「盲導犬」とは?

関連ニュース

雪:路面に残り盲導犬ユーザー困惑 点字ブロック消え危険 - 02月20日(火)08:40 

 まとまった雪が降り続く冬本番の新潟県内で、路面や歩道に残る雪が盲導犬ユーザーの頭を悩ませている。除雪により普段ない段差や障害物が現れたり、積雪で点字ブロックが消えたりして危険が一層増すためだ。日本盲導犬協会仙台訓練センター(仙台市青葉区)が12日、新潟市中央区で開いた勉強会に参加して、ユーザーの切実な悩みを聞いてきた。【堀祐馬】
カテゴリー:

SNSで話題沸騰!ヴィジュアル系バンドマン&赤ちゃんネコの現在 - 02月13日(火)18:00 

2月14日放送の『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』(TBS系、毎週水曜19:00~)では、「大スター犬&ネコ名場面SP」と題し、これまでに登場した大人気犬&ネコの現在に迫る。MCに松嶋尚美、徳井義実(チュートリアル)、レギュラーに薬丸裕英、大沢あかね、澤部佑(ハライチ)といった賑やかなメンバーが毎回多彩なゲストを招いておくる同番組。今回は、スタジオゲストに4匹のシンガプーラを飼っている吉村由美と、初登場のお笑い兄弟コンビ・ミキ(昴生・亜生)が登場する。まずは、2015年夏、生後間もない赤ちゃんネコ・虎徹を保護したヴィジュアル系バンド「THE BLACK SWAN」のドラマー・煉さんの現在に密着。赤毛にド派手なメイクというインパクトある風貌の煉さんと、愛らしい赤ちゃんネコというギャップが、SNSで話題となった。ミルクの与え方も赤ちゃんネコのトイレのさせ方も分からなかった煉さんだが、飼育方法を一から学び、母ネコ代わりとして一生懸命虎徹を育ててきた。その甲斐あって、虎徹は立派な“やんちゃ王”として成長。そんな愛猫にメロメロな煉さんの現在とは?続いては、元々は犬好きだったが、2匹の赤ちゃんネコを保護して育てているうちに保護活動に目覚め、昨年は7匹を新たな飼い主の元に送り出したという亜生に注目。事務所の先輩でもあるネコ好きの徳井に「今は仕事のことも考えなアカンやろ!」とツッコまれ...more
カテゴリー:

その40 ペットの衣装 「こんなものいらない!?」(岩城元) - 02月10日(土)14:00 

わが家の近くを散歩していると、色鮮やかな衣装を身につけた犬たちをよく見かける。ときには帽子をかぶっている。バギーにちょこんと座っていることもある。 こういう犬を連れた飼い主たちは心なしか、得意そうである。部屋の中で過ごすことが多い猫たちにも、同じような衣装がちゃんとあるようだ。 犬や猫は「窮屈な思い」をしていないか? しかし、衣装とか衣服とかいうものは本来、人間が体を暑さ寒さなどから保護したり、おしゃれして着飾ったり、あるいは社会的な地位を表したりするために発展させてきたものである。 一方、犬や猫はその体を覆っている毛皮だけで十分で、衣装・衣服を身につける必要はまったくないはずである。 それなのに、毛皮の上に恐らくは無理やりに着せられて、窮屈な思いをしているのではないか。それだけでなく、「新陳代謝」に何か悪い影響でもありはしないだろうか。そうであれば「虐待」である。 飼い主は「よけいなお世話だ」と言うだろうが、心配になってくる。 僕が子供のころ、わが家には犬も猫もいたが、連中には家族の一員としての「役割」があった。犬の役割は外敵から家族を守ることであり、怪しげな物音を聞きつけると、よく吠えた。 猫のそれはネズミによる被害を防ぐことであり、押し入れの奥からネズミをくわえて出てきたりした。ネズミだけではなく、庭先でヘビを見つけたら、飛びかかっていった。 役割を十分に果たしている犬や猫に...more
カテゴリー:

SNSで話題沸騰!ヴィジュアル系バンドマン&赤ちゃんネコの現在 - 02月13日(火)18:06 

2月14日放送の『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』(TBS系、毎週水曜19:00~)では、「大スター犬&ネコ名場面SP」と題し、これまでに登場した大人気犬&ネコの現在に迫る。MCに松嶋尚美、徳井義実(チュートリアル)、レギュラーに薬丸裕英、大沢あかね、澤部佑(ハライチ)といった賑やかなメンバーが毎回多彩なゲストを招いておくる同番組。今回は、スタジオゲストに4匹のシンガプーラを飼っている吉村由美と、初登場のお笑い兄弟コンビ・ミキ(昴生・亜生)が登場する。まずは、2015年夏、生後間もない赤ちゃんネコ・虎徹を保護したヴィジュアル系バンド「THE BLACK SWAN」のドラマー・煉さんの現在に密着。赤毛にド派手なメイクというインパクトある風貌の煉さんと、愛らしい赤ちゃんネコというギャップが、SNSで話題となった。ミルクの与え方も赤ちゃんネコのトイレのさせ方も分からなかった煉さんだが、飼育方法を一から学び、母ネコ代わりとして一生懸命虎徹を育ててきた。その甲斐あって、虎徹は立派な“やんちゃ王”として成長。そんな愛猫にメロメロな煉さんの現在とは?続いては、元々は犬好きだったが、2匹の赤ちゃんネコを保護して育てているうちに保護活動に目覚め、昨年は7匹を新たな飼い主の元に送り出したという亜生に注目。事務所の先輩でもあるネコ好きの徳井に「今は仕事のことも考えなアカンやろ!」とツッコまれ...more
カテゴリー:

【社会】無理解が背景の「盲導犬」入店拒否や偏見…今も課題 育成団体の発足から半世紀 高齢化に対応 - 02月13日(火)16:10  newsplus

 視覚障害者の目となる盲導犬の育成団体が発足してから半世紀、高齢や複数の障害がある利用者にも対応できる犬を選べるようになり、活躍の場は広がっている。生活に欠かせない存在になる一方で、同伴での入店拒否は後を絶たず、社会の誤解や偏見は大きな課題だ。  「僕は目が見えず、耳が聞こえないが、盲導犬がいるから外出ができる。この子なしの生活はもう考えられない」  大阪市の門川紳一郎さん(52)は自宅を出ると、バスと地下鉄を乗り継いで約1時間かけ、勤務先の事務所に向かう。左側には盲導犬のベイスがまっすぐ歩...
»続きを読む
カテゴリー:

「盲導犬」の画像

もっと見る

「盲導犬」の動画

Wikipedia

盲導犬(もうどうけん)は、視覚障害者を安全に快適に誘導する身体障害者補助犬の中でもっとも広く知られた存在である。日本語名の由来は「盲人誘導犬」。

歴史

盲目の人の歩行補助に犬が使われた例、盲目の乞食や辻音楽師が犬に引かれて歩く姿は色々な絵に描かれており、その最も古い例は古代ローマ時代のポンペイの発掘品の中に見られ国際盲導犬の日Smartnews公式ウェブサイト、13世紀の中国の絵などその後数世紀にわたって同じような絵が発見されているが、それらはどれも長いロープで繋がれた犬が、視覚障がい者を引っ張っている、というものばかりであった。

1819年、というウィーンの神父が、犬の首輪に細長い棒をつけ盲導犬として正式に訓練したのが最初である。その後1916年に、ドイツ赤十字社のシュターリンとのシュテファニッツが、第一次世界大戦中、戦盲者のために盲導犬を育成しようとオルデンブルクに学校を設立し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる