「痴漢行為」とは?

関連ニュース

【スマホアプリ】痴漢冤罪防止サービス「痴冤証明」 機器も開発 機材レンタル料込みで980円(税別) - 02月18日(日)20:24  newsplus

痴漢の冤罪(えんざい)を防ぐサービス「痴冤証明(仮称)」を松山市のデザイナーらが考案し、開発した。スマートフォンのアプリと専用ブレスレットを使い、弁護士による免罪証明書が発行される仕組みだ。 このサービスの利用者は電車に乗車中、小型カメラ2個を内蔵したブレスレットを両手首に装着して手元周辺を撮影し続け、動画はスマホアプリを通じクラウドサーバーに送信される。万一、痴漢行為を疑われたら、アプリからサービスセンターに連絡し、センターが動画データを提携する弁護士に通知する。解析して冤罪が確認されたら、...
»続きを読む
カテゴリー:

【山形】東京駅構内で女性の尻を触り有罪判決(東京高裁) 県職員を懲戒免職 職員は最高裁に上告 - 02月10日(土)22:49  newsplus

おととし、東京駅の構内で女性の体を触ったとして、有罪判決を受け、上告している県の職員について、県は、「県の信用を著しく失墜させた」などとして、9日付けで懲戒免職にしました。 処分を受けたのは、県の置賜総合支庁道路計画課の岡部博征被告(48)です。 岡部被告は、おととし8月、東京駅構内の通路で女性の尻を触ったとして都の迷惑防止条例違反の罪に問われ、無罪を主張しましたが、去年12月、2審の東京高等裁判所は、1審に続いて懲役4か月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡しました。 被告側は最高裁判所に上告し...
»続きを読む
カテゴリー:

12歳から6年間毎日痴漢に遭い続けた日本人女性、覚悟の顔出し告発! - 02月04日(日)18:20  news

「山手線で6年間、痴漢に遭い続けた私の#MeToo」|日本人女性がフランスで“チカン”本を出版し、現地で大反響を呼んでいる パリ在住の日本人女性が2017年秋にフランスで上梓した小説『TCHIKAN(痴漢)』が現地で話題になっている。 著者の佐々木くみが中学と高校時代を過ごした日本で被害に遭った、実際の「痴漢体験」に基づく物語だ。 ある意味、日本特有の性犯罪ともいえる痴漢行為に、フランスのメディアや読者は大きな関心を示し、反響を呼んでいる。 フランス人は同書をどのように受け止めたのか、佐々木はなぜいま被害を訴...
»続きを読む
カテゴリー:

「キャーッ!」 - 02月11日(日)07:28  news

長谷川孝弘(44)は中学卒業後、コンクリート会社で10年働いたが、仕事が遅いことなどからイジメを受け、不景気による人員整理もあって退社した。  次に就職した水産会社でも、同様にイジメを受けて退社した。長谷川は「人とコミュニケーションがうまく取れない」と言って引きこもりになり、同居の父親と母親と妹が働いて、長谷川が家事全般を引き受けるという“主夫”になった。  母親は息子を嘆いて「働きなさい!」と叱っていたが、引きこもりが社会問題となり、生き方の多様性を認めようという社会的気運もあったことから、父親は...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】京都旅行中の女子高生ら、痴漢をスマホ撮影 現行犯逮捕に 顔を撮影、バス運転手知らせる - 02月07日(水)18:59  newsplus

京都府警下京署は6日、強制わいせつの疑いで、京都市左京区岩倉幡枝町、調理師の男(51)を現行犯逮捕した。   逮捕容疑は、同日午後6時10分ごろ、市内を走行中の市バス内で、高校3年の女子生徒(18)=神奈川県平塚市=の下半身を触るなどわいせつ行為をした疑い。男は容疑を認めているという。   同署によると、生徒の近くにいて痴漢行為に気付いたという友人(18)が容疑者の顔をスマートフォンで撮影し、市バスの運転手に知らせたという。 2/7(水) 7:20 京都新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-...
»続きを読む
カテゴリー:

「痴漢行為」の画像

もっと見る

「痴漢行為」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT痴漢...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる