「盧武鉉」とは?

関連ニュース

今日の歴史(10月20日) - 10月20日(金)00:00 

1951年:東京で第1回韓日会談 1979年:朴正熙(パク・チョンヒ)大統領の独裁に反対するデモが激化した慶尚南道の馬山と昌原に衛戌令が宣布される 1986年:カード式公衆電話の運用開始 1998年:第1次日本大衆文化開放措置を発表 2000年:第3回アジア欧州会議(ASEM)首脳会議がソウルで開幕(21日まで) 2001年:金大中(キム・デジュン)大統領が小泉純一郎首相と中国で首脳会談、歴史教科書の共同研究機構設置など7項目に合意 2003年:盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領とブッシュ米大統領が
カテゴリー:

韓国朝刊ヘッドライン(10月13日) - 10月13日(金)08:00 

<朝鮮日報>トランプ、韓中日に「北への圧力ツアー」 <東亜日報>金大中ー盧武鉉ー李明博ー朴槿恵前大統領「20年過去を問い詰める国政監査」 <中央日報>「来年平昌パラリンピック…北、参加意向書を提出」 <ハンギョレ>朴政権が改ざんした30分、セウォル号「ゴールデンタイム」だった <京郷新聞>改ざんされた「セウォル号30分」  <毎日経済>北リスクにも…韓国国債格付けの防御に成功 <韓国経済>公共機関に「労働者理事」導入を強行
カテゴリー:

今日の歴史(10月11日) - 10月11日(水)00:00 

1916年:朴重彬(パク・ジュンビン)が円仏教を創始 1989年:航空宇宙研究所発足 1990年:第1回南北統一サッカー、平壌の5・1競技場で開催 1996年:経済協力開発機構(OECD)に29番目に加盟 1999年:ソウルNGO(非政府組織)世界大会が開幕 2003年:高建(コ・ゴン)首相ら閣僚が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の再信任提案巡り一斉辞任 2008年:米国が北朝鮮に対する「テロ支援国家」指定を20年9カ月ぶりに解除
カテゴリー:

【選挙権がない】<衆院選>在日コリアンの苦悩 北朝鮮争点化に不安...「先頭に立って圧力を唱える日本は危ういのではないか」 - 10月17日(火)06:20  seijinewsplus

10/17(火) 0:18配信  安倍晋三首相が衆院選で示した争点の一つに北朝鮮対応がある。北朝鮮に対し、日米同盟を軸に「圧力」を重視する外交方針の賛否を問うとしている。高まる緊張の中で、南北対話や共生を求めてきた在日コリアンの苦悩は続いている。【平川哲也、近松仁太郎】  在日コリアンが多く住む大阪市生野区で1日にあった2007年「南北首脳会談」の10周年記念イベント。実行委員長の高銖春(コウ・スチュン)さん(45)はあいさつした。「先頭に立って圧力を唱える日本は危ういのではないか」  在日韓国人2世。...
»続きを読む
カテゴリー:

今日の歴史(10月13日) - 10月13日(金)00:00 

1909年:大韓帝国が第1回司法試験を実施 1962年:韓国新聞発行人協会(現・韓国新聞協会)創立 1990年:盧泰愚(ノ・テウ)大統領が犯罪組織撲滅に向け「犯罪との戦争」を宣言 2000年:ノーベル賞委員会、金大中(キム・デジュン)大統領をノーベル平和賞受賞者に選定 2001年:全羅北道・鎮安の竜潭多目的ダムが着工から11年越しで完工 2003年:盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が国会の施政演説で再信任国民投票を提案 2006年:国連が潘基文(パン・ギムン)氏を事務総長に選出
カテゴリー:

【韓国】文大統領 金正恩氏に挑発中止求める 「核放棄なら北朝鮮助ける」 - 09月29日(金)15:38  newsplus

 【ソウル=峯岸博】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、2007年に盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と金正日(キム・ジョンイル)総書記が南北首脳会談で発表した宣言の10周年記念式典で演説した。「金正恩(キム・ジョンウン)委員長と北朝鮮当局に求める」と切りだし「核とミサイルによる挑発を中止し(南北関係の発展と平和繁栄をうたった)首脳宣言の精神に戻るよう望む」と訴えた。南北間の緊張緩和に向けた軍事会談や離散家族再会事業も求めた。  文氏は北朝鮮の核を「決して容認しない」と批判する一方、「朝鮮半島の平...
»続きを読む
カテゴリー:

「盧武鉉」の画像

もっと見る

「盧武鉉」の動画

Wikipedia

盧 武鉉(ノ・ムヒョン、、1946年9月1日〈旧暦8月6日〉- 2009年5月23日)は、大韓民国政治家、第16代韓国大統領(2003年-2008年)。本貫は光州盧。カトリックの洗礼名を持っていて、洗礼名ユストだが、妻は仏教徒で遺骨も実家近くの仏教寺院に納められている。一部の進歩陣営では、盧を「盧ちゃん(ノチャン)」と呼ぶ。妻の権良淑(クォン・ヤンスク)とのあいだに1男1女。参考事項は 歴代大韓民国大統領で最初の日本統治時代を経験していない世代の大統領である。

生い立ち・弁護士として

慶尚南道金海郡(現:金海市)進永邑(チニョンウプ)烽下(ポンハ)の貧しい農家である父・盧判石(ノ・パンソック)
母・李順礼(イ・スンレ)の三男二女の末っ子に生まれる。母親は身ごもっている最中に胎夢を見たというhttp:www.chosunonline.com/article/20040507000062。6歳ですでに千字文を諳んじた神童であったhttp:www.chosunonline.com/article/20040507000062。テチャン小学校の学籍簿には小農で生活は下流と記されたが、小学校では生徒会長を務め、中学校では成績トップを争うほどだったが、貧困により1年の休学を余儀なくされている。苦しい家計を思い、一度は高校進学を諦めるが、兄の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる