「真相解明」とは?

関連ニュース

マレーシアと共同捜査提案 - 02月20日(月)19:29 

北朝鮮の康哲駐マレーシア大使は20日午後、大使館前で記者会見を開き、金正男氏の殺害事件について「マレーシア警察の捜査を信用できない」と非難した上で、真相解明に向けマレーシア警察との共同捜査を提案した。
in English
カテゴリー:

【金正男氏殺害】逮捕の北朝鮮籍男、現地取りまとめ役か - 02月20日(月)12:54 

逮捕の北朝鮮籍男、現地取りまとめ役か 金正男氏殺害 朝日新聞デジタル?2/20(月) 11:32配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000024-asahi-int  北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、地元メディアは20日、殺害に関与した疑いで逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)について、犯行グループの宿泊や交通を手配するなど現地の取りまとめ役を担っていた疑いが強いと伝えた。他の北朝鮮国籍の手配犯4人はすでに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

金正男氏殺害 国際手配された北朝鮮籍の男4人、すでに平壌に帰国か - 02月20日(月)07:14 

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、 マレーシアの中国報(電子版)は19日、国際手配された北朝鮮籍の男4人はインドネシアのスラバヤ、ドバイ、ウラジオストクを経由し17日に平壌に到着したと報じた。事実なら真相解明は難航しそうだ。
in English
カテゴリー:

『科捜研』マリコの“凝視”に視聴者「仏像すら泣かせそう」 - 02月17日(金)18:16 

2月16日に放送された『科捜研の女』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)第14話で、主人公の榊マリコ(沢口靖子)が、“涙を流す仏像”に接近する一幕があり、「仏像とマリコ」の妙な絵ずらにネット上で盛り上がりを見せた。京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描いた本作。“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーとして、1999年のスタート時から根強い人気を誇っている長寿シリーズだ。特に今シーズンは、“マリコの衝撃的シーン”をエッセンスとして加えており、この14話でもマリコの仏像との“衝撃シーン”が登場した。今回は、小さな寺の境内にある蔵の中からナイフを胸に突き立てられた建設会社社長・大前孝之(入江毅)の死体が発見されるという事件が発生。奇妙だったのは、蔵には内側からカギがかけられており密室状態だったことだ。マリコら科捜研の鑑定で、遺体は別の場所で殺害された後、蔵まで運び込まれたことが判明するが、犯人はいったいどんな手段で密室を作り上げたのかが、最大の謎だった。まもなく、殺された大前は業界では有名なやり手で、3年前、世界遺産の寺院の土地の一部を買い上げ、セレブ向けの複合ビルを建設したことが発覚。その際、...more
in English
カテゴリー:

韓国がくぎ刺す、遺体の引き渡し前に真相解明を - 02月17日(金)15:24 

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件について、ソウル支局から報告です。
in English
カテゴリー:

金正男氏暗殺、逮捕の主犯格男は北工作員か…生け捕りで真相解明へ 犯行前日に何度もリハ、用意周到 - 02月20日(月)15:30 

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察が、新たに北朝鮮の旅券を所持した男を逮…
in English
カテゴリー:

逮捕の北朝鮮籍男、取りまとめ役か 真相解明の鍵握る - 02月20日(月)11:32 

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、地元メディアは20日、殺害に関与した疑いで逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル…
in English
カテゴリー:

K、ドラマ初出演 『科捜研の女』沢口靖子に「きれい」と口走る - 02月19日(日)06:00 

 韓国出身のシンガー・ソングライター Kが、主題歌を担当したテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の第15話(23日放送)に、ゲスト出演することが18日、わかった。ドラマ初挑戦のKは、このほど東映京都撮影所での収録に臨み、「歴史あるドラマに主題歌として参加させていただくだけでも光栄なのに、こうやって一役者として使ってくださるなんて…! 僕のエンターテインメント人生の中でもターニングポイントとなる、貴重な経験でした!」と感想を語っていた。 3人でニッコリ記念撮影  同ドラマは、1999年10月にスタートして以来、根強い人気を誇っている長寿シリーズ。京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く。  Kが演じるのは、事件に巻き込まれた女性が入院した先の看護師役。病室を訪れたマリコと土門刑事(内藤剛志)の事情聴取に立ち会っていたところ、女性が取り乱したため、看護師がやりとりを制止。心拍数を確認するなど必要な処置をすべく慌ただしく動き出す…という緊迫感のあるシーン。  ワンシーンのみの出演ではあるものの、せりふもひと言ある上、沢口や内藤らベテラン俳優たちの間に割って入る、畑違いのドラマ初挑戦としてはハードルの高い演技が要求された。  ス...more
in English
カテゴリー:

『科捜研』マリコの凝視に視聴者「仏像すら泣かせそう」 - 02月17日(金)18:15 

2月16日に放送された『科捜研の女』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)第14話で、主人公の榊マリコ(沢口靖子)が、“涙を流す仏像”に接近する一幕があり、「仏像とマリコ」の妙な絵ずらにネット上で盛り上がりを見せた。京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描いた本作。“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーとして、1999年のスタート時から根強い人気を誇っている長寿シリーズだ。特に今シーズンは、“マリコの衝撃的シーン”をエッセンスとして加えており、この14話でもマリコの仏像との“衝撃シーン”が登場した。今回は、小さな寺の境内にある蔵の中からナイフを胸に突き立てられた建設会社社長・大前孝之(入江毅)の死体が発見されるという事件が発生。奇妙だったのは、蔵には内側からカギがかけられており密室状態だったことだ。マリコら科捜研の鑑定で、遺体は別の場所で殺害された後、蔵まで運び込まれたことが判明するが、犯人はいったいどんな手段で密室を作り上げたのかが、最大の謎だった。まもなく、殺された大前は業界では有名なやり手で、3年前、世界遺産の寺院の土地の一部を買い上げ、セレブ向けの複合ビルを建設したことが発覚。その際、...more
in English
カテゴリー:

小池都知事が展開 内田氏、石原氏、森氏との巧みな戦い方 - 02月14日(火)16:00 

 そこのけ、そこのけ、百合子が通る。小池百合子・東京都知事が千代田区長選で圧勝し、ついに「宿敵」である都議会のドン・内田茂都議(千代田区選出)を“討ち取った”。勝敗を決したのは応援に立った小池氏の一言だった。 「代理戦争と言われますが、その通り」  区長選は「小池か内田か」の選択になり、小池氏支援の現職が自民党候補をトリプルスコアで圧倒した。 「内田さんもこんな大差で敗れては7月の都議選への出馬は無理、引退しかない」(自民党東京都連幹部)  さらに勝負どころとみるや、区長選から間髪入れずに“次の宿敵”に襲いかかった。石原慎太郎・元都知事だ。  小池氏は築地市場の豊洲移転問題で石原氏の責任を再検証する姿勢を打ち出し、「逃げてしまっているという印象は良くないのではないか。石原さんらしくない」と説明責任を求めた。これまで渋っていた都議会の豊洲市場移転問題特別委員会も区長選後に突然、自民党を含めた全会一致で石原氏の参考人招致を決めた。政治ジャーナリストの角谷浩一氏が指摘する。 「7月の都議選では豊洲問題の責任追及も争点のひとつとなる。自民党の都議たちは石原氏の参考人招致に慎重だったが、千代田区長選の結果を見て、“石原さんを守れば自分たちが選挙で落ちる”と焦って参考人招致に雪崩をうった。石原氏は『喜んで応じる。知ってることも全部話す』と語っており、都議会で石原さんや自民党の責任のなすり合いに...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「真相解明」の画像

もっと見る

「真相解明」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる