「真壁刀義」とは?

関連ニュース

ブラッド・ピット、2年半ぶり来日でスッキリ「大胆な作品が作れた」と笑顔 - 05月22日(月)16:00 

 米俳優ブラッド・ピットが自ら主演&プロデュースしたNetflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』のプロモーションのため来日し、22日に都内で記者会見に臨んだ。プロモーション来日は映画『フューリー』以来、2年6ヶ月ぶり11度目。この間、私生活ではアンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動もぼっ発したが、見た目にも健康そうで顔立ちもスッキリとした印象。長時間の移動の疲れもみせず、笑顔で登壇したピットは「今夜、何を食べようか、と考えていたので、一瞬、質問を忘れました」などと時折、冗談を交えながらも、作品に込めた思いを熱心に語った。  「この作品を僕らは誇りに思っている」と、ピットが主演とプロデューサーを兼務した本作は、アフガニスタン駐留米軍の司令官に任命されたゴリゴリの職業軍人を主人公の栄光・衰退と、魑魅魍魎がうごめく現代の戦争の裏側を描いた衝撃作。原作は実在の陸軍将軍スタンリー・マクリスタルに密着した、マイケル・ヘイスティングのルポルタージュ『The Operators(原題)』で、ピット率いる製作会社「Plan B」が映画化権を取得し、デビッド・ミショッドに脚本化と監督を依頼。Netflixと組んで完成させ、今月26日からオンラインストリーミング配信開始となる。  ピットは、「この作品について語る機会を与えてもらい、うれしく思っています」とあいさつ。「Netflix...more
カテゴリー:

棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」報道番組に初出演! - 05月22日(月)15:00 

新日本プロレスの棚橋弘至選手とブシロード木谷高明会長が、5月28日(日)放送の『津田大介日本にプラス』マンスリースペシャル(CSテレ朝チャンネル2、10:00)に出演。同番組は、“ソーシャル・メディアのカリスマ”津田大介がメインキャスターを務めるテレビ朝日制作の報道番組だ。今回は、“プロレス女子”も急増、画期的改革を断行し、大復活した新日本プロレスの立役者である2人に、大復活の秘密について、「リング上と経営改革」という2つの視点から迫る。カリスマ、アントニオ猪木が設立し、ちびっ子のヒーローとなった初代タイガーマスクなど、1980年代にテレビのゴールデンタイムで視聴率20%を超え、圧倒的人気を誇ったものの、2000年代に主力選手の相次ぐ退団や総合格闘技ブームなどで“冬の時代”を迎えた新日本プロレス。それが今、29歳のIWGPヘビー級王者、プロレス界にカネの雨を降らせる男・オカダ・カズチカ、制御不能のIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也、新日本プロレスを冬の時代から支え続けたエース・棚橋選手……といった人気レスラーが集結し、“プロレス女子”と呼ばれる女性ファン、家族連れ客などが急増、売上高もどん底だった時期から3倍増(32・4億円)にまでV字回復した。その理由はなにか?番組では、新日本プロレスの春の後楽園ホール大会、両国国技館大会の激闘を取材。そこで、プロレスを観に来る女性客、...more
カテゴリー:

今度は本当?大仁田厚が7度目のプロレスラー引退宣言も「ネタだろ」の声 - 05月11日(木)22:00 

(画像はTwitterのスクリーンショット)10日、プロレスラーの大仁田厚(59)が記者会見を開き、「2017年10月31日を以って現役を引退する」と宣言。大仁田の引退宣言は、これで7回目となる。■今度は本気?会見で大仁田は「プロレスを40年やってきて、昨年腕を2箇所と腰を骨折した。一生懸命やるのはこれまでかなという思いに達した」と引退の理由を説明した。続けて「いろんな方にご迷惑をかけ、顰蹙も買ったと思う。そこはプロレスが好きだという気持ちでやってきたので、どうか許していただきたいと思っております」とコメント。引退の理由を素直に心境を語り、有終の美を飾ることを宣言したのだが、ネット民からは「またかよ」「詐欺だろ」など、信じていない人がほとんどのようだ。大仁田7度目の引退とか信用度が皆無だろw— EVERGREEN (@evergreen___) May 10, 2017大仁田の引退はネタとしか思えん。— 彷徨う旅人 (@sasuraidesu) May 10, 2017大仁田とテリーファンクと長州力は何回「引退」するんだ???— 鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人) (@s_hiroki24) May 10, 2017■2度目の復帰にファンが激怒なぜ大仁田はここまで信用を失ってしまったのか。それは2度目の引退に原因がある。1度目の引退後、復帰した大...more
カテゴリー:

【テレビ】<川田裕美アナ>テレビ7本、ラジオ2本のレギュラーを抱える売れっ子ぶり!この人気の秘密はなんだ? - 05月03日(水)00:11 

元読売テレビのフリーアナウンサー、川田裕美(33)がひっぱりだこの人気となっている。 女性フリーアナ激戦の今、ローカル番組を含めてテレビ7本のレギュラーを抱える売れっ子ぶりなのだ。この人気の秘密はなんだ。 川田アナは、4月からNHK総合「バナナ ゼロミュージック」のMC、そしてTBS系「この差って何ですか?」のMCと相次いでレギュラーが決定している。 これでレギュラー番組は、関西ローカルを含め、テレビ7本、ラジオ2本という多忙ぶりだ。 川田アナといえば読売テレビの局アナ時代の2011年から約...
»続きを読む
カテゴリー:

棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」報道番組に初出演! - 05月22日(月)15:51 

新日本プロレスの棚橋弘至選手とブシロード木谷高明会長が、5月28日(日)放送の『津田大介日本にプラス』マンスリースペシャル(CSテレ朝チャンネル2、10:00)に出演。同番組は、“ソーシャル・メディアのカリスマ”津田大介がメインキャスターを務めるテレビ朝日制作の報道番組だ。今回は、“プロレス女子”も急増、画期的改革を断行し、大復活した新日本プロレスの立役者である2人に、大復活の秘密について、「リング上と経営改革」という2つの視点から迫る。カリスマ、アントニオ猪木が設立し、ちびっ子のヒーローとなった初代タイガーマスクなど、1980年代にテレビのゴールデンタイムで視聴率20%を超え、圧倒的人気を誇ったものの、2000年代に主力選手の相次ぐ退団や総合格闘技ブームなどで“冬の時代”を迎えた新日本プロレス。それが今、29歳のIWGPヘビー級王者、プロレス界にカネの雨を降らせる男・オカダ・カズチカ、制御不能のIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也、新日本プロレスを冬の時代から支え続けたエース・棚橋選手……といった人気レスラーが集結し、“プロレス女子”と呼ばれる女性ファン、家族連れ客などが急増、売上高もどん底だった時期から3倍増(32・4億円)にまでV字回復した。その理由はなにか?番組では、新日本プロレスの春の後楽園ホール大会、両国国技館大会の激闘を取材。そこで、プロレスを観に来る女性客、...more
カテゴリー:

【直虎】直政の幼少期・虎松を好演 寺田心、8歳の素顔 - 05月14日(日)06:00 

 NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で、井伊家の嫡男・直政の子ども時代、虎松を演じている寺田心(8)。大河ドラマは初出演。「ふだんと全然違う髪型や着物で、全然違う僕になっているので、うれしいし楽しいです」と話す。 【写真】安藤なつがSNSに投稿し話題となった写真  寺田は、子役ブームを牽引した芦田愛菜が主演したドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ)などに出演し、その演技力やかわいらしさで注目され、2015年にバイキンの親子に扮したTOTOのCMで大ブレイク。バラエティー番組でも物怖じしない、天賦の才能をと言っていいだろう。  もちろん、『直虎』の撮影現場でもその実力を存分に発揮しており、虎松の後見人となる主人公・井伊直虎を演じる柴咲コウは、寺田に「おじいさんが入っているのか?」と思わず聞いてしまったほど。その話を教えてくれたのも寺田本人なのだが、柴咲には「入ってないです。後ろにチャックないです」と訴えたという。  大河出演が決まってから、「僕は左利きなので、全部右手でしないといけないところが難しいですね」と利き手を変えたり、大河ドラマがどういうものか知るために『篤姫』のDVDを観たり。そういった努力を嫌がらずにできるのも天才子役たらしめるところ。実在した人物を演じる時に、多くの俳優たちがお墓参りやゆかりの地を訪ねるように、「...more
カテゴリー:

【テレビ】<川田裕美アナ>テレビ7本、ラジオ2本のレギュラーを抱える売れっ子ぶり!この人気の秘密はなんだ?★2 - 05月04日(木)19:11 

元読売テレビのフリーアナウンサー、川田裕美(33)がひっぱりだこの人気となっている。 女性フリーアナ激戦の今、ローカル番組を含めてテレビ7本のレギュラーを抱える売れっ子ぶりなのだ。この人気の秘密はなんだ。 川田アナは、4月からNHK総合「バナナ ゼロミュージック」のMC、そしてTBS系「この差って何ですか?」のMCと相次いでレギュラーが決定している。 これでレギュラー番組は、関西ローカルを含め、テレビ7本、ラジオ2本という多忙ぶりだ。 川田アナといえば読売テレビの局アナ時代の2011年から約...
»続きを読む
カテゴリー:

「真壁刀義」の画像

もっと見る

「真壁刀義」の動画

Wikipedia

真壁 刀義(まかべ とうぎ、1972年9月29日 - )は、日本男性プロレスラー。本名及び旧リングネームは真壁 伸也(まかべ しんや)。神奈川県相模原市中央区出身。新日本プロレス所属。血液型B型。神奈川県立城山高等学校を経て帝京大学出身。

経歴 入門以前 - 若手時代

中学時代から柔道を経験し、帝京大学在学中に二段を習得。またプリン真壁リングネーム学生プロレスで活躍(サークルの後輩にDDTのHARASHIMAAV男優ミートボール吉...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる