「県民性」とは?

関連ニュース

アジフライにかけるのは「ソース」が主流 - 04月20日(金)12:23  liveplus

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けようということに......。併せて、同じ魚介類の「エビフライ」と「カキフライ」についてもアンケートを取ることにした。 カキフライの結果は、2018年4月6日「カキフライ+タルタルソースはテッパン ウスター&中濃ソース連合に大差つける」でお知らせした。カキフライの場合、タルタルソースに票が集まった。またエビフライについては、4月13日「エビフライにもやっぱりタ...
»続きを読む
カテゴリー:

恋愛は米作りと同じ?決めたら一筋の新潟男性 - 04月13日(金)11:00 

地域によって方言や名物があるように、男性にもご当地の特徴があるのでは……? そんな疑問を調べてみました。今回は新潟県の男性についてご紹介します。新潟県といえば、全国有数の米どころですよね。広々とした田園風景の中で、おいしいお米を食べて育った新潟の男性は、どんな性格と恋愛傾向を持っているのでしょうか? 県民性研究の第一人者、岩中祥史さんに伺いました。 ■新潟男性はおだてに弱く、頼まれたら嫌と言えない? 冬、雪に閉ざされる地域では、どのような男性が多いのか気になります。米どころだけにお酒が強いような気もしますが、性格はどうでしょう? 「まじめで、勤勉な努力家というのが新潟男性に共通する特徴。粘り強さ、我慢強さも目立ちます。というと、頑固な印象を受けそうですが、江戸・東京とは昔から結び付きが強いせいか、新しいものを受け入れる柔軟性も。人に頼まれると、ましてそこに『おだて』でも入ると、何でも引き受けてしまうため、江戸時代は『頼まれれば江戸まで餅つきに』という言葉もあったほどです。 苦しいこと・大変なことでも、嫌な顔ひとつ見せずにコツコツ打ち込みます。理由は簡単。新潟県が全国屈指の雪国だからです。雪かき・雪下ろしに要領は通用しません。ただ黙々と体を動かすしかありません。そのため、いや応なしに足腰が鍛えられたようで、戦国時代は『越後の兵は日本一屈強』などとも言われました。また、米の大生...more
カテゴリー:

自分が「倹約家だと思う」と回答した割合1位大阪府 民間生保調査 - 04月19日(木)10:42  newsplus

「私は倹約家」高知は46位 http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20180419/8010001763.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を お金の使い方について民間が行った都道府県別の意識調査で、高知県民は、 自分を「倹約家だと思う」と回答した人の割合が全都道府県の中で2番目に低い 46位だったことがわかりました。 この調査は、ソニー生命保険が全国の20歳から59歳までの男女を対象に、 去年11月インターネットを通じて実施し、各都道府県から100人ずつ 合わせて4700人から回答があり...
»続きを読む
カテゴリー:

「青森県民が塩分摂取量過多なのは、ラーメンのスープを飲み干すから」って本当? - 04月11日(水)20:00 

自分の暮らす都道府県の平均寿命を把握している、という人はあまりいないと思われるが、長寿県となると、滋賀や長野の名前が思い浮かぶ。さらに、平均寿命が最も短い、いわゆる「短命県」も、知っている人は少なくないだろう。そう、青森だ。なぜ青森が短命なのかについては、県や厚生労働省などが調査を行っている。代表的な要因として挙げられるのは運動不足、野菜不足、喫煙習慣、そして塩分摂取量の多さだ。特に塩分摂取量が多い理由について、よく見かけるもののひとつに、「(青森県民は)ラーメンをよく食べ、スープも残さず飲む」というものがある。ただ、県全体の塩分摂取量に大きく影響するほど、誰もがラーメンを食べてスープも飲み切る、なんてことがあるのだろうか?県民性を極端に描きすぎている?青森に限らず、地域的な特徴として、塩分濃度が「西低東高」となっていることは有名な話だ(出汁がきいているとか、コクがあるなどの意味での濃さではない)。厚労省が毎年実施している「国民健康・栄養調査」の都道府県別食塩摂取量でも、関東・北陸・東北にかけて摂取量が高くなる傾向にある。食文化の観点から考えると、塩分を摂取することで体温を維持してきた、冬の間長期間食糧を保存するために塩漬けや干物が一般的だった、といった要因から、東北などの寒冷地では塩が多めの味付けや食品が食べられてきた、とされる。こうして塩分量が多めの食事に慣れ親しんできた(?)...more
カテゴリー:

「県民性」の画像

もっと見る

「県民性」の動画

Wikipedia

県民性(けんみんせい)とは、日本の各都道府県ごとの、県民の性質や行動についての、なんらかの傾向を指す言葉である。県民性という言葉が指しているのは、考え方や気質だけでなく、摂食するものの傾向、住宅や自動車などの購買金額の差、預貯金の金額の差などの、きわめて具体的で統計的・科学的にも正確に把握しやすいものまで含んでいる概念である。要素ごとに、それがはっきりと現れる県と、漠然としてあまり明確には現れない県がある祖父江、p.14。地域ごとの気質や文化の違いは古くから人々の関心を集め、調査の対象とされてきた(調査の節を参照)。

県民性を作り出す原因

各県ごとに歴史背景は大きく異なるが、県民性を作り出しているものとしては歴史風土が挙げられる。あるいはもっと具体的に、地形気候人口産業といったものを原因として挙げる人もいる。地域ごとに流布状況の異なる宗派(宗教)の影響も挙げられる祖父江、p.19。例えば、富山県などの北陸地方では、親鸞の創始した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる