「相手選手」とは?

関連ニュース

日大アメフト事件で振り返る、世界の悪質プレー。 本場NFLでも… - 05月22日(火)15:55 

 連日メディアを騒がしている、日大アメフト部ファール問題。前代未聞の悪質さに、日本大学と内田監督の稚拙な対応が加わり、選手が記者会見を開く事態にまで発展した。自由な意見が飛び交うネット上では、日大側関係者のアメフト界追放を願う声まで。  世界中で物議を醸しているこの事件は、いかに酷いものなのか。かつてスポーツ界を震撼させたビッグスキャンダルを振り返ってみた。 ◆マイク・タイソンが起した耳噛み切り事件  1997年のWBA世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦、挑戦者マイク・タイソン(当時30歳)が、王者イベンダー・ホリフィールド(当時34歳)の耳に文字通り噛み付いた。まず右耳を食いちぎり、ドクターチェック後の試合再開で左耳も。結果、「相手に傷害を及ぼすおそれのあるすべての非スポーツマン的なトリックおよび行為」により、タイソンの失格負け。裁定に不満の彼は暴走し、試合後も相手陣営やスタッフに暴行を。ラスベガス市警30人がリングに上がって、ようやく事態収拾となった。  世界5億人以上がテレビ観戦したというビッグマッチで、見事にやらかしたタイソン。婦女暴行による服役を経て、ルール無視のファイティングスタイル、1年間のライセンス停止……。彼のイメージは地に落ち、ヒール役から本物の悪者になってしまった。以降、勝利らしい勝利を飾ることのないまま、’05年に無名選手と対戦し、TKO負け。試合後...more
カテゴリー:

アメフト反則タックル 日大選手記者の会見始まる - 05月22日(火)14:50 

日本大学のアメリカンフットボールの選手が試合中に無防備な状態の相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をした問題で、反則行為をした日大の選手の記者会見が午後2時45分過ぎから東京都内で始まりました。
カテゴリー:

反則タックルの日大選手 午後3時前から会見「指示」認める意向 - 05月22日(火)11:57 

日本大学のアメリカンフットボールの選手が試合中に無防備な状態の相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をした問題で、反則行為をした日大の選手が午後3時前から都内で記者会見します。関係者によりますと、この中で選手は前監督やコーチに指示されたと説明する意向だということです。
カテゴリー:

”監督に指示された” 日大アメフト選手 きょう会見で説明へ - 05月22日(火)00:58 

日本大学のアメリカンフットボールの選手が、試合中に無防備な状態の相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をした問題で、反則行為をした日大の選手が22日、都内で記者会見します。関係者によりますと、この中で選手は、前監督やコーチに指示されたと説明する意向だということがわかりました。
カテゴリー:

日大理事会、アメフト問題を取り上げず 内田監督ら出席 - 05月18日(金)18:54 

 アメリカンフットボールの関学大との定期戦(6日、東京)で、相手選手に悪質なタックルを浴びせて負傷退場させた選手が所属する日大は18日、理事会を開いた。日大広報部によると、反則行為についての話は出なか…
カテゴリー:

アメフト反則タックル 日大選手「関学選手などにおわび」 - 05月22日(火)15:10 

日本大学のアメリカンフットボールの選手が試合中に無防備な状態の相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をした問題で、反則行為をした日大の選手の記者会見が始まりました。会見の冒頭、「本件でけがをさせてしまった関西学院大学の相手のクオーターバックの選手や家族、関係者に対して多大な迷惑をかけたことをおわびいたします」と謝罪しました。
カテゴリー:

イブラが相手選手を平手打ち、一発レッドで退場…足を踏まれて報復 - 05月22日(火)12:40 

 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、相手選手への平手打ちによりレッドカードで退場となった。  イブラヒモヴィ
カテゴリー:

イニエスタはヴィッセル神戸加入間近か…Jリーグ入りの決め手は「キャプテン翼」愛? - 05月22日(火)06:00 

間近に迫ったロシアW杯にも出場する現役バリバリの大物が、Jリーグに上陸間近といわれている。 名門バルセロナ、そしてスペイン代表で長らく中盤に君臨してきた“小さな王様”イニエスタ。 その意外な素顔と活躍期待度に迫る!! * * * バルセロナ(バルサ)、そしてスペイン代表の名手、イニエスタ(34歳)のJリーグ、ヴィッセル神戸入りが間近に迫っているという。 バルサの育成組織で鍛えられ、トップチームに昇格すると、中心選手としてスペインリーグを9度、欧州チャンピオンズリーグを4度、クラブW杯を3度制覇。そして2010年南アフリカW杯では、決勝でゴールを決めてスペイン代表を初優勝に導き、自らはその試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど、まさに世界の至宝。サッカージャーナリストの後藤健生(たけお)氏が、彼のスゴさを語る。 「なんでもなく見えるパスでどんどん決定的チャンスをつくってしまう戦術眼が素晴らしい。ボールテクニックが抜群で相手選手がよく見えているから、派手に動く必要もなく、相手のステップや重心の逆を取ってわずかなスペースでもパスを通したり、パスを受けたりできるのです。しかも、それをスゴいスピードのなかで、強い相手にやれる。名手ぞろ...more
カテゴリー:

川崎・中村、連勝導くFK弾 W杯落選の過去を乗り越え - 05月20日(日)23:44 

(20日、川崎3―0清水) 37歳だからこその、技術と経験が詰まったプレーだった。 前半19分、川崎が得たゴール正面からのFK。蹴るのは、中村。最初はパスを考えたが、相手選手やGKの立ち位置を見て、思…
カテゴリー:

【アメフト】日大広報「指示ない。選手が故意に悪質なタックルした事実もない。プレーは瞬間的なもの。偶発的なアクシデントと認識」★32 - 05月17日(木)13:53  mnewsplus

(前略) ■日大広報「(チームからの指示は)ありません」 一方、日大の広報担当者は14日の取材に対し、「当然ですけれども、監督やコーチがああいったプレーを指示した事実はありませんし、それはありえません」と断言。その上で、該当の選手が故意に悪質なタックルをした事実もないとして、 「あくまでプレーは瞬間的なものですので、こちらとしては、今回の件は偶発的なアクシデントだったと認識しております」と話した。 2018/5/14 18:31 J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2018/05/14328585.html 動画 h...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「相手選手」の画像

もっと見る

「相手選手」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる