「県立美術館」とは?

関連ニュース

ベストセラー『怖い絵』の世界が展覧会に!--日本初公開の怖い名画も - 05月25日(木)16:59 

上野の森美術館(東京都台東区上野公園)では10月7日~12月17日、ベストセラー「怖い絵」のテーマにした展覧会を開催。兵庫県立美術館(兵庫県神戸市中央区)でも7月22日~9月18日、同時開催される。 「想像によって恐怖は生まれ、恐怖によって想像は羽ばたく」(中野京子著『「怖い絵」で人間を読む』より)。同展は、名画の隠された恐怖を読み解き、大ベストセラーとなった中野京子氏の著書『怖い絵』(角川文庫)の世界を紹介するものとなる。 これまでの絵画鑑賞とは、色彩、タッチ、雰囲気や表現法などをもとに、感性を頼りにして心のままに感じるもの、というのが一般の人々が抱くイメージだった。そんな中、作家・ドイツ文学者の中野京子氏が2007年に出版した『怖い絵』は、「恐怖」に焦点を当て、その絵の時代背景や隠された物語を読み解く美術書としてベストセラーを記録。シリーズ化されて多方面で大きな反響を呼んだ。 刊行10周年を記念して開催する同展では、シリーズで紹介された作品を筆頭に、展覧会に向けて新たに選び抜かれた作品が登場。さらに『怖い絵』の世界を感じられるよう、作品の恐怖を読み解くためのヒントをもとに、観覧者に想像力をかきたてる展示を予定しているという。 最大の注目作は、著書でも紹介されたロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画、ポール・ドラローシュの《レディ・ジェーン・グレイの処刑》。わずか...more
カテゴリー:

兵庫県立美術館:ベルギー展開会式 恐ろしくもユーモラス - 05月19日(金)19:00 

 「ベルギー奇想の系譜展~ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」(毎日新聞社など主催)が20日、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で始まる。19日は開会式と内覧会があり、約200人が招待され、恐ろしくも時にユーモラスな絵画作品などに見入った。
カテゴリー:

細野晴臣、約6年半ぶりとなる新作アルバムを今秋リリース&発売記念ツアーも開催決定 - 05月19日(金)12:41 

細野晴臣の約6年半ぶりとなるオリジナルアルバムが、今秋にリリースされることが決定した。詳細は後日発表されるとのことだが、前作「Heavenly Music」はカバーアルバムのため、オリジナルとしては「HoSoNoVa」以来約6年半ぶり、待望の新作リリースとなる。そして、同時に発売記念ツアーの開催も発表された。ツアータイトルは「細野晴臣 アルバムリリース記念ツアー」。11月11日の岩手公演から12月8日北海道公演まで6会場を回り、出演メンバーは細野をはじめ、高田漣(G)、伊賀航(B)、伊藤大地(D)のスペシャルメンバーでの開催となる。また、福岡は単独公演としては2006年以来、岩手・高知・札幌は初の単独公演実施となる。なお、チケットのオフィシャルサイト先行を6月28日まで受付中。リリース情報アルバム「タイトル未定」今秋発売 ※詳細は後日発表ツアー情報「細野晴臣 アルバムリリース記念ツアー」11月11日(土) open17:00/start17:30 岩手・岩手県公会堂 大ホール11月15日(水) open18:30/start19:00 東京・中野サンプラザ11月21日(火) open18:30/start19:00 高知・高知県立美術館ホール11月23日(木祝) open17:30/start18:00 福岡・都久志会館11月30日(木) open18:30/start19:00 ...more
カテゴリー:

「ひつじのショーン展」が夏休みの広島に登場! - 05月16日(火)17:40 

広島県立美術館では、数多くのアカデミー賞を獲得してきた英国アードマン・アニメーションズの設立40周年を記念した展覧会「ひつじのショーン展」を、7月15日(土)から8月27日(日)の間、開催する。 【写真を見る】クレイアニメの世界に触れられる展覧会/(C)Aardman2016 「ひつじのショーン展」では、「ひつじのショーン」シリーズをはじめ、人気作品の「ウォレスとグルミット」シリーズや「チキンラン」、「おすすめ生活」など、アードマン・アニメーションズの代表的な作品の数々を紹介。2mを超す巨大なセットの数々やフィギュア、スケッチなど約250点を映像とともに展示する。アードマン・アニメーションズのハイクオリティなクレイ・アニメーションの制作現場を垣間見ることができ、ファンのみならずとも楽しめる盛りだくさんの内容だ。 そのほか、アードマン・アニメーションズ設立40周年を記念したグッズなどを販売するほか、ひつじのショーンとの握手会や上映会の実施など、さまざまなイベントの開催も予定。夏休みの広島で開催される「ひつじのショーン展」で、アードマン・アニメーションズの世界の魅力を体感してみては。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】 【関連記事】 ・話題沸騰中!東武動物公園×けものフレンズ!待望の追加プログラム実施! ・“チームラボ”による体験型音楽イベントが渋谷ヒカリエで開催! ・体験型新アトラ...more
カテゴリー:

みんなの掲示板(5月16日) - 05月16日(火)06:00 

【きょうの催し】 館秀夫個展(21日まで、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)◆博多織展(21日まで、鳥栖市本鳥栖町のフレスポ鳥栖小さな工芸館)◆岡田まりゑ展(28日まで、佐賀市天神の画廊憩ひ)◆第49回書友会展(21日まで、佐賀市城内の県立美術館) 【巡回車】 17日 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)、基山町保健センター(予約制、9・10・...
カテゴリー:

佐賀美協展 大賞に彫塑・諸井さん(佐賀市) - 05月25日(木)08:18 

■100回記念県立美術館で26日開幕 今年で100回を迎える佐賀美術協会(先崎民憲理事長)の佐賀美術協会展の入賞・入選者が決まった。節目を記念して設けられた100回記念大賞に、彫塑部門の諸井謙司さん(29)=佐賀市=の「夢水の試み」が選ばれた。諸井さんらの作品は26日から佐賀市の県立美術館・博物館で開かれる100回記念展で展示する。24面に入賞・入選者名簿 各部門最高賞の美術協会賞は、洋画が...
カテゴリー:

細野晴臣、2017年秋に待望のアルバムリリース&ツアー開催決定 - 05月19日(金)17:00 

細野晴臣が、2017年秋に約6年半ぶりとなるオリジナルアルバムをリリースすることを発表。あわせて、アルバムリリース記念ツアーの開催も発表された。【その他の画像】細野晴臣前作『Heavenly Music』はカバーアルバムのため、オリジナルとしては『HoSoNoVa』以来約6年半ぶり、待望の新作リリースとなる。アルバムの内容は後日発表されるとのことなので、続報を期待して待とう。 同時発表となったツアーのタイトルは、「細野晴臣 アルバムリリース記念ツアー」。11月11日の岩手公演から12月8日 北海道公演まで、6会場を回る。初夏ツアーが早々にソールドアウトしたため、ファンからもライブ開催の声が上がっていたが、地域も公演数も増加され、嬉しいニュースとなった。 なお、福岡は単独公演としては2006年以来、岩手・高知・札幌は初の単独公演実施となる。公演内容は明らかにされていないが、出演メンバーは細野をはじめ、高田漣(G)、伊賀航(B)、伊藤大地(Dr)のスペシャルメンバーであることが明らかになった。チケットは7月22日の一般発売を前に、5月19日より先行受付を開始。この機会をお見逃しなく。■アルバム『タイトル未定』2017年秋発売 ※詳細は後日発表■『細野晴臣 アルバムリリース記念ツアー』11月11日(土) 岩手・岩手県公会堂 大ホール 11月15日(水) 東京・中野サンプラザ 11...more
カテゴリー:

【音楽】細野晴臣、6年半ぶりアルバムを今秋発表&11月からホールツアー - 05月19日(金)12:41 

細野晴臣、6年半ぶりアルバムを今秋発表&11月からホールツアー 音楽ナタリー 5/19(金) 12:01配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000030-natalien-musi 細野晴臣が今秋ニューアルバム(タイトル未定)をリリース。さらに、レコ発ツアーを開催することが決定した。 細野がオリジナルアルバムを発表するのは、2011年4月リリースの「HoSoNoVa」以来約6年半ぶり。詳細は追って案内されるので、ファンは続報を待とう。 そしてアルバムを携えて行われるツアー、その名も「細野晴臣 アルバムリリース記念ツアー」...
»続きを読む
カテゴリー:

アードマン・アニメーションズ設立40周年記念「ひつじのショーン展」が今度は広島に!7月15日(土)から、広島県立美術館にて開催! - 05月16日(火)12:00 

[株式会社東北新社] [画像1: https://prtimes.jp/i/14654/63/resize/d14654-63-794761-0.jpg ] 「ひつじのショーン展」では、「ひつじのショーン」シリーズはもちろん、人気作品の「ウォレスとグルミット」シリーズや『チキンラン』...
カテゴリー:

梧竹・蒼海顕彰県書道展 島谷審査委員長が解説 - 05月15日(月)08:39 

県立美術館で開催中の「梧竹・蒼海顕彰第25回県書道展」(佐賀新聞社主催)で14日、審査委員長を務めた島谷弘幸氏=九州国立博物館長=によるギャラリートークがあった。格調美を重んじる書道の奥深さは「読めなくても、全体を楽しむことができる」と説明。愛好家など約50人が耳を傾けた。 島谷委員長は作品の調和を重視し、間の使い方や墨付きとのバランスなどを解説。格調の高さを反映させるために「絵画や彫刻、政...
カテゴリー:

もっと見る

「県立美術館」の画像

もっと見る

「県立美術館」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる