「白砂糖」とは?

関連ニュース

ガチガチに固まった肩をほぐしたい!女性特有の肩こりの原因と解消法 - 08月18日(金)18:00 

女性特有の肩こりの原因とは? みなさんの肩こりはどのくらいの痛みですか?肩が痛い、痺れる、痛くて上がらない…など、痛みは放っておくとどんどん悪化してしまうでしょう。 そもそも肩こりは、同じ姿勢を続けてしまうことで起きる、筋肉の硬直が主な原因とされています。筋肉が硬くなってしまうと、血管が圧迫されて血行が悪くなり、そこに疲労物質が溜まってしまい、どんどん肩が硬くなってしまうそう。ひどくなると硬くなった筋肉が末梢神経まで圧迫してしまい、痛みや痺れを感じることがあります。 これらは日常生活の中で、パソコンやスマホなどを同じ姿勢で長時間使っていることが多いのも原因の一つですが、体力や筋力も大きく関係しているそう。男性と比べると女性の骨格は細くて筋力も少なく、特になで肩の人は筋肉が下がっているため、肩こりになりやすいと言われています。 さらに女性特有の原因としてあげられるのが、ホルモンバランスです。月経前は女性ホルモンの影響が身体に受けやすい時期で、自律神経が乱れやすいです。自律神経は頚椎と頭蓋骨のつながる部分に集中していると言われており、そのため首や肩こりを引き起こすことがあるそうです。 また、冷えによる血行不良が原因というケースも考えられます。これも女性に多い理由の一つでしょう。 どうすればいい?女性の肩こりの解消法とは? 肩こりは揉み解すマッサージよりも、血行を良くす...more
カテゴリー:

夏でも女性の身体は冷えやすい!油断出来ない夏の「冷え」とは? - 08月17日(木)18:00 

夏でも油断禁物!夏に身体が冷えやすい理由とは? 女性の身体は、脂肪が多く、筋肉が少ない為、身体の構造上冷えやすいと言われています。脂肪が温まりにくく、一度身体が冷えてしまうと「冷え」を身体の中に溜め込んでしまう為だとか。また、筋肉量が少ないので、体温を維持しにくいため身体が冷えやすいのです。 夏は気温が高くなるので「冷え」とは無縁に感じてしまいがちですが、夏でも身体は冷えやすく、実際「夏冷え」に悩む女性も多いと言われています。 外は暑くても、室内や電車の中は冷房でギンギンに冷えていることが多く、冷たい物を食べたり飲んだりする機会も増える為、知らず知らずのうちに身体が冷えていることが多いようです。また、暑いと汗をかきますが、汗をかいたままだと、身体は急に冷えてしまいます。 夏の「冷え」は、以下のようなトラブルを引き起こすと考えられています。 ■消化不良・お腹を下しやすい ■自律神経の乱れ ■肩こり・腰痛 ■疲れやすい・だるい ■免疫力の低下 など 冷えを撃退!夏に起こる「冷え」から身体を守ろう! 暑い夏でも油断出来ない、身体の「冷え」。少しの工夫で、夏冷えを防ぐことが出来るので早速実践してみましょう! ◎冷たいものはなるべく飲まない 暑い夏は、どうしても冷えたものを飲みたくなってしまいますが、冷えたドリンクは身体を「内側」から冷やしてしまいます。なるべく、「常温」の...more
カテゴリー:

クーラー病の13の症状や原因と14の対策とは?夏バテとは違うんです! - 08月10日(木)12:00 

クーラー病の症状とは? 「クーラー病」や「冷房病」とは夏になるとよく聞く言葉ですが、正式な病名ではありません。主にクーラーによって繰り返される温度差が原因で起こる「自律神経の機能不全」の通称です。 夏だけだから…と見過ごしていると不調が慢性化してしまうことも。 冷房病を根本的に直す方法はないので、解消法を模索していく必要があります。 主なクーラー病の症状とは? 主な症状には、以下のようなものがあります。 ■全身のだるさ(疲労感) 乳酸などの疲労物質が溜まってしまうため、体がだるくなります。 ■手足の冷え オフィスワークの場合など、特にずっと座っていることが多いので足元の冷えを感じます。 ■頭痛 血流やホルモンバランスが乱れ、頭痛を招きます。 ■肩こりや腰痛 筋肉が冷たくなることで肩こりや腰痛が現れたり、元々の症状が悪化しやすくなります。 ■食欲不振や下痢 クーラーでの冷えに加え、冷たい飲み物などを取ることで胃液が薄まりやすく、消化機能が落ちるため起こります。 ■むくみ 体内の血行が悪くなると老廃物の排出がうまくいかず、むくみやすくなります。 ■イライラ 自律神経のバランスが乱れることで、イライラなど精神的な症状も現れます。 ■不眠 冷房によって体温のメリハリがつかなくなり、夜眠れなくなったり昼間に眠くなったりします。 ■肌荒れ 冷房の効いた空間は非...more
カテゴリー:

白砂糖不使用! ごぼうやにんじんなど10種の野菜を使ったかき氷が発売 - 08月18日(金)16:06 

野菜を使ったスイーツの専門店「Natural Sweets どんぐりの木」(東京都練馬区)はこのほど、10種類の野菜のベジ生クリームを使ったヘルシーなかき氷を発売した。今回、発売したかき氷は、ごぼう、にんじん、さといも、しょうが、シナモン、ココア、黒豆、シイタケ、エリンギ、まいたけの10種の野菜の「重ね煮」を使用している。白砂糖は一切使用していないとのこと。
カテゴリー:

実は健康に悪かった?! やめた方がいい定番の朝食メニューとは? - 08月15日(火)18:00 

健康に良くない朝食の組み合わせとは? それは、朝起きて目覚めのコーヒーとトーストの組み合わせです。毎朝、この定番メニューが朝食という人も多いかと思いますが、この組み合わせ、実はあまり健康には良いとされていないのです。 というのも、カフェインが多いコーヒーには、脳を覚醒させる効果がある一方、血糖値を急激に上昇させてしまう可能性があります。そこに同様に血糖値を上げる炭水化物のトーストなどと組み合わせるのは、起きたばかりの体にはあまり良くないと考えられています。 トーストに限らず、砂糖をたくさん含む菓子パンなども血糖値が上がりやすいため、コーヒーと一緒に食べるのは避けたほうがいいでしょう。また、健康なイメージのあるシリアルも、なかには砂糖を多く含んだものがあるため糖分の過剰摂取になる場合があり、できるだけ砂糖を使っていないものを選ぶようにしましょう。 健康に良い朝食の組み合わせとは? 血糖値を上げる食べ物として、パンや白米などの炭水化物に加え、肉や乳製品などがあげられます。ここで問題なのは、これらは朝食の定番メニューといってもいいくらいポピュラーなものであり、忙しい朝に別のメニューを用意するのはなかなか大変ですよね。でも実はちょっとした工夫で、血糖値の上がり方を緩やかに抑えることができるのです。 たとえば、パンやお米よりも野菜を先に食べることは、血糖値の急激な上昇を抑える...more
カテゴリー:

あらゆるダイエットに失敗した女医さんが、40代で15kg痩せた方法とは - 08月08日(火)08:46 

『39種類のダイエットに失敗した46歳のデブな女医はなぜ1年間で15kg痩せられたのか?』というストレートなタイトルの著書を上梓したのは、アンチエイジングドクターとして名高い日比野佐和子先生(Rサイエンスクリニック広尾・院長)です。  今や「肌年齢22歳」の医師としてテレビ出演多数の日比野先生ですが、その人生はダイエットと共にありました。最大で体重71kgあったのが、42歳でダイエットに成功してから、46歳の現在まで52kgの理想体形をキープしているそう。 ◆失敗しまくった末に、40代で15kg痩せた女医さん  同書では自らの黒歴史を公開し、40歳以降でも健康的にスリムになれる方法を提示しています。  医者の著書だから失敗談と言えど常識の範囲内でしょう、と舐めてかかっていた私ですが、日比野先生の無茶っぷりに驚きます。「1日3食ポッキーのポッキーダイエット」だの「サランラップを巻きドライヤーで発汗させるサランラップ&ドライヤーダイエット」等々、破天荒な方法を考案。  ポッキーは炭水化物+脂質ですから逆に太り、ドライヤーで乾燥肌になるという災難続き。この飽くなき探究心にまず感心しました。  私もダイエットの蟻地獄にはまった経験者なのでわかるのですが、たかだが1kgの体重変動で精神的にアップダウンするんですよね。日比野先生も同じでした。  あらゆる手段を講じてもまったく痩せ...more
カテゴリー:

「白砂糖」の画像

もっと見る

「白砂糖」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる