬と称される。

化学構造により、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系オレキシン受容体拮抗薬、バルビツール酸系抗ヒスタミン薬などに分類される。これはオレキシン受容体拮抗薬と抗ヒスタミン薬を除き、GABAA受容体に作用し、また薬剤間で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる