「直撃インタビュー」とは?

関連ニュース

ニッポン放送でももクロ・有安杏果に直撃~5人最後の『ももクロくらぶ』OA - 01月18日(木)18:40 

本日1月18日(木)深夜0時~0時53分にニッポン放送で放送されるラジオ番組『ミュ~コミ+プラス』にて、有安杏果(ももいろクローバーZ)への直撃インタビューが放送される。
カテゴリー:

【SPインタビュー】「キレイだ」…「おもしろ荘」優勝のレインボーを直撃! - 01月17日(水)06:00 

「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画で、これまで小島よしおやブルゾンちえみらお笑い界のニュースターをを輩出してきた「おもしろ荘」。2017年大みそかの深夜(2018年の年明け)に放送された「ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP」にて、見事優勝を飾ったのがレインボーだ。実方演じるポッチャリ体型の非モテ男子「ひやま」と、池田演じる離婚歴のある女性「みゆき」が繰り広げるドラマチックなコントは、司会のナインティナインも大絶賛。実方の「キレイだ」というキラーフレーズも注目を集め、早くもネクストブレーク芸人の先頭に躍り出た2人に、直撃インタビューを敢行した。 ザテレビジョン名物のレモンを持っているつもりで会心の笑顔を見せるレインボー。「皆さんもザテレビジョンを読んで、私のようにテレビ好きになりましょう!」(実方) ■ フラれた女性たちからもお祝いのLINEが来てました / 実方 ――「おもしろ荘」優勝、おめでとうございます! 池田直人「ありがとうございます!!」 実方孝生「憧れのザテレビジョンさんが取材に来てくれるなんて感激です!」 ――放送後の反響はいかがですか? 池田「お母さんが誰よりも喜んでくれましたね。放送を見た夜は、うれしくて眠れなかったらしくて。次の日、寝不足で仕事へ行ったら、職場の方たちからも『おめでとう』と言われたそうです」 実方「...more
カテゴリー:

ブラック・ウィドウの単独映画、実現に向けて一歩前進。マーベルが女性脚本家を起用 - 01月15日(月)19:00 

マーベル映画でスカーレット・ヨハンソンが演じるキャラクターで、格闘技や狙撃などに秀でた女エージェント、ブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)。彼女を主人公に据えた映画が、いよいよ実現に向けて一歩前進したようだ。【関連記事】『エージェント・オブ・シールド』ミンナ・ウェン直撃インタビュー in LA関係筋によれば、企画はまだごく初期の段階で、製作決定は下りていない模様だが、マーベルが女性の脚本家を起用したことを、米Varietyは報じている。起用されたジャック・シェイファーは、映画『TiMER(原題)』の監督・脚本・製作や、短編アニメーション映画『アナと雪の女王/家族の思い出』の脚本を担当した人物。シェイファーの書いた脚本は女優のアン・ハサウェイの目に留まり、アンの出演する新作映画『Nasty Women(原題)』にも起用されている。マーベルのケヴィン・ファイギ社長は、数名の候補に会った上でシェイファーに白羽の矢を立てたとのこと。また、マーベルの重役たちは、シェイファーへの要望をまとめるため、ブラック・ウィドウを演じるスカーレットとも協議しているようだ。ブラック・ウィドウの登場する最新作は、5月4日(金)に米国公開の映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。『アイアンマン2』(2010年)で初登場して以来、スーパーヒーローのパートナーのようなポジションが多かった彼女の単独映画...more
カテゴリー:

『スノーピアサー』ドラマ版、米TNTで正式にシリーズ化が決定! - 01月12日(金)20:10 

『オクジャ/okja 』のポン・ジュノが監督を務め、クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』)やジョン・ハート(『魔術師マーリン』)、エド・ハリス(『ウエストワールド』)らが出演した2014年のSF映画『スノーピアサー』。米TNTが、1月10日(水)、そのTVシリーズの製作を発注した。米Hollywood Reporterなどが報じている。【関連記事】90年代のホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』がTVシリーズに!?『アバター4』や『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』を手掛けたジョシュ・フリードマンがショーランナーを務める同作は、パイロット版のオーダーから実に1年以上の年月を経て、シリーズ製作決定となった。パイロット版の監督を務めるは『ドクター・ストレンジ』のスコット・デリクソン。『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたジェニファー・コネリーと、ブロードウェイミュージカル『Hamilton』でトニー賞ミュージカル助演男優賞を受賞したダヴィード・ディグスが主演を務める。『スノーピアサー』ドラマ版は、映画と同様、寒冷化によって人類の大半が死滅してから7年後の世界が舞台となる未来スリラー。生存者を乗せて走り続ける巨大列車の中で、激しい階級闘争と不公正な社会のありさま、そして生き残りをかけた政争が描かれる。TNTオリジナル・プログラム副社長のサラ・...more
カテゴリー:

【芸能】フジテレビの榎並大二郎アナが「直撃」をまさかの読み違え 徳光和夫も「よくこの会社入ったね」[18/01/11] - 01月11日(木)14:35  mnewsplus

フジ榎並アナが「直撃」をまさかの読み違え 徳光和夫も「よくこの会社入ったね」 2018.01.11 デイリースポーツ https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/11/0010887585.shtml 榎並大二郎アナウンサー 1枚 フジテレビの榎並大二郎アナウンサーが11日、同局の「バイキング」で「直撃インタビュー」を「直筆インタビュー」と言ってしまい、ゲストでアナウンサーの大先輩・徳光和夫から「よくこの会社入れたね」とダメ出しされる一幕があった。 番組では、昨年テレビで取り上げた記者会見が「846回」あったことを取り上げ、...
»続きを読む
カテゴリー:

『ゲーム・オブ・スローンズ』も!第10回「日本ブルーレイ大賞」部門賞受賞作品が決定 - 01月18日(木)17:00 

映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(以下、DEGジャパン)が2017年に発売されたブルーレイソフトを対象に選出する、第10回「日本ブルーレイ大賞」の各部門審査が終了し、受賞作品が発表された。【関連記事】あの人の死を暴露したのは...。『ゲーム・オブ・スローンズ』フィン・ジョーンズ、クリスティアン・ネアーン、ダニエル・ポートマン直撃インタビュー「高画質」「高音質」といったブルーレイディスクの特長を最も生かした作品を審査する【クオリティ部門】から3作品、売上や話題性など2017年に注目されたブルーレイソフトを総合的に審査する【カテゴリー部門】から8作品と、計11タイトルの受賞が決定。そのうち、TVドラマ賞では『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』が選ばれている。同作は、ドラゴンが本格参戦したバトルシーンをはじめとした映像の迫力や、ファイナルシーズンに向けてより濃密になったストーリーが評価された。受賞結果は以下の通り。<第10回「日本ブルーレイ大賞」部門賞受賞作品>【クオリティ部門】・高画質賞(ブルーレイ)...『モアナと伝説の海』・高画質賞(Ultra HDブルーレイ)...『マリアンヌ』・高音質賞(ブルーレイ)...『ストラヴィンスキー「春の祭典」/ロイヤルコンセル...more
カテゴリー:

アベンジャーズ全滅の危機到来⁉︎全世界注目の最新作『インフィニティ・ウォー』から場面写真が到着 - 01月16日(火)12:00 

シリーズ17作品合計で1兆4800億円を超える全世界興行収入を記録し、21世紀の映画史に新たな金字塔を打ち立てたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。その最新作にして、MCUのキャラクターが一堂に会する超大作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が4月27日(金)からついに公開される。 【写真を見る】ドクター・ストレンジやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが初参戦!予告映像はこちらから/[c]2018MARVEL 全世界が今や遅しと待ちわびている本作の公開を前に、日本記念日協会が1月16日を〈ヒーローの日〉として認定。語呂合わせで「1(ひ)1(い)6(ろ)」と読めることから“ヒーロー”という存在を浸透させることを目的にした記念日に、待望の日本版予告と場面写真が解禁された。 最強最悪の敵サノスの侵攻に、アベンジャーズ全滅の危機が訪れる本作。昨年末にティザー予告編が解禁されるやいなや世界中へ拡散され、2億3000万回という驚異的な再生回数をわずか24時間で樹立。世界的映画シリーズとしての注目度の高さを見せつけた。 その人気の理由は、いままでになかった複数の映画がクロスオーバーすることで実現した壮大なスケールと世界観と、全員主役級のヒーローが集結して繰り広げられる予測不能な展開。どのヒーローたちにも見せ場が用意されており、それぞれのファンの期待を絶対に裏切らない最強のエンタ...more
カテゴリー:

リピーター定着「或る列車」飽きさせない秘密 登場から今年で3年、新たな仕掛けは? | 鉄道会社に直撃インタビュー | 東洋経済オンライン - 01月13日(土)08:00 

2018年がはじまりました!皆さまいかがお過ごしでしょうか? 久しぶりの「鉄道会社に直撃インタビュー」…
カテゴリー:

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ロケ地の舞台裏に迫る特別映像公開 - 01月12日(金)18:00 

昨年12月15日(金)より公開され、大ヒット中の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(以降、『最後のジェダイ』)。国内興行収入は60億円、観客動員数は400万人を突破し、その勢いは止まらず日本中でスター・ウォーズ旋風が巻き起こっているが、世界各国で撮影された本作のロケ地の舞台裏が明かされる特別映像が公開となった。【関連記事】『最後のジェダイ』ロケ地の舞台裏に迫る特別映像はこちらから!本シリーズのロケ地と言えば、映画が公開されると一気に注目を集めファンが詰めかける人気スポットとしてたびたび話題となる。『最後のジェダイ』でひときわ美しく、たくさんのクリーチャーやキラキラした世界が描かれるのが惑星カントニカの都市カント・バイト。この惑星は、フィンとローズが訪れる場所で、きらびやかで豪華なカジノが登場する。このカジノにはルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルがBB-8にコインを入れるエイリアンとしてカメオ出演しており、話題となっているが、そのロケ地となったのはクロアチアのドブロブニク。そこで撮影されたのはカーチェイスのシーンだ。ジョンソン監督は「街路でスピ―ダーを破壊した時は、すごい映像になると確信したよ」と言う通り、車が宙に舞うように破壊される中、美しい街並みを二人が駆け抜けていくシーンは圧巻。実は監督は昔ドブロブニクを過去に訪れたことがあったそうで「小ぢんまりとしていて城壁があ...more
カテゴリー:

Netflixオリジナル映画『ブライト』続編の制作が決定 - 01月10日(水)07:30 

ウィル・スミス主演、『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督が手掛けたNetflixのアクション映画『ブライト』。その続編制作が正式に決定した。米Vanity Fairが報じた。【関連記事】Netflixオリジナル映画『ブライト』プロデューサー、エリック・ニューマン&ブライアン・アンケレスを直撃インタビュー!『ブライト』は、遥か昔より人間と怪物などが共存社会を築いている"もうひとつの世界"が舞台。異なる種族の刑事二人、人間のウォード(ウィル・スミス)と怪物オークのジャコビー(ジョエル・エドガートン)は、ある夜、巡回中に起きた事件に遭遇したことで彼らの運命を左右する大きな事態に巻き込まれていく...というストーリーだ。この続編は、昨年12月に第1作の配信がスタートする前から発注されていたそう。1作目の批評は芳しいものではなかったものの、Netflixはウィルとジョエル、そしてエアー監督の復帰を正式に発表。エリック・ニューマン(『ナルコス』)とブライアン・アンクレス(『ハンガー・ゲーム』シリーズ)もプロデューサーとして続投する。新作に向けて新たにオーディションも行われる予定だという。配信開始日は明かされていない。キャスト&スタッフの主要メンバーが続投する一方で、脚本家のマックス・ランディスは降板するようだ。ランディスが手掛けた作品はヒットしないと言われていたが、『ブライト』は...more
カテゴリー:

もっと見る

「直撃インタビュー」の画像

もっと見る

「直撃インタビュー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる