「相席スタート」とは?

関連ニュース

銀シャリ、M-1優勝でギャラ4倍に… - 06月22日(木)17:00 

『M-1グランプリ 2017』の開催会見が22日、東京渋谷・ヨシモト∞ホールにて行われ、昨年の王者・銀シャリ(鰻和弘、橋本直)がゲストで登場。優勝してから仕事状況も一変したようで、ギャラもアップしたことを告白。そのリアルな数字に会場を驚かせていた。『M-1グランプリ2017』の出場資格は、昨年と同様。コンビ結成15年以内。2002年1月1日以降に結成したコンビなら、プロ・アマ問わず出場が可能となっている。優勝賞金は1000万円。審査基準は「とにかく面白い漫才」だ。8月1日から予選が行われ、1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝と5回の予選を勝ち抜いた組が、12月に行われる決勝戦に進出することができる。また、準決勝で敗れた組には、決勝当日に行われる敗者復活戦の出場権が与えられ、勝者1組だけが決勝に駒を進めることができる。トータルテンボスが司会を務めたこの会見。昨年の優勝者として銀シャリが登場すると、優勝後の近況について質問。一昨年は2位だったが、昨年は優勝と確実にランクアップしていった彼らだが、橋本は「2位でも凄いじゃないですか。でも、誰からも連絡は来ませんでしたが、優勝すると全然違います。連絡の件数も何百件だった」と告白。さらに、「仕事も沢山いたけるようになり、ギャラも4倍になりました」と明かし、リアルな数字の発表にトータルテンボスも驚いていた。また、優勝者は1000万の賞金が貰...more
カテゴリー:

イメージは「ヴァンパイア」『結婚』に見るディーンのこだわり - 06月22日(木)16:00 

マイペースで、気負いなく、自然体のディーン・フジオカ(36)。まもなく公開の主演映画『結婚』(6月24日全国ロードショー)で演じるのは、結婚詐欺師。結婚詐欺師を演じたって、第3子が生まれたって、“おディーンさま”は揺るがない。そんな彼に話を聞きました! ーー最初に結婚詐欺師役と聞いたときの心境を教えてください。 ディーン「結婚詐欺師かあ。どうなるんだろうなあって、ドキドキ(笑)。同時に、なぜ、詐欺師になったのか?というところまでキャラクターを掘り下げていけたらいいなあと思いました。実際、演じていて、あまり結婚詐欺師をやっているという感じがしなかったですし、生まれた以上、サバイブするために、結婚詐欺師というアプローチになったのかなあ、と」 ーーなかなか身の回りに参考にできる人のいないキャラクターですが、妻を持ちながら結婚詐欺師として生きる男・古海健児を演じるうえでこだわった点は? ディーン「“ヴァンパイア”ですね。そのイメージでいろいろ細かいところまで作りました。まず、身につける服の質感。メーンになるロングコートは、つかもうとすると、スルッと手からすり抜けていくような感じのものを選びました。生地のテクスチャーでもヴァンパイアを表現できたらいいなあ、と。小物は、くし、時計、ルービックキューブ、携帯電話など持ち物一つひとつ、古海のシ...more
カテゴリー:

『M-1グランプリ2017』開催決定 昨年王者の銀シャリは出場せず - 06月22日(木)11:59 

 漫才日本一を決めるお笑いの祭典『M-1グランプリ2017』開催会見が22日、行われた。昨年度王者のお笑いコンビ・銀シャリは不出場を明言した。  鰻和弘は「昨年王者、銀シャリは今年のエントリーを」と振り、ためにためた橋本直が「しません」と断言した。ただ、若干スベり気味で橋本は「チャンピオンでも、まだ成長途中なんで」と頭をかいていた。  昨年の優勝効果について問われると鰻は「仕事がすごい入った」とにんまり。橋本は「ギャラは4倍です」とぶっちゃけていた。  予選は8月から開催。1回戦から準決勝まで5回の予選を勝ち抜いた組と決勝当日に行われる敗者復活戦に勝利した1組で決勝が行われる。決勝は12月にABC・テレビ朝日系で生放送。出場資格は2002年1月1日以降に結成したコンビ。プロ・アマは問わない。また、今年から「エンブレム」が追加され、大会ロゴと併用される。  ■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】 2001年度 中川家【1603】 2002年度 ますだおかだ【1756】 2003年度 フットボールアワー【1906】 2004年度 アンタッチャブル【2617】 2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】 2006年度 チュートリアル【3922】 2007年度 サンドウィッチマン【4239】 2008年度 NON STYLE【4489】 2009年度 パンクブーブー【4629...more
カテゴリー:

神セブンならぬブスセブンが決定! - 06月19日(月)23:30 

おぎやはぎがMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすAbemaTVのバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』。 6月19日の放送では、番組初の企画となる、ブスがブスを選ぶ「ブス総選挙」を開催。今まで出演した総勢20名の自称“ブス”たちが、収録中や楽屋での様子などを総合的に判断し、“コイツこそ真のブスだ”という順位付けをしていった。 スタジオに集まったのは上位10名の自称“ブス”のNo.1となる不名誉な「センター」はOL・宇佐麻衣に決定した。 結果発表までは「このメンバーの中では顔がかわいい方なので、センターになってしまうことは絶対にない」と豪語していた宇佐だったが、メンバーからのコメントでは、「見た目も性格も本当にブス」、「飛びぬけて性格が悪く空気も読めていない」と酷評の嵐。 「総選挙見届け人」として番組初登場した“ちょうどいいブス”を自称するお笑いコンビ・相席スタートの山﨑ケイからも「性格の悪さが毛穴からあふれ出ている」と一刀両断されてしまう一幕も。 それでも「センター」の証として、おぎやはぎの2人からティアラとマントをかけてもらった宇佐は満足げな表情。そのポシティブな様子に、スタジオも祝福ムードに包まれた。 また、2位の土佐みきよには「笑顔できわどい下ネタを話しているが、その顔がとってもブス」、3位の植村さやかには「ファスティングダイエットをしている話や、五穀米を...more
カテゴリー:

銀シャリ、M-1優勝でギャラ4倍に… - 06月22日(木)16:56 

『M-1グランプリ 2017』の開催会見が22日、東京渋谷・ヨシモト∞ホールにて行われ、昨年の王者・銀シャリ(鰻和弘、橋本直)がゲストで登場。優勝してから仕事状況も一変したようで、ギャラもアップしたことを告白。そのリアルな数字に会場を驚かせていた。『M-1グランプリ2017』の出場資格は、昨年と同様。コンビ結成15年以内。2002年1月1日以降に結成したコンビなら、プロ・アマ問わず出場が可能となっている。優勝賞金は1000万円。審査基準は「とにかく面白い漫才」だ。8月1日から予選が行われ、1回戦、2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝と5回の予選を勝ち抜いた組が、12月に行われる決勝戦に進出することができる。また、準決勝で敗れた組には、決勝当日に行われる敗者復活戦の出場権が与えられ、勝者1組だけが決勝に駒を進めることができる。トータルテンボスが司会を務めたこの会見。昨年の優勝者として銀シャリが登場すると、優勝後の近況について質問。一昨年は2位だったが、昨年は優勝と確実にランクアップしていった彼らだが、橋本は「2位でも凄いじゃないですか。でも、誰からも連絡は来ませんでしたが、優勝すると全然違います。連絡の件数も何百件だった」と告白。さらに、「仕事も沢山いたけるようになり、ギャラも4倍になりました」と明かし、リアルな数字の発表にトータルテンボスも驚いていた。また、優勝者は1000万の賞金が貰...more
カテゴリー:

南キャン山里『M-1』に不満爆発「探偵ナイトスクープ出ないと…」 - 06月22日(木)13:01 

 お笑いコンビ・南海キャンディーズが22日、都内で行われた『M-1 グランプリ2017』開催会見に出席した。2016年王者の銀シャリや2位の和牛ら人気コンビが登場するなか、一番最後にステージに現れ、一際大きな歓声を浴びた山里亮太だったが「『探偵ナイトスクープ』出ないとファイナルいけないのか! おかしいだろ! ABCは!」とハライチ、スリムクラブ、銀シャリら番組の出演者が昨年、決勝戦に名を連ねたことにさっそく不満をぶちまけた。 【写真】『M-1』不出場を明言した銀シャリ  登場早々、アクセル全開の山里に司会のトータルテンボスは「たまたまですよ」となだめ、ABCアナウンサー・齋藤真美から「本日、エントリーということでよろしいですか?」と確認されると「そりゃそうでしょ! それ以外になにがあるんですか!」と昨年の準決勝敗退のリベンジに燃えた。  優勝公約を「山崎静代の右乳を出す」と高らかに宣言した2人だったが、昨年決勝進出を果たし9位という結果に終わった相席スタートの山添寛が「男女コンビだったら優勝してる。南キャンさんにも勝ってるんです」とアピールすると、「お前らの(昨年の)点数見た時、俺家でガッツポーズしてたからな!」と後輩相手に大人気ない対応をみせていた。  決勝戦は今年12月にABC・テレビ朝日系全国ネットで放送。このほか、スーパーマラドーナ、さらば青春の光、アキナ、カミナリ...more
カテゴリー:

『ABCお笑いグランプリ』12組全員決勝初出場 - 06月21日(水)15:51 

 7月9日に生放送される『第38回ABCお笑いグランプリ』(後2:25~5:25)の決勝に出場する12組が決定した。最終予選を勝ち上がった12組は、いずれも決勝進出は初めてとなる、フレッシュな顔ぶれ。優勝賞金100万円を手にする未来のスターの誕生に期待が高まる。 【写真】『NHK上方漫才コンテスト』で優勝しているゆりやんレトリィバァ  決勝進出を決めたのは、からし蓮根、紺野ぶるま、THE GREATEST HITS、霜降り明星、ジャイアントジャイアン、田畑藤本、ツートライブ、ハナコ、マルセイユ、ゆりやんレトリィバァ、ラフレクラン、ロングコートダディ(※50音順)。  1980年にABC創立30周年を記念して放送された『ABC漫才・落語新人コンクール』に始まる『ABCお笑いグランプリ』は、歴代のグランプリ受賞者にダウンタウン、ナインティナイン、中川家、ますだおかだ、フットボールアワーといった、今日のお笑い界をけん引する芸人たちが名を連ねる。現在は、出場資格も日本全国のプロのお笑い芸人に門戸を開き、芸歴10年以内の若手芸人たちが繰り広げる漫才・コント・ピン芸なんでもありの“お笑い異種格闘技戦”として開催される。  今回は556組がエントリー。1次選考を勝ち残った58組が、20日に大阪・ABCホールで行われた最終予選に臨み、客前で4分のネタを披露。厳選なる審査を経て、決勝進出12...more
カテゴリー:

「相席スタート」の画像

もっと見る

「相席スタート」の動画

Wikipedia

相席スタート(あいせきスタート)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ

メンバー

「芸歴が違うコンビは、後輩の期に先輩が降りる」と言う吉本の昔からの慣習があり、相席スタートも芸歴が違う為、コンビとしては山添の東京NSC14期に山﨑が降りる格好となる。(個人の芸歴には影響しない)

山添 寛(やまぞえ かん、外部リンクの公式プロフィール参照 - )

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる