「看護師」とは?

関連ニュース

福田萌、息子が夜中に高熱&鼻血 #7119に助けられる - 02月18日(日)11:26 

タレントの福田萌が16日、自身のアメブロを更新。#7119に助けられたエピソードをつづった。 #7119とは急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として利用できるもの。相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応している。 「ある日の午後、1歳の息子が高熱が出て、症状からインフルエンザっぽいな〜明日の朝イチで小児科に行こう!と考えていました」とブログを書き始めた福田。「というのもその日に限ってかかりつけの小児科は午後休診で。近くの一般内科に行くことも頭をよぎりましたが、小児は普段受け付けていないため少し気おくれしてしまい…」とその日のうちに病院に連れて行くことは断念したという。 しかし「その日の夜中、布団に鮮血がついていて焦りました。鮮血の原因は息子が鼻血を出していたこと」と報告。「ネットを見ているうちに、インフルエンザに赤ちゃんがかかって脳症になる、死に至る…出てくる出てくる恐ろしい記事が…。息子はいま、もしかしたら一刻を争う状況なのでは?体温計は38.9℃」と不安な胸中をつづった。夫のオリエンタルラジオ・中田敦彦に相談したところ、#7119に相談することを提案されたという。 #7119に電話したところ、女性の看護師が対応し息子の様子を伝えると「「い...more
カテゴリー:

「シロップ剤」の上手な飲ませ方は?保管方法やすぐに吐き出した時の対処法は? #ママが気になる子どもの健康 - 02月18日(日)06:30 

赤ちゃんが風邪をひいて処方されることが多いシロップ剤。飲みやすく工夫されてるとは言いますが、初めてのお薬に戸惑うママもいるかもしれません。ママスタには、初めてのシロップ剤の飲ませ方について悩むママの声がありました。 『生まれてから初めての薬で、飲ませることができずこぼしたりしながら無理やり(子どもの口に)いれました。第1子で薬の飲ませ方も分からずです』 主に母乳やミルクを飲む赤ちゃんにとっては、初めてのシロップ剤はうまく飲むことが難しいかもしれませんね。今回はシロップ剤の上手な飲ませ方をご紹介します。 「冷蔵庫で保管」が鉄則! シロップ剤の保管方法 オレンジやいちごなど子どもの好きな味に工夫されていて、赤ちゃんや子どもにとって飲みやすいシロップ剤。病院で処方されると、何日分かまとめてボトルに入れてもらいますよね。このシロップ剤は変質しやすいので、冷蔵庫で保管しましょう。投与期間を過ぎたものは捨てます。ジュースとまちがえて飲んでしまわないように、保管場所には十分注意しましょう。  シロップ剤の上手な飲ませ方は? シロップ剤を飲ませる際には、有効成分がボトルの底にたまっていることがあります。飲む直前に、ボトルを軽く振って薬の成分を均一にすることが大切です。また、シロップ剤は何日分かをまとめてボトルに入れてあるため、スポイトやカップを使って1回量を正確に量りましょう。子どもへの飲ませ方...more
カテゴリー:

【芸能】6年間妻を介護した岩本恭生氏の「壮絶生活」 小室哲哉氏に共感するのには理由がある - 02月17日(土)19:33  mnewsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/208997?display=b 2018年02月17日 「週刊女性PRIME」編集部 不倫疑惑報道を受けて1月19日に開かれた記者会見で、小室哲哉は引退を表明した。重い決断だったが、それ以上に衝撃を呼んだのは、彼が妻のKEIKOの介護に疲れ切っていたという事実である。 「看護師のAさんと逢瀬を重ねていたことが報じられたんですが、小室さんは男女の関係を否定しました。KEIKOさんと夫婦のコミュニケーションがとれなくなり、Aさんに甘えてしまったことは認めています。 介護に苦しんでいたことを赤裸々に語り、精...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】点滴連続中毒死の旧「大口病院」、真相が解明されないまま月内にも入院患者受け入れ再開...当時の職員は全員解雇し刷新 - 02月17日(土)08:19  newsplus

平成28年9月に点滴連続中毒死事件が起きた横浜市神奈川区の旧「大口病院」 (現・横浜はじめ病院)が、今月中にも事件後から取りやめていた入院患者の 受け入れを再開する方針であることが16日、関係者への取材で分かった。 関係者によると、入院患者の受け入れは、ワンフロア20床規模で再開予定。 事件直後に市から行政指導を受けていた「看護師の増員」については、 昨年末から今年にかけて、約10人の看護師を新たに雇用することで対応した。 近隣住民や医療機関から入院患者受け入れ再開について問い合わせが 相次...
»続きを読む
カテゴリー:

【埼玉】安全基準満たさず69人に子宮がん手術 手術繰り返した医師「見よう見まねで」草加市立病院 - 02月17日(土)03:07  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180216/k10011331671000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_078 2月16日 14時43分 埼玉県草加市の市立病院が保険適用に必要な国の安全基準を満たしていないのに高度な医療技術が必要な子宮体がんや子宮けいがんの腹くう鏡手術を69人の患者に行っていたことがNHKの取材でわかりました。 この中には学会のガイドラインが腹くう鏡手術の対象としていない進行がんの患者も含まれていましたが、市は去年、問題を把握しながら患者に説明していませんでした。 子宮体がんや子宮けいがん...
»続きを読む
カテゴリー:

風邪のたびに喘息の症状が出る10歳児…成長で改善する?予防策は? - 02月18日(日)11:00 

生まれつきの体質は成長とともに改善するのでしょうか。今回は10歳児のパパからの相談です。生まれながらにアレルギー体質で、風邪を引くと喘息の症状が出ると悩んでいます。大きくなれば治まるものなのでしょうか。どうすれば予防できるのでしょうか。専門家に聞いてみました。 10歳児のパパからの相談:「風邪を引くと出る喘息の症状について」 『下の子が生まれつきアレルギー体質で、幼稚園あたりから風邪を引いて熱が出ると治りがけに気管支炎になります。私自身、子どもの頃に同じような症状があったものの、小学5年生以降は治ったのですが、子どもは今でも変わらず、風邪を引くたびに繰り返し、悪化すると喘息の症状が出ます。病院でもらった薬を飲み、しばらくすると回復するものの、心配です。このような症状は事前の対策で防げますか。また今後成長して治るのでしょうか。(40代・男性)』 成長とともに改善は見込める。喘息発作を抑える薬も 喘息の症状は成長とともに改善されることが多いようです。病院で発作予防の薬を処方してもらうことができるとのアドバイスもありました。 『喘息は成長と共に改善していくことが多いです。何かの拍子に症状を引き起こしてしまうことはありますが、小さい頃に比べ、適度な運動や規則正しい日常生活を送ることで、抵抗力や免疫を自分自身で管理出来るようになることや、身体の変化なども影響します。(看...more
カテゴリー:

【神奈川】点滴連続中毒死の旧「大口病院」、真相が解明されないまま月内にも入院患者受け入れ再開...当時の職員は全員解雇し刷新★2 - 02月17日(土)20:20  newsplus

平成28年9月に点滴連続中毒死事件が起きた横浜市神奈川区の旧「大口病院」 (現・横浜はじめ病院)が、今月中にも事件後から取りやめていた入院患者の 受け入れを再開する方針であることが16日、関係者への取材で分かった。 関係者によると、入院患者の受け入れは、ワンフロア20床規模で再開予定。 事件直後に市から行政指導を受けていた「看護師の増員」については、 昨年末から今年にかけて、約10人の看護師を新たに雇用することで対応した。 近隣住民や医療機関から入院患者受け入れ再開について問い合わせが 相次...
»続きを読む
カテゴリー:

気管支が弱い子ども、成長と共に身体は強くなるの? - 02月17日(土)11:00 

風邪をひくと長引いて気管支炎になってしまうという子どもについての相談です。気をつけているにもかかわらず咳喘息のようになってしまい、成長と共に身体が強くなるものかどうか心配しているということですが、医師や看護師はなんと答えているでしょうか。 1歳児のママからの相談:「気管支炎を発症してから喘息っぽくなった」 『生後1年経つ前は風邪で病院にかかる事も少なかったのですが、1歳を過ぎて保育園に入園したころから、風邪を引くと長引いて気管支炎にかかるようになっていきました。2週間くらい風邪をだらだら引いてしまった時には、本人は元気そうに見えても炎症の数値が高くなっていたようで、小児科での検査の結果即入院になってしまったということもあります。その後も咳が長引かないように特に気を付けながら、風邪を引いたなと思ったら小児科へすぐ連れていきますが、やはり気管支が弱いようで、咳喘息のようになってしまいました。年齢と共に強くなっていくものなのでしょうか。心配です。(30代・女性)』 年齢的に気管支炎を起こしやすい 1歳という年齢では、身体が小さいうえ予防が十分にできないため、風邪から気管支炎や喘息様の症状を起こすことは珍しくないようです。 『子どもの気管支は大人の気管支と違って、もともと発達の途中であるため、気管支の内径が細く、肺の弾性が低く、気管支の筋肉が少ないです。また、横隔膜が...more
カテゴリー:

<岩手県立高田病院>コチョウランで激励 盛岡の団体、支援金募る - 02月17日(土)06:05 

3月1日に診察を始める岩手県立高田病院にコチョウランを贈って病院スタッフを激励しようと、盛岡市の復興支援団体「ゆいっこ盛岡」が支援金を募っている。27日まで。 代表の元看護師石川郁恵さん(39)=東京
カテゴリー:

子どもの喘息、一生付き合うしかないの? - 02月16日(金)11:00 

喘息で毎日予防薬を服用している3歳児についての相談です。最近医師から吸入器の購入を勧められたこともあり、このまま治らないのではないかと心配になっているようですが、医師や看護師はなんとアドバイスしているでしょうか。 3歳児のママからの相談:「一生つき合う病気なのか不安です」 『生後10カ月の頃に喘息と診断され、2週間の入院をしました。現在3歳になりますが、毎日予防のためシングレアを服用しています。それでも季節の変わり目には必ず発作が起き、夜間が多いので救急にかかり、点滴を受けます。翌日診断を受け、メプチン、ムコダイン、リンデロンを処方されます。しばらくすると症状が治まるのですが、1週間経つとまた発作が起きます。身体も成長し、先日の診断にて、吸入器を購入してさらなる予防に努めましょうと言われたのですが、このままうまく病気と付き合っていくしかないのでしょうか。(30代・女性)』 コントロールのためには発作予防が大切 小児喘息のコントロールの基礎は、発作予防にあるようです。吸入器使用もその一環として勧められたのではないかという指摘がありました。 『小児喘息の多くは3、4歳頃から徐々に薬がなくてもうまく生活が出来る子が増えてきます。しかし、発作が起きないように予防対策をしっかりと講じることが大切です。(小児科専門医)』 『夜間救急への受診も何度も繰り返していらっ...more
カテゴリー:

もっと見る

「看護師」の画像

もっと見る

「看護師」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる