「相互理解」とは?

関連ニュース

LINEがそっけない彼氏の本音 「冷たい」と感じるのは気のせい? - 04月21日(金)20:00 

今回は、LINEの返事はそっけなくて冷たいのに、会うと優しい彼氏は、本音では何を考えているのかについて見ていきます。さっそくご紹介しましょう!1. 恥ずかしい&文章のセンスがない「本当は彼女に送るLINEのメッセージにハートマークをつけたいんですが、恥ずかしくてとてもそんなことできないです」(25歳・IT)というご意見がありました。あるいは「文章のセンスがないから、いつも短文で返信しちゃっています」(26歳・自動車関連)という証言も!女子には女子特有の恥じらいがあるように、男子には男子特有の恥じらいがあり、その恥じらいゆえハートマークを使うのを思わず尻込みしちゃうということになるのでしょう。文章のセンスは……プロの文筆家でも、相手に誤解を与えないような文章、かつ愛あふれる文章を書くのはかなり時間を要することです。だからLINEという「ちゃちゃっと打つもの」で、そういう文章が書けるわけがないということになろうかと思います。ではどうすればいい?そっけない文章を送ってくる彼氏の気持ちを察してあげてはいかがでしょう。あるいは、彼氏からキンキンに冷えたメッセージが来たら、「本当は私のことが好きなくせに」とか「ハートマークつけるの忘れたの?」とか、彼のことをいじってあげるといいかもしれません。2. 冷たいと感じるのは彼女のわがまま「短い文章のメッセージに対して彼女が冷たいと感じるのは、彼女のわ...more
in English
カテゴリー:

両陛下:ベトナム訪問関係者に謝意 - 04月17日(月)19:07 

 天皇、皇后両陛下は17日、ベトナムへの親善訪問に尽力した政府関係者ら約200人を皇居・宮殿に招き、茶会を催された。天皇陛下は「温かい歓迎を受け、我が国とベトナムとの間の交流の歴史にも触れることができました。両国の相互理解と友好関係が一層深まることを願っております」とあいさつし、感謝を伝えた。安倍晋三首相やベトナムの駐日大使の他、警察や外務省職員らが招かれ、両陛下は笑顔で歓談していた。
in English
カテゴリー:

デルタ航空、2017年度と2017年度の「フルブライト・プログラム」支援 奨学生に航空券提供 - 04月17日(月)10:34 

デルタ航空は、2017年度と2018年度の「フルブライト・プログラム」の日本人を対象としたアメリカ留学プログラムを支援する。 2014年から協賛を行っており、これまでに3年間で120名の日本人奨学生の渡米や帰国用航空券を提供してきた。2017年度の奨学生はすでに内定しており、アメリカの教育機関で学ぶために、今夏に渡米する。2018年度の奨学生は5月31日まで募集している。 「フルブライト・プログラム」は、日米政府による日米の相互理解に貢献できるリーダーを養成することを目的とした留学制度で、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)が運営している。デルタ航空では、日米の交流促進を目的とする「フルブライト・プログラム」の主旨に賛同し、4年前より奨学生の渡米・帰国用航空券の一部を提供している。この他にも、早稲田大学や同志社大学のアメリカへの劉泊プログラムへの支援も行っている。 ■関連記事 デルタ航空、早稲田大学の米国留学生に航空券を提供 デルタ航空、同志社大学の留学する学生に航空券を無償提供 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

茨城県境町とみやき町、距離越え交流 - 04月14日(金)09:17 

■住民ら50人来訪、酒蔵見学や記念植樹 みやき町と友好交流都市協定を結んでいる茨城県境町の住民や行政関係者約50人が12日、みやき町の四季彩の丘みやきなどを訪れた。ブルーベリーの記念植樹や天吹酒造の酒蔵見学などを通して相互理解を進め、親睦を深めた。 両町は規模や地勢などが似ており、行政視察をきっかけに昨年9月に友好交流都市となった。境町は熊本地震後、被災地域へ支援を続けており、今回は「熊本復...
in English
カテゴリー:

皇太子さま「友好親善を増進」 マレーシア訪問へ - 04月11日(火)20:59 

 皇太子さまは13日からマレーシアを訪問する。11日、東京・元赤坂の東宮御所で記者会見し、外国訪問は「相互理解と友好親善を増進する上でとてもよい機会」だとし、「皇室の役割の一つとしても極めて重要」と話…
in English
カテゴリー:

皇太子さまが帰国 - 04月17日(月)19:28 

 皇太子さまは17日夜、公式訪問先のマレーシアから東京・羽田空港着の政府専用機で帰国された。 皇太子さまは13日から同国に滞在し、日本とマレーシアの外交関係樹立60周年祝賀行事などに出席。帰国後、「若い世代の人たちが、お互いの交流を通じて共に学び合い、相互理解を深め、両国の友好親善が一層深まることを強く期待しています」とする感想を発表した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

両陛下、ベトナム訪問尽力者と茶会 - 04月17日(月)17:03 

 天皇、皇后両陛下は17日午後、2月末からのベトナム、タイ訪問の尽力者を皇居・宮殿に招き、茶会を催された。 茶会には安倍晋三首相のほか、外務省や宮内庁、警察関係者ら約210人が出席。天皇陛下はベトナムで温かい歓迎を受けたことに触れ、「今後両国の相互理解と友好関係が一層深まることを願っております」と述べた。長年親交があったタイのプミポン前国王の弔問については「深く心に残ることでした」と話した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

日・マレーシア、一層の交流を=皇太子さま、「東方政策」拠点訪問 - 04月14日(金)17:50 

 【クアラルンプール時事】マレーシアを公式訪問中の皇太子さまは14日、同国が日本などをモデルに経済発展を目指す「東方政策」の拠点の一つであるマラヤ大学を訪問し、両国の若者の一層の交流を訴えられた。 皇太子さまは英語であいさつした中で、同大の学生4000人超を含む1万6000人もの若者がこれまでに留学生や研修生として日本で学んできたことに触れ、「両国の国民、とりわけ若い人々が交流を通じて相互理解を深め、協力していくことを強く期待します」と述べた。 その後、天皇、皇后両陛下が1970年に同大を訪れた際に記念植樹した木の隣に、皇太子さまも植樹した。 皇太子さまはこの日、マレーシア独立前後の闘争で戦死した兵士らの霊を慰める国家記念碑に献花したほか、中高生の英才教育施設を訪れ、楽器演奏や、製作したロボットなどを披露する生徒らとの交流も楽しんだ。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

皇太子さま、両陛下の国際親善受け継ぐ意欲 4/12 1:36更新 - 04月12日(水)01:36 

13日からマレーシアを訪問する皇太子さまが11日、記者会見に臨まれた。皇太子さまは、天皇皇后両陛下が相手国との交流の歴史を心に留め、将来を見据えて相互理解と友好親善を促進しようとしてきた姿勢を受け継ぐ意欲を示された。
in English
カテゴリー:

トランプと習近平の一致した思惑。報道されない米中首脳会談の裏 - 04月11日(火)02:32 

先日行われた米中首脳会談。米軍によるシリアへの巡航ミサイル攻撃についての報道にかき消されたというわけではないのでしょうが、その注目度とは裏腹に会談内容はほとんど明かされておらず、公表された内容といえばわざわざ顔を突き合わせて話すまでもないレベルのものばかりにとどまっています。両国の首脳がこの会談で本当に話したかったこととは一体何だったのでしょうか。メルマガ『グローバル時代、こんな見方も…』の著者、スティーブ・オーさんは、「両首脳の共通する意外な目標」を看破するとともに、そこに本来の目的があるとの見方を示しています。 何か続きがありそうな、まとまり感に欠けるサミット 米中サミットが終了し、現在までに公表されているサミットの内容は非常に限定的である。週末だったこともあってか、米紙などを読む範囲では「経済面での協力や、北朝鮮や南シナ海問題について話しあった」などで、あまり多くのことは報じられていない。 ロイターなどは、「両プレジデントは、二国間対話のアップグレードに合意(ティラーソン国務長官談)」と報じ、CNBCは「全米のネットワークがサミットを大きく報じる一方、中国では首脳会談に対する報道量がいつになく少ない」と、米によるシリア攻撃の影響などを論じるに留まっている。 その他には、トランプ氏が「習氏とは長時間話したが、とにかく何も決まらなかったとジョークを飛ばす一方、この先、長期に渡って...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「相互理解」の画像

もっと見る

「相互理解」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる