「白砂糖」とは?

関連ニュース

さっくり&食べごたえアップ! リニューアルした「マクロビ派ビスケット」を食べてみた - 03月28日(火)16:32 

女性に大好評の「マクロビ派ビスケット」が、2017年3月21日にパワーアップして新登場しました。「マクロビ派ビスケット」は、白砂糖やバターなどの添加物を使用せず、厳選したマクロビ素材のみでじっくり焼き上げた、ぎっしり具材のビスケットです。2014年の発売以来、女性を中心にヒット中です。 今回のリニューアルでは、ナッツやシードなどの具材を増やし、ザクザクとした食感が感じられるようになったとのこと。 さっそく食べ比べてみました。 オフィスの非常食にいいこれだけの理由 まず形の変化から。 これまでは、プレート状だったのに対し、こぼれにくく食べやすいひと口サイズになっています。これなら、オフィスでも気にせずパクリといけます。ボロボロ落ちにくいのも女性にはうれしいですよね。 そして味・食感は以前と結構違います! さくっとした食感がアップしてより食べやすく、ナッツ等の具材が増えているのでザクザク感や噛みごたえもアップ。ひと粒で何回も噛むので、従来のものより満腹感が感じられます。 ちゃんと甘いビスケットですが、白砂糖の代わりに、やさしい甘みのてんさい糖を使っているので体にも優しい。入っている素材本来のおいしさが、しっかりと伝わります。 プレーン味は、白砂糖を使わずにりんご果汁で漬け込んだクランベリーの酸味がアクセントになっています。 カカオ味は、有機栽培カカオからつくられたこだわりのココアパウダ...more
in English
カテゴリー:

女性の強い味方!”マクロビ派”がさらに美味しくなって登場! - 03月21日(火)11:45 

森永製菓は、「マクロビ派ビスケット<プレーン>」「マクロビ派ビスケット<カカオ>」を、3月21日(火)から全国でリニューアル発売する。「マクロビ派ビスケット」は、”マクロビオティック”の考え方に基づき、白砂糖やバターなどの添加物を使用せず、...続きを読む
in English
カテゴリー:

「酸化より怖い」と話題!今一番知っておきたい「身体の糖化」とは? - 03月16日(木)06:00 

酸化より怖いのはなぜ?糖化の原因と美容に大敵の理由とは 最近、健康をテーマにしたバラエティ番組やさまざまなコラムでも取り上げられている「身体の糖化」。 「酸化は身体に良くないことだと聞いてはいるけれど、それよりも糖化が怖いって本当?」と、首をかしげている方もいるかもしれません。 分かりやすく比べるなら、酸化は「身体をサビつかせる」ことですが、糖化は「身体をコゲつかせる」ことなのだとか。 身体が糖化してしまうことで、私たちにとってどのような影響が及ぶのでしょうか。 【糖化の原因って?】 食べ物に含まれる糖質は、一度、小腸などで吸収され血液の中に溶け込み、エネルギーとして消化されます。 ですが糖質を摂り過ぎている場合はそこで消化されず、余った糖が体内のタンパク質と結びつきます。 元々、私たちの身体は多くの部分がタンパク質により構成されています。余分な糖質がタンパク質と結びつくことで、AGE(終末糖化産物)と呼ばれる老化物質に変化するそうです。 実はこのAGEは老化を促進する物質で、体内にどんどん蓄積されていくことで肌の衰えや劣化を引き起こすのだとか。 タンパク質が糖化すると、体内の透明なコラーゲンやケラチンなどが、黄色や茶褐色に変化していきます。 その色が肌のくすみ、シワ、たるみとして表れるのだそうです。 身体の糖化が深刻な場合は、実際の年齢以上に肌が老けて見えてしまいます...more
in English
カテゴリー:

山を下りれば箕面グルメも充実!薄紅の桜が美しい勝尾寺 - 03月27日(月)11:59 

大阪市内から車で45分で行ける、大阪府箕面市の勝尾寺。桜の季節になれば、弁天池に朱の山門と薄紅の桜が映える、幻想的な花見が楽しめる。山を下りればカフェやピザなど、箕面市の洗練されたグルメも楽しめるぞ! 【写真を見る】弁天池にかかる橋から噴出する霧が幻想的な世界を演出し、見る者を魅了する/勝尾寺 ■ 里の桜が散り始めるころ山の桜がピンク色に染まる 「勝尾寺」は、箕面国定公園の中心に位置し、1300年以上も昔より「勝運の寺」として信仰されてきた。箕面山にあるため、桜の見ごろは平地の桜が散り始める4月中旬以降。シダレザクラの老桜をはじめ、ヤエザクラやサトザクラ、ヤマザクラなど、8万坪の広大な境内が多種多様の桜で彩られる。 黄色い桜が花開くなど、珍しい花びらもちらほら。3月下旬からはヒカンザクラが咲き始めるため、長期間でいろんな桜を見られる。 弁天池にかかる橋から噴出する霧が幻想的な世界を演出し、見る者を魅了する。 奉納棚には願いが叶った「勝ちダルマ」がずらり!「七転び八起き」の精神を持ったダルマを授かり、勝運を祈願しよう。 【勝尾寺】住所:大阪府箕面市勝尾寺 電話:072-721-7010 時間:8:00~17:00、土曜8:00~17:30、日曜、祝日8:00~18:00 料金:400円 駐車場:350台(500円/120分) ■絶景桜DATA/見ごろ:4月中旬~5月初旬、ベストタイム...more
in English
カテゴリー:

串に刺さない鶏焼き肉って何?伊勢海老から松阪牛の希少ホルモンまで、女神のお膝元で美味しいものを食す三重グルメ旅 - 03月17日(金)18:29 

江戸時代、庶民の夢だった『お伊勢参り』。天照大神は太陽の女神、豊受大神は食物と産業の女神として、古くから多くの人の信仰を集めてきました2016年に伊勢志摩サミットが行われた際は、各国首脳も伊勢神宮を訪れたのは記憶にあたらしい所です。サミットから約1年。今年は『お伊勢さん菓子博』が行われるとのことで、女神のお膝元、三重県で美味しいものを訪ねてみました。 4年に1度のお菓子の祭典『菓子博』とは (画像はhttp://www.kashihaku-mie.jp/より引用) 菓子博は、明治44年の第1回から現在までほぼ4年に1度、行われているお菓子の博覧会です。正式名称は『全国菓子大博覧会』。会場には全国からお菓子が集まり、優秀な菓子には大臣賞などが受賞されます。お菓子屋さんにとって、このお菓子博で受賞することは大変名誉なことだそう。また、菓匠による芸術的な工芸菓子も見どころの一つです。 会場は開催ごとにかわり、前回(2013年)は広島、今回(2017年)は三重県伊勢市で初開催。その愛称が『お伊勢さん菓子博』。”お菓子がつなぐ「おもてなし」を世界へをテーマに、三重県営サンアリーナと周辺会場にて、4月21日から5月14日まで行われる予定です。 伊勢名物『赤福』&パティシエを目指す高校生たちのお菓子作り 伊勢名物といえば『赤福』です。本店は多くのお客さんで大混雑。 筆者の目の前でものすごい...more
in English
カテゴリー:

「白砂糖」の画像

もっと見る

「白砂糖」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる