「相場英雄」とは?

関連ニュース

インスタ映えに反旗!? 怒涛のモノクロ写真大特集 - 04月20日(金)15:46 

 確かにキレイだけれど作り込んだ感満載、が多いインスタ映え写真。「ちょっと飽きてきたなあ」という人には「アサヒカメラ 2018年 05 月号」(朝日新聞出版)を。かっこいいモノクロ写真の極め方をクローズアップした完全保存版。4月20日発売で、定価900円(税込)だ。【写真】関連情報を含む記事はこちら  巻頭グラビアは林忠彦賞受賞者で、モノクロのストリートスナップで世界を股にかける中藤毅彦さんの新作。誌面では、昨年のニッコールフォトコンテストで長岡賞(最優秀賞)を受賞した成瀬亮さんが撮る富士山など、現代のモノクロ写真の最前線を垣間見ることができる。 「デジタルモノクロ表現テクニック講座」では、人気写真家がどういうカメラを使って、どんなロケをして、どういう色味の調整をしているのかを徹底解剖。プリンターの設定方法なども披露する。さらに、椎名誠さんやベストセラー作家の相場英雄さんら連載陣がモノクロ写真に挑戦した。デジタルカメラでも体験できる味わい深いモノクロ写真の世界を堪能しよう。
カテゴリー:

三浦貴大:主人公の青年時代演じる 入山杏奈らも出演 WOWOWドラマ… - 04月12日(木)12:00 

 俳優の三浦貴大さんが、椎名桔平さん主演で6月から放送されるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 不発弾 ~ブラックマネーを操る男」に出演することが12日、明らかになった。相場英雄さんの小説「不発弾…
カテゴリー:

「相場英雄」の画像

もっと見る

「相場英雄」の動画

Wikipedia

相場 英雄(あいば ひでお、1967年9月18日 - )は、日本小説家経済ジャーナリスト新潟県三条市生まれ。

経歴

新潟県立三条高等学校を経て外国語専門学校卒業後、キーパンチャーとして1989年に時事通信社に入社。当初は情報端末の編集部門で市場データの編集業務を担当していたが、市況担当記者に欠員が生じたため記者職に転じた相場英雄の時事日想:記者の出世は“見えない壁”で決まる、歪な内情 (1/3)。経済部記者として日本銀行東京証券取引所などを担当したが、大卒ではないという理由で大蔵省担当にはなれなかった相場英雄の時事日...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる