「真矢みき」とは?

関連ニュース

悪女武井咲が「想像以上!」と高評価『黒革の手帖』初回11.7% - 07月21日(金)13:15 

武井咲主演の『黒革の手帖』(毎週木曜21:00~)が、7月20日に初回15分拡大でスタート。この作品で武井は、「松本清張史上最強」とも言われる“悪女”を歴代最年少の23歳で演じているが、悪女でも「可愛いすぎる」とインターネット上で話題に。初回平均視聴率は11.7%だった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)「黒革の手帖」といえば、1978から80年に「週刊新潮」に連載され、1980年には新潮社から単行本が刊行。1982年1月期に山本陽子主演でテレビ朝日にて連続ドラマ化され、平均視聴率17.4%、最高視聴率18.6%を獲得している人気作だ。その後も、2004年10月期には米倉涼子の主演で連続ドラマ化され、こちらも平均視聴率15.7%、最高視聴率17.7%を獲得している。この作品で武井が演じる主人公・原口元子は、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する“悪女”。これまで清楚なイメージの強かった武井だが、会見でも「腹を括って」と悪女を演じることに意欲を見せていた。注目の第1話は、まさに地味な派遣社員から夜の女へと変身を遂げていく姿が描かれた。元子は、東林銀行世田谷北支店で働く派遣社員。そこで彼女は、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感……。そんな日々を送りながら、...more
カテゴリー:

武井咲主演『黒革の手帖』 大爆死を予感させる2つのデータ - 07月20日(木)07:00 

(画像はYouTubeのスクリーンショット)本日21時、武井咲主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)がスタートする。松本清張作品の中でも屈指の人気を誇る作品なだけに期待値も高い本作だが、しかし、一方では「大爆死」を予感させるデータも。この記事では、2つの観点から本作の未来を占いたい。(1)「武井咲=作品に恵まれていない」が4割©sirabee.comまず、主演の武井について。しらべぇ編集部が彼女を知る男女1098名に調査を行なったところ「武井咲は映画やドラマなどでヒットに恵まれていない印象がある」と答えた人が全体の44%にも及んだのだ。もちろん、数字がすべてを表すわけではないものの、この数値を見るかぎり、「面白い作品に出ているイメージ」が武井にあまりないことは、認めざるを得ないのではないか。武井咲は視聴率が取れない女優? ネガティブイメージを検証(2)『黒革の手帖』の映像化は「もういい」が4割©sirabee.com次に、『黒革の手帖』について。しらべぇ編集部が全国の男女1342名に調査を行なったところ「『黒革の手帖』はもうドラマ化しなくてもいいと思う」と答えた人は全体の42%に達したのだ。(1)同様、半数には届かないものの、少数派として無視することはできない数字。米倉涼子主演の前シリーズの完成度が高かった影響もありそうだ。『黒革の手帖』放送開始前なのに&#...more
カテゴリー:

武井咲、“清張史上最強”の悪女役に視聴者も期待「こえーぞきっと!」 - 07月20日(木)01:01 

武井咲が、7月20日からテレビ朝日でスタートする『黒革の手帖』(毎週木曜21:00~※初回15分拡大)で主演。今回、武井は松本清張作品初挑戦となるが、先日同局で行われた制作発表記者会見でも「腹を括ってこの作品に取り組んでいます」と意気込みを語っており、彼女の振り切った演技に期待が高まる。「黒革の手帖」は、1978から80年に「週刊新潮」に連載され、1980年には新潮社から単行本が刊行。1982年1月期に山本陽子主演でテレビ朝日にて連続ドラマ化され、平均視聴率17.4%、最高視聴率18.6%を獲得している人気作だ。その後も、2004年10月期には米倉涼子の主演で連続ドラマ化され、こちらも平均視聴率15.7%、最高視聴率17.7%を獲得している。この作品で武井が演じる主人公・原口元子は、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する「清張史上最強」とも言われる“悪女”。さらに、武井は歴代最年少でこの元子を演じており、これまで清楚なイメージの強かった彼女だが、今作でどんな悪女っぷりを見せてくれるのかにも注目が集まる。注目の第1話だが、まさに地味な派遣社員から夜の女へと変身を遂げていくのが大きなポイントとなっている。元子は、東林銀行世田谷北支店で働く派遣社員。そこで彼女は、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の...more
カテゴリー:

“悪女”武井咲が「想像以上!」と高評価『黒革の手帖』初回11.7% - 07月21日(金)13:13 

武井咲主演の『黒革の手帖』(毎週木曜21:00~)が、7月20日に初回15分拡大でスタート。この作品で武井は、「松本清張史上最強」とも言われる“悪女”を歴代最年少の23歳で演じているが、悪女でも「可愛いすぎる」とインターネット上で話題に。初回平均視聴率は11.7%だった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)「黒革の手帖」といえば、1978から80年に「週刊新潮」に連載され、1980年には新潮社から単行本が刊行。1982年1月期に山本陽子主演でテレビ朝日にて連続ドラマ化され、平均視聴率17.4%、最高視聴率18.6%を獲得している人気作だ。その後も、2004年10月期には米倉涼子の主演で連続ドラマ化され、こちらも平均視聴率15.7%、最高視聴率17.7%を獲得している。この作品で武井が演じる主人公・原口元子は、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する“悪女”。これまで清楚なイメージの強かった武井だが、会見でも「腹を括って」と悪女を演じることに意欲を見せていた。注目の第1話は、まさに地味な派遣社員から夜の女へと変身を遂げていく姿が描かれた。元子は、東林銀行世田谷北支店で働く派遣社員。そこで彼女は、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感……。そんな日々を送りながら、...more
カテゴリー:

武井咲、清張史上最強の悪女役に視聴者も期待「こえーぞきっと!」 - 07月20日(木)06:30 

武井咲が、7月20日からテレビ朝日でスタートする『黒革の手帖』(毎週木曜21:00~※初回15分拡大)で主演。今回、武井は松本清張作品初挑戦となるが、先日同局で行われた制作発表記者会見でも「腹を括ってこの作品に取り組んでいます」と意気込みを語っており、彼女の振り切った演技に期待が高まる。「黒革の手帖」は、1978から80年に「週刊新潮」に連載され、1980年には新潮社から単行本が刊行。1982年1月期に山本陽子主演でテレビ朝日にて連続ドラマ化され、平均視聴率17.4%、最高視聴率18.6%を獲得している人気作だ。その後も、2004年10月期には米倉涼子の主演で連続ドラマ化され、こちらも平均視聴率15.7%、最高視聴率17.7%を獲得している。この作品で武井が演じる主人公・原口元子は、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する「清張史上最強」とも言われる“悪女”。さらに、武井は歴代最年少でこの元子を演じており、これまで清楚なイメージの強かった彼女だが、今作でどんな悪女っぷりを見せてくれるのかにも注目が集まる。注目の第1話だが、まさに地味な派遣社員から夜の女へと変身を遂げていくのが大きなポイントとなっている。元子は、東林銀行世田谷北支店で働く派遣社員。そこで彼女は、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の...more
カテゴリー:

【テレビ】松居効果で船越英一郎の『ごごナマ』絶好調 放送事故と隣り合わせの崖っぷち番組の“必死” - 07月15日(土)07:39 

7月10日に放送されたお昼の情報番組『ごごナマ』(NHK)の視聴率が、4.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)を記録し、前週の視聴率を大きく上回った。 前週の視聴率は2.8%で、4%台を記録したのは5月31日以来となる。 この日は、ゲストにタレントのはなわ(40)を招き、家族の事を歌った『お義父さん』を披露。 番組のMCで、現在タレントの松居一代(60)との離婚騒動にある船越英一郎(56)の涙にも注目が集まったようだ。 船越ははなわの歌に「なぜこんなに泣けちゃうのか?」とコメントすると、同じくMCで女優の美保純(...
»続きを読む
カテゴリー:

「真矢みき」の画像

もっと見る

「真矢みき」の動画

Wikipedia

  • 転送 真矢ミキ...
  • 出演番組

    今後の出演番組

    過去の出演番組

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる