「真相解明」とは?

関連ニュース

中川大志、『科捜研の女』の白衣姿が「似合っている」 広がる演技の振り幅 - 10月19日(木)07:00 

 少女漫画原作の胸キュン映画に欠かせない俳優として活躍中の中川大志(19)が、テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』の新シーズン(season17)第1話(19日放送)にゲスト出演する。それも、主人公・榊マリコ(沢口靖子)とバチバチに意見を交わし、事件の真相解明に協力する民間の科学鑑定所に勤める物理研究員・江藤壱(はじめ)を演じるのだ。中川自身も「いままでやってきた作品とはジャンルもタイプも異なる作品に出るチャンスをいただけて、本当にうれしかった。撮影も楽しかったです」と、話している。 【場面写真】科捜研のメンバーとは異なるデザインの白衣を着用  『科捜研の女』は1999年から放送されている長寿シリーズで、中川は98年生まれ。「ほぼ同い年の歴史ある作品に参加させていただき、科捜研の皆さんと一緒に仕事ができるなんて。テンション上がりました!」。  今年3月に高校を卒業したばかりで、中高生ターゲットの作品の学生役が多いのは当たり前にしても、『科捜研の女』の物理研究員とはずいぶんギャップのあるチャンレジ。昨年の大河ドラマ『真田丸』(NHK)での豊臣秀頼の若君ぶりや、映画『ReLIFE リライフ』で主人公の27歳と17歳を演じ分けるなど、俳優としての幅を広げようとしている意欲が感じられる。  『科捜研の女』第1話では、肉を熟成させるための熟成庫で、両腕を吊るされた男性銀行員の遺体が発見さ...more
カテゴリー:

中川大志、「思い切りかき乱す」ことを意識『科捜研の女』 - 10月16日(月)07:00 

沢口靖子さんが主演する木曜ミステリー『科捜研の女』season17(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)が、10月19日にスタート。その第1話に、今、各方面で注目される若手実力派俳優の中川大志さんが、民間の科学鑑定所の研究員・江藤壱(はじめ)役で登場します。この作品は、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿が描かれています。“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーに「衝撃的なマリコのワンカット」など数々のみどころを加え、毎回視聴者を楽しませており、現行の連続ドラマの中では最長の歴史を誇るシリーズです。そんな人気ドラマに新しい風を吹き込む役どころで出演する中川さんに、インタビュー。クールな鑑定人という自身の役どころや、座長・沢口靖子さんや科捜研チームの印象、作品の魅力などについて、たっぷり語っていただきました。――『科捜研の女』シリーズという長寿番組についてどんなイメージを抱いていましたか?1998年生まれの僕にとって『科捜研の女』は、物心ついたころからテレビで放送していた作品(※「科捜研の女」は1999年スタート)で、周りの人も知っているドラマですし、僕自身にとっても身近なドラマです。警...more
カテゴリー:

「真相解明へ前進を」 国賠訴訟、妻が苦しい歳月振り返る - 10月13日(金)11:20 

 秋田市の弁護士津谷裕貴さん=当時(55)=が自宅で刺殺された事件。2010年11月の事件発生から間もなく7年になるのを前に、良子さんは「今回の判決で、真相解明に向けて前進した判断が示されることを願っ…
カテゴリー:

【テレ朝】報ステ大炎上 冒頭からモリカケありき党首討論 偏向報道指摘されても、まだモリカケ★2  - 10月12日(木)10:43  mnewsplus

党首討論を開始。森友・加計問題の説明について安倍総理は関わってないことは言っていて街頭演説では話してないが、質問に対しては説明すると話した。森友・加計問題に対してのこれまでの党首の発言を紹介した。 小池氏は森友・加計問題への発言について情報公開の重要性を言ってきていて、透明性を欠くことは改革に繋がらないとし、情報公開の徹底を申し上げていると話した。 志位氏は解散の理由について北朝鮮、少子化など挙げるが、冒頭解散の理由にはならなく、問題隠しだと話した。枝野氏は土地価格が安くなれば、入ってこない分...
»続きを読む
カテゴリー:

浅野忠信、稲森いずみから公開キック「本番より全然痛い」 - 10月10日(火)18:49 

 俳優の浅野忠信と女優の稲森いずみが10日、都内で行われた12日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)の完成披露試写会に出席した。イベントでは稲森演じる男勝りな女刑事・管能理香のドSぶりが話題に。そこで浅野演じる部下で主人公の刑事・弓神適当のお尻にヒールで蹴りをお見舞いするシーンを再現して会場を沸かせた。  同ドラマは井浦秀夫氏による原作漫画を実写化。真相解明のためには違法捜査もいとわない何でもありの適当刑事・弓神適当(浅野)とそんな彼に振り回される後輩刑事・羽生虎夫(神木)の凸凹コンビが難事件を解決していく。  劇中のドSぶりが「快感になりつつある」という稲森は、“蹴り”シーンの再現では神木が浅野から絡まれていると後ろから管能の口調で「おぉい!弓神!羽生!何やってんだよぉ!」と怒号を飛ばすと、そのまま躊躇(ちゅうちょ)ないキックで浅野を前方によろめかせた。会心の一撃を受けた浅野を「本番より全然痛い~どんどん役がハマってる」と悶絶させると、稲森は「本番より強くなっちゃった」と苦笑した。  これにとどまらず同じく部下役の仁科貴、橋本淳も「管能さんに怒鳴っていただきたい」と志願して椅子に座った稲森の前に正座。「蹴られるだけの会をつくってもらえば?」と浅野が呆れるなか、再び稲森が「おい!多々木(仁科)!町尾(橋本)!何やってんだよ、...more
カテゴリー:

おばさん版『木更津キャッツアイ』? 『監獄のお姫さま』初回にネット大興奮 - 10月18日(水)15:00 

(画像は公式サイトのスクリーンショット)小泉今日子主演、宮藤官九郎脚本のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)の第一話が17日に放送された。「おばさん犯罪エンターテイメント」を掲げる本作は、当サイトでも放送前から注目。気になる第一話の内容は、目の肥えたドラマファンたちを十二分に歓喜させるものだったようだ。■遊び心最高な『サンジャポ』幕開け22時になった瞬間、テレビに写ったのは『サンデー・ジャポン』(TBS系)のスタジオ。司会の爆笑問題や、お馴染みのゲストの姿もあり……と、よく見るとその中には板橋吾郎役の伊勢谷友介と、勝田千夏役の菅野美穂の姿が。「番組内番組」で始まった作品と言えば、同局が昨年生んだ大ヒット作品『逃げるは恥だが役に立つ』が思い出されるが、『監獄のお姫さま』の場合は『情熱大陸』ではなく『サンジャポ』のようだ。このように遊び心満載なスタートとなった本作。馬場カヨ(小泉今日子)ら元女囚たちが手を組み、板橋の息子・勇介(前田虎徹)を誘拐して、とある事件の真相解明に向けて動き出した。■それは「爆笑ヨーグルト姫事件」馬場カヨたちが真相解明に向けて動いているのは通称「爆笑ヨーグルト姫事件」。もともと、板橋が代表を務める「EDOミルク」は「江戸川乳業」という家族経営の企業で、社長のポストをめぐって、娘のしのぶ(夏帆)派と、叩き上げの副社長である板橋派で対立してい...more
カテゴリー:

中川大志、「思い切りかき乱す」ことを意識『科捜研の女』 - 10月15日(日)22:51 

沢口靖子さんが主演する木曜ミステリー『科捜研の女』season17(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)が、10月19日にスタート。その第1話に、今、各方面で注目される若手実力派俳優の中川大志さんが、民間の科学鑑定所の研究員・江藤壱(はじめ)役で登場します。この作品は、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿が描かれています。“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーに「衝撃的なマリコのワンカット」など数々のみどころを加え、毎回視聴者を楽しませており、現行の連続ドラマの中では最長の歴史を誇るシリーズです。そんな人気ドラマに新しい風を吹き込む役どころで出演する中川さんに、インタビュー。クールな鑑定人という自身の役どころや、座長・沢口靖子さんや科捜研チームの印象、作品の魅力などについて、たっぷり語っていただきました。――『科捜研の女』シリーズという長寿番組についてどんなイメージを抱いていましたか?1998年生まれの僕にとって『科捜研の女』は、物心ついたころからテレビで放送していた作品(※「科捜研の女」は1999年スタート)で、周りの人も知っているドラマですし、僕自身にとっても身近なドラマです。警...more
カテゴリー:

【テレ朝】報ステ大炎上 冒頭からモリカケありき党首討論 偏向報道指摘されても、まだモリカケ★3  - 10月12日(木)12:58  mnewsplus

党首討論を開始。森友・加計問題の説明について安倍総理は関わってないことは言っていて街頭演説では話してないが、質問に対しては説明すると話した。森友・加計問題に対してのこれまでの党首の発言を紹介した。 小池氏は森友・加計問題への発言について情報公開の重要性を言ってきていて、透明性を欠くことは改革に繋がらないとし、情報公開の徹底を申し上げていると話した。 志位氏は解散の理由について北朝鮮、少子化など挙げるが、冒頭解散の理由にはならなく、問題隠しだと話した。枝野氏は土地価格が安くなれば、入ってこない分...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレ朝】報ステ大炎上 冒頭からモリカケありき党首討論 偏向報道指摘されても、まだモリカケ - 10月12日(木)08:46  mnewsplus

党首討論を開始。森友・加計問題の説明について安倍総理は関わってないことは言っていて街頭演説では話してないが、質問に対しては説明すると話した。森友・加計問題に対してのこれまでの党首の発言を紹介した。 小池氏は森友・加計問題への発言について情報公開の重要性を言ってきていて、透明性を欠くことは改革に繋がらないとし、情報公開の徹底を申し上げていると話した。 志位氏は解散の理由について北朝鮮、少子化など挙げるが、冒頭解散の理由にはならなく、問題隠しだと話した。枝野氏は土地価格が安くなれば、入ってこない分...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍昭恵氏「主人にこの国のために仕事をさせて」 - 10月10日(火)11:39  dqnplus

2017年10月10日11時23分  森友・加計問題などの影響で低下した内閣支持率が回復基調を見せる中、解散に打って出た首相の自民前職、安倍晋三氏(63)。 選挙期間中は遊説のため全国を回り、自身の選挙区、山口4区に戻る予定はない。10日、山口県下関市での出陣式では、代わりに妻の昭恵氏がマイクを握り、支援を訴えた。 →特集:2017衆院選  昭恵氏は「自民党にとって、厳しい厳しい選挙です。このまま、これからも主人にこの国のために仕事をさせていただきますようにお願い申し上げます」 と安倍氏への支援を訴えた...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「真相解明」の画像

もっと見る

「真相解明」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる