「直下型」とは?

関連ニュース

【ニュース解説】全国各地で「地震雲」の目撃ツイート相次ぐ 専門家に本物か聞いてみた - 03月18日(土)11:01 

ここ数日、全国各地の空で奇妙な形の雲が多数観察され、ツイッターなどを通じて拡散、注意を呼びかける声が上がりはじめている。 というのも、それと同様の奇妙な雲が、あの阪神・淡路大震災や東日本大震災の前後にも目撃されていたのだ。 首都直下型地震や南海トラフ巨大地震について、複数の科学者が「いつ起きても不思議ではない」と指摘していることは周知の事実だが、とうとう“その時”が目前に迫っているということなのだろうか? ■決して軽視するな! 「地震雲」はある! まず、今回の空の異変について考察を進める前に、「...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【話題】カトパンを密着マークした怪しい“中年カメラ集団”の正体 - 03月03日(金)11:04 

コスプレ写真マニアか――。元フジテレビアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子(31)が1日、東京・玉川消防署の一日署長を務め、二子玉川駅に隣接する商業施設で消防演習を行った。そこで想定外のアクシデントが。本来、メディア関係者以外撮影禁止にもかかわらず“中年カメラ小僧集団”が加藤をつけ回し撮影し続けたのだ。ファンだとしても、あるまじきルール違反。そこまでする理由は何か?  春の火災予防運動の一環で行われた消防演習に、加藤は制服姿で登場。首都直下型地震の発生で施設から出火したとの想定で、約90人の消防隊...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

巨大地震発生の前兆 - 02月28日(火)23:44 

巨大地震発生の前兆か“大気に異変 http://www.mbs.jp/news/kansai/20170228/00000065.shtml 地震予知の新たな手がかりになるのでしょうか。 巨大地震の前兆が上空300キロで起きていた、という研究結果を京都大学の研究グループが発表しました。 京大の梅野健教授らの研究グループは、去年4月の熊本地震発生前後でGPSを使い、大気よりも上の上空約300キロにある電離圏と呼ばれる層を分析しました。 これが結果を示した動画です。地震が発生する1時間ほど前から、熊本付近の電離圏で電子の数に異変が起きていることを...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

おまえら小説「日本沈没」みたいになったら生き残れる自信ある? - 02月06日(月)13:07 

映画にもなった小松左京さんの小説「日本沈没」に、直下型の大地震が起こるシーンがある。 高速道路が傾き、走行中の車が次々と落下し、炎上する▼ 1973年に発表したとき、建築の専門家に文句を言われた。 「日本の高速道路の基準を知らないのかね。傾くわけない」。 雑誌のインタビューで小松さんが語っていた▼ ところが、どうだろう。 22年前のきょう発生した阪神大震災は、小説の設定をはるかに超えた。 高速は傾くどころか、なぎ倒された。 大阪・箕面(みのお)市に住んでいた小松さんは、その姿を見て涙がこみ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【緊急警告】全国各地で奇妙な形の「地震雲」の目撃が相次ぐ 超巨大地震の発生間近か(画像あり) - 03月17日(金)11:48 

ここ数日、全国各地の空で奇妙な形の雲が多数観察され、ツイッターなどを通じて拡散、注意を呼びかける声が上がりはじめている。というのも、それと同様の奇妙な雲が、あの阪神・淡路大震災や東日本大震災の前後にも目撃されていたのだ。首都直下型地震や南海トラフ巨大地震について、複数の科学者が「いつ起きても不思議ではない」と指摘していることは周知の事実だが、とうとう“その時”が目前に迫っているということなのだろうか? 鬱田イキル @utuda 阪神大震災の時の地震雲らしい 2枚目が昨日の尼崎の雲だって・・・ マンション...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】カトパン 消防署の一日署長、制服姿で指揮棒振る - 03月02日(木)05:42 

[ 2017年3月2日 05:30 ]  東京消防庁は1日、フリーアナウンサー加藤綾子(31)を東京都世田谷区の玉川消防署の一日署長に迎え、区内の大型商業施設「二子玉川ライズ」の中央広場で消防演習を行った。春の火災予防運動の一環。  首都直下型地震が発生して施設から出火し、広場のスケートリンクにも車が衝突したと想定。制服姿の加藤は指揮棒を振って一斉放水を指示した。「寒くて乾燥した日が続きますが、暖房器具の使い方には気を付けてほしい」と呼び掛けた。 一日消防署長を務め一斉放水を指示する加藤綾子(左) http:...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【地震】南海トラフ地震近づき、大阪上町断層帯も警戒必要 マラソンと同じ長さの断層帯が大阪平野を縦断 阪神大震災超える揺れ、国想定 - 02月25日(土)08:40 

南海トラフ地震の発生が近づくにともない、関西でも内陸地震(直下型地震)の発生を懸念する声がある。 1月のはじめに、兵庫県の防災監を取材した際、その話を向けると、返ってきた答えが「上町断層帯が心配」だった。 大阪平野を縦走する上町断層帯は、北は豊中市から、南は岸和田市まで約42キロにわたる。 地震調査研究推進本部(文部科学省)の想定は、断層帯がいちどに動いた場合、マグニチュード(M)7・5(阪神大震災はM7・3)という。 当然ながら、「大阪府と接する兵庫県の尼崎、伊丹から西宮あたりまで大きな被...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「直下型」の画像

もっと見る

「直下型」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる