「相乗り」とは?

関連ニュース

Uber、ユーザーが少しだけ歩いて別の人と相乗りする「Express POOL」開始 - 02月22日(木)18:05 

イメージ Uberは、ユーザー同士が同乗する新シェアリングサービス「Express POOL」を発表した。 本サービスは、同一方向に向かうユーザー同士が同じ車をシェアするというもの。ユーザーが「Express POOL」をリクエストすると、それに適した車をUberが検索。時には数ブロックほど歩くことになるが、同一方向に向かう別のユーザーとの相乗りができる。また、降車場所も目的地から数ブロック離れる可能性がある。同社によると、単なるカーシェアリングの「POOL」サービスと比べて最大50%も安くすむことがあり、新しい配車サービスの形として利用できるとしている。 発表資料URL:https://help.uber.com/ja_JP/h/250688c6-94f5-4a95-ae73-63f01e7651152018/02/22 ■関連記事 米Twitter、無差別にツイートをばらまく複数垢での同一投稿を禁止へ (2018.2.22) ガッツから、すべて世界に一つだけの限定生産! 尻尾を引っ張るとカギが飛び出る猫型キーケース101匹分を発売 (2018.2.22) Apple、虹色リンゴの商標を登録へ。申請目的はキャップやウエアなどへの使用 (2018.2.22)
カテゴリー:

JapanTaxi、「相乗りタクシー」アプリに新機能 相乗り相手を探している人を確認可能に - 02月22日(木)11:06 

JapanTaxiは、iOSアプリ「相乗りタクシー」に新機能「申込み速報」を追加し、2月20日よりサービスを開始した。 国土交通省が1月22日から3月11日までの間実施している相乗りタクシー実証実験に参加し、「相乗りタクシー」アプリを提供している。同乗者検索・タクシー配車・支払いがアプリの中で完結し、乗車も後部座席と助手席で別れて座ることができる。運賃は事前に確定し、相乗りする利用者の最初の乗車地から最後の降車地までの走行距離に応じて算定した金額を、各利用者が単独で乗車した場合の推計走行距離に応じて按分して算定する。 「申込み速報」機能ではリアルタイムにユーザーの注文状況が表示され、相乗り相手を探している人の状況が個人を特定しない範囲で可視化される。これによりより相乗りが成立しやすくなるとしている。 実証実験後は、国土交通省でマッチングの成立状況、運賃水準の検証、利用者アンケート結果などを踏まえ、制度化に向けて検証を行う。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

日本郵便とヤマトが初の連携 宮崎で相乗り、バス活用し「貨客混載」 - 02月20日(火)17:52 

 宅配大手の日本郵便とヤマト運輸は20日、宮崎交通(宮崎市)の路線バスを活用した「貨客混載」による共同輸送を、中山間地を抱える宮崎県西米良村-西都市の区間で始めた。鉄道やバスが乗客と荷物を同時に運ぶこうした取り組みで、複数の宅配大手が相乗りするのは全国で初めて。
カテゴリー:

【兵庫】読売新聞記者に「(殺)すぞ」の暴言 西宮市長、辞職の意向 議会が退職金の減額条例案調整中 - 02月19日(月)14:28  newsplus

 取材しようとした読売新聞の記者に「殺すぞ」と暴言を吐き、問題になった兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)が19日、辞職する意向を市の関係者に伝えたことがわかった。5月の任期満了で退任する意向を明らかにしていたが、暴言問題を受け、市議会では退職金を減らす条例案を20日開会の定例会に議員提案することで調整していた。  今村市長は今年1月4日の仕事始め式で、4月の市長選に立候補しないと明言。式の後、取材で駆け寄った読売記者に「殺すぞ」「寄るな」などと言って取材を拒否した。  暴言問題を受け、市議会...
»続きを読む
カテゴリー:

流行りの「Uber」は海外でも安全なのか?【Traciy Talk Pick Up】 - 02月18日(日)19:19 

日本では2014年8月にサービスが開始したライドシェアアプリの一つである「Uber(ウーバー)」。日本における「Uber」は、ライドシェア行為が白タクとなってしまうことから、タクシー配車アプリとして使用されていますが、一部の国では自家用車で乗客を運ぶ相乗りサービスとして展開しています。日本ではあまり馴染みのないライドシェアを海外旅行の際に不満なく使えるのかという投稿が、旅行者向け掲示板「Traicy Talk(トライシー・トーク)」で話題となっています。 台北に住んでいるTAWAN NO CHIMPANZEEさんは、事前に配車することができる利便性とキャッシュレス決済が非常に魅力的であると述べています。しかし、日本と比べて台湾はタクシー料金が比較的安いこともあり、「Uber」を利用することで少し高くなってしまうようです。 また、yusukeさんはイタリアやドイツ等のヨーロッパのタクシーが総じて清潔感がなく、ぼったくりなども多く存在することを指摘した上で、「Uber」は登録制であり評価制のためドライバーはホスピタリティ精神旺盛であるというメリットを報告している。そして、旅行客を多く乗せることから非英語圏でも英語を使える場合が多くあり、一般のタクシーよりむしろ安全ではないかと結論を出しています。 ベットさんはクアラルンプール近郊のプトラジャヤでの利用例をコメントしています。渡航前は「U...more
カテゴリー:

米Twitter、無差別にツイートをばらまく複数垢での同一投稿を禁止へ - 02月22日(木)17:50 

米Twitterは、開発者向けのブログで、複数アカウントでの投稿、特定ツイートの作為的拡散について新たなルールを適用するとしている。 近年のTwitterは、米大統領選にロシアが票操作に介入した可能性やフェイクニュースの拡散など、外部組織やオートマチックな作為に悩まされている。今回の新たな規制では、複数アカウントから同じ内容を投稿することを禁止する。これまでは、同じ内容のツイートを多量のアカウントでツイートすることで、多くのユーザーの目に止まり印象操作でき、トレンド入りすればさらに投稿の真偽に関わらず多くの人に影響をあたえることができた。また、特定のアカウントが投稿したツイートに対して、複数アカウントで「いいね」「RT(リツイート)」することも禁止となる。Twitterは問題に対してその都度様々なルールを制定しているが、日本では、適切と思われるツイートしかしていないアカウントが凍結されるなど、そのルール適用に疑問符がつくこともしばしばだ。今回の新しいルールも不適切なアカウントのみに確実に適用されることが望まれる。 発表資料URL:https://blog.twitter.com/developer/en_us/topics/tips/2018/automation-and-the-use-of-multiple-accounts.html2018/02/22 ...more
カテゴリー:

AIでタクシー配車 相乗り視野、アプリ開発過熱 電機、自動車など参入相次ぐ - 02月22日(木)06:14 

 人工知能(AI)を使ったタクシー配車サービスをめぐる競争が熱気を帯びてきた。成長が見込める市場とあって電機や自動車、通信など異業種の大手企業も相次いで参入、開発に向けた動きが活発化している。背景にはタクシーの「相乗り」や、将来の自家用車による相乗り解禁まで視野に「心臓部」の配車システムで先手を打つ狙いもあるようだ。
カテゴリー:

『相乗りタクシー』公式アプリ、ユーザーのリアルな申込み情報がわかる新機能「申込み速報」をリリース 相乗り成立率の大幅向上へ - 02月20日(火)09:00 

[JapanTaxi株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/30664/7/resize/d30664-7-669700-1.jpg ] 「相乗りタクシー」アプリは、同乗者検索・タクシー配車・支払いがアプリの中で完結するので、ユーザー同士で割り勘料金の相談をしたり...
カテゴリー:

流行りの「Uber」は海外でも安全なのか?【Traciy Talk Pick Up】 - 02月18日(日)19:19 

日本では2014年8月にサービスが開始したライドシェアアプリの一つである「Uber(ウーバー)」。日本における「Uber」は、ライドシェア行為が白タクとなってしまうことから、タクシー配車アプリとして使用されていますが、一部の国では自家用車で乗客を運ぶ相乗りサービスとして展開しています。日本ではあまり馴染みのないライドシェアを海外旅行の際に不満なく使えるのかという投稿が、旅行者向け掲示板「Traicy Talk(トライシー・トーク)」で話題となっています。 台北に住んでいるTAWAN NO CHIMPANZEEさんは、事前に配車することができる利便性とキャッシュレス決済が非常に魅力的であると述べています。しかし、日本と比べて台湾はタクシー料金が比較的安いこともあり、「Uber」を利用することで少し高くなってしまうようです。 また、yusukeさんはイタリアやドイツ等のヨーロッパのタクシーが総じて清潔感がなく、ぼったくりなども多く存在することを指摘した上で、「Uber」は登録制であり評価制のためドライバーはホスピタリティ精神旺盛であるというメリットを報告している。そして、旅行客を多く乗せることから非英語圏でも英語を使える場合が多くあり、一般のタクシーよりむしろ安全ではないかと結論を出しています。 ベットさんはクアラルンプール近郊のプトラジャヤでの利用例をコメントしています。...more
カテゴリー:

【福井大雪】福井の企業困惑「もう休めない」 知事、前日に操業休止要請 要請のタイミングを疑問視 - 02月14日(水)18:00  newsplus

 連休明けの13日、福井県内の多くの企業が業務を再開した。西川一誠福井県知事は12日に除雪作業を速やかに進めるため、操業を控えたり、始業を遅らせたりするよう嶺北の企業に要請したが、製造業の多くは「大雪で取引先に迷惑が掛かっている。遅れを取り戻すために休んでいられない」と工場を稼働させて生産に当たった。県からの要請は休日の夕方だったこともあり、12日のうちに連絡が届いた企業は少なく、「いまさら言われても対応のしようがない」と要請のタイミングを疑問視する声も多く聞かれた。  フクビ化学工業(福井市)は、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「相乗り」の画像

もっと見る

「相乗り」の動画

Wikipedia

相乗り(あいのり、:カープール)とは、一台の乗り物に複数人数が一緒に乗り合わせることをいう。通常は、近所の人など、他人同士が一台の乗り物に乗ることを指し、家族や同居人などが一台の乗り物に乗る場合や、路線バスなど、業として(運賃を徴収して)複数の人間を輸送する場合は含まない。

また、相乗りといった場合、通常は自家用の四輪自動車に同乗することをイメージするが、東南アジアではバイク(特にスーパーカブ等の原動機付自転車)の相乗りも一般的に行われている。

優遇策

日本以外の国では、交通渋滞緩和や環境対策などの目的で、相乗り等で運転手以外に一定数以上の乗員がいると通行料金が無料になったり、専用(優先)車線を通行できるなどの優遇策がとられている国もある。米国では、一定数以上の乗員のいる乗用車はHOV(High-occupancy vehicle)と呼ばれ、その専用車線はHOVレーン(High-occupancy vehicle lane)と呼ばれる。

日本でも、相乗りに対する優遇策の導入を唱える者がいるが、定期点検などの整備や交通事故が発生したときの責任の所在の問題があり、積極的な導入は現実的でな...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる