「真屋順子」とは?

関連ニュース

欽どこ母役の真屋順子さん 欽ちゃんと「感動の夫婦再会」 - 01月18日(木)16:00 

“欽どこ”の母親役で一時代を築いた女優・真屋順子さん(享年75)。昨年12月28日の急逝に先立つ3カ月ほど前、病床の真屋さんに“感動の対面”があった。 明かすのは、真屋さんの最期を看取った長男・高津健一郎さん(55)。夫婦を演じた萩本欽一(76)が昨秋、見舞いに訪れていたのだという。 「9月に、見栄晴さんとお見舞いにきてくださったんです。1時間以上もいてくださったと思います。最初お互いに照れていたのですが、萩本さんが“欽どこ”時代のエピソードをたくさん母に話してくださって。『上品な番組になったのは、お母さんのおかげ』と繰り返し感謝の言葉をくださいました」 絶妙なやりとりで一世を風靡した“夫婦の再会”に、真屋さんも感慨ひとしおだったことだろう。 そして年が明けて訃報が流れると、健一郎さんのもとに真屋さんを偲ぶ声が多く寄せられたという。 「本当に愛されていたんだなと思いました。『勇気をいただいた』とか『真屋さんに励まされた』と周りの方に言っていただいてうれしかったですね」 真屋さん、安らかに――。【関連記事】萩本欽一語るテレビ論に「深い」と考えさせられる視聴者続出萩本欽一 弟子・小西博之に「がん完治というコント作った」極楽山本語る、激励をし続けてくれた恩人・萩本欽一への感謝
カテゴリー:

落語家・柳家小蝠さん、肺炎のため死去 42歳 4年前に真打昇進 - 01月13日(土)18:37 

 落語家の柳家小蝠(やなぎや・こふく=本名:新井淳一)さんが12日、肺炎のため都内の病院で亡くなった。享年42。13日に落語芸術協会(芸協)が発表した。今月5日の東京・上野広小路亭初席が最後の高座となった。演目は「表札」。  小蝠さんは1975(昭和50)年11月16日、群馬県高崎市生まれ。1994(平成6)年、五代目立川談志に入門、「志っ平」と名乗る。2001(平成13)年、十代目桂文治門下へ移籍、「桂前助」と改名。04(平成16)年、文治没後、柳家蝠丸門下へ移り、05(平成17)年2月に柳家小蝠を襲名し二ツ目昇進。2014(平成26)年5月に真打昇進。  先代文治師匠の演目や芸協に古くから伝わる新作落語「芸協噺」を好んで演じ、その芸歴に裏打ちされた語り口は親しみやすく、技巧派の演者だった。得意演目は「おしくら」「旅行日記」「親子酒」「蛙茶番」「木乃伊取り」「掛け取り」。  先輩から愛され、後輩からも慕われる存在で、「当協会において欠かすことのできない特別な若手演者でした。あまりにも若すぎる突然の訃報が悔やまれてなりません」(芸協)と、早すぎる死を悼んだ。 【関連記事】 声優・鶴ひろみさん死去 事務所が正式発表 運転中に大動脈解離 星野仙一さん死去 70歳 中日・阪神・楽天で監督 (18年01月06日) BABYMETAL“神バンド”ギタリスト・藤岡幹大さん36歳で急死...more
カテゴリー:

真屋順子さん死因は全身衰弱 長男がブログで明かす - 01月11日(木)07:47 

 昨年12月28日に75歳で亡くなった女優真屋順子さんの死因が全身衰弱だったことが10日、分かった。  長男の高津健一郎さんがこの日までにブログで明かしたもので、12月28日午前3時46分に亡くなり、同30日に葬儀を行い、後日、お別れの…
カテゴリー:

関根勤が『欽どこ』で世話になった真屋順子さんへのお悔やみメッセージ公開 - 01月06日(土)16:01 

1976年から1986年まで放送されたバラエティ番組『欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)』で「お母さん」の役を演じた女優・真屋順子さんが昨年12月28日に死去していたことが明らかになった。 真屋さんに対しては『欽どこ』で共演したタレント・関根勤がアメブロにてお悔やみのメッセージを公開している。 〈デビューした後、芸能界でもがき苦しんでいた頃に 萩本欽一さんに「欽どこ」に呼んでいただき、 真屋順子さんと出会いました。 その頃の「欽どこ」は、萩本さんが直前で演出を変更したり 僕と小堺くんが好き勝手やったりと先の読めない現場でした けど、どんな時も笑顔で我々を見守って下さっていたと記憶 しています。 その笑顔のおかげで、毎週楽しく安心してステージに 立つことが出来ました。 これからも僕らを見て笑って下さい。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 関根勤〉 関根は番組中で「クロ子」と「グレ子」を演じ、メッセージでも登場する小堺一機も「クロ子」と「グレ子」を演じた。 また、タレントの桜金造も「同志」というブログのエントリーを執筆し、真屋さんを追悼。 「脳出血で左半身麻痺 私と全く同じだ たぶん治療もほとんど同じだと思います」としたうえで、「彼女の分まで生きて頑張りたいと思います」と宣言した。 【関連記事】 ・「#関根勤 より #真屋順子 さんへのお悔やみのコメントを掲載させ...more
カテゴリー:

細川たかし「笑いの間教えてもらい」/真屋さん悼む - 01月05日(金)19:13 

 演歌歌手細川たかし(67)が5日、所属事務所を通じてコメントを発表し、昨年12月28日に亡くなった女優の真屋順子さん(本名高津詔子、享年75)を悼んだ。  真屋さんが出演していたテレビ朝日系バラエティー番組「欽ちゃんのどこまでやるの!…
カテゴリー:

真屋順子さん 全身衰弱で急逝…長男明かした穏やかな最期 - 01月18日(木)11:00 

「12月に入って、主治医から『食事がとれなくなりました。点滴も十分に入らない状態です。これからは衰弱する一方になります。携帯電話はつねに通じるようにしていてください』と言われました。それで、亡くなる前日にも4人の知人や親せきが病室に来てくれました。みなさんが母の寝顔を指さして『なんか元気になったんじゃない?』と言ってくれたほどで、しゃべれはしませんでしたが、口や瞳を動かして血色もよく、これなら新年を迎えられると思っていたんです。それなのに、安心して帰宅した後の深夜2時過ぎに容体急変を知らせる電話が……」 人気番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の母親役で親しまれた真屋順子さんが昨年12月28日、都内の病院で全身衰弱のため亡くなった。75歳だった。 真屋さんは00年に脳出血で倒れ、左半身マヒなどの後遺症を抱えながらも、03年に舞台復帰。その後の15年4月、さらに脳梗塞を発症し、治療とリハビリに励んでいた。最期を看取った長男・高津健一郎さん(55)が、本誌に真屋さんの闘病の日々を語ってくれた。 1月11日、記者が都内の自宅を訪れると、生前の真屋さんが使っていた部屋で迎えてくれた健一郎さん。冒頭のように、亡くなった日は知人らの見舞いに喜び、真屋さんは元気を取り戻したようだったという。 「みんなの声掛けにもすごく反応がよくて、私もホッとして帰ったんですが...more
カテゴリー:

BABYMETALの『神バンド』ギタリスト・藤岡幹大さん急逝に「夢だと思いたい」 - 01月11日(木)15:21 

メタルダンスユニット『BABYMETAL』のバックバンド『神バンド』のベース担当、BOHが10日、アメブロを更新。1月5日に急逝したギタリスト・藤岡幹大さんへの想いをつづっている。 藤岡さんは音楽学校「Musicians Institute Japan」の講師を務める傍ら、アーティストやセッションギタリストとして活動。「神バンド」にもギタリストとして参加しており、プロからも一目置かれる腕前は、「神」と称されるほどだった。昨年の12月30日、天体観測中に高所から落下し療養を続けていたが、1月5日の夜に容態が急変し36歳で永眠したことが、1月9日に藤岡さんのTwitterアカウントを通じて妻から報告されていた。 「ありがとう藤岡先生」と題して更新したブログで、「BOHにゃんまた来年」という言葉が、藤岡さんと最後に交わした言葉だったと明かしたBOH。事故の起きた12月30日に帰省先で藤岡さんの妻から連絡を受けた際には、藤岡さんには意識があったといい「東京へ戻ったら見舞いに行かんとな」と思っていたという。 しかし、1月5日になって容体が急変した藤岡さんが亡くなったという知らせが届いたといい、「僕は動揺を隠せなかった。悪い冗談だと思いたい。これは夢だと思いたい」と悲痛な胸の内を振り返った。 BOHは藤岡さんの人柄を「ギターと音楽が大好き」「周りの仲間が大好き」「家族が大好き」と、約4...more
カテゴリー:

真屋順子さん死去 所属事務所サイトで発表 - 01月10日(水)21:11 

 女優の真屋順子さんが死去したことを所属事務所「劇団樹間舎」が公式サイトで発表した。75歳だった。  長男の高津健一郎氏名義で発表された文章によると、真屋さんは昨年12月28日午前3時46分、全身衰弱のため都内の病院で死去した。同30日に親族、近親者で火葬式を執り行われたことを報告し、後日「お別れの会」を予定していることを明かした。  真屋さんは00年脳出血で倒れており、高津氏は「17年間の闘病の荷を降ろし、夢を見ているような、静かで、とても穏やかな最期でありました」とつづった。  高津氏は関係者やファンに感謝の言葉を並べ「残された家族としては、ただただ切なく寂しい気持ちで一杯ですが、真屋を愛していただいた皆様の心の中に、母のあの笑顔を感じる時がございます。 今はそれを私の勇気にさせていただいています」と結んだ。  真屋さんは1970年代の人気バラエティー『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の母親役で活躍していた。 【関連記事】 真屋順子のプロフィール 星野仙一さん死去 70歳 中日・阪神・楽天で監督 (18年01月06日) 俳優・深水三章さん死去 70歳 『楢山節考』『うなぎ』など (18年01月05日) コンビ名誉会長の松浦康雄さん死去 85歳 ベビー業界の発展に貢献 (17年12月22日) SHINeeジョンヒョンさん死去 所属事務所「あまりにも大きな衝撃と悲しみ」 ...more
カテゴリー:

闘病真屋順子さん死去、欽ちゃんら「お別れの会」を - 01月06日(土)07:49 

 テレビ朝日系人気バラエティー番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」の母親役などで知られた女優の真屋順子(まや・じゅんこ)さん(本名・高津詔子=たかつ・しょうこ)が昨年12月28日に死去していたことが5日、分かった。75歳だった。葬儀は近親…
カテゴリー:

小堺一機「何の恩返しも」欽どこ共演/真屋さん悼む - 01月05日(金)18:06 

 タレントの小堺一機(62)が5日、昨年12月28日に亡くなった女優の真屋順子さん(本名高津詔子、享年75)の訃報に、所属事務所を通じてコメントを発表した。小堺は「欽ちゃんのどこまでやるの!」で真屋さんと共演している。  小堺は「欽どこ…
カテゴリー:

もっと見る

「真屋順子」の画像

もっと見る

「真屋順子」の動画

Wikipedia

真屋 順子(まや じゅんこ、1942年1月8日 - )は日本の女優。大分県日田市出身。特技は日舞。

夫は俳優高津住男

来歴・人物

朝鮮釜山生まれ佐藤正弥 編著 データ・バンク にっぽん人 現代書林、1982年、208頁。。終戦で3歳のとき引揚げ日田市で育つデータ・バンク にっぽん人、208頁。。大分県立日田高等学校中退後、松竹歌劇団(SKD)に入団。俳優を志し、俳優座養成所卒業(俳優座13期生)後、劇団雲に研究生として入る。1975年、演劇集団 円に参加。1980年には夫の高津と劇団樹間舎を旗揚げした。

舞台活動に加え、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる