「白石和彌」とは?

関連ニュース

松坂桃李が「どんなお下劣、変態でもやります」とベタ惚れ!『孤狼の血』白石和彌監督、早くも続編に意欲 - 11月18日(土)18:51 

柚月裕子の同名ベストセラー小説を『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で多くの映画賞に輝いた鬼才・白石和彌のメガホンにより映画化する『孤狼の血』。 【写真を見る】実力派豪華キャストが魅せる、男の美学『孤狼の血』/[c]2018「孤狼の血」製作委員会 公開日は2018年5月12日(土)とまだ半年も先だが、早くもその出来栄えが口コミで話題となっている本作を一目見ようと、11月17日に銀座・丸の内TOEIにて行われた業界関係者向けお披露目試写および白石和彌監督によるトークイベントには、寒空の下、座席を求めるマスコミ関係者の長蛇の列ができ、あっという間に会場は満員札止めとなった。 本作の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との癒着を噂される大上(役所広司)とともに、金融会社の社員失踪事件を捜査する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化していく…。 126分間、息もつかせぬ熱量に満ちた本編の上映が終わり、場内の明かりが点くや、どこからともなく拍手が起き、次第には歓声までが上がる。MCの呼び込みで白石和彌監督が登壇すると、会場内は一際大きな拍手に包まれた。 客席からの賛辞に照れ笑いを浮かべる監督に、思わぬサプライズが。なんと、主演の役所広司、共演の松坂桃李から文面でコメントが届いており、M...more
カテゴリー:

蒼井優、体当たりの演技に「30歳を超えてからのほうが面白い」 - 11月15日(水)15:45 

11月10日(金)、映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の大ヒット御礼トークショーが行われ、蒼井優、白石和彌監督が登壇した。 本編上映後のトークイベントということで、白石監督が「上映前の舞台挨拶が多かったので、いろんなことが喋れないジレンマの中、とにかく『松坂桃李がエロイ』とかでその場を乗り切ってきた(笑)」と明かすと、蒼井も「(観る前に)宣伝で言えることって、松坂君が演じた水島が最低ってことしかなくて本当に申し訳なかったんです(笑)」とこの日のネタバレ解禁トークを心待ちにしていたことを窺わせる。 劇中に登場するクズ人間たちが周りにいたら友達になれる?というトークテーマでは、「話を聞いてあげるスタンスでいるつもりだけどそれが友達かは置いておいて、やめろとアドバイスはするけどどこかで諦めてあーあと思って終わっちゃうのかな」と白石監督。 対して、蒼井は「結局言っても聞かないですもんね。ほどよい距離で知り合いぐらいになっていってしまうんじゃないですかね。」と同調するも、「陣治とは友達になれる気がする、でも陣治が私に心を開いてくれない気がしますね。十和子しか見てないんで」と笑顔を見せた。 さらにここで、観客から官能的な役に挑んだことや監督の演出について質問が飛ぶと、蒼井は「10代や20代前半のころの役って面白かったなと思うことがありつつ、今は30歳を超えてからいただく役のほうが面白い...more
カテゴリー:

蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」に日本映画の底力感じた! - 11月11日(土)07:00 

沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」(公開中)のヒット記念イベントが11月10日、東京・新宿バルト9で開催され、蒼井優と白石和彌監督が観客からの質問に答えた。金も...
カテゴリー:

不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」 - 11月08日(水)13:00 

蒼井優さん、阿部サダヲさんW主演『彼女がその名を知らない鳥たち』が全国公開中となります。W主演の蒼井優さん、阿部サダヲさんの二人に加え、松坂桃李さん、竹野内豊さんといった実力確かな豪華俳優陣が織りなす“全員最低なのにまぎれもない愛の物語”が描かれる本作。 蒼井優演じるクレーマーで自分勝手な女・十和子に、異様な執着を見せる不潔で下劣な男・陣治を演じるのは阿部サダヲさん。数々の映画、ドラマ、CMに出演する阿部さんのこれまでのイメージとはまるで違う、強烈なキャラクターを演じあげています。 今回は阿部さんに役作りについて、本作を一人の男としてどう観たか、など色々とお話を伺ってきました。 ――映画をご覧になった方なら誰しも「すごい……」と衝撃を受けるお話だと思います。まずは脚本を読んだ時の率直な感想を教えていただけますか。 阿部:先に映画の台本をいただいて、読んですごいなと思ったんですけど、その後原作を読んだらもっとすごいなって。改めて「これを映像化するの大変だろうな」って思ったんですけど、映画の脚本では原作の本質を変えずに和らいでいる部分もあって。最近は、こういう不潔で下劣なイメージの役をいただける機会があまり無かったので、お話をいただいた時はすごく嬉しかったです。 ――なぜ自分にこの役が? とは思わなかったですか? 阿部:嬉しかったです。こういう役はこれまで全然やってこなかったわけでは...more
カテゴリー:

【映画 “彼女がその名を知らない鳥たち”】大阪人、客席から竹野内豊にまさかのダメ出し!「声が小さい!」 - 10月29日(日)20:02  mnewsplus

大阪人、客席から竹野内豊にまさかのダメ出し! 2017.10.28(Sat) https://www.daily.co.jp/leisure/kansai/2017/10/28/0010684966.shtml イヤミスの女王・沼田まほかるの人気小説を白石和彌監督が映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』。その初日舞台挨拶が28日、大阪市内の映画館でおこなわれ、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石監督が登壇した。 主演の蒼井をはじめ、次々と挨拶していくなか、竹野内のマイクにトラブルが発声。やや聞き取りづらい挨拶となり、客席から「声が小さい!」というツッコミが飛び...
»続きを読む
カテゴリー:

『孤狼の血』白石和彌監督、役所広司と松坂桃李のサプライズコメントに笑顔 - 11月18日(土)11:17 

役所広司主演、松坂桃李、江口洋介共演で、柚月裕子の同名警察小説を映画化した『孤狼の血』。この映画の業界関係者向けお披露目試写会が11月17日に丸の内TOEIで行われ、上映後に白石和彌監督が登壇しトークイベントが行われた。 本作は昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、暴力団同士の抗争と、捜査のためなら違法行為も厭わないマル暴刑事の大上章吾と、その相棒となった新人刑事の日岡秀一らの血で血を洗うようなせめぎ合いと生き様を、熱く激しく描いたバイオレンス映画。 この日のイベントでは、まず司会から大上章吾役の役所と日岡秀一役の松坂から届いた来場者あてのコメントが読み上げられた。次いで白石監督が登場。主演の役所の演技について聞かれた監督は「役所さんにオファーした時、『年だから、大きく暴れることができないかもしれない』と言われたんですが、実際に演じていただくと、とてもギラギラしていて、役所さんからもいろいろな意見をいただきました」とコメント。 また、その役所と松坂から、監督あてにサプライズでコメントが到着。役所は「本当に楽しい撮影でした。監督のもとに集まった俳優たちが、皆、生き生きとしていて、撮影を楽しんでいました。役者という人種はスクリーンの中で暴れたいんだなぁ〜、普段言えないような言葉を吐きたいんだな〜、とつくづく思いました」と振り返るとともに、「監督の時代劇映画も期待していま...more
カテゴリー:

蒼井優「彼女がその名を知らない鳥たち」に日本映画の底力感じた! - 11月11日(土)07:00 

 沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」(公開中)のヒット記念イベントが11月10日、東京・新宿バルト9で開催され、蒼井優と白石和彌監督が観客からの質問に答えた。 ・「彼女がその名を知らない鳥たち」トークイベントの模様はこちら!  金も地位もない15歳年上の男・陣治(阿部サダヲ)と同棲中の十和子(蒼井)は、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられず、黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂桃李)と関係を持ってしまう。ある日、黒崎が行方不明であることを告げられた十和子は、事件に陣治が関係しているのではないかという疑いを抱く。  本作で蒼井は、激しいラブシーンにも挑戦している。「30代近くなってからこういうシーンをやらせていただくことも増えてきましたね」と語る蒼井は、「10代後半や20代前半にやっていた役って多面的で面白かったなと思うことがあるんですが、今は30歳を超えてからいただく役の方が面白い。10代のときは多面的ながらも、それぞれの面がまっすぐだったんです。今は1つひとつの面がぼこぼこで、余計人間臭くて面白い。だから、そういうシーンがあるからうーん……ということはないですね」と真剣なまなざしで語る。  さらに、白石監督に向けて「監督の演出はとにかく大胆。万人受けする演出ではなくても、賭けに打って出ることができる。お客さんをすごく信...more
カテゴリー:

「わろてんか」33話。リリコと藤吉、狐と狸の化かし合いのように - 11月09日(木)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第6週「ふたりの夢の寄席」第33回 11月8日(水)放送より。 現在、オンデマンドで、1〜6話、無料配信中。脚本:吉田智子 演出: 東山充裕33話はこんな話好きでもない男性の後添いにならないかと誘われて迷っているとリリコ(広瀬アリス)に相談された藤吉(松坂桃李)は反対するが・・・。 33話をとっても悪いふうに想像するとこうなる パート1リリコは、夜中に、藤吉を家に招き、年の離れた金持ちのご贔屓さんに言い寄られて困っているから「うちを助けて」とすがりつく。これは藤吉の気を引くため。演技はお手のものだから、気弱な女を演じることなんて朝飯前だ。さらに、藤吉と大声で揉めているところをアサリ(前野朋哉)に目撃させて、噂を流させる。それをまんまとてん(葵わかな)が聞いてしまうという寸法だ。ところが、てんはいい子で、ちょっと傷ついたようだが、笑顔で「今日こそ寄席を手に入れてきておくれやす」と送り出す。これには、リリコ、一本取られた形だろう。33話をとっても悪いふうに想像するとこうなる パート2リリコに求婚しているお相手は、悪い人ではなさそうで、「一生贅沢させてくれる」と言っているにもかかわらず、藤吉は「自分を粗末にすな」「おまえには自分におうた男がおる」と止める。リリコの想いに応えてあげられな...more
カテゴリー:

”朝ドラ”と本当に同じ人!?松坂桃李の「ニヤリ顔」が解禁 - 11月06日(月)16:19 

2018年2月1日(木)より公開となる映画『不能犯』(配給:ショウゲート)から、松坂桃李演じる主人公・宇相吹正の「ニヤリ」顔が解禁された。 「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の人気漫画を実写映画化した映画『不能犯』は、見つめるだけで相手を死に追いやる主人公・宇相吹正(松坂桃李)が誰もが持つ妬みや嫉妬、その心理に警鐘を鳴らしながら殺人を繰り返していく【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメント。 今回、解禁された松坂の「ニヤリ」顔は、宇相吹のトレードマークでもある不気味な笑みを見事に再現。絶賛放送中のNHK連続テレビ小説「わろてんか」の藤吉とは、同じ人物とは思えぬ仕上がりとなっている。 髪型・衣裳、映画オリジナルとなる指のタトゥーまで、徹底的にこだわって作り込まれ、役に合わせて髪も伸ばした松坂は、「ニヤリ」という不気味な笑い方に「人生でここまで口角をあげたことはないです(笑)」とコメント。さらに、本作でメガホンをとった白石晃士監督は、本作を映画化するにあたり、あえて原作の宇相吹がもつ人間味を排除したそうで「松坂さんが持っている本来の人の良さが出ると、宇相吹が優しくなりすぎてしまうのでは?とユーモラスなシーンはなくしていきました。実際の松坂さんは本当に好青年で、とても感じのいい俳優さん。宇相...more
カテゴリー:

「白石和彌」の画像

もっと見る

「白石和彌」の動画

Wikipedia

白石 和彌(しらいし かずや、1974年12月17日映画凶悪公式サイト - )は、日本映画監督北海道旭川市出身。数々の映画で助監督等を務め、ロストパラダイス・イン・トーキョー(2010年9月18日公開)で本格的に映画監督デビュー。

略歴

北海道旭川西高等学校卒業。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に参加。 以後、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として行定勲犬童一心監督などの様々な作品に参加。2009年。ロストパラダイス・イン・トーキョーが長編デビュー作。

監督作品 映画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる