「百田夏菜子」とは?

関連ニュース

【ももクロ】百田夏菜子が上がった、スキー場の”激アツなゴンドラ”とは!? - 01月22日(日)17:25 

ももクロ・百田夏菜子が上がった、スキー場の”激アツなゴンドラ”とは!? 「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。 ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。 毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。 2017年1月22日(日)の放送では、「冬満喫!ウィンタースポーツ学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。 先生は、アウトドアスポーツグッズ販売店「4ALL...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

朝ドラ『べっぴんさん』、家出中のさくらに苦悩するすみれは… - 01月22日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、すみれ(芳根京子)は、娘のさくら(井頭愛海)がナイトクラブに行っていたと知り激しく叱責する。誕生日にジャズ喫茶「ヨーソロー」を訪れたさくらは二郎(林遣都)らにサプライズで祝福され、感激のまま再びナイトクラブへ。心配したすみれもナイトクラブを訪れるが、そこで居合わせた栄輔(松下優也)と10年ぶりに再会する。驚きと混乱の中で、さくらを強引に家に連れて帰ろうとするすみれ。言うことを聞かないさくらにいらだち思わず手をあげてしまう。さくらは家出するが姉のゆり(蓮佛美沙子)の家にいると知って胸をなで下ろすすみれ。しかし、さくらを迎えに行ったものの、話もできないまま、ゆりに帰されてしまう…。【関連】『べっぴんさん』第17週「明日への旅」フォトギャラリー すみれは、任されていた大急百貨店の展示のテーマを「女の一生」に決め、明美(谷村美月)、良子(百田夏菜子)、君枝(土村芳)と準備を進めていく。 一方で、家出中の娘・さくらは姉のゆりの家からいまだ帰らない。すみれは夫の紀夫(永山絢斗)に「会いに行かないか」と誘われるが、「今はまだかける言葉が見つからない」と断るのだった…。 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。 ■関連記事「芳根京子」フォトギャラリー『べっぴんさん』第16週「届かぬ心」を写真で振り返る『...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」87話。新入社員に残業させたね - 01月18日(水)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「届かぬ心」第87回 1月17日(火)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:安達もじり87話はこんな話 新入社員に提案を求めた結果、かわいい絵を描いたほうの中西直政(森優作)が、おすすめセットをつくるという冴えたアイデアを出す。おりしも、大急社長(伊武雅刀)がキアリスに、一階のいい場所で夏の展示を任せたいと言ってきて、祝セットとして、その目玉にすることに。はじまりかたにびっくり いつもは、映像にテロップが乗るパターンだが、突如、シンプルに「連続テレビ小説」と出て、急にシリアスなモノクロ写真(すみれと紀夫とさくらの歩み)に。それから、暗い応接間で語り合うすみれ(芳根京子)と紀夫(永山絢斗)とさくら(井頭愛海)という、舞台の劇場中継みたいに撮っている画面が出て来てから、いつものふんわりした画面に戻って、朝、家族3人がいっしょに朝ごはんを食べることになったという流れ。そこからいつものタイトルバック。舞台の劇場中継みたい画とふんわりした画は、家族の裏表のようで面白かった。でも、そういうドラマでしたっけ? そういうドラマになるのかしら。職場では私語を謹んだほうがいいと思いましたおっとりした中西が良い商品アイデアを出し、調子のいい西城(永瀬匡)が外してくるというのは想定内ではあったが、...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」86話。これが「非行のはじまり」 - 01月17日(火)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「届かぬ心」第86回 1月16日(月)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:安達もじり86話はこんな話 さくら(井頭愛海)が夜遊びしていることを知って、すみれ(芳根京子)は激怒。誘った龍一(森永悠希)ののことを母親の良子(百田夏菜子)に咎め、気まずい雰囲気に。なんであそこまで言われなあかんの86話は、すみれ視点に戻った感じ。さくらの行動にものすごく無理解なすみれ。自分が子供のときの大冒険のことを忘れてしまっているのだなあ。それとも、迷子になったときすごくこわかったことを無意識で記憶しているのか、なんて思って見ていたら、それには明美(谷村美月)が「自分の愛情がちゃんと伝わってる自信がない」のではと鋭く分析していた。さすが元ベビーナース。母と子に関してよくわかっている。すみれがあまりにも執拗に、さくらの夜遊びの責任を問うものだから、良子は「なんであそこまで言われなあかんの」とむくれてしまう。「あほではすまないわ 夜の世界よ どんなひとがいるかもわからないのよ 普通に暮らしていたら出会うことのない人ともで会うてしまうかもしれないのよ。なにかあったらどうするの。取り返しのつかないことがあったら」「さくらは女の子なのよ」「ちょっと・・・(龍一を)甘やかし過ぎなんやない」などと畳み掛け...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』Pインタビュー、ヒロイン選びの観点は「最後まで駆け抜けたい」と思えるかどうか - 01月16日(月)07:00 

 朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』がいよいよ後半戦に突入。芳根京子演じる主人公・坂東すみれのキャラクターや脇を固める3人の女性たちの描き方など、これまでの朝ドラとは趣の違う設定も話題の作品だが、そこにはどのような思いが込められているのだろうか。 【写真】ヒロイン・すみれを支えるベビー用品店「キアリス」のメンバー ◆これまでの朝ドラにはない、等身大のヒロイン像に共感の声  現在放送中のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』が、年明けより新展開を迎えている。前半では物資の乏しい戦後の焼け跡のなかで子ども服作りに邁進してきたヒロインら4人の女性が、ベビー洋品店「キアリス」を開店。第一次ベビーブームも追い風に、徐々に発展していくまでが描かれた。  ところで本作の特色は、ヒロイン以外の女性たちにもきちんと焦点を当てているところ。特にヒロインと「キアリス」を運営する3人については、その家庭環境なども織り交ぜ、子育てと仕事の両立に奮闘する女性、独身で仕事に打ち込む女性など、それぞれの立場の違いによる悩みや対立といった、現代にも通じる“働く女性の多様なあり方”を描いている。  「もちろんメインはヒロインですが、半年という放送期間にさまざまな人の人生を描けるのも、朝ドラならではだと思っています。脚本家の渡辺千穂さんも女性の書き分けに腕の立つ方で、それぞれの個性を生き生きと際立たせてくれてい...more
in English
カテゴリー:

ももクロ・百田夏菜子が上がった、スキー場の激アツなゴンドラとは!? - 01月22日(日)17:00 

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。 2017年1月22日(日)の放送では、「冬満喫!ウィンタースポーツ学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。 先生は、アウトドアスポーツグッズ販売店「4ALL」マネージャーの矢田裕一さん。 この冬注目の、アウトドアでアクティブに楽しめる新しいギア、オススメのニューウィンタースポーツ、ウィンタースポーツにおいて気を付けるべき事など、ウィンタースポーツを知り尽くした矢田さんから、クイズを織り交ぜながら教えていただきました。 (ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2017年1月22日放送より) ──”2017年、最新ウィンタースポーツ「スノースクート」!” しおりん:「ウィンタースポーツ」って聞くと、スキーとかスノーボードのイメージが強いんですけど、他にも新しいものが出てきているんですか? 矢田先生:スキーやスノーボード以外にも、「ニューウィンタースポーツ」と言われるギアが出てきています。 かなこ:...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」89話。ドラムが煽る母娘バトル - 01月20日(金)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「届かぬ心」第89回 1月19日(木)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:安達もじり89話はこんな話 さくら(井頭愛海)の誕生日、すみれ(芳根京子)は珍しく仕事を切り上げ、御祝を用意して待っていたが、さくらはなかなか帰ってこない。心配して探しに出たすみれは、ナイトクラブ〈青い月〉で踊るさくらを見つけて逆上する。と、そこへ栄輔(松下優也)が現れて。なんですみれはそんなに忙しいのか 約束を果たせないすみれに、さくらはもう期待できなくなっていた。「絶対なんて言わないほうがいい」とすみれに言うさくらのほうが大人だ。なんですみれはそんなに忙しいのか。家内制手工業的なやり方で、こだわりの商品づくりを行っているからとはいえ、紀夫(永山絢斗)のほうが時間ありそう。良子(百田夏菜子)が気を効かせて、今日(さくらの誕生日)だけは早く帰ってと伝言しなければ、また残業していたかもしれないすみれ。思い込んだら、それだけになってしまう不器用なタイプなのだろう。でも娘にはそんなことはわからない。ただただ寂しくて、その穴を埋めるために、受け入れてくれる二郎(林遣都)の元へと行ってしまう。二郎のドラムのリズムが 〈青い月〉で踊るさくらは別人のように生き生き笑っている。彼女のなかにもきっと、すみれがキアリス...more
in English
カテゴリー:

【朝ドラ】今、昭和のどこあたり?「べっぴんさん」の時間軸にツッコミ - 01月17日(火)13:17 

(c)カトリーヌあやこ  漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 月~土曜8:00~ほか)において、数々の設定にツッコミを入れる。 *  *  *  ヒロイン・すみれ(芳根京子)の口癖は、「なんか、なんかな」。折り返し地点を迎えても、「なんか、なんかな」的にフワッと展開していく朝ドラである。  クリスマス・イブの放送では、靴屋の麻田を演じる市村正親が、いきなりサンタ姿で「ホワイトクリスマス」を独唱。  せっかくだから「表参道高校合唱部!」で歌声を披...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

高良健吾らが語る「べっぴんさん」19歳芳根京子の今 - 01月16日(月)19:38 

現在放送中の連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK総合ほか)のファンイベントがNHK大阪ホールで行われ、高良健吾、永山絢斗、松下優也、田中要次ら13人のキャストが登場し、番組の裏話を披露。イベントでは、各出演者に分かれてのトークコーナーも。 【写真を見る】芳根の登場に一同驚く!(左から青井実アナ、滝裕可里、芳根京子、永山絢斗、高良健吾、松下優也)/(C)NHK 成長した子供たちとその父親役として、古川雄輝、森永悠希、田中要次、平岡祐太が登壇した際、新しく物語に加わり、物語の外でも中でも話題になっている古川と森永と2人に話題は集中。2人は現場でのエピソードを語った。 【「『べっぴんさん』感謝祭“THE男会”で濃厚トーク!」から続く】 15歳の健太郎を演じて違和感のない古川は、「途中から参加で、皆小さい頃の健ちゃんを知っているので、現場に入った瞬間、『健ちゃんが大きくなった!』と(笑)。年齢は上なんですが、子供扱いされます(笑)」。自分自身は役柄について、「帽子を被って学ランを羽織った瞬間、自分は健ちゃんだなと納得しました」と役になじんた時を振り返った。 派手なシャツにラケットが標準装備で、見た目のインパクトがすごい森永は、「見た目がこんな感じなので、現場を歩くだけで笑われるんですよ(笑)。逆にそれが和む感じになってすごく良かったです」。演じる龍一について、「小さい頃はすごくやんちゃし...more
in English
カテゴリー:

朝ドラ『べっぴんさん』、大人の世界の扉を開けていくさくらに戸惑うすみれは… - 01月15日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、靴職人の麻田(市村正親)が、すみれ(芳根京子)の娘・さくら(栗野咲莉)の入学式用の靴を最後の作品として引退する。一方キアリスでは、粗悪な類似品が出回り一時的に売上が急落するが、“偽物”は品質の悪さからすぐにボロが出て消費者からそっぽを向かれる。そして時代は流れ昭和34年。10周年を迎えたキアリスは全国的に知れ渡る企業に成長。すみれは専務、紀夫(永山絢斗)は社長となっていた。すみれの娘・さくら(井頭愛海)と君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)は15歳になった。ある日、さくらと健太郎は良子(百田夏菜子)の息子・龍一(森永悠希)に連れられ、ジャズ喫茶を訪れる。さくらはそこで出会ったドラマーの河合二郎(林遣都)に恋心を抱く…。【関連】『べっぴんさん』第16週「届かぬ心」フォトギャラリー 今週放送分では、キアリスの新入社員採用試験の準備で帰りが遅くなったすみれが、駅前の繁華街で娘のさくららしき人影を見かける。紀夫と一緒に帰宅すると、やはりさくらは家にいなかった。 探しに行こうと慌てて外に出たところに、さくらが幼なじみの健太郎、龍一と帰ってくる。三人がナイトクラブに行っていたと知り、紀夫とすみれは激しく怒り…。 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。 ■関連記事「芳根京子」フォトギャラリー『べ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「百田夏菜子」の画像

もっと見る

「百田夏菜子」の動画

Wikipedia

百田夏菜子

  • 太陽とえくぼ(2011年)
    百田夏菜子 with ザ・ワイルドワンズ
  • 渚のラララ(2012年) - 作詞・作曲はザ・ワイルドワンズのリーダー&ギターの加瀬邦彦
    ももたまい
    ももいろクローバーZの百田夏菜子と玉井詩織によるユニット
  • シングルベッドはせまいのです(2012年)
ソロ活動 テレビ
  • バラエティ(短時間の出演を除く)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる