「真剣佑」とは?

関連ニュース

呆然「刑事ゆがみ」最終話。オダギリジョーのパブリックイメージそのものがトリックだった、やられた! - 12月15日(金)12:00 

フジテレビ系「刑事ゆがみ」(木曜22時〜)最終話。オダギリジョーは、狂人、異常者、天才など、凡人には計り知れない世界を生きる役が良く似合う。オダギリジョーを使った印象操作そんなオダギリジョー演じる横島不二実は、全身真っ黒の服を着て、何話も前から意味深な登場の仕方ばかり。しかも、死んだはずだとか、カリスマ小説家だとか、自身の小説「ロイコ」に似た殺人事件「ロイコ事件」の犯人だとか。見ているこっちからしたら、横島は狂人だと想像せざる負えない。最終話の冒頭、今までほぼセリフの無かった横島が、フォークリフトをサンタクロースの格好で乗り回し、高笑いを浮かべながら海にマネキンを投げ入れる。そして、マネキンをヒズミ(山本美月)と勘違いして海に飛び込んだ弓神(浅野忠信)におしっこをかけてさらに高笑い。もう絵に描いたような狂人だ。しかし、物語が進むに連れ、とんでもない事実が発覚する。横島は、「ロイコ事件」の犯人ではなかったのだ。それどころか、小説もゴーストライターなしではまともにかけない似非カリスマだったのだ。横島がやったことと言えば、ゴーストライターの河合武(渋川清彦)の才能に嫉妬し、その奥さんの伊代(酒井美紀)を襲ったことくらい。あとは、弓神の指示通りに動いただけだった。横島はただの小物だったのだ。小物がプライドをこじらせて、突飛な行動を取ってしまっただけだった。オダギリジョーが悪のカリスマっぽい...more
カテゴリー:

志尊淳、新ドラマ『トドメの接吻』で山崎賢人を慕う後輩ホストに - 12月14日(木)17:00 

 俳優の志尊淳が、2018年1月スタートの新ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で、山崎賢人が演じる主人公に懐く可愛い後輩ホスト役を務めることが発表された。志尊は「ホスト役は初めての挑戦なので、試行錯誤しながらいい作品を作れるように精進します」とコメントを寄せている。【関連】「志尊淳」フォトギャラリー 本作は、カネと権力だけを追い求める主人公のホスト・堂島旺太郎(山崎)が、“ある女”(門脇麦)のキスにより死亡するものの、次の瞬間に目覚めると7日前に戻っており、そこから死のタイムリープをくり返すという異色のラブストーリー。キャストには、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗も名を連ねている。 以前同じ店で働いていたこともあり、旺太郎をよく慕い、共に“キス女”の謎に迫る小山内和馬を演じる志尊は「今回、素晴らしいキャストの皆さんとご一緒出来ること、とても光栄に思っています。台本を読ませていただき、『これはエッジの効いた作品になるな』と強く感じました」とコメント。また「ホスト役は初めての挑戦なので、試行錯誤しながらいい作品を作れるように精進します」とも語っている。 残る登場人物として、旺太郎にアドバイスを贈る“謎のストリートミュージシャン”春海一徳役を務めるキャストは21日に発表される。  日曜ドラマ『トドメの接吻』は、日本テレビ系にて2018年1月7日より毎週日曜22時3...more
カテゴリー:

「刑事ゆがみ」最終回直前!SNS発オフショットを一挙振り返り! - 12月14日(木)06:45 

浅野忠信主演のドラマ「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)が、12月14日(木)の放送でついに最終回を迎える。 【写真を見る】全40枚!浅野忠信&神木隆之介の顔交換ショットや、斎藤工・中川大志・新田真剣佑らゲスト陣とのオフショットを全部見せ。初公開のお蔵出しショットも!/(C)フジテレビ クセのある魅力的なキャラクターや、緻密に練られたストーリー展開、さらに、他局のドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)のネタをセリフに取り入れるなどの遊び心で、視聴者の心をつかんできた今作。さらには、公式TwitterやInstagramで見られる、浅野や神木隆之介らキャスト陣のサービス精神あふれる姿も多くの注目を集めてきた。 ザテレビジョンでは、最終回の放送を前に、公式SNSにアップされた画像や、未公開のお蔵出し画像を一挙公開!また、公式SNSを担当するソーシャルメディアプランナー・春日美咲氏に、撮影時のエピソードを語ってもらった。 主演の浅野は、SNSで“面白く”見せることに積極的だそうで「浅野さんは『面白いことはどんどんやっていこう!』と言ってくださるので、私が『こういうのどうですか?』と無茶苦茶な提案をしても、NOと言われたことはありませんでした。むしろカメラを向けると、さらに面白くアレンジしてくださるので、撮ってる時は笑いをこらえるのに必死でした(笑)。一番最初に撮った動画では『台本を持った写真を撮...more
カテゴリー:

志尊淳、赤髪でホスト役に初挑戦「試行錯誤しながらいい作品を」 - 12月14日(木)05:00 

 俳優の志尊淳が、来年1月7日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『トドメの接吻』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。志尊が演じるのは主人公・旺太郎(山崎賢人)の後輩ホストで彼に懐いている小山内和馬。赤く髪を染め役作りバッチリの志尊は「台本を読ませていただき、『これはエッジの効いた作品になるな』と強く感じました。ホスト役は初めての挑戦になるので、試行錯誤しながらいい作品を作れるように精進します」と背筋を正している。 【別カット】優しい笑顔にドキッ!ホストを演じる志尊淳  主人公で金と権力を愛する“クズホスト”旺太郎は、次のターゲットとしてお嬢様・並樹美尊(新木優子)に狙いを定めていた。そんなある日、旺太郎は突然目の前に現れた謎の女(門脇麦)に贈られた“接吻”によって、死亡。目覚めるとそこは7日前の世界で、彼はタイムリープして同じ時間を繰り返していた…。女の目的は?旺太郎の計画の行方は…。邪道ラブストーリーをオリジナル脚本で描いていく。  和馬はホストクラブ『ナルキッソス』にやってきた、旺太郎の“かわいい後輩ホスト”。旺太郎とは以前同じ店で働いていたことから慕っており、タイムリープを繰り返す旺太郎のよき理解者であり協力者。旺太郎と共に“キス女”の謎に迫るという役どころとなる。  また第一話のゲストとして、釈由美子、井上晴美、ふせえりの出演も決定。最後のメインキャス...more
カテゴリー:

柚希礼音、西川貴教らが地球ゴージャスに初参戦! - 12月13日(水)17:55 

岸谷五朗と寺脇康文が1994年に結成し、前回公演「The Love Bugs」では10万人を動員した演劇ユニット・地球ゴージャスが、新作「ZEROTOPIA」を来年4~7月に上演。岸谷、寺脇の両名に話を聞いた。 地球ゴージャス チケット情報(PC)豪華客船が沈没し、生き残った乗客たちはある島に流れ着く。そこは地図に載っていない、色彩のない島。やがて彼らの隠された過去が暴かれ……。「いつも台本ができると、最初に寺ちゃんに読んでもらうんですよ。ファースト・インプレッションってすごい大事で。だいたい4行くらいしか感想返ってこないんだけど」(岸谷)「作り手でありながら、僕もそこで観客第一号になれる。感じたものを、いつも素直に返します。『最高! さすが。これで行こう! 早く稽古したいね』みたいな」(寺脇)「4行じゃなく、4語だった(笑)」(岸谷)脚本・演出は岸谷の担当だが、寺脇のアシスト態勢もバッチリ。さすが出会いから33年、一度もケンカをしたことがないという名コンビだ。「僕らが一番大事にしているのは、そのときにしかできない芝居をするということ。だからゴージャスでは、再演はまずやらない。五朗ちゃんが感じる“今”は、作品の中に絶対に入ってくるし、『新作が最高傑作』という思いで毎回やっています。今回もそう言える作品を2か月間の稽古で作り上げていきたい」(寺脇)地球ゴージャスのようなスター揃いのカ...more
カテゴリー:

永尾まりやが熱演、配信ドラマ版『不能犯』ダイジェスト映像 - 12月15日(金)03:40 

 俳優の松坂桃李主演の映画『不能犯』(2018年2月1日公開)に先駆けて、映画では描かれないエピソードを映像化したオリジナルドラマ(2017年12月22日スタート、毎週金曜更新)が、映像配信サービス「dTV」で独占配信される。配信版より、永尾まりやが女優として新たな一歩を踏み出す熱演を見せる第1話のダイジェスト映像が公開された。 【場面写真】第1話に出演する永尾まりや  『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画(原作:宮月新、作画:神崎裕也)が原作。“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど、常識的に考えて犯行を証明できない“立証不可能犯罪”で、ターゲットを確実に死に至らしめる殺し屋・宇相吹正(うそぶき・ただし)と彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いた新感覚スリラーエンタテインメント。宇相吹役に松坂、宇相吹の能力が唯一効かない天敵の刑事・多田友子役で沢尻エリカが出演する。  第1話のダイジェスト映像は「誰を殺したいんですか?」という宇相吹の不気味な一言で始まる。理想の結婚が決まったSNSが生きがいの加島夏美(永尾)は、些細な事がきっかけで婚約者の友人・矢崎太一(鈴之助)に元AV女優という秘密にしていた過去がバレてしまう。矢崎は「婚約者に元AV女優という事実をバラす」と夏美を脅し、夏美は矢崎の言いなりに…。そして、矢崎との関係に嫌気が差した夏美は「殺してお願い...more
カテゴリー:

今夜最終回「刑事ゆがみ」解決してない謎を洗い出してみた。洗脳の張本人はオダギリジョーじゃないのかも - 12月14日(木)09:45 

フジテレビ系「刑事ゆがみ」(木曜22時~)第9話。最終回前ということで、いつもの一話完結ではなく、二話完結のお話。当然、謎は最終回へと残しまくったわけなのだが、その風呂敷の大きさにビックリした。ロイコ事件今回の事件は、ロイコ事件とのつながりが深そう。なので、ひとまずロイコ事件についてまとめておく。ロイコとは、“ロイコクロリディウム”の略で、脳まで支配する寄生虫のこと。小説「ロイコ」は、主人公は殺人鬼に寄生されて心を操られ、殺人を起こしてしまうストーリーだった。これにそっくりな事件が起きてしまう。7年前にある夫婦が殺害され、12歳の一人娘のヒズミ(山本美月)だけが生き残った。これがロイコ事件だ。この事件の犯人は、小説の著者・横島不二実と警察は断定した。警察は横島を追い詰めたが、逮捕目前で焼身自殺をされてしまい、被疑者死亡として事件は終わってしまう。小説「ロイコ」とロイコ事件、どこがどう似ているのかは、いまのところハッキリしていない。今回の事件今回の9話の事件の内容。資産家の薮田恒男(渡辺哲)が自宅で亡くなっているところを家政婦(二階堂ふみ)が発見。「ロイコ」の作者・横島不二実の未完小説「聖なる夜空にサンタが舞う」の事件と酷似していたことから、羽生(神木隆之介)と菅能(稲森いずみ)は、失踪した薮田の1人息子が犯人だと推測する。一方の弓神(浅野忠信)は、なぜか羽生を事件の真相から遠ざける...more
カテゴリー:

志尊淳『トドメの接吻』で可愛い後輩ホスト役に! - 12月14日(木)05:30 

俳優の山﨑賢人が主演を務めるドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系、毎週日曜22:00~※1月7日からスタート)。先週公式サイトにて公開された“キスの音=キスボ”の主が、志尊淳であることが明らかになった。本作は、謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。ホストとして女性を手玉にとるクズ男・堂島旺太郎(山﨑)は、12年前のある事件をきっかけに、人を愛さなくなり、成り上がることだけを追っている孤高の男。とある社長令嬢をターゲットにした旺太郎の前に、ある女(門脇麦)が現れて“死の接吻”をする。すると旺太郎は、呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸を覚えて死んでしまうが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中で意識を取り戻す。繰り返される出来事、場面、会話から「もしや、俺は同じ時間を繰り返している?」と気付くのだった……。志尊は、山﨑が演じる堂島旺太郎の後輩ホストの小山内和馬役。旺太郎とは以前同じ店で働いていたこともあり、旺太郎を慕っている。タイムリープを繰り返す旺太郎のよき理解者であり協力者で、旺太郎と共に“キス女”の謎に迫る役どころ。今回の出演について、「素晴らしいキャストの皆さんとご一緒出来ること、とても光栄に思っています。台本を読ませていただき、“これはエッジの効いた作品になるな”と強く感じました。...more
カテゴリー:

志尊淳『トドメの接吻』で可愛い後輩ホスト役に! - 12月13日(水)20:49 

俳優の山﨑賢人が主演を務めるドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系、毎週日曜22:00~※1月7日からスタート)。先週公式サイトにて公開された“キスの音=キスボ”の主が、志尊淳であることが明らかになった。本作は、謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。ホストとして女性を手玉にとるクズ男・堂島旺太郎(山﨑)は、12年前のある事件をきっかけに、人を愛さなくなり、成り上がることだけを追っている孤高の男。とある社長令嬢をターゲットにした旺太郎の前に、ある女(門脇麦)が現れて“死の接吻”をする。すると旺太郎は、呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸を覚えて死んでしまうが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中で意識を取り戻す。繰り返される出来事、場面、会話から「もしや、俺は同じ時間を繰り返している?」と気付くのだった……。志尊は、山﨑が演じる堂島旺太郎の後輩ホストの小山内和馬役。旺太郎とは以前同じ店で働いていたこともあり、旺太郎を慕っている。タイムリープを繰り返す旺太郎のよき理解者であり協力者で、旺太郎と共に“キス女”の謎に迫る役どころ。今回の出演について、「素晴らしいキャストの皆さんとご一緒出来ること、とても光栄に思っています。台本を読ませていただき、“これはエッジの効いた作品になるな”と強く感じました。...more
カテゴリー:

堀田茜「彼氏目線」のキュート&セクシーカットを披露 上目使いがたまらない! - 12月13日(水)06:55 

タレントの堀田茜が、2018年の公式カレンダーを発売。先行カットを公開した。女性ファッション誌CanCamの専属モデルを務めている堀田だが、今回のカレンダーはターゲットは性だけでなく、「彼氏目線」で見てもらえる写真を意識。普段の姿に近い、自然体の堀田の姿がおさめられている。撮影はことし7月、都内にて敢行。無造作にまとめられたお団子ヘアに、丸メガネ姿、美脚を披露するなどスタイルの良さも堪能できる作品。きたる12月16日(土)には、東京のブックファースト新宿店、地下2階のFゾーンイベントスペースにてイベントを開催予定。 【画像を見る】キャミソールにハラチラがかわいい 堀田は2018年、1月期ドラマ「トドメの接吻(キス)」にレギュラー出演することが決定。本作はある事件をきっかけに誰も愛さなくなったホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)が、偶然出会った“キスで殺す女”(門脇麦)によって「時間」と「死」を繰り返すサスペンス。森菜緒役を演じる堀田は、新田真剣佑演じる並樹尊氏が部長を務める「並樹乗馬倶楽部」のメンバーで、セレブな家柄の子女という役どころ。尊氏の妹・美尊(新木優子)とも日頃から行動を共にしており、彼女たちの存在が旺太郎の運命を大きく変えていく…。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・剛力彩芽、吉本実憂から井本彩花まで! オスカー美女10人の艶やかな晴れ着姿40連発!【写真特集】 ・山崎賢人...more
カテゴリー:

もっと見る

「真剣佑」の画像

もっと見る

「真剣佑」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる