「真田紐」とは?

関連ニュース

【福岡のうまかもん】やまやが手がける新ブランドに注目!「博多 五口福」 - 12月14日(木)20:00 

名だたるメーカーがしのぎを削る明太子の激戦区・福岡で、最近注目を集めているのが「博多 五口福(ごこふく)」。それもそのはず、同店は、明太子の有名メーカー“やまや”が手がける岩田屋のプライベートブランドだ。 【写真を見る】明太子の激戦区・福岡で、最近注目を集めているのが「博多 五口福」。明太子は丁寧に漬け込み、奥深い味わい スケトウダラの成魚の原卵を厳選し、全国から選りすぐりの素材を使用。薩摩のカツオ節や日高の昆布、長崎のトビウオと、灘の名水・宮水で仕込んだ純米大吟醸を使い、フルーティな香りと上品な味わいに仕上げている。「切子 五口福明太一味」(100g/648円)や「切子 五口福明太七味」(100g/648円)、「五口福重ね漬け明太(一味)」(100g/1296円)など、明太子の辛子は、漬け方に合わせて、七味と一味から選べるのもうれしい。 定番は、小箱の「五口福ごのみ」(各324円)シリーズ。なかでも「めんたいバター」は、パンやパスタと相性抜群で人気の味だ。また、フルーティな香りで女性に人気の「ゆずめんたい」や、エビがごろっと入っていて、ディップにしてもおいしい「エビマヨめんたい」など、全部で10種類をそろえる。 創業当時から継ぎ足し続けてきた匠のタレに漬け込み、168時間熟成させた「やまや」の明太子。同店では、伝統の味を受け継ぎつつ、独自のブランドとして進化している。“旨味・おい...more
カテゴリー:

「わろてんか」56話。今週の演出家は「真田丸」でも面白い回を担当していたひとだ - 12月06日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第10週「笑いの神様」第56回 12月5日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太56話はこんな話団吾師匠(波岡一喜)を迎えるという藤吉に、アサリ(前野朋哉)、キース(大野拓朗)、万丈目(藤井隆)、岩さん(岡大介)たちは労働争議を起こす。 団吾反対(断固反対)芸人たちのダジャレ出たー。こういうシンプルなのは嫌いじゃない。 伊能さま、ピンチ伊能栞(高橋一生)のもとに、本家の長男がやって来て、自分が製薬会社を継ぐから、社長解任を言い渡す。伊能は、伊能活動寫眞だけは僕のものだという。新しいことに挑戦し続ける開拓者の団吾に倣って、僕らも時代を切り拓くんだと前向きな伊能に、藤吉は、またも「よっしゃ俺もやったる」と流される。ほんとうにこの人、自主性がない。でもこれだけ徹底していると、もはや、ネタである。 寺ギンも団吾を寺ギンもじつは何年も寺ギンを狙っていた。藤吉が団吾獲得に動き出したと聞いて、むむむとなる。藤吉と寺ギンの団吾をめぐる争奪戦が繰り広げられるのか。なんだか凄そうな団吾師匠、月曜日の55話ではまだベールに覆われていたが、56話でついに明るみに。派手に飲んで、買って(打ってるかはわからない)、遊びまくっている人物のようだ。それが芸の肥やしになっているらしい(肝心の芸は、台詞で...more
カテゴリー:

「真田紐」の画像

もっと見る

「真田紐」の動画

Wikipedia

真田紐(さなだひも)は、縦糸と横糸を使い機(はた)で織った平たく狭い織物の紐。漢語では「絛紐」(さなだひも)と書くこともある(wikt:絛)。

一重織り・袋織りがあり、材質は木綿・正絹を使う。

主に茶道具桐箱の紐・の下げ緒・着用時の紐・帯締め帯留用の紐・荷物紐等に使用する。

特徴は伸びにくく丈夫なので重いものを吊ったり、しっかりと物を縛る事に使う。 数多くの柄があり、一部は家紋の様に家・個人の決められた柄があり個人・集団の認証・作品の真贋鑑定に使われている。

歴史・名前の由来

起原は定かではないが、チベットの山岳民族が家畜の獣毛を染め腰機を用い織った細幅織物が南乗仏教伝来とともに海路日本に入ってきたものが、停泊地の沖縄地方ではミンサー織りになり、八重山諸島では八重山織になり、本州では綿を草木で染め...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる